Home / 結婚式 / 結婚式を楽しむためのファッション
large16-500x330

結婚式を楽しむためのファッション

結婚式に招待された時、どんな服で行くか迷う人も多いですよね。
結婚式の主役はあくまで花嫁ですが、招待されたゲストもファッションを楽しんでいけないわけではありません。
ただし、挙式に呼ばれている場合はそれなりにきちんとした格好が必要です。最近はあまり細かいマナーを気にしない人も多いですが、結婚する二人の親族や仕事関係の方も来るので印象が悪くならないように品のある装いを心掛けましょう。

スポンサードリンク

ドレス選びのポイント

ded5f9016a21e245a205344a006ec489_s

男性の場合はドレスコードがしっかり決まっていますが、女性は男性の隣に立っていてもおかしく見えない、つまり男性の格好に準じたドレスコードであれば許されることになっています。男性に比べて女性の方がファッションの自由度は高いです。
それゆえに「友達の結婚式に何度も招待されて、着て行く服がない」と悩む女性も多いようです。毎回服を買うのもお金がかかりますし、毎回同じ服装では気がひけるということで悩むようです。

そこで、ポイントをいくつか紹介いたします。

着回し力

ポイントは「着回し力」です。普段着る機会がなかなかないドレスだからこそ、「今回この一回切りだし」「なかなか着る機会ないし」などと考えがちですが、できれば普段も着られた方が得した気分になりますよね。ドレスを選ぶ際には普段でも着られるような、着まわしのできるドレスを選びましょう。

着回しができるドレスにも以下の2種類があります。選ぶ前にきちんと知っておきましょう。

① その他祝いごとやお子様の行事等セレモニー系で幅広く活用できる「セレモニー全般型」

「セレモニー全般型」のドレスを選ぶポイントは、ドレス単品で着ても華のあるデザインがあることと、それを着回す際に羽織ものやバッグなどの小物類の色を変えることです。着回すシーンによって羽織ものやバッグなどの小物類のカラーを変えると、印象もガラッと変えることができます。

② もしくはディナーやデート、ちょっとしたお出かけなど生活全般に着回す「普段使い全般型」

「普段使い全般型」のドレスを選ぶポイントは、上品な柄のワンピースを選ぶこと。シーンに合わせて羽織ものや小物類を変えることで、オンとオフの着こなし幅が広がります

色選び

最後はやはりドレス選びでは最も重要な1つとなる「色選び」。最近の人気カラーの特長と着こなしのポイントをご紹介します。
フォーマルの基本は、単色無地とされています。また、結婚式での2食使いは「わかれる」という繋がり、あまり縁起のいいものではありません。ただし、最近では結婚式のカジュアル度も高まってきているため、ゲスト層を見極めつつ選んだほうがいいでしょう。

①ネイビー

上品な落ち着き感で年齢を問わず人気なネイビー。立場やシーンを問わず対応できる色で、今では重宝される色です。
ただし、お祝いの席ですので、小物やアクセサリーを華やかな色使いのものを合わせたり、羽織ものを光沢のあるものにすることで様々な着こなしができます。

②ベージュ(シャンパンゴールド)

きちんと感を保ちつつ、明るい印象のベージュ(シャンパンゴールド)。目立ちすぎず、女性らしさも引き出してくれる優しい雰囲気を演出してくれます。
小物などで少し大きめのものを合わせたり、大ぶりのアクセサリーを合わせることで、ゴージャスな印象になります。

③ピンク

会場を華やかにする大人可愛いピンク。女性らしく可愛らしい印象を与えてくれます。可愛らしい雰囲気が苦手な方にはクラシカルなピンクもしくはあえて濃いピンクを使用し、ヘアースタイルやアクセサリーなどを工夫することで大人っぽい雰囲気を演出するのもオススメです。

④ブラック

また、黒のドレスは着まわしがきくので便利で小物でのアレンジがしやすい優れものですが、全身真っ黒な服装は不祝儀を連想させてしまいます。
黒いドレスを着る際は、バッグや靴などの小物に鮮やかな色ものや華やかな光り物を合わせるようにしましょう。

洋服のNG例

1

結婚式で着てはいけない服装を紹介します。

白のドレス

白は花嫁の色なので、白いドレスはタブー

全身真っ黒

真っ黒はお葬式を連想させるのでタブーです。明るい色の羽織物を羽織るなどしましょう。

露出度が高い服装

挙式に出る時は肩出しや胸元の大きく開いた服装はNGです。キャミワンピなどを着たい人は上からジャケットやボレロを着る、また見えない様にストールをかけるなどしましょう。

柄物ドレス

実は柄物もタブー。フォーマルは無地が基本です。

皮や毛皮の素材

殺生を連想させるので、こうした素材もタブーです。

足元のNG

黒色のストッキング、柄ストッキング、生足、タイツ、ハイソックス

注意すべきマナー

最後に、復習に意味も込めて注意すべきマナーを紹介します。

ピンク系やネイビー系など上品で華やかなカラーの服装

結婚式にお呼ばれした女性ゲストの服装は、華やかなカラーとフォーマルなデザインが基本になります。あまり派手なカラーではなく、会場にそっと花を添えるようなピンクやベージュ、ブルーなど淡い上品な色が最適です。また、素材はシフォンやオーガンジー、レース資材などの柔らかい雰囲気がオススメです。

ボレロなどの羽織もの

二の腕を隠したいときや、肌寒い季節ならばボレロやショールなど羽織でカバーしてもOK。ただし、素材は綿やニット素材などは避けるようにしましょう。また、ワンピースとの色味がアンバランスなものや、派手なプリントや柄があしらわれているとカジュアルな雰囲気になってしまうので要注意です。

スカートは膝上5cm~膝下の丈

スカートの丈は友人の結婚式のお呼ばれであれば膝上5cmまで、親族の場合は膝丈が理想的です。また、スカートのデザインは足のラインがわかってしまうようなピッタリとしたデザインはマナー違反なので、ゆったり&ふんわりタイプを選ぶようにしましょう。

コンパクトなパーティバッグ

挙式・披露宴では上品な素材のコンパクトなパーティバッグが鉄則です。クラッチバッグなら片手で持てる大きさ、ハンドバッグなら背もたれにおいても邪魔にならない大きさが目安です。最近では光る素材のバッグでもマナー違反とされることは少ないですが、全体がゴールドやスパンコールなど輝きの強いものは避けておいたほうが無難です。

ヒールの高さは5cm以上、太すぎない上品なものが◎

結婚式のお呼ばれ靴の基本スタイルはパンプスです。ヒールの高さは5cm以上もので、細いタイプがフォーマルとされていています。ただ、妊娠中などそのときの体調によっては、カジュアル過ぎなければフラットシューズでもOKです。

服装に合わせて髪型もフォーマルに

結婚式では髪型もフォーマルに装うのがマナー。女性ゲストの中にはダウンスタイルで出席するケースも見られますが、ちゃんとセットしている感はとても大切です。フォーマルなワンピースと合わせるなら、アップスタイルやハーフアップが理想的です。

まとめ

今回は結婚式における服装というテーマで、様々な注意点やNGコーデをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

結婚式は新郎新婦だけでなく、参列者にとっても特別な日ですよね。

ぜひ、そういった特別な一日を楽しく過ごせるように、場をわきまえた服装を意識しましょう。

特別な一日を素敵に過ごせるように、本記事が少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク