Home / アロマ / 脇汗に困る人必見!原因と対策まとめ
aroma_perfume-1433631_640

脇汗に困る人必見!原因と対策まとめ

脇汗は特に夏場には困っている人も多い疾患です。近年は臭いに敏感な人も増え、そのニーズに合わせて制汗剤や消臭剤の性能がよくなってきましたが、それらに頼らずに対策ができたらこんなにいいことはありません。ここではその原因と対策をご紹介します。

スポンサードリンク

脇汗が多い原因

smoke

2種類の汗腺が集まっているから

脇の下はエクリン汗腺、アポクリン汗腺という二種類の汗腺が集まっている箇所です。エクリン汗腺は運動の跡のようなさらっとした汗、アポクリン汗腺はわきがのような粘性のある臭いがきつい汗が出ます。わきがのような臭いがある人は、このアポクリン汗腺が発達しており、いくつもの汗腺がある人だと言われています。

緊張・ストレス

緊張が続いたり、ストレスを感じた時は、スポーツの時などと比べて変な汗が出ているのを感じたことはありませんか?
実際にストレス性の汗は皮脂が多く、量も多く、においもきつくなります。
解決法はストレスを溜め込まないこと。深刻に考えず、もっとイージーに考えることです。そうすることで、ストレス性の汗を徐々にかかなくなります。

食生活

汗が臭う原因のひとつに、食生活があります。現代では欧米型の食生活が定着し、動物性たんぱく質、肉類、きつい香辛料、脂肪、冷たすぎ、熱すぎの食事、インスタントなどが多い食事をとりがちですが、これらは皆、汗の臭いとなって滲み出てきます。汗の臭いが気になっているなら、これらの食事の頻度を改め、和食も摂るようにしましょう。

運動不足

なんと運動不足も汗の臭いと関係があります。あまり運動をせず、汗をかかないと、全身の汗腺が休眠状態になってしまい、たまにかく汗がとてつもない臭い臭いを発します。運動で汗をかく習慣をつけると、汗腺も活発になり、汗の臭いも気にならなくなります。

肥満

よく、太っている人は冬でも汗をかいているのを見たことがありませんか?これは、脂肪の層が体の熱を発散するのを妨げるため体温が上がり、汗をかきやすくなっているのです。
また、運動不足だと汗が臭くなりますので、意識的に身体を動かすとダイエットにも健康にもよく、一石二鳥なのではないでしょうか?

いますぐできる脇汗対策

perfume

食生活を変える

脇汗の臭いには食生活も重要ポイントです。食生活の欧米化で、きつい匂いの香辛料や肉類など、匂いある食べ物を摂る、または動物性タンパク質や脂肪が多い食事を続けるようになり、わきがの原因のアポクリン汗腺の分泌が刺激され、汗の匂いもきつくなっています。特に西院の日本人の若い人のアポクリン汗腺の発達は欧米人なみになっているとの報告もあります。
食べ物によって、汗の匂いも変わってくるというのは不思議に思えますが、れっきとした事実です。汗のにおいを抑えるには、脂肪や動物性タンパク質、または香辛料、肉類などばかりを多く摂るのではなく、意識して和食などカロリー低めの食品も摂るようにしましょう。

ツボを押す

反射区と呼ばれる、人体と疾患に対応するツボは無数にあり、わきがに効くツボもあります。
そのひとつには「三陰交」という、足の内側の内くるぶしから四本指分をまっすぐ上に上がったところです。
こちらはホルモン分泌全般に効くツボですので、じわじわゆっくり押してみて下さい。ツボ刺激全般に言えることですが、食後30分以内やサウナを利用した後などは、押さないように気をつけましょう。

また、妊娠中や患部に怪我や傷があるときも避けましょう。

次に「行間(こうかん)」というツボで、足の親指と人差し指の付け根あたり、甲側にあります。ここはわきがには一番有名なツボですので知っている方もおられるかもしれません。ここをけっこう強めに5秒で1回の割合でじんわりと押します。トータルで数回でOKです。

また、手にもわきがのツボがあります。
それは、手の小指の爪の内側で「少衝(しょうしょう)」といいます。
反対側の親指の爪でちょっと刺激するだけで、ぴりっとした痛みを感じるほど敏感なツボですが、ストレスに効くツボなので、じんわりとした粘性の汗がでるストレス性の発汗を抑えてくれます。プレゼン前やデート前などにおすすめです。

汗腺を鍛える

汗の匂いを匂わせないようにするには、汗腺を鍛えることも有効です。
まず熱めのお湯(43~44度)を湯船に20センチほど張り、体幹が湯に浸からないよう小さな椅子を持って入って座ります。そして、膝下から足、肘から手を10~15分程度、湯につけます。

次にぬるま湯(体温程度)で半身浴を行います。半身浴をすることで、高ぶった神経がリラックスします。こちらも15分ほど行います。

なお、入浴後、急にエアコンの冷たい冷気を浴びてしまうのは逆効果。自然に体温を下げるようにします。
こうすることで、血液中から吸収・濾過さらた血漿成分のうちミネラルだけが、血液に再吸収され、さらっとしたべとつきのない「良い汗」をかくことができるようになります。また、この方法はダイエットにもなるため、丁度痩せたいと思っていた人には一石二鳥とも言えるでしょう。

消臭対策

消臭対策には、デオドラント石けんの使用もおすすめです。通常の弱酸性の石けんは汚れは落とすことができますが、「殺菌力」という点では不十分です。殺菌にはそれ専用の成分を持った石けんがおすすめで、デオドラントタイプの石けんを使うことで汗の分泌量を減らし、菌の増殖を抑えます。いわゆる「薬用石けん」は300円程度、柿渋が配合されたものだと500円程度で売られています。

また、身体の消臭だけではなく、衣類に染み付いた匂いのほうも、身体以上に匂いを発しているため、きれいに落とすことが肝心となります。

なんとわきが臭では、脇そのものよりも服のほうが臭くなると言われています。これにはちょっとショックですよね。

服の素材としては、匂いの吸収のよい綿よりもアクリル系やナイロン系は早い段階で匂いの拡散が起こります。早い段階で拡散するということは、わきがだということが早く周りの人にわかってしまうということです。

近年ではこのわきが臭を消す専用の消臭剤も販売されています。商品名を「ワキガ専用衣類消臭剤 ヌーラビオ」という商品がそれで、わきが原因菌の殺菌率は99%!しかもバイオ抗菌方式なので、一度つけると1日中菌を発生させないというスグレモノです!200mlで3500円と高価ですが、わきが臭が心配ならば、1本もっていても損にはならないですね。

それでもだめなら・・・医師に相談

いろいろ自分で試してみたけど、どれもうまくいかない、というときはいよいよ医師に相談です。現在では「臭い外来」というにおい専門の医院や科もあるほど、臭いに関して人々はセンシティブになっています。

におい専門医院は健康保険が適用にならない場合が多いですが、軽いわきがなどの場合は、3万~5万円のボトックス注射で効果が半年~1年くらいは続き、保険も適用になります。また、重度のわきがイコール手術ではなく、漢方薬やサプリメントで軽減できる場合もありますので、まずは医師との相談をしてみましょう。

もし臭い外来が近くにないという場合は、わきがとわかっている場合は形成外科、わきがかどうか分からない場合は、皮膚科などでも調べてもらえます。また、臭いにセンシティブになりすぎるあまり、臭ってないのに臭ってると思い込んでしまうメンタルの病気「自臭症」もありますので、それを疑う場合もあります。

制汗剤で対策!おすすめ3選

デトランスα

ロールオンタイプのデンマーク生まれの「デトランスα」という制汗剤は前日の夜に塗っておくタイプで、効果が数日続くという強力なものです。

制汗剤自体には臭いはなく、肌につけると肌の弱い人はちょっと刺激を感じるかも知れませんが、すぐに慣れてきます。お値段は1本2800円程度ですが、まとめ買いをすることで1個あたりが安くなります。現在では、いろいろなサイトの通信販売でこの製品を取り扱っています。また、このタイプの制汗剤は同じ外国製で同じような成分が入ったものも多く出回っていますが、どれも効果は高いです。ただ、やはり若干刺激を感じるので、肌が弱い人にはあまりおすすめできません。

ビオレ さらさらパウダーシート薬用デオドラント クールミントの香り

パッケージだけでもいかにも効きそうな国産、花王の製品です。薬用石けんでおなじみのさらさらパウダー(基材)が配合されたシートタイプで、1枚で全身を拭けるようになっています。
拭いたあとは、多少の汗をかいても服が張り付かないというメリットがあり、制汗効果もかなりのものだと思われます。
ひんやりクール感を感じられて、さらさら効果が持続でき、お値段も安いためおすすめです。

ピロエース石けんA

ピロエースといえば、水虫薬で有名なブランド。そのブランドからなんと石けんが出ていたとは驚きです。思えば水虫も脇汗の匂いも「菌」によるもの。その菌をシャットアウトしてしまえば、トラブルは回避できるというものです。

ピロエース石けんAは皮膚の洗浄、殺菌を目的とした石けんで、通常の弱アルカリ性の石けんでは落ちない、皮膚についた菌を洗い流します。
他にもニキビやイボ、かゆみにまで効き、お値段も400円程度と超リーズナブルなのが魅力です。

まとめ

脇汗の原因から対策、おすすめグッズなどをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?特に脇汗の原因が食生活や運動不足のこともあるなどは、パソコンの前でじっとしていることが多い現代人にはかなりショッキングだったのではないでしょうか?

脇汗は専門医に行ったり、しかるべき制汗剤などを買ったり、衣服用の消臭剤を買ったりと対策法はありますが、どれも結構費用のかかることばかりです。まずはツボ押しや運動をはじめてみる、ストレスを貯めないようにしてみる、食生活を変えてみるなど、お金のかからないことから初めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Check Also

3

紅茶にも使われる爽やかな香りで人気のベルガモット。この精油の魅力とは?

「アールグレイ」と呼ばれる紅茶 …