Home / 化粧品 / 若返りたい女性のための若返りの実践方法まとめ
beautiful-15692_1280-660x330

若返りたい女性のための若返りの実践方法まとめ

何歳になっても若く見られたいという気持ちは、女性なら誰でも持っているのではないでしょうか。特に最近はエイジングケア商品の種類が増えていますし、年齢が分からない「美魔女」がテレビで紹介されるなどしていますよね。

同じ女なら私も同じように若返りたいと思った女性必見の若返り術を集めてみました。

若いと思われるためには、どんなことをすればいいのか分からない人はぜひご覧ください。今日から実践して、少しでも若く見られる努力をしてみませんか。

スポンサードリンク

若返りホルモンで若返る方法

若返りホルモンとは、具体的にはどんなものなのでしょうか。名前を聞いていると、すぐに効果がありそうですよね。

実際に、美容整形の分野で取り入れられていますが、若返りホルモンを補充していくことで、10歳程度若く見られるようになることもあるのだそうです。

すごく効果があるようです。では、具体的にどんな効果を持っているのか、紹介していきましょう。

脳下垂体から分泌される

若返りホルモンというよりも、成長ホルモンといった方が分かりやすいかもしれませんね。脳下垂体から睡眠時に分泌されることが知られています。

若返りホルモンが分泌されることで、免疫力が上がったり、肌の調子を整えてくれたりと、見た目が若く見えるだけでなく、体の中から若返ることができるのです。

人体の成長、代謝をつかさどるホルモン

若返りホルモンは、成長ホルモンと呼ばれており、体を作っていくために必要な筋肉を増やす働きがあります。筋肉量が増えることによって、代謝も高まりますので、成長や代謝の手助けをするホルモンといえるでしょう。

人が成長していく上では欠かせないホルモンなので、若い内は分泌される量も多く、思春期から成人するまではピークとなります。

加齢により分泌が減少

若返りホルモンは、成長ホルモンですから、成人になってからは分泌量が低下していきます。体が老化していくのは、成長ホルモンが分泌しなくなっていくからなのです。

40歳ではピーク時の40%しか分泌されず、80歳になると5%と極端に少なくなっています。

若返りホルモンの量が減ってしまうと、肌の調子が悪くなる、体の不調が出てくるなどの影響が出てくるのです。

心臓機能の低下

若返りホルモンが少なくなってくると、影響を受ける意外なものが心臓なのです。なぜ、と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

若返りホルモンが影響を及ぼす者の一つに筋肉があるというのは先ほどもお話しましたが、心臓の大部分は心筋という筋肉でできていますので、筋肉量を増やす働きがある若返りホルモンが減ってしまうと、心臓の機能も低下してしまうのです。

血流が悪くなる

心臓機能が低下してしまうということは、心臓の血を送り出すポンプとしての役割も弱くなってしまいますよね。すると、必然的に血の巡りが悪くなってしまうのです。

血流が悪くなってしまうことによって、冷えやむくみなどの症状も現れてきます。

新陳代謝が悪くなる

若返りホルモンが、筋肉を増やす働きがありますので、分泌量が減ることによって、代謝は悪くなります。血の巡りも悪くなります。

元々人の体は新陳代謝を繰り返して、新しく作り替えられており、正常な状態であると約3か月ほどで細胞が生まれ変わるのですが、若返りホルモンの分泌が減ってしまうと、新陳代謝が正常に行われなくなってしまうのです。

肌にダメージ

若返りホルモンが新陳代謝に与える影響があるということは、肌の新陳代謝であるターンオーバーも乱れてしまうということです。そうなると肌の調子も悪くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れは、しわやシミなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

若返りホルモンを分泌させるコツ

分泌が少なくなってしまうといいことがない若返りホルモンですが、分泌させる方法はないのでしょうか。増やすことができれば、心強いですよね。

大丈夫です。若返りホルモンの分泌を促す方法はきちんとあるんです。効果的な方法をご紹介しますので、実践して若返りを目指しましょう。

空腹の時間を作る

若返りホルモンは、空腹時に分泌されるそうです。お腹が空いている時間がないという人は要注意です。若返りホルモンが分泌される機会を逃しているということになります。

ちょっとお腹が空いたときに、つい間食を取ってしまうことは誰にでもあることだと思います。ですが、少し我慢してみましょう。空腹の時間を作ることで、若返りホルモンが分泌されます。

神経質になりすぎて、食事が取らずに過ごすのはやりすぎですが、食事と食事の間の間食を止めることで、空腹の時間を作って、若返りホルモンを分泌させましょう。

十分な睡眠時間の確保

若返りホルモンは睡眠時に分泌されるというのは最初にも書いたと思います。質のいい睡眠をとって、若返りホルモンの分泌を促しましょう。

睡眠のゴールデンタイムとはよく言いますが、現代の生活時間では22時に就寝というのは難しいことだと思います。ですから、睡眠してから数時間の間に質のいい睡眠を取ることを心がけてください。その時間に質のいい睡眠を取ることによって、若返りホルモンの分泌を促すことができます。

質のいい睡眠を取るためには、睡眠前には携帯電話やパソコンを触らないことや、食事をとらないことがあげられます。また、熱すぎるお風呂にはリラックス効果がありませんので、避けた方がいいでしょう。

小さな心がけで睡眠の質は向上します。少しでも質の高い睡眠を取ることによって、若返りホルモンを分泌させましょう。

運動をする(スクワットが効果的)

運動をすることによって、若返りホルモンは分泌されます。効果的なのは、「スローリフト」です。このトレーニング方法は、激しく動くことはないので、普段運動をしていないから、激しい運動はできないという人にも、気軽に始めることができるのではないでしょうか。

スローリフトのやり方はというと、ゆっくりと行うことが前提です。ゆっくりと体を動かし続けるのです。その間、動きは途切れてはいけません。ゆっくりでも動かし続けることが大切なのです。

特にゆっくりと行うスクワットは効果的ですよ。膝をゆっくり曲げながら腰を落として、手を前に出します。そして、止まることなく立ち上がるという運動を繰り返すのです。

繰り返しやっていると、太ももが張ってくるような感覚になりますが、それが若返りホルモンが分泌されている状態なんだそうです。スローリフトをした後は、普段の100から300倍の若返りホルモンが分泌されると言われています。

ゆったりとした運動で、成長ホルモンの分泌を促してみませんか。

食事で若返る方法

エイジングケアをするときには、食事を変えるというのも有効な手段になります。ある栄養を取ることによって、体の中から若々しくなることができるのです。

老化の原因の中には活性酸素の性質によるものもあります。

活性酸素は体にとって必要なものではあるのですが、その働きが強すぎるために、過剰にありすぎると悪影響となってしまうのです。その過剰な活性酸素を除去できるかどうかで、若返れるかどうかが決まるのです。

活性酸素の除去のある抗酸化力の高い食べ物

では、過剰な活性酸素を除去していくには、どんな食べ物を食べればいいのでしょうか。

抗酸化力が高い食べ物を食べていくことが大切です。抗酸化力が高い食べ物に含まれている栄養素というものには何があるのでしょうか。

体にいいと言われているものが多いので、納得できるかもしれませんね。

カロテノイド(カロテン)

カロテノイドという名前よりは、カロテンという名前の方が馴染みがあるかもしれませんね。カロテノイドにはたくさんの種類がありますが、自然の中で存在している色素の一種です。

抗酸化作用に優れているため、若返りたい人は積極的に取っていきたいもの。比較的に摂取しやすい食材が多いことも特徴の一つかもしれません。

どんな栄養素があるのか紹介していくと、「αカロテン」「βカロテン」「リコピン」「ゼアキサンチン」「カプサイシン」「アスタキサンチン」などがあります。この栄養素が含まれている食材にどんなものがあるのかは、また紹介していきましょう。

ポリフェノール

チョコレートに含まれていることが知られているので、ご存知の方は多いかもしれません。飲み物に多く含まれているイメージが強いですが、それだけではありません。

それがなぜかというと、水に溶けやすい栄養や油に溶けやすい栄養がある中で、ポリフェノールは万能タイプの栄養素。どちらでも働くことができるのです。

ポリフェノールには、「カテキン」「カカオマス ポリフェノール」「大豆イソフラボン」などがあります。紹介した栄養素を含む食品はまたあとでご紹介します。

抗酸化ビタミン

ビタミンが肌にいいことはよく知られていると思います。抗酸化作用があるだけでなく、体にとっていい作用が他にも含まれています。美肌効果を謳う化粧品にはビタミンが含まれているものがたくさんありますよね。

ビタミンは一種類だけ摂取しても素晴らしい効果がありますが、複合的に摂取していくことで、相乗効果が見込めるのです。サプリが単品よりもマルチビタミンとして売られていることが多いのには理由があるのですね。

抗酸化ビタミンには、「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」があります。どのような食品があるのかは、またあとで紹介しますね。

若返りに効果的な食材と栄養素

先ほど紹介した抗酸化力の高い栄養素は、どのような食材があるのでしょうか。具体的な食材を上げながら、その効果を紹介していきたいと思います。

毎日すべてを取り続けることは難しいですが、食生活の中に少しずつ取り入れて、若返りを目指していきましょう。

ニンジン、かぼちゃ(αカロテン、βカロテン)

αカロテンやβカロテンが含まれている食材の代表といえば、ニンジンやかぼちゃではないでしょうか。カロテノイドが色素であるという話は最初にしましたが、ニンジンやかぼちゃの独特の色合いは、その色素によるものだといえます。

カロテンには、抗酸化作用だけではなく、免疫力を上げてくれる効果があるので、体のためにも積極的に取っていきたい栄養素です。

古くからニンジンには薬効がある食べ物として知られています。

ニンジンやカボチャには、ビタミン、食物繊維、葉酸などが含まれており、便秘改善や肌の悩みがある人は、若返りも兼ねて取り入れたい食材の一つです。

ニンジンやカボチャのカロテンを摂取するときには、加熱調理がお勧めですよ。

トマト(リコピン)

トマトに含まれるリコピンの効果は一時期話題になっていたので、ご存知の人も多いかもしれませんね。抗酸化作用が強いため、若返りが期待できる栄養素の一つ。

リコピンには、脂肪が蓄積していくのを防ぐ効果があるため、ダイエットしたいという人にもおすすめの食材になります。

トマトには、リコピンの他にもビタミンCやβカロテンなどが含まれています。抗酸化作用が高い栄養素がたくさん入っているのです。

おすすめはトマトジュースです。トマトジュースは完熟トマトで作られるので、完熟したときに最も栄養素が多くなるトマトを摂取するにはトマトジュースが最適です。

また、βカロテンも含まれているので、加熱調理するのもいいですが、ビタミンCが熱に弱いため、加熱時間は短めにする方がいいでしょう。

レバー(ゼアキサンチン)

レバーの栄養素に関しては、牛や豚などこだわらなくても、栄養素には大差がありませんから、好きな物を食べるのがいいと思います。

ゼアキサンチンは体内で作ることができない栄養素なので、自分で摂取することを心掛けなければなりません。抗酸化作用に加えて、網膜を保護してくれるので、視力が低下してきた人や目の調子が悪い人も積極的に取り入れたいものです。

油に溶ける性質がありますので、油を使った加熱調理がお勧めです。レバーを調理する際には、血抜きを行うと思いますが、流水につけすぎるとビタミンが水に溶けだしてしまいますので、十分に気をつけましょう。

ビタミンだけでなく、鉄分や葉酸が豊富に含まれているのも嬉しいポイントです。

唐辛子、しし唐(カプサイシン)

唐辛子やしし唐に含まれるカプサイシンは、脂肪の分解を促す効果があるため、ダイエットとして利用している人もいるかもしれません。しかし、脂肪を燃やす効果はないので、きちんと運動をしなければ、ダイエット効果は薄いかもしれませんね。

カプサイシンには殺菌効果があり、免疫力を高める効果があります。摂取しすぎると胃の粘膜を荒らしてしまいますが、適度に取ることで、胃壁を保護してくれます。

唐辛子は辛み成分がとても強いので、カプサイシンが含まれる表皮や種皮を香辛料として摂取するといいでしょう。

鮭、鯛、海鮮類(アスタキサンチン)

鮭などに含まれるアスタキサンチンは、非常に高い抗酸化作用があります。抗酸化作用が高いβカロテンよりも抗酸化作用が高いのです。コレステロールの酸化を防ぐ力も強いという特徴があります。

鮭や鯛には良質なたんぱく質が多く、消化吸収に優れています。また、ビタミンも豊富に含まれています。

お茶(カテキン)

緑茶の苦み成分として知られているカテキンは、抗酸化作用の高いポリフェノールの一つです。

善玉コレステロールを減らすことなく、悪玉コレステロールを減少させることができることが、カテキンのいいところですね。腸内環境の改善をしてくれるので、お腹の調子がよくない人は、緑茶を飲んでみるのもいいのではないでしょうか。

また紅茶に含まれるポリフェノールはスーパーカテキンとも呼ばれていますし、ウーロン茶に含まれるウーロン茶ポリフェノールはカテキンの集合体だそう。

どれとこだわらず、飲みやすいお茶を飲むのがいいのではないでしょうか。

チョコレート(カカオマス ポリフェノール)

チョコレートに含まれているポリフェノールは、健康効果があると言われています。抗酸化作用に優れていて、チョコレートの主原料であるカカオ豆は、かつて薬として使われていました。

最近は高カカオチョコレートが腸内環境を整えるということで、話題になっていましたよね。ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、ダイエットにも使用される食品の一つです。

大豆食材(大豆イソフラボン)

畑の肉といわれる大豆には様々な栄養素が含まれています。必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質のたんぱく質やオリゴ糖など健康的に生きる為に必要な成分が含まれています。

そんな大豆に含まれる大豆イソフラボンは、抗酸化作用があるだけでなく、女性ホルモンと同じような働きをするため、更年期障害の症状を抑えることができるのです。

女性には必要な栄養素の一つです。

うなぎ(ビタミンA)

豊富なビタミンAが含まれているうなぎは、たくさんの種類のビタミン、カルシウム、鉄分などの含まれており、非常に栄養価が高い食品なのです。

抗酸化ビタミンであるビタミンAは100gで2日分の栄養が摂れるそうです。

抗酸化作用に加え、免疫力を高める効果もあります。

赤ピーマン、レモン、パセリ(ビタミンC)

美容に効果があると名高いビタミンCは、体内で作ることができない栄養素の一つ。ビタミンCを作ることができる哺乳類は多いそうなのですが、人間にそれは当てはまらないそうです。

ですから、食事をする中で取り入れていくことを心がけましょう。

抗酸化作用があるだけでなく、コラーゲンの生成を促進したり、メラニンの生成を抑制する効果があるため、非常に重要な栄養素となっています。

赤ピーマンにはビタミンC以外にも、リコピンやカプサイシンなどが含まれており、レモンはビタミンCが非常に豊富で、疲労回復効果のあるクエン酸が含まれています。

パセリにはビタミンCが豊富に含まれているだけでなく、カロチンも豊富に含まれているのです。また鉄分も豊富に含まれているので、貧血にも効果があるのです。

ビタミンCは水に溶けやすい性質がありますので、ご注意くださいね。

ナッツ類(ビタミンE)

ナッツ類が栄養価が高いことは知られていますが、特に注目はビタミンEです。抗酸化作用が高いだけでなく、血液をサラサラにする効果があります。

ビタミンやカリウム、カルシウムなど体に良い栄養素がたくさん含まれており、少量の摂取でも十分な栄養補給ができるのです。

その代わりカロリーが高いので、たくさんの量の摂取には向いていません。適量を考えながら、食べていくことが大切です。

たるみを解消して若返る方法

老けて見える原因の一つがたるみですよね。たるみが原因で深いしわができてしまったり、たるんで下がってしまうことで年齢を感じる顔になっていたりします。

若返りたいのであれば、たるみは大敵です。たるみを解消して、若々しく見せるにはどんなことをすればいいのでしょうか。

リフトアップ

若返りを実現するためには、まずはリフトアップ。美容整形をする方法しかないとも言われていますが、マッサージや化粧品を見直すことによって、リフトアップを目指す方法もあります。

美容整形は、どうしてもお金がかかってしまいますから、避けたいという人もいるのではないでしょうか。

リンパマッサージをすることで、リフトアップを促していきましょう。マッサージは毎日行うことが大切なので、継続して行うこと。力を入れすぎると過度の刺激で肌が傷ついてしまいます。適度な力加減で行いましょう。

また、肌の弾力が失われているたるみの場合は、スキンケアで改善することができます。セラミドやコラーゲンなどリフトアップに有効な成分を配合したスキンケア化粧品を使って、肌のケアをしていくことも大切です。

顔の筋肉を動かす運動

肌のたるみの原因の一つに、表情筋の衰えがあります。表情筋は使わなければ衰えてしまい、皮膚や脂肪を支えることができなくなってしまうので、たるみになってしまうのです。

表情筋の衰えを防ぐためにも、表情筋を動かす運動をしていきましょう。

表情筋を鍛えるためには、変顔がいいとは言いますが、それは表情を作るためにより表情筋が動くためではないでしょうか。表情筋を動かす運動には、動かす部分によっていろいろなエクササイズがありますので、自分に合ったものを探してみましょう。

よく噛んで食事をする

咀嚼の回数を増やすだけでも、表情筋を鍛えることができるのです。表情筋を鍛える運動というものは、人には見せられないような顔になるために、やりたくないという人がいるのはしかたないのかもしれません。

しかし、食事は毎日行うものですから、そこを改善するだけでも表情筋を鍛えることができるのだそうです。

やわらかい食材を長い間咀嚼することは難しいので、固めの食材を食べることを心がけ、ゆっくりと30回は咀嚼することを心がけます。

リフトアップや表情筋エクササイズと同じで、繰り返すことによって効果が表れてきますので、毎食やるのがストレスなら、一日一食だけでもいつもより時間をかけて、しっかりと噛んでご飯を食べてみましょう。

生活習慣を改善して若返る方法

毎日何気なくやっている習慣が、実は老けて見える原因となっている可能性があります。そんなことでは若返りを実現することはできませんよね。

今までやってきたよくない習慣を改めて、若返りを目指しましょう。

睡眠を十分にとる

若返りホルモンの分泌を促すという目的もあり、質のいい睡眠を取っていくことは非常に大切なことです。しかし、睡眠が充分に取ることができなければ、それ以外にも弊害があるのです。

人間の体は寝ている間に、外部からの刺激などによってダメージを受けた細胞の修復を行っています。そのため、睡眠が十分にとれないと、老化を促進してしまったり、体調が悪くなってしまったりするのです。

若返りをするためには、睡眠を十分にとることが大切なのです。

空腹状態になる

お腹が鳴ると恥ずかしい思いをしてしまうという人も多いと思いますが、これは大切なことなのです。空腹感を感じることによって、若返りホルモンが分泌されます。このとき、人間の体は代謝が上がっており、ダメージを受けている細胞の修復を行います。そのため、老化が防止できるのです。

しかし、現代はいろいろなものが溢れすぎているため、なかなか空腹感を感じることが難しいそう。意識して、食事の量を調整して、空腹時間を作っていきましょう。腹八分目とは言いますが、それには若返りホルモンが働ける環境を作るという働きがあるのです。

しかし、空腹感だけでは本当の意味で空腹ではないのです。お腹が鳴っているときが本当の空腹となります。空腹感が表れることで満足するのではなく、本当の意味での空腹状態を作ることを心がけましょう。

ゆっくりとした運動をする

ゆっくりと運動することによって、筋肉に負担をかけ、若返りホルモンを分泌させましょう。反動を付けず、ゆっくりと筋肉を動かし続けることで、若返りホルモンは分泌されやすくなります。

一見激しい運動の方がいいように思うかもしれませんが、激しい運動は逆に老化の原因になってしまいます。その原因は活性酸素。激しい運動をすると、大量の活性酸素が発生するために、若返りとは逆の効果になってしまうのです。

ですから、運動をするときには、止まらずにゆっくりと運動することが大切なのです。

よく噛んでから飲み込むようにする

よく噛むことによって、表情筋が鍛えられるというのは既に書きましたが、噛むことによって得られる効果は、実はそれだけではありません。

よく噛んで食べることによって、唾液が分泌されます。その中には、若返りホルモンの一種が含まれているのです。唾液を分泌するのは奥の方なので、奥歯でしっかり噛むことが重要です。

また、よく噛むことで脳の血流がよくなり、脳の老化を防止することができるのです。

寝る前には糖質を摂らない

糖質を練る前に摂ってしまうと、体内にインシュリンが残ったまま、就寝しなければいけなくなります。これは、若返りを目指す上で弊害にしかなりません。

寝る2時間前までには食事を終え、寝る前に糖質を摂らないようにしましょう。

若返りホルモンは、体内にインシュリンが残った状態だと分泌されないのです。寝る前に、糖質を摂ってしまうと、若返りホルモンが分泌されるはずの時間にインシュリンが残っているため、分泌が阻害されてしまうのです。

寝る前にどうしても何かを入れたい場合は、安眠効果の高いバナナやホットミルクをとる程度にとどめた方がいいでしょう。

スクワットをする

一日に10回程度のスクワットをすることによって、若返りホルモンの分泌を促すことができます。スクワットはゆっくりと、止まらないように行いましょう。

太ももの筋肉は、体の中で一番大きいため、太ももを動かす運動をすると、若返りホルモンの分泌が一番効率よく行えます。

また、スクワットをすると脳下垂体からだけではなく、下半身の筋肉から分泌される若返りホルモンも分泌されるので、二つの若返りホルモンの効果が得られるのです。

下半身から分泌される若返りホルモンには限りがあるため、回数を多くこなせばいいというものではないようです。

皮脂をきちんと落とす

美肌を作るためには洗顔は非常に大切です。洗顔を変えたことで、美肌になる人は案外多いのです。

生活の中で、肌には雑菌や皮脂など様々な汚れが付着します。特に酸化した皮脂は非常に厄介なもの。老化の原因にもなってしまいます。

それを防ぐためにも、洗顔には気を使い、不要な皮脂は全て洗い流すことが大切なのです。

化粧水を肌によくパッティングする

洗顔後には、化粧水を肌になじませましょう。時間をおいてつけた場合、化粧水が馴染みにくくなりますので、洗顔後すぐにするのがポイントです。

化粧水の量ですが、たくさん使うことがいいことではありません。個人個人に適量がありますので、自分に合う量を探していくことが大切です。また、肌は全てが同じ状態ではないため、その場所にあった適量を付けることも大切です。

手で馴染ませる場合は、強くパッティングしないこと、コットンでつける場合には、肌をこするようにつけないことが大切です。肌が傷つくと若返りどころか、老化の原因になってしまいます。

コットンを押し当て、優しくパッティングしたり、手で包み込むようにパッティングすることによって、化粧水が肌に浸透しやすい環境を作っていきましょう。

保湿効果が上がれば、若々しくハリのある肌へと近づくことができるはずです。

日焼け止めを毎日塗る

肌が受ける刺激の中でも、紫外線の刺激はとても大きいものです。季節を問わず、常に紫外線は降り注いでいますから、日焼け止めは毎日塗っておきましょう。

冬だからといって、紫外線がなくなるわけではありませんし、天気が悪い日であっても、紫外線は降り注いでいるということを忘れてはいけません。

紫外線の刺激はシミやくすみの原因になってしまいます。老化の原因となりますから、若返りを目指すためには、紫外線対策を欠かさないことは重要なことなのです。

まとめ

若返るためには、いろいろな方法があります。一つの方法だけでなく、いろいろな方法を複合的に積み重ねていくことによって、より若々しく見せることができます。

若返りホルモンは年齢と共に少なくなっては生きますが、努力次第で分泌量を増やすことは可能です。体の外側から改善していくだけでなく、体の中からケアしていくことにより、より若々しく、美しくなっていきたいですね。

改善する方法も、何気なくやってしまいがちな生活習慣の改善や誰でも簡単に始めることができる運動など、生活に取り入れやすいものも多かったと思います。

一気に始めるのはムリでも、一つずつ改善していけば、少しずつ若返っていけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

b9edbe432093f31631946b755d24852c_t

鼻にニキビができる原因と対策

皆さんこんにちは! 肌トラブル …