Home / 美肌 / ビタミン不足がニキビの原因になる理由とビタミンをとる方法
883de941a1d4bf59d6ae3b2b1d302b11-660x330

ビタミン不足がニキビの原因になる理由とビタミンをとる方法

毎日丁寧なスキンケアをしても、洗顔をしてもなかなか治らないニキビ、じつはビタミンが不足していることが原因かもしれません。ビタミンの中には脂質の新陳代謝を適切にコントロールする役割を持っているものや、肌のターンオーバーのリズムを整える効果を持っているものがあります。偏った食生活により、美肌維持のために必要なビタミンの要素が不足してしまっていると、ニキビなどの肌トラブルお招く原因となってしまいます。

本記事ではニキビとビタミン不足の原因についてご紹介していきます。ニキビでお悩みの方は、一般的な治療を進めていくとともに、ビタミンとニキビについての知識も深め、食生活を見直してみましょう。

スポンサードリンク

ビタミン摂取で美肌健康生活に

まずは、ビタミンB群

肌荒れができやすくてなおりにくい場合はビタミンB郡が不足している可能性があります。とくにビタミンB2は、皮脂の分泌におおきく関わる栄養素といわれています。脂質の代謝を活発にして皮脂の分泌をコントロールしてくれます。ビタミンB2が不足してしまいますと、皮脂の分泌量が増えてしまい、ニキビになりやすくなってしまいます。そのため、食生活を振り返ってビタミンB2が不足していると感じる場合は、これらを摂取できるような食事をすることを心がけましょう。

ビタミンB2を多く含む食材

ビタミンB2は皮脂の分泌量のコントロールだけでなく、有害な過酸化脂質の分解にも関係しており、美肌維持のために欠かせない栄養素です。豚レバーや牛レバーなどのレバー類、さば、うなぎ、卵、納豆などに多く含まれているため、毎日の食生活に不足していると考えられる場合は、これらの食材を利用した料理を食べる習慣を身につけると良いでしょう。

ビタミンB群とターンオーバー

またビタミンB群は肌の生まれ変わり、いわゆるターンオーバーを活発にしてくれます。ターンオーバーが乱れますと、剥がれるはずの古い角質が肌の表面にどんどんたまってしまい、毛穴をつまらせる原因になる場合があります。レバーやうなぎ、たまごや納豆にナッツ類などにたくさん含まれているので、積極的に食べましょう。

また、ビタミンAも乱れたターンオーバーを正常化してくれる働きを持っています。鶏のレバーやほうれん草に多く含まれておりますので、ターンオーバーの乱れを感じ始める前に、食生活をチェックして不足していると感じる場合は、積極的に食べ流ようにしていきましょう。

睡眠不足になりますと、このはだのターンオーバーが乱れがちになります。仕事の忙しい時期などはどうしても睡眠時間を確保することが難しい時もありますので、事前に必要な栄養素を摂取する習慣を身につけておき、肌トラブルを最小に抑える工夫をしましょう。

ビタミンCは救世主

また、美肌にいいと言われてるCは、肌荒れのときの救世主ともいわれています。優れた抗酸化作用で、炎症ニキビの原因となる活性酸素の働きを抑えてくれるといわれています。そして弾力がありお肌をふっくらとさせるコラーゲンの生成をうながすので、肌荒れのあとを治すといわれています。ブロッコリーなどの緑黄色野菜や柑橘系をしっかりと食べるようにしましょう。

また、この肌荒れは20代のひとは要注意といわれています。厚生労働省が15歳から70歳以上を対象とした野菜の摂取に関する調査を行ったところ、どの世代もしっかりと一日分野菜が摂取できていないことがわかりました。とくに栄養が足りていないのは20代ということがわかりました。

ニキビはできるとクリームや薬、洗顔方法の見直しなどで、比較的早期のニキビであればすぐに直すことができますが、大切なのは原因を予防して再発させないことです。食生活は全ての活動の基本となることですので、バランスの良い食事をするように心がけましょう。

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s

また野菜そのものの栄養価の減少から、栄養不足はかなり深刻といわれています。この栄養素はほかの栄養素とちがい、とくにお肌に作用するといわれています。ではサプリメントで補えば、肌荒れは改善されるのかというと、改善されない場合があります。栄養素が不足してニキビができることから、ビタミンを補えるサプリメントを飲むひとは多いのですが、このサプリメントを飲んでも良くならない場合は、それ以外の栄養素が不足している可能性があります。

腸内環境にも気を付けよう

よって、この栄養素だけを補っても効果がないひともまれにいます。また、腸内環境が悪化してしまう場合もあります。野菜不足だけではなく、便秘気味といううとは、間違いなく野菜不足だけではなく腸内環境が悪化してしまうことによって肌荒れが起こってしまった可能性があります。この場合はvitaminだけでは改善は難しいとされています。

ニキビができやすい人は食生活を見直すことが大切

なかなか治らないニキビは、食生活を見直すなど日常生活を見直す必要があります。忙しくて外食が続いたり、無理なダイエットをしたり食事制限をしてしまうとからだに必要な栄養素が足りなくなってしまいます。たとえばビタミンは美肌に必要な栄養素で、この栄養素がふそくしてしまうと皮脂が必要以上に分泌されてしまったり、お肌の生まれ変わりのサイクルいわゆるターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れてしまいますと、肌荒れが悪化してしまう可能性があります。忙しくてなかなか食事から栄養を補えないという人は、サプリメントからの摂取もおすすめですが、外食にいく場合も栄養が豊富な和食や野菜中心のものや果物を使ったものを選ぶなど、食べるものにも工夫をしましょう。

また、無理なダイエットをして栄養素が不足してしまうとお肌トラブルを招いてしまいます。ダイエットをする際にも無理な計画を立てず、確実に実行できる計画を立てられるようにしましょう。コンビニご飯などは、長持ちさせるための栄養素が入っており、これは体へ悪影響を与えることがあるため、忙しい時でも注意することが必要になります。

ニキビは場所によって原因が違っている

また、にきびといっても出来た場所によって様々な原因があります。あごにできるにきびは、ホルモンバランスが原因とされています。原因はストレスや睡眠不足、食生活の乱れです。頬にできるのは、思春期のにきびはといわれています。これらのにきびは、殺菌効果のあるにきび専用の洗顔料や化粧品でケアをしましょう。

ビタミン不足による皮脂の過剰分泌が原因で発生するニキビは、特に皮脂が出やすい顔のTゾーンや髪の生え際に出やすいので、この部位にニキビができやすいという方は食生活を見直してみることをオススメします。

便秘にも要注意

そして、運動不足を解消して新陳代謝をうながしたり、栄養バランスがいい食事をとったり、睡眠不足を解消、また便秘のひとは便秘解消するために水分の摂取や食物繊維などを摂取して、便秘を解消しましょう。

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

またあご回りは皮脂が分泌されやすい場所なので、皮脂のコントロールが重要です。肌の負担にならないように、ごしごし擦らずに優しく丁寧に洗いましょう。また乾燥しすぎても皮脂が過剰分泌されるので、乾燥をしないように気を付けましょう。

生活改善で憧れの美肌を手にしよう

現代人が不足しているビタミン、しっかりと毎日の食事のメニューから補うようにして、つるつるの美肌を目指しましょう。バランスの良い食生活は美肌維持に役立つだけでなく、健康的な体、日々の活力に繋がっていきます。忙しいとストレスがたまり、ついつい暴飲暴食してしまいがちではありますが、より良い日々を過ごすために、一度食事の棚卸しをしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …