Home / 女子 / 暮らしが快適になるソファーテーブルの魅力とおすすめ商品
a0002_001934-300x200

暮らしが快適になるソファーテーブルの魅力とおすすめ商品

20,30代の女性の独身女性の方は、一人暮らしをして生活をしている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?仕事に恋愛と忙しい日々を過ごす中で、家にいる一人の時間というのはリラックスすることのできる大切な時間です。

一人暮らしになると、あまり大きくはない広さの家を借りていることが多いかと思いますが、限られたスペースを有効活用して快適な空間を作るには工夫が必要です。ソファーは外せないけれど、ソファーとは別に食事用のテーブルと椅子も欲しいというのは中々実現が難しいレイアウトです。こういった状況の時に役立つのがソファーテーブルです。ソファーテーブルとは、ソファーに座りながら食事やパソコンなどをすることができる、ソファーの高さに合わせたテーブルのことです。

ソファーテーブルを有効活用することによって、限られたスペースの中でもくつろぐことのできる空間をデザインすることができます。本記事ではソファーテーブルの魅力とおすすめ商品についてご紹介していきます。一人暮らしでこれから家具選びをするという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

(1)作業のお供に。木製小型サイドテーブル


出典:http://item.rakuten.co.jp/

なんだかちょっとだけ小学校や中学校の机を想起させるようなこのウッドの風合い、どこか懐かしい感じがしますが、作業スペースとしての使い心地はかなりのものです。ソファーテーブルとは本来ソファーの傍に置く物ですから、スペースを大きく取るものが多い中、このタイプは完全に作業に没頭するためだけに作られたものだとわかります。

実はこのテーブル、天板の前面に少し窪みがあって、そこに身体を対面させるようにする造りになっているのですが、ソファに座って、あるいはベッドに腰掛けて一時的に作業をする、という用途でなければこんな人間工学を考えたデザインはしないはず。

省スペースで作業特化型。また軽いので作業後はソファーのサイドテーブルとしてコーヒーや本などを置いても機能的に使えます。テーブル後面には雑誌や大型本などを置く際にも使える小棚が付属していますので、そこも使えますね。本を飾るのが好きな人ならこういう一工夫は嬉しいところ。

逆に飾りっけなしの作業に使ったファイル置場なんかにしてもいいかもしれません。小さいながら用途はいっぱいです。ただし、いかんせん木なので色味の強い飲みものなどをこぼしたり、ものすごく濡らしてしまわないように注意しましょう。

(2)自分の部屋がカフェになるソファーテーブル


出典:http://item.rakuten.co.jp/

ブラックスチールの一本足と高めに設定された木目の天板で構成されたこの楕円形のテーブルは、まるで昭和の喫茶店を思い起こさせるシンプルな造り。一見ただのリビングテーブルにも見えますが、座面が高めのソファーなら完璧にマッチするソファーテーブルにもなります。

つまりこれはリビング用にも作業用にも休憩用にも使えるという一石二鳥ならぬ一石三鳥の使い勝手のよさ。ソファーはレザー・ファブリックのみならず本革の色味ともぴったりといった感じですね。

飾りっ気がほとんどないデザインだからこそ、それだけ自由自在に使えるというものでもあります。全てはアイデア次第のこの一品。横幅も120cmとなかなか広いので、3、4人程度の小会議なんかにも使えます。

ソファーと合わせると作業しながらごはんも食べられるというだらけ空間も構成されそうですが、この上には棚などは置けないので、そこは別の棚などで補う必要がありそうです。

なお、UT1200は他にもサイズが異なる商品が多数存在しており、サイズによって分けるUTシリーズとされています。UT1200Dは高さ70cmなのですが、高さ42cm、60cmなどのものもあります。

(3)極限シンプル文机。Pishat

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ちょうど川端康成など文豪の文机に似たデザインのこのテーブル、というより机は、カーペットに座ったままでもソファーに腰掛けたままでも使える人間用途に加えて、たとえばインテリアの一環として間接照明置場や小物置場、さらにデスクトップPCやノートPC置場にも使える上に、そのまま文机としても使えるまさに古今無双の立ち回り。

元々は横幅寸法1200mmとそれよりもわずかに小さな机が二つ重ねて収納する机だったのですが、下の机は上の机と分岐できますので、ソファーの目の前に置くリビングテーブルを大きな方の机に委ね、もう一つの小さい方をソファーのサイドテーブルとして使うなど、これ一つでソファー周りはすべて片付くような自由さを見せます。

素材はブラックウォールナット突板、表面塗装はウレタン。天然木を用いた日本を感じさせる和モダンの仕上がりです。大きさの割に両方合わせて25kgという軽さなので、持ち運びにもそこまでの労力はかからないものになっています。

置き方次第ではダイニングテーブルにもなり得るこの一品、和の風合いなので周囲とのインテリアとの調和もしっかりと考えて置いていきたいですね。

(4)アジアンなアバカテーブル。Parama


出典:http://item.rakuten.co.jp/

こういった木で編んだような素材は風通しがよさそうで、たとえば枕とか小物入れなんかでもたまに見かけることがありますが、今回用いている素材はアバカという木材を編んだもの。

アバカはインドネシアやバリ島付近の東南アジアで広く用いられている素材で、バナナの木の一種とされています。アバカの木は表皮にしっかりとした強度があり、それゆえに家具などにもよく使われているそうです。

この商品自体の生産国ももちろんインドネシア。東南アジアといえば湿度が高く低気圧や雲などがよく去来する土地柄ですが、だからこそこのような通気性の高い家具が生まれるのですね。

横幅は1000mmで十分な大きさがあるテーブルなので、リビングテーブルとしての機能が主に期待できますが、強化ガラスの天板の下には空間があり、そこは収納スペースとなっています。

毎日リゾート気分でリビングを飾るならおすすめの一品です。

今後ソファーテーブルを検討していく上で

今回ジャンルレスにソファーテーブル類を列挙していきましたが、ソファーテーブルとはそもそも何なのかと考えると、ソファーの役割を拡張させるものなのではないかという結論に至ります。

ソファーを用いる人の目的によって、ソファーのあり方は無限に異なります。それら全てに対応するソファーテーブルを、自分のライフスタイルから探っていくこと。自分は家に帰ってきてソファーに座って何をしているのか。その行動をひたすら考えていく上で、今後このソファーテーブルがあると何ができるのかを考えるようにしましょう。

そしてそのテーブルが本当に価値と照らし合わせて正しいものなのかを、しっかりと考えていくことで、真に求めるソファーテーブルが手に入るのではないかと思います。そのためにはジャンルの垣根を越えて、比較を重ねていくことが正道なのではないでしょうか。

また、ソファーテーブルを購入される際には、もし可能であれば実際に商品を見てみることをおすすめします。一度購入してしまえば、ある程度の期間使い続けることになるものになりますので、自分が求めているものと本当に合致しているのか、確かめてから購入すると良いでしょう。インターネットで購入される場合には、口コミ情報などを集めてみることもおすすめします。ぜひ快適な生活をアシストしてくれるソファーテーブルを見つけてください。

スポンサーリンク

Check Also

115_effected-660x330

色気のある女性になる方法と日頃から実践したい習慣

色気のある女性に出会ったことは …