Home / 美肌 / 基本を守ろう!美肌をキープするためのスキンケアの基本
1

基本を守ろう!美肌をキープするためのスキンケアの基本

毎日スキンケアをしているといつの間にか自己流になってしまいこれで本当にいいのかなと感じることはありませんか。

もしかしたら、基本を見直すことで今まで以上に美肌効果を得られるかもしれません。そこで、美肌をキープするためのスキンケアの基本について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

スキンケアの基本

朝の美肌作りの基本

2

朝のスキンケアの基本の流れをご紹介していきます。

①洗顔‥朝は、肌に必要な皮脂まで取ってしまうことを避けるために、ぬるま湯だけで洗顔することが基本になります。ただし、夏場の汗をかきやすい時期や脂性肌の人など顔が脂っぽいと感じたりクレンジング不足を感じたりする時は、

洗顔剤を使って優しくさっと洗い流すようにすると肌への負担を減らすことができ、その後の化粧水の浸透率を上げることが出来ます。

②保湿‥洗顔後は乾燥しやすい状態になっているので、化粧水で十分な保湿をすることが大切です。

その際、手のひらかコットンにたっぷり化粧水をとり優しくパッティングしながら肌に化粧水を入れていくと、その後の化粧ノリが良くなります。時間に余裕がある時は、シートパックなどを用いるのも良い方法です。

③美容液・乳液‥化粧水で保湿した後の水分を閉じ込め、保湿効果を高める役目をするのが美容液です。乾燥が気になる場所には重ねづけをするようにしておきます。

夜の美肌作りの基本

3

朝のスキンケア同様に夜のスキンケアの基本についてご紹介します。

①クレンジング‥クレンジングは帰宅後すぐに行うと効果的と言われています。メイクの汚れや余分な皮脂をしっかり落とすようにします。その際、力を入れすぎず優しくクレンジングすることが大切です。

②洗顔‥余分な皮脂や汚れを落とすためには、メイクをしているしていないにかかわらず洗顔をすることが大切です。その後の化粧水や美容液の浸透率がかわってきます。

③保湿‥洗顔後はすぐに化粧水で保湿を行うようにします。化粧水を手の平やコットンでしっかり入れ、その後優しくハンドプレスすると効果的です。

④美容液・乳液‥美容液で保湿効果を高めるようにます。乾燥が気になる場所にはその後、乳液やクリームで蓋をしていきます。ここから、もう少し詳しく美肌になるためのスキンケア方法をご紹介します。

スキンケアの基本を守ろう

良いクレンジング選びと美肌作りのためのクレンジング方法

4

クレジングには、様々な種類のクレジング剤があります。それぞれの特徴についてご紹介します。

①ジェルクレジング‥ジェルの中でも伸びが悪いタイプだと必要以上に力が入ってしまうためシワ、たるみの原因になりやすく、さっぱりしすぎているものだと汚れが落ちにくいといった特徴があります。

②オイルクレジング‥汚れを落とす力はあるのですが、油分が多いのでクレジング剤自体が落ちにくいところがあり、その後の洗顔に時間がかかります。

洗顔に時間をかけることで肌への負担が大きくなったり、クレジング剤が肌に残ったままになっていると化粧水の浸透を妨げてしまったりすることがあります。

③石鹸クレジング‥しっかりしたホイップ状の泡ですばやく洗い流すことが基本になります。肌にクレンジング剤をのせる時間が長いと肌への負担がでてきます。

弱酸性の石鹸の場合、肌には優しいのですがメイクの汚れや余分な皮脂が落としきれないという点があります。

④クリームクレジング‥油に馴染みやすい特徴があるので、汚れを浮かせて洗い流せます。伸びも良く肌への負担も少ないので、敏感肌の人でも使えます。

⑤拭き取りクレジング‥拭き取りタイプのクレジングは、拭き取る際に摩擦が出てきやすいので、肌への負担が大きくなります。

また、毛穴に汚れを詰めてしまい、汚れがしっかり落としきれないことがあります。出来るだけ洗い流すタイプのクレジング剤を使い、肌への刺激を減らすことをおすすめします。

上記のことからクレジング剤は、油分が多いと汚れが落ちやすいのですが洗顔での負担が大きくなります。自分の肌に合わせたクレンジング剤を選ぶことで肌への負担を減らすことが大切です。

基本となるクレジングの手順に進めていきます。

①髪の毛を後ろで束ねるかヘアバンドなどで顔周りに髪がかからないようにしておきます。

②手には雑菌がつきやすいので、顔に雑菌を塗り広げないために手をしっかり洗う必要があります。

③先にアイメイクを落としていきます。専用リムーバーをコットンなどに含ませて、まつげをはさみ根本から毛先に向かって優しくゆっくり落とします。アイラインなどのアイメイクは綿棒にリムーバーを含ませて優しくなでていくように取っていきます。

④口紅にクレジング剤をのせ、指先で円を描くようにクルクル回しながらメイクを浮かせていきます。

⑤クレジング剤を額→頬→鼻→あごの順番にのせて、内側から外側に向かいクルクル円を描くように回しながら優しくなじませていきます。

汚れが浮き上がったらすばやくぬるま湯(30~35度)で流していきます。ここで、時間をかけすぎてしまうとまた、汚れをすり込んでしまうことになるので注意が必要です。

クレンジング剤も量が少ないと肌への摩擦が強くなってしまうので必ず各メーカーの規定量を適宜とって肌への負担を極力減らすようにします。

クレンジング剤を効果的に使うには、肌にのせる前に少し人肌に温めておくと毛穴を引き締めてしまうことなく汚れを浮かせることが出来ます。また、メイクの濃さに合わせてクレンジング剤を選ぶことで肌への負担を少なくしていけます。

良い洗顔選びと美肌作りのための洗顔方法

5

洗顔は、肌についたホコリや雑菌、クレンジング剤の残り、余分な皮脂を取りターンオーバーを正常にする役目があります。しっかり洗顔をすることでその後の化粧水や美容液の浸透も良くなっていきます。

洗顔剤には、洗顔フォーム、洗顔石鹸、リキッドなど様々な種類があります。良い洗顔を選ぶ基準は、洗い上がりの感触が決め手です。汚れがしっかり落ちた肌は、ある程度のつっぱり感が出てしばらくするともとに戻ります。

すすいだ後にさっぱりするものが良く、しっとりするものは油分が残っている場合があるのであまり良くありません。

また、角質を取り除く洗顔を必要以上に使っていると、肌に本来必要な皮脂まで取ってしまいバリア機能が下がり乾燥から肌トラブルを招いてしまう恐れがあります。洗顔フォームには、肌への摩擦を少なくする特徴がありますが、

洗顔フォームに含まれている合成界面活性剤が肌への刺激になってしまいます。中でも石油系の合成界面活性剤(ラウリル酸Na、キシレンスルホン酸アンモニウムなど)は、肌のバリア機能を下げてしまう危険が高いので避けたほうが良いでしょう。

美肌作りのための洗顔方法へ進めていきます。
①洗顔料を泡立てネットなどで泡立て、きめの細かいホイップ泡を作ります。

②額→頬→鼻→あごに洗顔料をのせTゾーンからクルクル円を描くように優しく回していきます。この時生え際もしっかり洗顔料をのせることがポイントです。

③ぬるま湯(30~35度)で洗顔料をしっかり洗い流していきます。体温より低めの温度が肌への負担にならないと言われているので、少し冷たいと感じる程度のお湯の温度を目安にすると良いでしょう。

④清潔でやわらかいタオルを用意し、軽くポンポンと押し当てるようにして水気を取ります。

化粧水での保湿方法

6

化粧水で保湿を行う目的は、肌のバリア機能や保持能力を高めることです。肌を柔らかくし潤いを与えていくことで、その後の美容液やクリームの浸透率も上がっていきます。

化粧水には、さっぱりタイプとしっとりタイプがあり、しっとりタイプの方が保湿成分を多く含んでいます。化粧水を選ぶ際に注意しなければいけないことが、アルコール入りの化粧水です。

アルコール入りの化粧水は、さっぱり感を出してくれるのですが、肌にとって必要な皮脂まで取ってしまうので乾燥を招く特徴があります。化粧水を選ぶ際は、ノンアルコールの化粧水をおすすめします。

また、化粧水は洗顔後すぐにつけるようにし乾燥しやすい頬から順番に押し当てるようにつけていきます。乾燥が気になる場所へは重ねづけをすることが大切です。

美容液、乳液、クリームでのスキンケア方法

7

美容液には、シワを防ぎ肌にハリと潤いを出すことや美白など多種多様な役目があります。美容液でも油分を多く含んでいると皮脂を詰まらせてしまいやすく、

ニキビなど肌トラブルが出てくる可能性もあるので、ノンオイルの保湿美容液を選ぶことが大切です。クリームには、水分や有効成分が出ていかないように蓋をする役目があります。

美容液やクリームは、乾燥しやすい頬から順番に手の平で押し当てるようにゆっくり肌になじませ、乾燥が気になる場所に重ねづけをすると肌への浸透率が上がり美肌になります。ぜひ、美肌作りのための基本を実践してみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …