Home / 美肌 / 乾燥肌の人のためのスキンケアの方法とポイント
hygiene-870763_640-640x330

乾燥肌の人のためのスキンケアの方法とポイント

お肌の悩みは人それぞれ色々あるものですが、乾燥肌に悩んでいる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

お肌が乾燥するとメイクもキレイにできないし、見た目もカサカサで汚いのでつい人目を気にしがちになってしまいます。そこで今回は、乾燥肌のためのスキンケアの方法とそのポイントをご紹介します。

スキンケアのコツを押さえて、乾燥肌とサヨナラしましょう!

スポンサードリンク

乾燥肌の人のための洗顔スキンケア

洗顔はスキンケアの基本です。できることなら洗顔からしっかり乾燥を防いでいきたいものです。しかし、数ある洗顔料の中から乾燥肌にも安心して使える商品を見つけるのは難しいですよね。

ここでは乾燥肌に向いている洗顔料の選び方と洗顔の際のポイントをご紹介します。ちょっとしたコツを押さえて基礎から乾燥を防いでいきましょう!

乾燥肌向け洗顔料の選び方

乾燥している肌の状態は、角質が捲れてカサカサしていますので、非常に刺激に敏感になっています。この状態で刺激の強い成分が入っている洗顔料を使うのはご法度。洗顔料を選ぶ際は次の点に注意してみましょう。

・合成の界面活性剤が使用されていないか
界面活性剤の全てが悪いものではありません。しかし、アルコール系の界面活性剤は乾燥肌には刺激が強すぎるのでオススメできません。成分表示を見て、「アンモニウム」や「□□硫酸」などの記載があるものは避けた方が良いでしょう。

・リキッドタイプや泡で出てくるタイプより固形のものを
リキッドタイプは洗浄力が強いものが多く、乾燥肌には残しておきたい油分までも洗い落としてしまうので不向きです。また、泡で出てくるタイプは一見肌に優しいようですが、実は泡に弾力がないものもあり、洗っているうちに余計な摩擦を与えてしまうことがあります。しかも強い洗浄成分が入っているものが多く、乾燥肌にはオススメできません。肌への負担が少ない固形の純石鹸以外のものを選びましょう。

・乾燥がひどいときはクリームタイプのものを
固形石鹸は肌への負担が少ないのですが、洗浄力はそれなりにあります。乾燥が深刻なときには、油分や保湿成分が含まれているクリームタイプのものを使用した方が良いでしょう。クリームタイプのものは、キメの細かい泡を作りやすく、配合されている油分や保湿成分が角質に入り肌のバリア機能を高めてくれます。

乾燥肌向け洗顔のポイントと注意点

刺激に対して敏感になっている乾燥肌の洗顔には、いくつかポイントがあります。

・洗顔料はしっかり泡立てる
泡のキメが細かいほど奥までしっかり入り、古くなった角質や刺激となっていた汚れなどを落とすことができます。また、キメが細かいほど弾力も出ますので、指先に余分な力を入れることなく泡の力だけで洗顔できるので、摩擦による刺激を減らして優しく洗いあげることができます。

・泡を残さないようにしっかりすすぐ
せっかくきめ細かい泡で優しく洗っても、洗顔料が残ってしまってはかえって肌荒れの原因となってしまいます。きめ細かく弾力のある泡にするほど肌への密着度が増すため、落ちにくくなります。洗顔後はぬるま湯でしっかり落としましょう。特に額と髪の毛の境目やかさつきがひどい部分は泡が入り込み落としにくくなる部分です。ぬるま湯を手のひらにすくって、優しく浸けるように数十回丁寧に泡を落としていきましょう。

乾燥肌の人のためのお肌のスキンケア

しっかり洗顔できたら次はスキンケアです。スキンケアでしっかり保湿をすることで乾燥肌を改善することができます。

乾燥はかさつきだけでなくシワや毛穴の開きなどを発生させ、老けて見える原因にもなりますので、面倒がらずにしっかりスキンケアを行ってうるつや肌を保ちましょう!

乾燥肌向け化粧水の選び方と使い方

乾燥している肌は、角質が捲れ本来肌で保湿してくれている成分が少なくなってる状態です。そこで化粧水を使うときには、「水分を補う」というより、「乾燥肌に必要な水溶性の成分を与える」と考えて選ぶようにしてみましょう。

乾燥肌の方が化粧水を選ぶときは、次の点に気をつけてみましょう。

・保湿成分が配合されているものを
乾燥肌の場合は、何よりも保湿を優先すべきです。特に押さえておきたい成分がセラミドです。

セラミドは、元々角質層に含まれている保湿成分で、角質層で細胞間脂質となり層をつくって水分をはさみ込むような形で水分を保持するため、保湿力が非常に強い成分です。

また、外側から与えても浸透しやすいので、効果も表れやすくなっています。

・アルコールは避けましょう!
多くの化粧水にはアルコールが含まれていますが、乾燥肌には刺激が強いため使用することで乾燥を悪化させてしまうおそれがあります。

アルコール成分が入っているものは避け、できるだけ無添加のものを選ぶようにしましょう。さっぱりタイプの化粧水にはアルコールが含まれているものが多いので、乾燥肌にはやはりしっとりタイプのものが向いていると言えます。

使い方は、手のひらまたはコットンに適量をとり、肌にしみ込ませるようなイメージでゆっくりと押し当てます。手で行うときには、手のひらで顔を包み込むようなイメージでしみ込ませていきます。どちらの場合でも、バシャバシャと叩き込まないように注意しましょう。

また、たくさん使えば効果が上がるというわけではありません。化粧水は水分が多いのでこの後にクリームや乳液をつけなければどんなにたくさん使用しても蒸発して効果がなくなります。適量をしっかり奥までしみ込ませるように使ってあげるのが良いでしょう。

乾燥肌向け保湿クリームの選び方と使い方

化粧水の後には、保湿クリームでしっかりと水分にふたをしてなるべく外に逃がさないようにする必要があります。

保湿クリームは皮脂膜のような役割となり、肌の水分の蒸発を防いで潤いを保ってくれるものです。もちろん肌質に合う合わないには個人差がありますので、サンプルで試用してみるのが一番ですが、選ぶ際のポイントとしてはやはり保湿効果のある成分が配合されているかどうかが目安になります。

乾燥の度合いが重いときにはセラミドが配合されたものを、比較的軽度の場合は肌の真皮に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸などが配合されたものがオススメです。

乾燥がひどいからといって使用量より多く使ってはいけません。また、1日に何度もつけるのもオススメしません。適量を守ることで十分効果は得られます。

つけるときには、マッサージなど肌を擦るような塗り方は避け、顔にクリームを数か所点々と置き、手のひらで優しく全体に伸ばしてあげましょう。手のひらにもクリームを塗っておくと摩擦が少なくて済みます。

乾燥肌向けリップクリームの選び方と使い方

皮脂腺がないためちょっとしたことでもすぐ乾燥しやすいのが唇です。空気の乾燥だけでなく、ストレスや体調不良でもすぐ乾燥してしまうので注意が必要です。

ひび割れやひどい皮向けが生じているときには医薬品のリップクリームを選びましょう。症状を治す成分が配合されているので最も効果的です。症状が治まったら使用は中止しましょう。

上記ほどではないものの乾燥が気になるときには、保湿成分が配合されたものがオススメです。はちみつやシアバター、ホホバオイルなど天然由来の保湿成分が配合されているものが良いでしょう。

リップクリームはあまり頻繁に塗り直しをするとその行為が刺激となり、かえって荒れを悪化させる原因となってしまいます。1日2~3回程度で十分です。また、横に塗るのではなく、唇のシワに沿うように縦に塗っていく方が効果が得られます。

もし1日2~3回の塗り直しでも乾燥が気になるときには、夜にラップを使った唇パックをしてみてはいかがでしょうか。保湿成分が入ったリップクリームを塗り、唇にラップを当てて5分程度置き、ラップを外します。軽度の乾燥であればこれでも症状は軽減しますよ。

乾燥肌向け顔パックの選び方と効果

顔パックは乾燥によるかさつきだけでなく、毛穴の開きやシワ、たるみなどにも効果があるものもあります。パックにたっぷりと美容成分が含まれていますので、毎日の化粧水やクリームによるスキンケアにプラスアルファとして使用するのがオススメです。

顔パックの中でも、手軽に使用できるのがシートタイプのフェイスマスクです。保湿効果のある成分がしみ込んだマスクを肌に密着させて有効成分を内部にじっくり浸透させることで、乾燥による様々な症状に即効果が表れるのが良いところです。1枚ごとに使い切りで洗い流す必要もなく使用しやすいのも魅力です。

フェイスマスクを選ぶ際には、保湿クリームとの相性を考えて選ぶ必要があります。一般的に保湿クリームには、油膜を作るためにシアバターやワセリンなどが含まれていますので、フェイスマスクには逆に水溶性の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が配合されたものが効果が上がります。

シートタイプだけではなく、クリームやクレイタイプのものを使用するときでも、パックをする時間は必ず厳守しましょう。特に洗い流さないシートタイプはたっぷり含まれた美容成分が気持ち良いのでつい長時間つけたままにしてしまいがちですが、雑菌がつきやすく肌荒れをおこしてしまう可能性があります。使用時間は効果が良く現れる時間ですので、あえて長くつけておく必要はないので注意しましょう!

乾燥肌の人のためのメイクのコツ

肌が粉をふいたようにかさつく、目尻などの小じわが目立つ、毛穴がぱっくり開いてしまった・・・これらは乾燥が原因となっておこる症状のひとつです。

このような症状が出ると、メイクがうまくのらなくなり憂鬱になりますよね。しかも、乾燥がひどくなるとファンデーションだけではカバーが難しくなってしまうのでますます憂鬱になってしまいます。

そんな悩める乾燥肌の場合のメイクのコツをご紹介しますので参考にしてみてくださいね!

乾燥肌向けファンデーションの選び方と使い方

ファンデーションにも様々なタイプがありますが、乾燥肌の方にオススメしたいのはリキッドファンデーションです。

ファンデーションにはどのタイプにも油分が含まれていますが、パウダータイプよりもリキッドタイプの方が油分が多いので肌への密着度が高く、かさつきや小じわなどもカバーしやすくなります。また、リキッドタイプはそれ自身が油膜のような役目となって肌の水分を逃しにくくしてくれます。

リキッドタイプはテクスチャが重ためのものが多いので、べたつくような感覚がイヤな時にはクッションファンデーションも良いでしょう。クッションのようなスポンジにたっぷりとファンデーションが染みこんでいるので、リキッドファンデーションよりも軽い塗りごこちなのにしっとりと仕上げてくれます。

どちらを使用するときでも、まずは基礎化粧品でしっかりと肌に潤いを与えてから顔全体に化粧下地をつけていきます。その後、リキッドファンデーションの場合は額や頬、鼻などに点々と置いたあとファンデーションブラシを使って丁寧に外側へ広げていきます。クッションファンデーションは専用のパフを使って顔の中央から外側に伸ばすようにつけていきます。

ブラシを使うと毛穴やシワなどの細かい部分にも入るのでキレイに仕上がります。

乾燥肌向け口紅の選び方と使い方

唇が乾燥しやすい方にオススメなのはチップタイプの口紅です。液状のルージュをチップで塗っていくので、潤いつつツヤっぽい唇に仕上げてくれます。美容成分が含まれているものも多く、つけることで乾燥が防げるものもあります。

使い方はチップに適量とり、上唇と下唇に点々とのせ、軽く唇をすり合わせてなじませます。かさつきが気になるときはリップクリームでベースを整えてから口紅をつけましょう。

ただし、唇の乾燥がひどく皮向けやひび割れを起こしているときには、口紅の使用は避けましょう。口紅には着色するための人工色素や色もちを良くするための化合物など様々な刺激を与える成分が入っているため、余計に症状を酷くする可能性があります。

乾燥肌向けアイメイクの選び方と使い方

乾燥肌だとパウダータイプのコフレはどうしても落ちやすくなってしまうもの。アイメイクも同様です。そこでオススメするのがクリームタイプのアイシャドウです。

特に、ベースとなる薄い色のアイシャドウをクリームタイプに変え、まぶた全体に広くぬった後に徐々に濃い色のアイシャドウを塗っていけば最初に塗ったクリームタイプのアイシャドウに密着して落ちにくくなります。

もう一つオススメなのがクリームチークをアイシャドウとして使うことです。発色や伸びがよく、乾燥しにくいほか、チークと合わせて使うことでメイクに統一感が出てあか抜けた印象になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。季節的なものだったり、ストレスなどによるものだったりと些細なことで肌は乾燥してしまうものです。

乾燥肌を防ぐにはやはり毎日のスキンケアでしっかりと保湿してあげることと、規則正しい生活でターンオーバーを促してあげることが重要です。

乾燥は小じわや毛穴の開きなどの肌トラブルを起こしてしまいますので、日常のケアをしっかり行って美しい肌を保つよう心がけましょう!

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …