Home / 美肌 / 目尻のしわができる原因と解決方法
girl-454564_640

目尻のしわができる原因と解決方法

目尻のしわー笑った時にできるのはいいけど、真顔に戻ってもしわがあって気になっておられますか?この目尻のしわは、やはり笑うことで生じるなら、笑うことを控えたほうがいいのかもと思われるかもしれません。

では、目尻のしわができる原因と解決方法をいくつかご紹介していきます。目尻のしわでお悩みの方、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

目尻にしわができる原因とは?

目尻のしわができる原因とは何でしょうか?ここでは5つほどの原因をご紹介します。毎日何気なく行っている習慣により、しわができていることがありますから、ぜひご自分の習慣と比較してみてくださいね。

乾燥による

目尻にしわができる原因の1つは、肌の乾燥によるものと考えられます。目の周りの皮膚は薄いため、もともと皮脂腺が少なく乾燥しやすいのです。そして、スキンケアを丁寧に行っていないと肌の水分や皮脂が不足してきます。

お風呂上がりの時や、スキンケアをした後に目尻のしわが消えていたら、乾燥が原因の可能性が考えられるでしょう。潤いが足りていないことでできるしわは、だんだん深いしわへと進行していきます。

肌の乾燥が起きる要因としては、エアコンにずっとあたっていたり、紫外線を浴びすぎたり、洗顔の方法が間違っていたり、スキンケアをしっかり行っていなかったりといったものがあるかもしれません。

加齢による

しわが太くて深いなら、それは加齢により生じているしわと考えられます。年齢を重ねると、潤いをもたらす成分、コラーゲンが不足してきます。また、皮脂の分泌も減少してきますし、ホルモンバランスも変化してくるでしょう。

そのため、肌にはハリや弾力が失われてくるので、乾燥やたるみによりしわができてくるとみられます。また、加齢により筋肉も衰えてくるため、皮膚がたるんできてしわができることもあります。

眼精疲労による

眼精疲労が目尻のしわの原因となることがあります。最近は特に、スマホやタブレット、PCなどを使う機会が多いですよね。目が自分で思っている以上に疲れています。眼精疲労により、目の周りの血行が悪くなり、しわができやすいと言われています。仕事でデスクワークの方、ついつい何時間もゲームをしてしまう方などは、要注意です。

表情の癖による

目尻のしわの原因としては、表情の癖によるものも考えられます。目尻のしわは笑う時にできますが、真顔に戻ってもしわがそのまま残るのが、表情の癖によるしわです。

毎日の積み重ねで同じ筋肉しか使っていないと、皮膚が固まってしわができてくるでしょう。笑うとしわができるからと言って、笑うのをやめて無表情になればしわができないのでしょうか?そうではありません。顔の筋肉は使わないと余計に筋肉がたるみしわができるとされているからです。

ですから、顔の筋肉を全体的によく使うことでしわの発生を防ぐことができるでしょう。笑うことで筋肉を鍛えることができますし、表情を豊かに過ごすことで、顔の様々な筋肉を使用することができます。

メイク落としが雑になっているため

目尻のしわは、メイク落としなどが不十分で汚れが残っていたり、落とし方がごしごしと力強く行っていたりすると、しわができやすいと言われています。目の周りの皮膚は薄いため、特に扱い方が雑になると刺激が強くなってしまうのです。

メイクの際にも、アイシャドウやアイラインを使う時、力を入れ過ぎることで、しわができてしまったり、色素沈着をしてしまったりするので注意しましょう。

目尻のしわの解消方法は?

では、できてしまった目尻のしわをどのように解消することができるのでしょうか?4つの方法をご紹介しますので、ぜひしわを薄くしたい方は試してみてくださいね。

保湿をしっかりと!

乾燥によりしわができている場合は、保湿をしっかりと行いましょう。また、しわがまだ特に深くなっていない方も、しわの予防のためにぜひ保湿をするようにしてください。

保湿の方法としては、スキンケアの基本的なものを目尻にも丁寧に行うことです。洗顔後、化粧水、美容液、乳液、クリームなどをきちんと塗りましょう。また、目元専用のアイクリームなどのケア商品を使ってみることもおすすめです。

スキンケア商品を選ぶポイントとしては、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、アミノ酸などの成分が含まれているものが良いかもしれません。洗顔をしてから長時間放置せず、3~5分後ぐらいまでには保湿をするようにしてください。

また、洗顔もごしごしと洗ったり、熱いお湯で洗ったりすると乾燥するので避けましょう。また、エアコンが効いた部屋に長時間いる方は、加湿器を付けるなどして乾燥を招かないようにすることもできるかもしれません。

紫外線を防ぐ

乾燥を招く要因の1つでもある紫外線は、しわを生む原因の1つです。紫外線は夏だけでなく一年中、予防を心がけましょう。特に目元は日焼け止めクリームを塗る際に忘れがちですから、丁寧に目尻もしっかり塗るようにしてください。また、サングラスをしたり、日傘をさしたり、帽子をかぶったりして紫外線を浴びすぎないようにしましょう。

マッサージをする

目尻のしわの解消には、日々、マッサージをするのもおすすめです。顔の筋肉をほぐすようにしましょう。例えば、両手の平をこめかみの少し後ろにあてます。そして、上下に軽く動かしてマッサージしましょう。

もう一つの方法としては、まず目尻の少し上にある骨に親指をあてて、少し上に引き上げます。5秒ほどキープして戻します。これを2,3回繰り返しましょう。

マッサージをする際の注意点としては、目元は本当に皮膚の薄いデリケートな部分ですから、優しく優しく力を入れすぎないようにマッサージをするようにしてください。

ツボ押しをする

目尻のしわを解消する方法として、ツボ押しも良いでしょう。血行不良によりしわができている場合に効果的とされています。おすすめのツボをご紹介します。

・攅竹(さんちく)
このツボは、血行を良くし、しわの改善や目の疲れに効果があります。場所としては、眉頭のへこんだ部分です。親指か人差し指の腹で左右同時に5秒ほど優しく上に持ち上げるような感じで押して、ゆっくりと離しましょう。これを5回ほど繰り返します。

・絲竹空(しちくくう)
このツボも目尻のしわの改善や、むくみの改善、眼精疲労に効果があります。場所は、眉尻の部分にある小さなくぼみの部分です。中指の腹を使ってゆっくりと5回ほど押してみましょう。

また、目元にホットタオルなどをのせるのも、血行を良くすることができるのでおすすめです。

しわ取り注射をする

早くしわを解消をしたいという方、お金をかけても良いという方などにおすすめなのは、美容皮膚科などで行えるしわ取り注射をするという方法があります。ヒアルロン酸注射やボトックス注射という方法がありますが、表情の癖によりできたしわにはボトックス注射が効果があるでしょう。

ボトックス注射は、筋肉や神経伝達を弱める働きがあるからです。ただし、この注射により表情が突っ張ったような不自然さが出たり、目が開きづらくなったりすることがありますから、注意しましょう。効果は、3か月から半年ほど持続するとされてますから、永久的なものではありません。

目尻のしわを伸ばして若々しい美肌へ!

目じりのしわができる原因と解消方法についてご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?目尻のしわが深くなると年齢を感じますよね。保湿を心掛けたり、マッサージを続けたりすることを日々コツコツと行うことで、しわを薄くしていくことができるかもしれません。目尻のしわを解消して、笑顔で過ごしていきたいですね!

スポンサーリンク

Check Also

1[1]

敏感肌向けのファンデーションとは

「敏感肌」という言葉を聞いたこ …