Home / 美肌 / 目の下のしわができる理由と対処方法
blue-eyes-1684954_640

目の下のしわができる理由と対処方法

目の下のしわのせいで老けて見られたり、疲れて見えたりする。どうにか薄くできないかとお悩みですか?目の下にしわができるのはなぜでしょうか?

その理由と、どうしたら少しでもしわを解消することができるのか、対処方法をご紹介していきます。まだ、細かなしわがあるだけという方も、しわが深くならないためにぜひご参考に。

スポンサードリンク

目の下にしわができる理由

目の下にしわができるのはなぜでしょうか?一生懸命メイクで隠してもどうしても隠し切れず、年齢を感じさせるこのしわ、どうしてできてしまうのか、今回は加齢という理由以外の5つほどの理由をご紹介していきます。

眼精疲労のため

目の下のしわとともに、クマもできていませんか?目の下のしわは、眼精疲労から出ている可能性もあります。最近は、スマホやタブレット、PCを見る機会が多く、デスクワークの方は特に一日中PC画面を見ているということもあるのではないでしょうか?

目の疲れにより、目の周りの血行が悪くなりしわができてしまうことがあります。また、目が疲れるとかすんで物が見にくくなって、目を細めるために、しわが作られやすくなるでしょう。

仕事などでやむを得ない方も、1時間に1回は目を少し休めるために、遠くを見るようにすると良いかもしれません。また、スマホなどでゲームなどをついついやりすぎてしまう方は適度にして下さいね。

コンタクトレンズをしているため

コンタクトレンズを装着している方は、目の下にしわができやすいと言われています。なぜなら、裸眼の人よりも瞬きが多かったり、目をこすることが多かったり、目に負担がかかっているからです。また、外す時に目を下に引っ張るためにしわが作られやすいと考えられます。

乾燥しているため

目の下だけではありませんが、しわが作られる原因の多くは、乾燥によるものとされています。特に、目の周りは皮膚が薄く、皮脂線が少ないため、皮脂の分泌も少ないのです。ですから、顔のほかの部分にしわができていなくても、目の下や周りにしわができている方も多いでしょう。

乾燥の原因は、加齢によりコラーゲンが不足したり、スキンケアをしっかりと行っていなかったり、洗顔の仕方が間違っていたり、エアコンにずっとあたっていたりなど様々です。乾燥すると、肌にハリがなくなり、たるんで目元のしわが生じるでしょう。

紫外線を浴びすぎたため

紫外線の浴びすぎも、目の下のしわと関係があります。紫外線を浴びると、肌に潤いをもたらす成分であるコラーゲンやエラスチンが減ってくるからです。また、肌へのダメージによってもしわが作られるでしょう。

日光は健康のために全く当たらないことはよくありませんが、紫外線の浴びすぎはしわを深くしますから注意が必要です。

目のケアをしていないため

目のケアをきちんとしていないために、目の下にしわができることがあります。アイシャドウやアイライナーを落とす時に、ごしごしと目元をこすっていませんか?こすると、目元は皮膚が薄いためにしわが作られてしまうことがあるのです。目元が黒ずんでいる方は、こすり過ぎたために色素沈着している可能性も考えられるでしょう。

目の下にしわがある時の対処方法

目の下にしわがある場合、どうしたら良いでしょうか?ここでは、しわを薄くするために役立つ対処方法を6つほどご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

保湿をする

保湿は、目元のしわに限らず、顔のしわを改善するには欠かせない方法です。保湿の仕方としては、基本的なスキンケアをまずはしっかりと行いましょう。化粧水、美容液、乳液、クリームなどです。

また、目元専用のアイクリームを活用することもおすすめです。コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸など保湿成分が含まれているものを使うと保湿効果がアップするでしょう。

おすすめのアイクリームを2つほどご紹介します。

・b-glen トータルリペア アイセラム
こちらのアイクリームは、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が含まれています。しわの改善にとどまらず、たるみの改善やくまのないすっきりとした目元にする効果があります。価格は、15gで12,000円です。

・アテニア アイエクストラセラム
こちらのアイクリームは、目の下のたるみや目尻のしわ、瞼のやせなどに効果的です。アロエエキスや米ぬか油、表情のが固まるのを防ぐマイオキシノールなどの成分が若々しい目元に戻すのを助けてくれます。価格は、15gで3,047円です。

アイクリームを塗る際の注意点として、目元の皮膚は薄いので、早くしわを伸ばしたいからとごしごしと塗り込まないように気を付けましょう。そっと優しくマッサージするような感じで塗るようにしてください。

筋肉を鍛える

目の下のしわの改善には、目の筋肉を鍛えることも効果的です。目の周りの筋肉のたるみによってもしわが生じることがあるからです。次のような方法で鍛えてみるのはいかがでしょうか?

1.両手の人差し指を目尻、中指を目頭に置き、ピースのような形にします。
2.目線を上に向けながら、目を細めましょう。
3.目の周りの筋肉がプルプルしてくるはずです。そのままで10~20秒ほどキープします。
4.これを1日に5回ぐらい行いましょう。

紫外線を防ぐ

目の下のしわの原因には、紫外線の浴びすぎもあります。ですから、紫外線を防ぐように気を付けましょう。夏だけでなく、1年中注意する必要があります。

日焼け止めを丁寧に目の下に塗るようにしてください。また、日傘やサングラス、帽子などを使用するようにしましょう。

コンタクトの場合は目を休ませる

コンタクトレンズをはめっぱなしにすることも避けると良いかもしれません。目を休ませる時間を作りましょう。さらに、コンタクトレンズを外す時には、目を下に引っ張りすぎないようにすると良いかもしれません。

目の疲れを取る

眼精疲労のせいでしわが作られてしまうこともありますから、目の疲れをいやすことも大切です。目に優しいものを見るように心がけるのはいかがでしょうか?休日には、スマホやPCなどばかりをするのではなく、公園へ行くなどして緑や遠くを見るようにすると良いかもしれません。

しわ取り注射をする

目の下のしわを早く解消したい方には、しわ取り注射をするという方法もあります。美容皮膚科や美容整形外科などで施術を受けることができます。

ヒアルロン酸注射やボトックス注射がしわ取り注射となります。表情の癖によりできたしわには、ボトックス注射が効果的です。ボトックス注射は、筋肉の動きや神経伝達を弱めます。そのため、表情を表しにくくなる可能性もあります。

ボトックス注射は、注射後2日ぐらいしてから効果が出始め、3か月から半年ほど効果が持続するでしょう。内出血などの副作用が生じる場合もありますから、メリットとデメリットを医師によく確認してから行うようにしてください。

ヒアルロン酸注射は、加齢やたるみなどのしわに効果的です。ヒアルロン酸は、本来私たちの体内にある成分ですから、副作用が少ないとされています。効果を出るのも早く、持続期間は半年から1年ほどです。

どちらの注射も保険が適用されませんから、クリニックによって費用は変わります。ホームページなどで確認しましょう。

目の下のしわを伸ばして美しい目元に!

目の下のしわができる理由と解消方法について取り上げましたが、いかがでしたか?しわができてしまう習慣を行っていませんでしたか?今日から、目元のしわを解消するために新たな習慣を身に着けてみることをおすすめします。しわのない潤う目元を取り戻して、マイナス5歳を目指してみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …