Home / アンチエイジング / お肌のシミを撃退する!シミの原因と解消方法
2

お肌のシミを撃退する!シミの原因と解消方法

1
出典:gahag
シミが出来てしまう原因はひとつではなく様々あります。出来てしまったシミに大慌てし、スキンケア対策をしてしまう。でも、間違えたスキンケア方法で、シミを増やしてしまうこともあります。そうならないために、シミの原因、正しいスキンケア方法やシミを作らせない食事の摂り方など詳しくご紹介していきます。シミ解消方法で、10年後もその先も美しい肌を保てます。

スポンサードリンク

シミの原因を知ってシミ対策

紫外線UVBとは

2
出典:ex-medical
シミの原因は、紫外線、活性酸素、炎症などがあります。まず、紫外線には、UVA,UVBの2種類があり、このうちUVBは、皮膚の細胞を攻撃し、DNAを傷つけると言われています。DNAが傷つけられてしまい変異することで、細胞が死んだり、皮膚がんを引き起こしたりするそうです。そうならないために、表皮の一番下にあるメラノサイトが、紫外線から肌を守るためにメラニン色素を作り出し、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで、真皮に紫外線が届かないようにブロックします。

メラニン色素とは

3
出典:eve-melancholy
メラニンには、ユーメラニンとフェオメラニンの2種類あります。ユーメラニンは、褐色から黒色のメラニン色素で、フェオメラニンは、黄色から赤色のメラニン色素です。黒人、アジア人、白人と私たち人間には3種類の肌に分けることができるのも、このメラニン色素の比率に関係しているからです。肌の色、髪の色は、ユーメラニンとフェオメラニンの比率によるものです。金髪は、黄色のフェオメラニン、黒髪は、ユーメラニン、赤毛は赤色のフェオメラニンとユーメラニンが混合しているからだそうです。ここで大事なことは、褐色から黒色のユーメラニンは、紫外線により発生する活性酸素を除去してくれるのに対しフェオメラニンは、紫外線を浴びると逆に活性酸素を生成してしまうようです。白人に皮膚がんが多いのはこの点が関係していると言われています。

活性酸素とは

紫外線のUVAで、皮膚の真皮で免疫細胞を刺激し、炎症を起こします。このことで、発生するのが活性酸素です。活性酸素は、紫外線以外でも、ストレス、喫煙、飲酒、電磁波、排気ガス、便秘、睡眠不足,ホルモンのバランスの乱れ、ナイロンタオルによる摩擦などでも発生します。皮膚に炎症が起こると、修復するために新しい細胞を作ろうとする働きにより、メラノサイトも一緒に活性化し、その結果、メラニン色素が促進されてしまいシミになります。メラニンは、本来通常の表皮のターンオーバーにより角質とともに垢になって排出されるのですが、角化細胞に異常が起こると、過剰にメラニンが作り出されてしまうので、ターンオーバーとともに排出されずに残ってしまうのです。また、シミの代表的なもののひとつに、ニキビ跡や肝斑などによる炎症から出来るものがあります。

シミを作ってしまう悪いスキンケア

4
出典:gahag

シミを作ってしまうメイクの落とし方

メイク落としの仕方によってシミを作ってしまう原因や、シミを大きくしてしまう原因になります。やってはいけないクレンジング方法をご紹介します。
①メイク落としは、常時拭きとりタイプにしてしまうこと
②乾燥しやすい場所にオイルタイプや、油性ジェルタイプのクレンジングを使うこと
③クレンジングなしで、洗顔を2回以上していること
④クレンジングを忘れてしまうこと

シミを作ってしまう化粧品の付け方

①化粧水をつける時にパッテイングを何回もすること
②横すべりで化粧水をつけること
③多種多様の基礎化粧品をつけること

シミを作ってしまう食事の摂り方

①暴飲暴食をすること
②上白糖を摂取すること
暴飲暴食によって、腸の中に悪玉菌が発生します。これが、身体の中に活性酸素をつくってしまう原因になり、老化を早めてしまいます。この結果、シミがたくさん出来やすい状態になるということです。また、上白糖は、ブドウ糖と果糖が結びついてできたもので、消化ができにくいものです。胃や腸に長く居座ることにより、悪玉菌をふやすことになります。
腸内を綺麗にすることがシミを作らないことに繋がっていきますので、積極的にヨーグルトなど乳製品を摂るようにし、悪玉菌を作らないことが大事です。

シミを撃退する!シミの解消方法

シミを作らないための食事の摂り方

5
出典:ameba
シミを作らないようにするために,身体の中からシミ対策をすることが大切です。そのためには、抗酸化成分を多く摂取することがポイントになります。毎日の食事に摂り入れることで、シミを撃退することが出来ます。美肌に必要な栄養素をご紹介していきます。
まず、「まごわやさしい(孫は優しい)」が基本です。「ま」豆類‥イソフラボン、「ご」ごま‥ビタミンE「わ」わかめ‥カリウム、ヨード「や」野菜‥緑黄色野菜「さ」魚‥DHA「し」しいたけ‥カロリーが低く栄養素が高い「い」芋類‥食物繊維、炭水化物を意識します。緑黄色野菜やDHAなどの成分は皮膚を厚くしシミ対策に効果的です。

シミに効く栄養素

①ビタミンC‥レモン、オレンジ、トマト、パプリカ、アセロラ、赤ピーマン、ブロッコリーなどには、メラニンの生成を抑えて、肌に弾力、潤いの元であるコラーゲンの合成を促進させてくれる作用があります。
②ビタミンE‥ナッツ類、アボガド、エゴマ、たらこ、唐辛子、抹茶などに多く含まれています。女性ホルモンを整え、血行の促進、皮膚の新陳代謝の促進をする働きをします。
③βカロテン‥人参、かぼちゃ、ブロッコリー、青菜など緑黄色野菜に多く含まれ、体内でビタミンAに変わります。体の老化を防ぐ働きがあります。
④L-システイン‥大豆、小麦胚芽、蜂蜜などに含まれ、メラニンの生成を抑制し、皮膚に沈着したメラニン排出をします。
⑤リコピン‥トマトなどに多く含まれ、抗酸化力を高めてくれます。
⑥アスタキサンチン‥鮭、エビ、カニ、いくらなどに多く含まれ、抗酸化作用があり、メラニンを抑制します。
⑦エラグ酸‥ざくろ、ベリー系の果物に多く含まれており、抗酸化力が高くメラニンを抑制します。
⑧亜鉛‥大豆、くるみなどに多く含まれ、肌の新陳代謝の促進、シミを作らない美肌に繋がります。
シミ対策に欠かせない栄養素も、普段の食事だけではなかなか摂取出来ない場合は、サプリメントなどで補うようにします。その時の注意点は、過剰摂取をしないことです。過剰摂取は、逆に身体に悪影響を与えてしまいますので、容量を守り食事後3時間以内に摂ることをおすすめします。

シミ撃退!摂り入れたい食事法

シミを撃退するために食事で摂り入れたい食事方法をご紹介します。
①大豆は、味噌汁など常にいろんな料理に入れるようにする
②食生活に酵素を摂り入れるようにする。
③ピーナッツやアーモンドをつまむようにする。
④納豆を毎日食べるようにする。
食生活で、毎日の日課にすることが、シミ解消方法に繋がっていきます。中でも、酵素を摂り入れると、シミが薄くなったという人が多いそうです。酵素には新陳代謝を活発にする働きがあります。酵素が入っている食べ物を積極的に摂ることをおすすめします。

シミ解消方法のポイント

シミを作らないようにするためには、体の老化を遅らせるということがポイントです。胃と腸が健康でいられる食事をすると、シミは驚くほど解消されるそうです。体の中からシミ対策と、紫外線に負けないようにUVケアをすることがシミを解消することに繋がります。ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

Check Also

1

肌年齢って何?肌年齢の調べ方とお肌の若返り方法

肌の状態を判断する目安ってなん …