Home / 小顔 / 洗顔石鹸ならこれ!人気のおすすめ洗顔石鹸ランキング
f9397f643e546a2a20c810b117a594f1_s-427x330

洗顔石鹸ならこれ!人気のおすすめ洗顔石鹸ランキング

たくさんの洗顔石鹸がある中で、どの商品を選択していくかということに、悩む人もたくさんいると思います。「たくさんの種類があって、どれがいいのか分からない」「自分に合う洗顔石鹸ってどれ?」こんな悩みを抱えている人はいませんか。

世の中にものがあふれ、いろいろな選択肢がある中で、自分に一番合うものを探していくのは、本当に大変なことだと思います。

ですが、人気のある洗顔石鹸は、それだけ「この商品がいい」と思った人が多い証です。人気がある洗顔石鹸を紹介していきますので、洗顔石鹸選びの参考にしてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

人気の洗顔石鹸ランキング10選

人気がある洗顔石鹸には、それが支持されている理由があるはずですよね。その理由を知り、自分と照らし合わせて、合いそうだなと思ったときには、使ってみるといいでしょう。

どんな石鹸がランキングに登場しているのでしょうか。早速ご紹介していきましょう。

1.花王ホワイト ホワイトフローラルの香り

小さい頃から家に合った石鹸は花王の石鹸という人もいるのではないでしょうか。懐かしさを感じるシンプルなパッケージが、この石鹸の特徴とも言えます。

美肌にいいと言われているパームオイルを石鹸素地の原料としているのですが、その原料へのこだわりがすごいのです。

品質低下を防ぐために24時間以内に蒸気処理を施し、新鮮な状態を保ったうえで、オイルを絞り、繰り返し精製を行い不要な成分を取り除いていきます。純度を高く保つことが、上質な石鹸素地を作るために不可欠だという理由があるそうです。

石鹸の香りは、とても親しみやすく、優しい香りです。この香りが好きという人も多くいるようです。

口コミでは「泡立ちのよさ」を特徴に挙がっています。もこもことしていて、なめらかな泡で洗うと、さっぱりとした洗い上がりになるそうです。

保湿成分であるスクワランが配合されているので、乾燥肌の人は一度試してみてはいかがでしょうか。

2.アレッポの石鹸<ノーマル>

「美人を作る石鹸」と言われるアレッポの石鹸の歴史は古く、石鹸発祥の地と言われるシリアで昔ながらの製法で作られている石鹸です。

オリーブオイルとローレルオイルを9:1の割合で配合しており、オイルの抽出方法は昔ながらの「圧搾法」を採用しているそうです。自然栽培のオリーブやローレルを使用しているので、化学肥料は使われていません。

肌質を選ばず、オールマイティに活躍してくれる石鹸というのが、一番の特徴かもしれませんね。

「泡立ちがよくない」「匂いが気になる」という口コミも目立ちますが、「懐かしい匂い」「最初はキツいと感じていた匂いが気にならなくなった」という声もありますので、好き嫌いがはっきりと別れてしまう石鹸でもあるようです。

しかし、肌のしっとり感、肌トラブルの改善に効果があったという声もたくさんありますので、伝統の石鹸の力のすごさを感じますね。

使っている内に、緑色に変わってきますが、変色ではなく、乾燥前の色が残っているのだそうです。気にせず使いましょう。

3.アレッポの石鹸<エキストラ40>

先ほど紹介したアレッポの石鹸<ノーマル>の姉妹品です。エキストラ40は、オリーブオイルとローレルオイルの配合比率が違う製品になっており、オリーブオイルとローレルオイルの比率が6:4の割合になっています。

ローレルオイルには、殺菌・抗菌効果があるので、肌トラブルを抱えている人は、エキストラ方がおすすめになります。

泡立ちは、エキストラの方がいいという意見もありますので、泡立ちに関して、ノーマルに不満があれば、エキストラを使ってみるのも一つの手段ではないでしょうか。

ノーマルよりは、さっぱりとした洗い上がりになるようです。

4.カウブランド 無添加せっけん

「赤箱」や「青箱」のイメージがあるカウブランドの石鹸ですが、実はそれだけではありません。無添加せっけんは、パッケージが「白」の石鹸なのです。

この商品を開発する段階で、牛乳石鹸は皮膚科の先生が洗顔に薦めることがあるほど肌にいいと言われていたことから困難がいろいろあったそうです。

しかし、無添加の石鹸を望む消費者の声に後押しされ、開発に至った経緯などがあるそうです。

赤箱、青箱をベースに、無添加でありながら心地のいい泡立ちを実現しています。配合比率を変え、無添加でも使いやすい仕上がりになっているようです。無添加石鹸の中には泡立ちがよくないものもあるため、これは嬉しい部分ですね。

無添加なので、肌がデリケートな人にも使いやすい石鹸です。釡炊き製法で作られているため、製造過程でグリセリンなどの保湿成分が含まれています。

5.IKIIKI BOTANICS モイスチャークイーン オイルリッチトリートメントソープ

泡立てて使う従来の石鹸の概念を打ち砕いた石鹸です。まるでオリーブオイル洗顔を思わせる石鹸といえばいいでしょうか。

ぬるま湯で石鹸を濡らすことにより、粘り気が出てくるのが特徴です。この粘り気が、他の石鹸でいうところの泡のような存在になります。

直接石鹸を肌に滑らせ、使用します。この粘り気は、美容液成分なので、優しくマッサージをして洗い流すことによって、肌をしっとりとした状態へと導いてくれます。

泡立てがうまくできていない石鹸を使うと刺激が強くなるのは皆さんもご存知だと思いますが、やはり苦手な人はいると思います。しかし、この石鹸だと泡立てる必要がないのに、低刺激なのです。

泡立てが苦手、オリーブオイル洗顔には興味があるけど難しそうという悩みを持っている人におすすめしたい石鹸です。

ラベンダーの香りがするので、アロマテラピーの効果もあるでしょう。香料ではなく、精油を使っているため、添加物が気になる人にも安心して使うことができます。

6.うる肌うるり 敏感肌用 しっとりうるおう濃密もっちり泡石鹸

泡立てやすく、濃密な泡ができると評判なのがこの石鹸です。それなのに泡切れがいいのが嬉しいところです。

刺激に弱い敏感肌のための石鹸なので、とても肌に優しいのです。

保湿成分が純石鹸に比べて、30倍も配合されているのが特徴で、保湿成分の濃度が非常に高い石鹸となっています。それでいて、汚れを落とす力も兼ね備えていますから、保湿だけに偏っているわけではありません。

肌のバリア機能を回復させることを考えた、シンプルケアの石鹸なので、洗顔のし過ぎなどが原因で刺激に弱くなった肌を、正常に導いてくれます。

どんな石鹸を使っても、乾燥に悩んでいる人、敏感肌に悩んでいる人は選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

7.SABON ソープ

さまざまな種類のあるソープがありますが、どれもハンドメイドで作られているという一品。イスラエルの職人が作ったというソープは、植物オイルをベースに作られています。

ソープの種類によって、使われているオイルに違いがあるので、自分好みのオイルのソープを探すことができます。オイルの種類だけでなく、香りの種類もいろいろとあるので、匂いが苦手だから使いづらい場合は、他の香りを試すという選択肢もあります。

また、保湿成分でもグリセリンが配合されているので、肌が乾燥していると悩んでいる人は、使ってみる価値があるでしょう。

「使い始めて肌に艶が出た」「香りがよく癒される」という口コミもありますので、洗い上がりだけでなく、香りにこだわりがある人には、おすすめの石鹸です。

8.あきゅらいず 泡石

保湿成分のある東洋ハーブを10種類使い、日本人の肌質に合わせて配合したエキスを使った石鹸です。

薬剤を使っていない抽出方法を採用しているため、たくさんのハーブから抽出しても、ほんの少しのエキスしか抽出することができないそうです。ハーブの成分が濃厚に含まれていますよ。

そのエキスに、保湿成分であるセラミドなどを配合しているので、しっとりとした洗い上がりになっています。

もちもちとして気持ちのいい泡が汚れをしっかり落としてくれるので、保湿だけを考えた石鹸というわけでもありません。しっかりとした化粧でなければ、クレンジングもできるようです。

デリケートな肌にも優しい石鹸なので、肌に優しい石鹸を試しても効果が感じられなかった人は一度試してみるといいでしょう。

9.ミノンスキンソープ

純石鹸とは違い、弱酸性の性質を持つ石鹸です。弱酸性は素肌と同じなので、アルカリ性の洗顔石鹸が苦手という人は、使ってみるといいのではないでしょうか。

敏感肌の人にも優しい洗い上がりになる石鹸なので、洗顔するだけで辛いという人は毎日の洗顔も億劫になるかもしれませんが、こちらの石鹸に変えて、洗顔をしてみるといいかもしれません。

アレルギーにも配慮してありますし、無添加の石鹸で、泡立ちもよく、石鹸カスが出ないという特徴もあります。洗い上がりがすべすべしていて、つっぱらないので、他の石鹸を使って、つっぱりが気になっているという人は、こちらの石鹸を選択肢の一つとして考えてみるのもいいのではないでしょうか。

10.サンソリット スキンピールバー ティートゥリー

ニキビに悩む方におすすめのピーリングのできる石鹸です。

皮膚科の先生との共同開発で出来上がった石鹸というだけあり、肌本来のバリア機能を回復するためのサポートができる石鹸になっています。

古い角質をピーリングすることによって清潔に保ち、美しい肌に導いてくれるだけでなく、ティートゥリーオイルを配合することにより、ニキビに悩む人のための石鹸となっているのです。

ニキビの原因はアクネ菌ということは有名ですが、アクネ菌の餌となる古い角質や不必要な皮脂が取り除かれることによって、ニキビができにくい肌質へと導いてくれるのではないでしょうか。

ニキビ用の石鹸をいろいろ試してみたけど効果のなかった人も、一度試してみるといいでしょう。

プチプラでも優秀な洗顔石鹸ランキング10選

効果が高いと言われる洗顔石鹸でも、高い石鹸はあまり使いたくない。予算に合わないという人もいると思います。

「高くてもいい石鹸を使いたい」という人がいれば、「安くて、いい石鹸ってないの?」って思う人がいるのは当たり前のことです。

プチプラでも優秀な洗顔石鹸から、選びたいという人はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.ロゼット 洗顔パスタ

温泉の成分でもあるイオウの効果に着目した洗顔石鹸からスタートしたロゼットの洗顔パスタは、クレイシリーズや古来美人シリーズなど、自分の用途に合わせて、種類を選べるのが特徴です。

美肌、美容成分、肌トラブルなどの洗顔石鹸を選ぶ基準はそれぞれにあると思いますが、それぞれのシリーズで全て網羅しています。

自分が目指すのが、どういう洗顔なのかを考えて、どれにするか選べばいいのではないでしょうか。

ピーリングができるジェル状の石鹸なので、洗うことにより、古い角質を落として、新陳代謝を促してくれます。特にニキビ肌の人に人気がある石鹸みたいなので、ニキビに悩んでいる人は使ってみるといいでしょう。

2.自然ごこち 茶 洗顔石けん

「赤箱」や「青箱」で有名な牛乳石鹸の自然心地シリーズの一つです。他に、「はちみつ」や「炭」があるようですね。

健康にもいいという、日本茶の成分を潤い成分として、石鹸に使っています。京都宇治茶エキスというもので、抗酸化作用のあるカテキンなどのお茶の成分が生かされています。

その他にもヒアルロン酸やコラーゲンなどおなじみの保湿成分も含まれていますが、ホホバ油や真珠エキスといったあまり石鹸に使われないような保湿成分も含まれているようです。

お茶の香りが心地よく、顔のくすみが取れて、美白効果があるようなので、美白を目指す人は使ってみるといいのではないでしょうか。

3.いるじゅらさ

「色白美人」という意味の沖縄の言葉が商品名になっている通り、肌が明るく美しくなるようですね。沖縄の言葉を使っていることからも分かるように、「沖縄の海底の泥」を使っている石鹸です。

潤い成分のプラセンタやヒアルロン酸などを配合しているため、汚れを落とすだけでなく、潤いのある美しい肌に導いてくれます。

やわらかいクリーム状の石鹸なので、固形石鹸を泡立てるのが苦手な人でも使いやすいのではないでしょうか。肌のトーンが明るくなるので、肌のくすみが気になる人は選択肢の一つにしてみるといいでしょう。

4.然(しかり)よかせっけん

毛穴汚れにいい石鹸といえば、よかせっけんが評価が高いのではないでしょうか。濃密でもっちりとした泡が汚れをしっかりと吸い寄せてくれるので、毛穴の中の汚れまでしっかり落とせるようです。

毛穴より小さい火山灰シラスパウダーを使っているのが、その理由のようですね。さらに、緑茶エキスなどの保湿成分を加えた肌に優しい石鹸です。

こちらも柔らかいクリーム状の石鹸になりますので、固形石鹸を使うのが苦手な人でも使いやすくなっています。

毛穴汚れに定評がある石鹸ですから、毛穴が気になる人は一度使ってみてはいかがでしょうか。

5.ミヨシ無添加 洗顔せっけん

製造過程で天然の保湿成分が石鹸に残る本釡炊きで作った石鹸です。パーム核油と牛脂を材料に使っており、オリーブオイルにも含まれるオレイン酸が肌に優しい石鹸です。

無添加の純石鹸なので、添加物が気になる人には嬉しいですね。

泡が他の石鹸よりも柔らかいので、もっちりとした泡が好きな人には物足りないかもしれませんが、洗い上がりはさっぱりとしています。

不必要な皮脂は落とさない純石鹸なので、シンプルなケアがしたい人におすすめです。

6.ペリカン泥炭石鹸

洗浄補助成分に炭を使い、保湿成分に泥を使った、一風変わった石鹸です。炭には目には見えない孔があいた炭を使っており、この孔が汚れを吸着してくれます。天然の泥が肌の潤いを逃がさないバリアの効果をしてくれるので、潤いを逃がしません。

石鹸には、白いものが多いのですが、こちらの石鹸は炭を使っていることもあってか、黒い色も特徴の一つです。

さっぱりしているのに、肌がしっとりするという独特の使用感があり、毛穴汚れに効果があります。

ヒノキの香りがするのが独特ですが、海外でも人気のある石鹸だそうです。毛穴汚れが気になる人は、選択肢の一つにしてみてはどうでしょうか。

7.水橋保寿堂製薬 いつかの石けん

この石鹸が独特なのは、酵素石鹸というところです。たんぱく質を分解するプロテアーゼという酵素を濃縮した石鹸なので、たんぱく質である角質汚れを落とすのに、効果的な石鹸と言えるでしょう。

毛穴の汚れを吸着して落とすだけではなく、分解して落とすことができるので、他の毛穴汚れに特化した石鹸とは、一味違った持ち味があります。

美容液成分は入っていませんので、しっかりと不要な皮脂や汚れを落とすシンプルな洗顔をしたい人におすすめ。シンプルケアの石鹸で、毛穴汚れを重視した石鹸は珍しいかもしれませんね。

美容液成分が入っていない代わりに、ミネラル成分が配合されています。泡パック酵素洗顔もできるので、興味がある人は試してみるといいでしょう。

8.コラージュA 脂性肌用石鹸

脂性肌の悩みを抱える人に嬉しい、専用の石鹸です。コラージュは肌タイプに合わせたそれぞれの石鹸を出しているので、自分に合った肌タイプの石鹸を使えるのが嬉しいところです。

自分の肌タイプに対して、どの石鹸を使ったらいいか分からないという悩みを抱えている人はいるかもしれませんが、これは嬉しい配慮ですよね。

肌を科学的に研究し、脂性肌に必要な洗顔料を作っています。脂性肌やニキビ肌の人のために、皮脂をしっかりと落とし、さっぱりと洗い上げる石鹸となっています。

敏感肌の人にも優しい低刺激の石鹸です。泡立てには時間がかかるものの、脂性肌、ニキビ肌の改善があったとの声もありますので、脂性肌に悩んでいる人は、使ってみるといいでしょう。

9.ソンバーユ石鹸

人間の皮脂に近いと言われる馬油をベースにした石鹸です。パーム油・パーム核オイルを使っています。無添加で肌に優しい石鹸なので、デリケートな肌の人でも安心ですよ。

まだ馬油を使ったことがなく、油臭かったらいやだなと思う人もいるかもしれませんが、ほのかにヒノキのような香りがするので、油っぽさは感じません。

泡立ちもよく、馬油の効果から保湿効果も抜群ですべすべになりますので、肌質改善をしたい人におすすめです。石鹸素地以外には保湿成分が入っていないシンプルケアの肌質改善ができますよ。

10.DHC マイルドソープ

大量生産できる中和法ではなく、手間のかかる枠練り製法で作られた高い洗浄力を持つ植物性素材の石鹸です。作るのに約1カ月もかかる石鹸なのだそうです。

泡切れがいいため、肌への刺激が少ないのが嬉しいですね。洗顔が刺激になることは、最近はよく知られていますから、刺激を少なくする選択をしたい人にはおすすめです。

オリーブバージンオイルやはちみつといった、美容に良いとされる成分を配合しているため、保湿効果も期待できます。

まとめ

いかがでしたか。たくさんの洗顔石鹸の中からいいものを探していくことは、すごく大変な作業ですが、洗顔石鹸の中でも評判がいいものをピックアップしたものから自分に合いそうなものを探すというなら、そこまで大変ではないのではないでしょうか。

これを試してみたいという石鹸に出会ったら、とりあえず一度は試してみましょう。

洗顔石鹸は相性がありますから、人が「いい」と言っているものでも自分には合わないものはあると思います。しかし、それはあなたに合わなかっただけ。必ず、あなたの肌質に合う洗顔石鹸は見つかるはずです。

手に入りやすいシンプルな石鹸が合う人もいれば、個性的な石鹸が合う人もいる。それもあなたの個性なのです。

洗顔石鹸を自分の肌質に合うものに変えて、その個性を輝かせてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

あご2

手術はなしよ!自力でできる顎を短くする方法

顔についての悩みは尽きないもの …