Home / 美肌 / 洗顔石鹸の効果と方法、洗顔に適した石鹸の選び方
soap-1105528_1280-660x330

洗顔石鹸の効果と方法、洗顔に適した石鹸の選び方

美肌に気を使う女性は、洗顔に気を使っている方も多いのではないでしょうか。そのとき、使っているのは『洗顔石鹸』でしょうか。

洗顔料には、洗顔石鹸と洗顔フォームとありますが、肌に優しいのは洗顔石鹸の方なのです。泡立ちがよく、皮脂や汚れがよく落ちたように感じる洗顔フォームを愛用している方もいらっしゃるかと思いますが、それが肌荒れの原因になることはご存知ですか。

洗顔石鹸がどうしていいのか、そして、洗顔石鹸の選び方と洗顔方法を詳しくお伝えしていきましょう。

スポンサードリンク

1.石鹸が洗顔に良い理由

handmade-1139554_1280

洗顔に石鹸がいいのは、最初にも書いたように肌に優しいと言う理由があります。肌質が原因で使えないということもありません。

洗顔石鹸は、天然成分で作られており、人工のものが含まれていないのが特徴として挙げられます。そのため、皮脂や汚れを全て落としてしまうということはなく、必要な皮脂や成分を残しつつ、不要な皮脂や汚れを落としてくれる作用があります。

1.合成界面活性剤が含まれていない

洗顔石鹸と洗顔フォームとの違いは、「合成界面活性剤」が含まれているかいないかということになります。洗顔石鹸には、合成界面活性剤は含まれていないので、肌への刺激が少ないのです。

合成界面活性剤は、皮脂をたくさん落としてくれます。皮脂が落ちるということはいいことだと感じる人がいるかもしれません。しかし、それは大きな勘違いです。

皮脂には皮脂の役割があります。美肌を保つためにも、適度な皮脂は必要なのです。しかし、合成界面活性剤が含まれた洗顔フォームを使っていると、その必要な皮脂まで洗い流してしまいます。それだけでなく、保湿成分まで洗い流してしまうのです。

その合成界面活性剤が使われていない洗顔石鹸は、不必要な皮脂や汚れだけを落としてくれるため、肌に必要な皮脂や保湿成分は肌に残ったまま洗顔することができるのです。

合成界面活性剤が含まれている洗顔フォームを使うと、一見肌が潤い、きれいになったような錯覚を起こします。しかし、きれいになりすぎることで、逆に肌が荒れていくので、洗顔石鹸を使った方が、肌に優しく、美肌に近づけるというわけです。

2.天然の洗浄成分が肌に良い

洗顔石鹸は、「脂肪酸ナトリウム」などの天然成分を使っています。合成界面活性剤はもちろん、香料など人工の成分を使っていないので、肌が受ける刺激は少なくなるのです。

ですから、むりやり皮脂などを落とす心配はありませんし、肌を痛めつけることもありません。

3.余分な皮脂のみ落とせる

必要な皮脂を残しながら、余分な皮脂を落としてくれるのが洗顔石鹸の特徴でもあります。合成界面活性剤を使用していないので、肌の成分を残しつつ、汚れも洗い流してくれるのです。

そのため、洗顔石鹸は肌の新陳代謝であるターンオーバーをジャマしないのです。

2.洗顔に使用する石鹸の選び方

soap-673176_1280

洗顔するときの石鹸が肌に影響を与えることは分かってもらえたと思います。では、洗顔石鹸と一言でまとめてしまっても、その種類は多岐に亘ります。

その中でどの洗顔石鹸を選ぶといいのでしょうか。それを知るためには、石鹸の成分表示を見てみるといいでしょう。

どんな成分が使われているといいのか、またどの成分がどんな肌質に効果が高いのかが洗顔石鹸選びのポイントになるのです。

1.成分表示に注意する

石鹸には、雑貨扱いになる石鹸と化粧品扱いになる石鹸の二種類があります。その差が何で分かるかというと、成分表示なのです。

化粧品扱いになる洗顔石鹸は、薬事法に全成分を表示する義務が定められているため、使用されている成分が細かく書かれているのです。雑貨扱いの石鹸は薬事法を守る必要がないため、全成分を表示する義務がないため、全成分表示をしていません。

ですから、まずは全成分が表示されているかどうかを見てみましょう。

また、石鹸は「アルカリ性」です。それは石鹸が脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといったアルカリ性の成分からできているからです。

弱酸性の石鹸がいいと思っているかもしれませんが、それは合成界面活性剤を使っている証拠です。天然成分の石鹸に、弱酸性はないのです。

2.純石けんを選ぶ

純石鹸とは、98%以上が脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムからできていて、添加物が含まれていない石鹸のことです。天然成分でできているため、とても肌に優しい石鹸なのです。

この純石鹼と混同されやすいのが、「無添加石鹸」ですが、これには大きな落とし穴があることを覚えておいた方がいいでしょう。無添加と書いてあることから、純石鹸のように感じてしまう人は多いと思います。

しかし、この「無添加」には、基準が定められていないのです。ですから、添加物が配合されていても、「無添加石鹸」と名乗れてしまうのです。

香料を使用していないけど、防腐剤や着色料は使用されている石鹸でも、使用していない添加物があるため、メーカーの判断によっては「無添加」と表記されてしまうのです。

ですから、純石鹸だと思い込んで買ってきた無添加石鹼が、実は純石鹸ではなかったということも起こりうるのです。

純石鹸は添加物を含んでいない石鹸です。無添加という表示に騙されて、間違えた石鹸を選ばないように注意しましょう。

3.「グリセリン」が含まれていると潤う

洗顔石鹸を敬遠している人の中には、肌がつっぱってしまったり、潤いがなくなってしまったという理由から、使用しなくなってしまったというケースもあるかもしれません。

石鹸の製法によっては、製造過程で作られるグリセリンがなくなってしまうものがあるのです。このグリセリンは、保湿成分としてスキンケア化粧品などにも多く含まれるもの。人間の体内にも存在しているので、安全だと言える成分でしょう。

大量生産がしやすい中和製法や機械を使って急速冷却をする機械練り製法では、手間や時間はかからないものの、グリセリンなどの成分がなくなってしまいます。

手間や時間がかかるホットプロセス製法やコールドプロセス製法の石鹸は、グリセリンなどの成分を壊すことなく石鹸にすることができるのです。

ですから、潤いが気になるという人は、グリセリンが含まれる製法のものを選ぶことが大切です。

4.自分の肌質に合わせたものを選ぶ

young-610543_1280

肌質にあった洗顔石鹸を選ぶことも大切です。洗顔石鹸の種類によっては、乾燥肌や敏感肌の人には、刺激が強すぎることがあります。洗浄力が強すぎることによって、必要以上の皮脂が洗い流されてしまうのです。

ですから、自分の肌に合った洗顔石鹸を選んでいく必要があります。
自分の肌質を把握して、それに見合った洗顔石鹸を見つけていきましょう。

5.「乾燥・敏感肌」は保湿成分があるものを

乾燥肌や敏感肌の人は、肌に刺激が受けやすいため、洗顔石鹸も慎重に選んでいきましょう。

ターンオーバーが正常に行われず、肌のバリア機能が低下している乾燥肌や敏感肌の人は、少しの刺激でも敏感に反応してしまいます。そんな中、洗浄力が強すぎる洗顔石鹸を使ってしまうと、さらに肌トラブルを招いてしまうことがあります。

ですから、保湿効果のある洗顔石鹸を選びましょう。安価な洗顔石鹸の中には、グリセリンが残らない製法で作られているものが多いので、乾燥肌や敏感肌の人には向きません。

グリセリンが含まれている洗顔石鹸を選んでいきましょう。また、グリセリンが含まれていても純石鹸だと刺激が強い人もいると思います。そういう人は、天然セラミドやココナッツオイルなどの美容成分が含まれている洗顔石鹸を使ってみるといいでしょう。

6.「脂性・ニキビ肌」は水分の分泌を促すようなものを

脂性肌やニキビ肌の人の中には、気になって洗いすぎている人もいるかもしれません。しかし、その洗いすぎが原因で、肌トラブルを招いてしまう場合がありますので、洗顔しすぎには注意しましょう。

洗いすぎによって落ちすぎてしまうとさらに分泌されてしまうのが皮脂の特徴です。それを防ぐためには、洗浄力に優れているものよりも、保湿力を高める洗顔料がお勧めです。

ヒアルロン酸などの美容成分が使用されている洗顔石鹸やグリセリンが残る製法で作られた純石鹸などがありますので、試してみるといいでしょう。

7.「混合肌」は保湿をしすぎず水分量が保てるようなものを

混合肌の人は、皮脂を気にしすぎて、皮脂を落とすために洗浄力の強い洗顔料を使うことが多いのではないでしょうか。しかし、それでは乾燥している部分から、皮脂が完全になくなってしまいます。皮脂を落とすより、水分量を保つことを気をつけましょう。

また、乾燥をしているところほど洗顔をしてしまう人も多いと言われているのが混合肌。それでは、乾燥している部分はますます乾燥し、皮脂が多いところはしっかり洗顔できません。その点にも気をつけましょう。

部分的に乾燥しており、さらに皮脂が多い部分も皮脂過剰により、水分が足りない状態である混合肌ですから、コラーゲンやセラミドなど保湿効果のある成分が含まれている洗顔石鹸を使い、部分的な乾燥に対する対策をしていきましょう。

3.石けんを使った洗顔方法

wash-bowl-1253905_1280

洗顔方法を間違えると、それだけで肌トラブルの原因となってしまうと言われるほど、洗顔はとても重要なものです。美肌になるためにはまずは、正しい洗顔から始めましょう。

そのためにはまず、どんな洗顔がよくないのかを知ることも大切です。冷たすぎる水や熱いお湯で洗うことはもちろん、ごしごしと擦るように洗ったり、洗顔に時間をかけることもよくありません。

また、洗顔に気を使っていてもタオルドライで失敗してしまうケースもありますので、洗顔が終わったからといって、安心しないようにしましょう。

顔を洗う前には、ヘアバンドで髪をまとめたり、後ろで結んだりして、髪が顔にかからないようにします。髪が顔にかかっていると、顔のすみずみまで洗顔することができません。ジャマにならないように、まとめておきましょう。

そして、きれいに手を洗います。手には雑菌がついていますので、そのままの手で、洗ってはいけません。雑菌が顔につくと思うと嫌ですよね。手はきれいに洗ってから、洗顔を始めましょう。

また、手を洗った後は、体温よりやや低めのぬるま湯で顔を洗いましょう。これをすることによって毛穴が開くので、汚れを落としやすくなります。そのため、洗顔の効果をより高くすることができます。

洗顔の目安時間は1.5分ほど。長く泡をつけておくことで、肌を痛めつけることになりますから、できるだけ素早く行っていきましょう。

1.石けんを濡らしてよく泡立てる

洗顔石鹸を使って顔を洗っていくときに、重要になってくるのは、泡立てです。このときにきめ細かい泡を作ることによって、直接肌と手が触れ合わないようにするのです。肌と手が摩擦によって、肌荒れが引き起こされます。それを軽減するために、きめ細かい泡がクッションになってくれるのです。

ここで注意しなければいけないのは、ネットを使って泡を立てる場合です。ネットを使って泡立てる場合、簡単に泡立つことで、満足してしまいがちです。しかし、少なめのぬるま湯で作った泡は、まだ粗い泡なのです。肌との摩擦が強くなるため、肌トラブルを招くこともあります。

ネットを使用する場合は、ぬるま湯の量に注意し泡立てていきます。手で泡立てる場合同様、ある程度泡立ったら次のステップに進んでいきましょう。

手で泡を立てる場合は、石鹸を溶かすように包み込んでから、石鹸を手の中でくるくると回しながら、泡を立てていきます。ぬるま湯と石鹸を一緒に回すことによって、粗い泡ができてきます。まだこの状態では洗顔ができるわけではありません。

洗顔に使うのに適した量になるまで、しっかりと泡を作っていきましょう。てのひらいっぱいにふんわりと乗った泡が適量となりますが、その感覚が分からない人は、洗顔を重ねる内にだんだんわかるようになってきますので、回数を熟していってください。

2.ある程度泡立ったら、ぬるま湯を足して空気を含ませる

sink-1090429_1280

ある程度泡立ったら、洗顔石鹸での泡立ては終了です。ある程度泡のようにはなっていますが、この状態ではベストの洗顔はできません。まだ泡が粗いため、効果が十分に発揮できないのです。

ぬるま湯を少しずつ加えながら、空気を含ませるように泡立てていきます。ここでぬるま湯を加えすぎてしまうと、また一からの泡立てになってしまうので、ぬるま湯の量には注意しましょう。

くるくると泡を回すような感覚で、泡を立てていきます。空気を加えながら泡立てることで、きめ細かい泡を作ることができるのです。生クリームのような泡ができてきたら洗顔ができる合図です。

泡の質によっても洗顔の効果は変わってきますので、よりきめ細かい泡を作っていくことが大切です。慣れない内は、きめ細かい泡を作っていくことが難しいと感じることでしょう。しかし、洗顔は美肌の基本です。少し怠るだけでも肌トラブルを招きますから、少しずつ慣れていきましょう。

3.Tゾーンから洗う

きめ細かい泡が完成したら、まず一番最初に洗うのはTゾーンです。この部分は顔の中でも皮脂が多い場所となっています。できたてのきめ細かい泡を使うことで、より洗顔の効果を高めることができます。できたばかりの泡の方が、洗浄力が高いためです。

泡を額に広げていきます。皮脂が多い部分ですから、ごしごし擦って皮脂を落としたい衝動に駆られてしまう人がいるかもしれませんが、擦るという行為は肌トラブルの元です。泡を作ってクッションにしている意味がありませんから、絶対にしてはいけません。

額から、こめかみや鼻の周辺まで泡を広げていきます。この部分は毛穴の黒ずみを気にする方も多いと思います。先にぬるま湯で洗うことによって、毛穴は広がっていますので、優しくマッサージするように泡を広げることで、毛穴の汚れを落としていきましょう。

4.∪ゾーン、目や口と洗う

Tゾーンが終わったら、頬を中心としたUゾーンへと洗顔の場所を移動していきます。Tゾーンほど皮脂が出る場所ではないので、洗いすぎには注意しましょう。泡を乗せるように、中心から外側へと縁を描くようにマッサージしていきます。力は入れず、優しく行いましょう。

目元や口元は、顔の中でも特にデリケートな部分です。洗うというよりも、泡をふんわりと乗せ、軽くなじませる程度に留めます。強くこすることはどの部分でもよくありませんが、この部分では特に注意しましょう。

5.ぬるま湯ですすぎ洗いをしっかりと

冷たすぎる水や熱すぎるお湯は厳禁です。水で洗うと毛穴が引きしまるような感覚を覚えるかもしれませんが、実際には感覚だけですぐに元に戻ってしまいます。また、お湯は必要な皮脂まで溶かしてしまう可能性がありますので、使わないようにしましょう。

どちらにしろ、乾燥などの肌トラブルの原因となりますので、使用しないということが大切です。最適な温度は、体温より少し低い程度のぬるま湯です。温度調整を行い、最適な温度ですすぎを行います。

しっかりと泡を洗い流していきましょう。髪の生え際などは、泡が残りやすい部分です。落としにくい場所ではありますが、しっかりと落とすことが大切です。

また、きれいに泡を落とすだけではなく、てのひらに水をためてから、肌に触れないようにすすいでいきます。最低でも10回はすすぎ洗いをしていきましょう。

最後にタオルドライをすると思いますが、そこで擦らないようにします。優しく充てるように水分を取っていきましょう。タオルでこすってしまうと、洗顔で気を使った意味がなくなってしまいます。

6.石けんは雑菌が繁殖しないように

soap-1735991_1280

石鹸に雑菌が繁殖してしまえば、洗顔時に使う意味がありませんよね。雑菌が繁殖しないように管理することも大切です。洗顔石鹸を使ったときに、溶けるようにやわらかくなってしまったという経験がある人もいるでしょう。これは要注意です。

やわらかくなった状態というのは、雑菌が繁殖しやすくなります。やわらかくなることで水分が含まれており、脂肪酸が含まれている石鹸ですから、雑菌の餌となります。そこに最適な温度が加われば、どうなるか分かりますよね。

使用した石鹸は、水で洗い流し、水分をふき取りましょう。そして、湿度の高いところを避け、風通しのいい場所に保管します。そうすることによって、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

直射日光に当てることにより、雑菌の繁殖を防ぎたいという気持ちになる人もいるかもしれません。紫外線が石鹸の劣化を促してしまうことがありますので、日当たりのいいところで保存することはお勧めできません。

また、石鹸をネットで泡立てる人は、ネットも同様に洗い、風通しのいい場所で管理して、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

まとめ

一言で洗顔と言っても、いろいろなポイントがありましたね。美肌を作る上で、洗顔というのは重要な工程の一つ。間違った洗顔で、肌を痛めつけてしまうことがあることを理解し、正しい洗顔方法に改めていきたいものです。

洗顔石鹸より洗顔フォームの方が取り扱いやすく、魅力的に思えてしまうこともあると思います。しかし、より肌のことを考えると、洗顔石鹸を使い、肌を美しく保つことを考えていきたいですね。

自分の肌の状態にあった洗顔石鹸を効果的に使って、今よりも美しい肌を手に入れてみませんか。

スポンサーリンク

Check Also

13

背中にニキビができる原因と背中ニキビを消す方法

背中を触った際に感じるブツブツ …