Home / 美肌 / 重曹で洗顔!?重曹で洗顔するのが良いと言われる理由と注意点
49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-600x399

重曹で洗顔!?重曹で洗顔するのが良いと言われる理由と注意点

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-600x399

重曹と聞くと、まずは掃除などで使うイメージがありますよね。換気扇などの油汚れや排水溝の汚れ落とし、コップの茶渋などの研磨剤としてよく使われています。

脱臭効果もあるので、生ゴミに振りかけたりすると臭いが緩和されます。また、料理をするならふくらし粉として使われているのを思い浮かぶ人もいると思います。そんな重曹はなんと、掃除や料理だけでなく洗顔にも使用することができるのです。

掃除で使う重曹で洗顔?って思う人もたくさんいるかもいれません。驚くなかれ、重曹には肌がきれいになる秘密が隠れているのです。そんな秘密がある重曹を用いた洗顔方法や効果を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

重曹とは?

重曹は炭酸水素ナトリウムという物質の白い粉です。こういうとなんとも化学的な物に思われますが、天然物もあります。アメリカやアジアで採掘されていたりしますが、日本では採掘できないので、人工的に製造しています。

天然物は粒子が細かいため美容用として使うには最適です。掃除や料理、研磨剤、美容と様々な用途で使用されていて、医療用、掃除用や食用、美容用と分けて販売されているので、洗顔に使用するなら、天然物や人工物に限らず美容用または食用を使ってください。掃除用は研磨作用が強いため、粒子が荒いので肌を傷つけてしまいます。

また重曹は一般の洗剤よりも環境にも負担になりにくいので地球にも優しいと言われています。主によく知られているのは油汚れや研磨作用、料理でベーキングパウダーとして使われているのも重曹の一種です。

重曹の効果

*角質ケアができる

重曹の粒子が細かく固くないため、肌を傷つけにくい性質があります。洗顔に混ぜたり、水と混ぜて使用すると古い角質が取り除かれるので、肌に透明感がでて、明るくなる効果があります。また、重曹による角質ケアによって肌のターンオーバーが促進され、余分なメラニンも排出されやすくなり、美白効果も期待できます。

*皮脂を取り除く

重曹が顔の皮脂と混ざることで、皮脂を取り除く効果があります。ニキビや吹き出物ができやすい人に効果を発揮します。重曹は弱アルカリ性なので、肌に刺激を与えずに皮脂を中和して取り除く性質があります。また、小鼻のくろずみや角栓を取り除くこともできます。

皮脂は毛穴に蓄積されてしまうとアクネ菌が増殖し、ニキビの原因にもなりやすいものです。一方で、皮脂はお肌を外部から守ってくれている役割も果たしていますので、過度に皮脂を取りすぎてしまうのもの問題です。重曹を使用して洗顔を使用する場合にも、この点は注意をすることが大切になります。

重曹洗顔の注意点

ai_img_7769_tp_v

重曹は基本的には掃除として使用されることが多く、その摩擦力が有効であるため、しつこい汚れを落とす効果がを発揮しています。この摩擦力があることによって、お肌の角質や皮脂を取り除く効果があるとも言われているのですが、摩擦はお肌を傷つけてしまう原因にもなります。

継続的に重曹を使った洗顔をしていると、本来はスキンケア用に開発されたものではないため、不要な摩擦をお肌に与えてしまい、シミなどのお肌トラブルの原因になりかねません。興味などで使用したいという場合にも、利用は一回などに制限して継続的には使用せず、また掃除用ではなく、食用などの重曹を使用するようにすると良いでしょう。

実際に使用する場合

重曹を洗顔に使用する際は、こすりすぎないことに注意しましょう。重曹の粒子がゴシゴシこすりすぎることによって肌を傷つけてしまいます。

また、摩擦によって、逆にシワやシミができやすくなったり、肌の乾燥やたるみもまねきかねないので、気を付けて使用しましょう。そして、皮脂を取り除く効果があるので、特に乾燥肌の人は使用する量を少なめにして様子をみてから使用しましょう。必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌がより乾燥してしまうことがあるかもしれません。毎日重曹洗顔をしたいところですが、重曹を使用するのは週に1~2日程度にしましょう。

そして、必ず使用する前は、腕等で必ずパッチテストをしましょう。少量の水で溶いた重曹を腕の内側に塗って、皮膚に変化がない確認してください。肌に優しい性質があるとはいえ、合わないこともあります。パッチテストによってかゆみや赤みが出た場合は使用することをやめましょう。また、重曹は弱アルカリ性なので、すすぐときは目に入らないように気をつけてください。粒子が傷つけてしまうこともあります。

重曹洗顔のやり方

普段使っている洗顔料に重曹を小さじ1くらい混ぜ、よく泡立てます。初めて使用する場合は量を減らしてみて様子をみるのもいいでしょう。重曹を足すと泡立ちにくいので、泡立てネットを使用すると簡単に泡立てることができます。少しずつ水を足しながら泡立てて、たっぷりの泡で優しく顔全体を泡で包み込むように洗いましょう。

決してこすらず、泡で洗う感じで、気になる小鼻やあご先等のざらつきが気になるところは念入りに洗いましょう。全体に洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。暑すぎるお湯や水だと肌を乾燥させてしまうのでぬるま湯を使いましょう。すすぎ残しがないようしっかりすすいでくださいね。

そして重曹洗顔を行ったあと大事なのがすぐにしっかりと保湿をすることです。古い角質が取り除かれた状態で放置すると、肌はむき出しの状態なので乾燥が進んでしまったり、余計に皮脂を出そうとして逆効果になってしまいます。たっぷり化粧水をつけて乳液やクリームで蓋をしてしっかりと保湿をしてください。

重曹パック

重曹には洗顔だけでなく、パックとして使用する方法もあるという声を聞くことが多くあります。手順としては、下記のようになります。
1.重曹と水を合わせて、お肌につけても垂れない程度のペースト状態にする
2.シミや毛穴の汚れがきになる箇所に、ちょこんと乗せるようにつける
3.10分程度その状態で時間をおく
4.ゴシゴシこすらないように、優しく落とす

上記の方法でも、毛穴の汚れや角栓を落とすことが可能です。ただし、上述しているように基本的にはスキンケア用に開発されたものではないため、継続的な使用については注意することが大切です。

また、洗い落とす場合にも、摩擦をかけないように、優しくすすぐようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?重曹の秘密の効果を知って洗顔してみたくなったでしょうか。環境にも優しく、肌にも優しいので注意点さえ気を付けたら重曹洗顔は肌にとってもいいことばかりです。

毎日洗顔をしていても、肌には不要な角質や洗い残し、すすぎ残しの皮脂や汚れがたまっていきます。定期的に重曹洗顔をして古い角質を取り除き、明るく透明感のある素肌を目指してみるのも良いでしょう。

ただし、基本的なスキンケアをただしく行うことによって、基本的には重曹洗顔などのテクニックを使用せずとも、美しい肌を維持していくことは可能です。毎日の洗顔から保湿、クリームなど、お肌のお手入れと呼ばれる一般的な方法をただしく行えているかをまずチェックしてみましょう。また、お肌にとって良い食生活や睡眠、ストレス対策ができているかも確認することが大切になります。

女性にとって美しい肌でい続けることは大切なことでもあり、だからこそ、重曹洗顔などの特効薬は魅力的に見えもしますが、リスクについてもしっかりと理解することが大切です。まずは基本から自分の美肌習慣を見直してみて、地盤を固めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …