Home / 美肌 / 正しい洗顔方法の手順とよくある間違った洗顔方法
soap-1105526_640-640x330

正しい洗顔方法の手順とよくある間違った洗顔方法

毎日の洗顔で正しい洗顔の手順や、洗顔方法を意識していますか?正しい洗顔方法で洗っているつもりでも、毎日のことなのでつい簡単に済ませたり、いつの間にか自己流になりがちですよね。

間違った洗顔方法では肌にダメージを与えてしまい、乾燥肌やニキビなどさまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

今回はもう一度スキンケアの基本に返って、正しい洗顔方法の手順とよくある間違った洗顔方法についてご紹介します。毎日の洗顔方法と手順をもう一度見直して、肌に負担をかけない正しい洗顔で美肌を目指しましょう。

スポンサードリンク

正しい洗顔方法の手順

まずは正しい洗顔の手順についてご紹介します。毎日のことなのでつい適当になりがちですが、正しい手順と方法を身につけましょう。

まず手を洗う

いきなり顔を濡らして洗顔…ではなく、まずは手をきれいにしましょう。日常生活の中で、手には色んな雑菌や汚れがついています。

手を洗わないと雑菌や汚れが顔に付くだけでなく、洗顔料の泡立ちが悪くなります。料理をしていてお肉などの脂っぽいものを触った後は、ハンドソープがなかなか泡立ちませんよね。

きめ細かい弾力のある泡は、汚れをしっかり落として肌に負担をかけないための大切なポイントです。きめ細かい弾力のある泡を作るためにも、まずはせっけんやハンドソープで手をきれいに洗いましょう。

ぬるま湯で毛穴を開かせる

洗顔料を肌に乗せる前に、まずはぬるま湯で軽く洗って毛穴を開かせましょう。お湯の温度は少しぬるめの36~37℃程度が理想です。

ひと肌程度の36~37℃は、皮脂を取りすぎることなく毛穴を開かせてくれます。お風呂で顔を洗う時には、少しぬるいと感じる温度で洗うようにしましょう。

洗顔料をよく泡立てる

洗顔料をよく泡立てないまま顔に広げていませんか?良く泡立てないまま乗せてしまうと肌に摩擦を起こしてしまうので、洗顔料はよく泡立ててから肌にのせましょう。

洗顔ネットを使うと、簡単にきめ細かい泡が作れるのでおすすめです。手のひらで泡立てる場合にも、水を少しずつ加えて手のひら全体で空気を含ませるように泡立てましょう。最初に手のひらを洗っていると、より泡立ちがよいはずです。

また、きめ細かい泡は皮脂や汚れを取りこみやすいので、汚れがよく落ちるという効果もあります。弾力のある泡が作れるようになりましょう。

Tゾーンからこすらないように洗顔

まずは皮脂の多いTゾーンから洗います。皮脂の多い部分であってもこすったり力を入れないようにしましょう。

指で強い力でこすってしまわないように、泡を動かして汚れを落とすつもりで優しく触れます。指先は力が入りやすいので、指の腹でやさしく円を描くようにクルクルと洗います。

肌をこするように洗顔すると摩擦で肌にダメージを与えてしまうので、皮脂の多いTゾーンでも優しく触れることを心掛けてくださいね。

目や口の皮膚が薄いところは要注意

Tゾーンの次は目元や口元です。目元や口元は皮膚が薄く、皮脂があまり出ずに乾燥しがちな部分なので、こすらないように特に注意です。皮脂の気になる部分を最初に洗い、乾燥しがちな目元はや口元は最後に洗います。

指でこすらないように泡だけで肌に触れるようにし、泡の力だけで優しく洗います。乾燥が気になる人は、目元や口元は泡を乗せるだけで十分です。

ぬるま湯でしっかり洗い流す

洗顔で特に気を付けたいのはすすぎです。先程も紹介したように36~37℃のぬるま湯で、洗顔料が残らないようにしっかりすすぎましょう。

お湯の温度が高いと、肌に必要な皮脂まで根こそぎ奪ってしまい、乾燥の原因となります。お風呂で洗顔する場合や冬場などは、36~37℃はぬるく感じますが、肌のためにも温度には気を付けましょう。

すすぐ回数の目安は20回以上です。特に髪の生え際やあごの周りなどは、泡が残りやすいので意識してすすいでくださいね。すすぎ残しはニキビなどの肌荒れの原因になってしまいます。鏡でもすすぎ残しがないか、しっかり確認してくださいね。

清潔なタオルで水分を取り除く

タオルでごしごしふき取るのではなく、押さえるように優しく水分を取り除いてください。タオルでこするように拭いてしまうと、肌が傷ついてしまいます。

また、洗顔後には清潔なタオルで拭きましょう。一度使って湿ったものではなく、新しいタオルを使ってくださいね。

清潔なタオル以外にも、キッチンペーパーでふき取るという方法もあります。タオルの繊維や洗剤が刺激になってしまうような敏感肌の方に、キッチンペーパーでのふき取りはおすすめです。

すぐに保湿をする

洗顔後の水分が乾燥していく際に、角質の水分も一緒に蒸発して失われていきます。洗顔後は3分以内に保湿をするのが良いと言われていますが、できるだけすぐに保湿をしましょう。

お風呂上がりの場合も、お風呂から出てまずは保湿をするように心がけましょう。

よくある間違った洗顔方法

次はよくある間違った洗顔方法です。あなたが肌に良いと思ってしている洗顔方法が、実は肌にダメージを与えているかもしれません。

冷水や熱いお湯で洗う

先程もご紹介したように、洗顔には36~37℃のぬるま湯が適しています。熱いお湯は皮脂の落としすぎになるのでもちろんのこと、実は冷水も肌の負担になってしまいます。

冷水で洗顔することで毛穴の引き締め効果がありますが、それは一時的なものです。肌を急激に冷やすことで肌に刺激になってしまうので、冷水での洗顔はやめましょう。

泡立てネットなどで水を使わずに泡立てている

簡単にモコモコの泡が作れる泡立てネットですが、適量の水を加えて泡立てないと泡立ちが悪くなります。また、多少泡立っていても水分が含まれていない洗顔料は、肌に摩擦を起こしてしまいます。泡立てネットを使う場合にも、少量ずつ水を加えながら泡を作りましょう。

おでこや鼻など「ゴシゴシ」とこすっている

おでこや鼻など皮脂が気になる部分だからと言って、ゴシゴシと洗っていませんか?洗顔でゴシゴシと擦るのは、絶対にやってはいけない間違いです。摩擦で角質を傷つけてしまい、乾燥や敏感肌の原因になってしまいます。

皮脂が気になる部分も、洗顔料をきめ細かく泡立てていれば、強い力を加えなくても汚れは落ちます。必要以上に力が入らないように、指の腹でやさしくクルクルと洗うよう心がけましょう。

2分以上洗っている

汚れをしっかり丁寧に落としたいからと、時間をかけて洗顔していませんか?洗顔時間の目安は1分から1分半くらいと言われています。

洗顔料を肌にのせたままにしておくのは、肌に負担になります。泡立てた洗顔料を肌にのせてパックをするという方法も、実は肌にとって負担になってしまいます。長時間の洗顔による肌への摩擦を防ぐためにも、洗顔は手早く行いましょう。

タオルでこするように拭いている

洗顔後にタオルでこするように拭いてしまうと、摩擦で肌が傷ついてしまいます。先ほどもご紹介したように、清潔なタオルで優しく押さえるように水分を取り除きましょう。

肌にとって摩擦は大敵です。出来るだけこすったり、強い力を加えないように気を付けましょう。

洗顔料は洗顔後にしっとりするものを使っている

乾燥肌や敏感肌の方で、基礎化粧品はとにかくしっとりした使用感のものを選んでいる、という方はいませんか?洗浄力が強すぎて、洗った後につっぱったり乾燥を感じる物も良くないですが、洗顔は汚れを落とすことが目的なので、洗った後にしっとりさせる必要はありません。

しっとりする洗顔料は汚れがきちんと落せていなかったり、洗顔料に含まれる保湿剤の成分が肌に残ってしまい、その後のスキンケアの浸透が悪くなるというデメリットもあります。洗顔料は汚れを落とすだけのものと考え、その後のスキンケアでしっかり保湿しましょう。

1日に3回以上洗顔している

脂性肌や毛穴のトラブルなどで悩まれている方で、1日に何度も洗顔をしている方は要注意です。1日に何度も洗顔をすると、肌にとって必要な皮脂や、セラミドなどの肌の潤いの元となる成分までも根こそぎ洗い落としてしまいます。

皮脂が気になるからと何度も洗顔し、肌に必要な皮脂まで落としてしまうと、肌が皮脂を生み出そうとかえって皮脂が過剰に分泌されてしまいます。1日に何度も洗顔をしている方で皮脂が気になる方は、洗顔のし過ぎという可能性もあります。

脂性肌や毛穴汚れが気になる方も、洗顔は朝晩の1日2回程度までにしましょう。

吹き出物があるのにいつも以上に洗顔する

吹き出物があるからといつも以上に洗顔をするのも肌にとって負担となり逆効果です。吹き出物がある場合肌を清潔に保つことが大切ですが、肌にダメージを与えないようにしましょう。

洗顔の回数もいつもと同じで十分です。おでこやあごなどの洗顔料のすすぎ残しに気を付けて、洗顔後もこすって吹き出物にダメージを与えないようにタオルでやさしく拭きましょう。

間違った洗顔方法で起こりやすい肌トラブル

次に、間違った洗顔方法で起こりやすい肌トラブルについてです。間違った方法で洗顔すると、汚れや皮脂がきちんと落せないだけでなく、さまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

肌に必要なものまで流してしまう

肌は必要な皮脂の他にも、セラミドやNMFと呼ばれる天然保湿因子によってうるおいを保っています。

しかし、一日に何度も洗顔したり熱いお湯ですすぐなどすると、肌に必要なこれらまで洗い流してしまい、肌のバリア機能も弱まり健康な状態を保てなくなります。

汚れをしっかり落とすことも大切ですが、肌にとって必要なものまで奪わないよう、洗顔の方法には気を付けましょう。

乾燥肌・敏感肌になる

間違った洗顔を続けていると、乾燥肌・敏感肌になりやすいです。乾燥肌・敏感肌の方は洗顔をするだけでも刺激になってしまうことがあります。

乾燥が気になる部分には洗顔料を乗せる時間を出来るだけ短くし、なるべく刺激にならない洗い方と拭き方を心掛けてみてください。洗顔料も刺激の少ない物を選び、洗顔も時間をかけずに手早く済ませましょう。

特に冬場はシャワーの温度も高くなるので、洗顔の時だけお湯の温度を36~37℃に低くするだけでも乾燥が少しは和らぐと思います。

毛穴が広がってしまい目立つ

毛穴が広がってしまい目立つ原因は、2つ考えられます。1つめは過剰な皮脂が出ることによって毛穴が詰まり、目立ってしまうタイプです。毛穴が黒ずんでいたり、ポツポツと詰まりが気になる人はこのタイプになります。

毛穴の詰まりや皮脂が気になるからとこすったりせず、きめ細かい泡で汚れを包んで落とすイメージで洗顔しましょう。皮脂を落としすぎることで過剰な皮脂を分泌しないためにも、洗顔のしすぎには気を付けましょう。

2つ目は乾燥や年齢によって肌のハリが不足し、毛穴がたるむことで目立ってしまうタイプです。乾燥肌や年齢肌が気になる人はこのタイプになります。

特に乾燥が気になる部分には、洗顔の泡は乗せる程度にし、素早く洗顔しましょう。お湯の温度も36~37℃にし、皮脂を落としすぎないようにしましょう。

シミができやすくなる

間違った洗顔はシミのトラブルまで引き起こしてしまいます。

シミが気になるからとシミを強くこすったり、長い時間泡を乗せておくのは逆効果です。刺激を受けた肌は、肌を守ろうと色素沈着をおこし、余計にシミが濃くなってしまいます。

シミが気になる場合にも、正しい洗顔で肌のターンオーバーを正常にすることで、シミが薄くなっていくこともあります。

ニキビや吹き出物ができやすくなる

ニキビの原因は食生活やストレスなど内的なものもありますが、間違った洗顔がニキビや吹き出物を悪化させてしまうことも考えられます。

ニキビや吹き出物が気になるからと1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシと洗っていませんか?洗顔料のすすぎ残しもニキビや吹き出物の原因になるので、髪の生え際やあご周りのすすぎは丁寧に行いましょう。

まとめ

正しい洗顔方法の手順とよくある間違った洗顔方法についてご紹介しました。

つい化粧水や美容液などの「塗る」スキンケアに気を取られがちですが、肌にとって不要な汚れをきちんと「落とす」ことも美肌への近道です。

皮脂が気になる方も、乾燥が気になる方も毎日の洗顔を見直すことでトラブルのない肌に近づけるはずです。肌にとって不要な汚れはしっかり落とし、肌にとって必要な物まで落とさないようにしましょう。ぜひ今日から正しい洗顔方法を意識してみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

IMARI20160806165917-600x401

洗顔ブラシで毛穴を綺麗に!美肌になる洗顔ブラシの使い方と選び方

毛穴の悩みを改善するために、洗 …