Home / 美肌 / 洗顔石鹸には「純石鹸」を選ぼう!洗顔石鹸のメリットと最適な洗顔法

洗顔石鹸には「純石鹸」を選ぼう!洗顔石鹸のメリットと最適な洗顔法

石鹸で洗顔を行うと良いと聞かれたことがあるかもしれません。でも、石鹸なら何でも良いというわけではありません。

そこで今回は、洗顔に石鹼を使うメリットとデメリット、洗顔石鹸に向いている石鹼の選び方、おすすめの石鹸3選についてご紹介します。石鹸を洗顔に使ってみたい方は、ぜひ石鹸選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

洗顔に石鹼を使うメリット

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400-600x330

洗顔料は様々な種類のものが販売されています。ドラッグストアなどで見てもどれを選んだらよいのか迷われる方も多いでしょう。その選択肢の1つに石鹸があります。実は、洗顔石鹸は美肌に効果的と多くの方に愛されています。では、洗顔石鹸はどのような効果があるのでしょうか?

低刺激で肌にやさしい

洗顔フォームには、合成界面活性剤が含まれています。これは、洗浄力が強く、肌への刺激も強いとされています。汚れを落とすという洗顔の目的にかなって汚れや皮脂を落としてくれますが、皮膚にとって必要な皮脂までも落としてしまうという難点があるのです。

この皮膚に必要な皮脂は、肌を守る役割があります。ですが、これを奪い取ってしまうために、肌は外部からの刺激に弱くってしまうでしょう。さらに、皮脂がないと乾燥を招き、乾燥すると肌はさらに皮脂を分泌しようと働きますから、乾燥肌、脂症肌などを生んでしまいます。

その点、石鹸に含まれている界面活性剤は天然のものなので、肌への刺激や負担が少なく、適度な洗浄力なので皮膚に必要な皮脂までも落としてしまうことがないとされています。肌に優しいのが洗顔石鹸のメリットと言えるでしょう。

肌本来の機能を高めてくれる

一見、洗顔フォームの方がつっぱらない感じがしますが、そのしっとり感が実は合成界面活性剤による一時的なしっとり感であるとも言われています。石鹸を使うと洗顔後につっぱる感じがしますが、肌は石鹸により弱アルカリ性になった肌を弱酸性に戻そうと自然と働き、肌本来の機能を高める効果もあるとされています。

洗顔に石鹼を使うデメリット

泡立ちにくい

洗顔フォームに比べて洗顔せっけんは泡立ちにくいデメリットがあります。十分に泡立てないままの状態で洗顔をすると、摩擦などによって肌への負担がかかってしまいます。

そのため、洗顔石鹸はネットなどを使って泡立ててから使うといいでしょう。

保管しにくい

石鹸置きに固形石鹸を保管している方が多いと思いますが、水が溜まってしまって石鹼自体も水を含みやわらかくなってしまいますよね。その状態では、雑菌も発生してしまっています。

水のかからない所に保管する、石鹸おきに輪ゴムを付けて、石鹸が宙に浮くようにするなどの工夫で改善しましょう。

洗顔石鹸は「純石鹸」を選ぶ

石鹸にも様々な種類があります。中には、顔を洗うのには適していないものがありますから、注意が必要です。では、洗顔に向いている石鹸をご紹介していきましょう。

石鹸の中でも「純石鹸」と呼ばれる98%以上が脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムでできたものが洗顔に良いとされています。石鹸の成分の表示のところに「石鹸素地」と書かれているものがその純石鹸です。ただし、純石鹸を使って洗顔をしても良いかというと、純石鹸を使うと肌がつっぱり、乾燥を招くことがあります。

そのため、純石鹸に天然の保湿成分や美容成分が含まれた洗顔石鹸を選ばれると良いでしょう。例えば、米ぬかは保湿効果のあるセラミドなどの成分が含まれています。また「グリセリン」という成分も保湿成分ですから、このグリセリンが配合されている石鹸も洗顔に向いている石鹸でしょう。

体を洗ったり手を洗ったりする時に使う、100円ぐらいで販売されている石鹸で顔を洗うと乾燥してしまう可能性があることを覚えておきたい点ですね。

洗顔石鹸の正しい使い方

洗顔1

では、石鹸を使って洗顔をする時、効果を最大限に発揮するには、どのように使うと良いのでしょうか?基本的な石鹸で洗顔する方法をご紹介しますので、次の手順で行ってみることをおススメします。

1.清潔な手に石鹸をのせてくるくる回して、ぬるま湯でよく泡立てます。洗顔フォームに比べて泡立ちにくいので泡立てネットなどを使うと良いかもしれません。途中で何回かぬるま湯を足して泡を作りましょう。

2.空気を含ませながら泡を作り、水っぽくなりすぎないようにもちもちとした泡に仕上げます。

3.泡を皮脂量の多い顔のTゾーン(おでこと鼻)に最初にのせます。ゴシゴシとは決してこすらずに、常に手と顔の間に泡があるようにしてくるくると指の腹で優しく泡で洗います。

4.次に、頬と顎、最後に目と口回りなど皮膚の薄い部分に泡をのせ、さっと洗います。

5.すすぎは30度ぐらいのぬるま湯でしっかりと行います。20回ぐらいはすすぐと良いとされています。すすぎ残しができないように、特に生え際や顎のあたりは注意しましょう。すすぐ時もゴシゴシせずに水を顔に付けるというような感覚で行ってください。熱いお湯で洗うと必要な皮脂を落としてしまうのでお湯の温度には注意しましょう。

6.タオルで優しく水気を取る。洗顔後は、タオルで優しく水気を拭き取りますが、ここでもごしごしと拭くのは避けましょう。柔らかいタオルで優しくポンポンと肌を押さえる感じで拭くようにします。

7.スキンケアで保湿をする。石鹸で洗顔後、毛穴を引き締め保湿するために、化粧水や美容液などの基本的なスキンケアをしっかりと行うようにしましょう。

おすすめの洗顔石鹸3選

では、ここからはおすすめの洗顔石鹸をいくつかご紹介していきます。実際に使用された方の口コミなども載せていますので、参考にしてみてください。

①牛乳石鹸 赤箱 青箱

牛のマークでおなじみの牛乳石鹸です。毛穴の汚れを落としてくれるだけでなく、美白効果やニキビ予防など様々な美肌効果があるとして長年愛されている石鹸です。価格もお安く購入できるのも人気の理由かもしれません。特に赤箱の方はしっとり仕上がるスクワランが配合されています。

口コミによると「肌への刺激がなく洗い上がりもしっとりして肌が安定する」「超敏感肌ですが、ニキビもできず乾燥もなく低刺激です」「きめの細かい泡がゴシゴシしなくても汚れを落としてくれる」と高評価を得ています。

価格は、青箱は80gで85円、赤箱は100gで100円です。

②アルソア クイーンシルバー

こちらのアルソアの「クイーンシルバー」という石鹸も長年多くの方に愛されている洗顔石鹸です。天然のミネラル成分が配合されています。汚れをしっかりと落としながらも肌本来の潤いを保ってくれると人気です。赤ちゃんにも安心して使える優しい石鹸となっていますから、敏感肌の方にもおすすめの石鹸です。

口コミを見ると、「とにかくスッキリして、くすみが無くなった」「もちもちの泡で洗うとパッと顔が明るくなります」「肌が荒れた時もニキビの時もつるつるになる」といった声が多数あります。

価格は、135gで3,900円です。

③コスメデコルテ AQ MW フェイシャル バー

こちらの洗顔石鹸は、ヒアルロン酸が配合されています。濃密な泡が肌を包み込み、毛穴の古い角質までしっかりと絡め落としてくれます。乾燥を防ぎ、透明感のある肌に仕上げてくれると人気を集めている石鹸です。

実際の口コミを見てみますと、「少量でもこもこの泡が作れます。超乾燥肌ですがしっとり仕上がり、気になるザラツキはしっかりと落としてくれます」「泡立ちも保湿力も良く、乾燥しない」「肌荒れしているところも低刺激で優しく洗えてしっとりする」といった感想が多くありました。

価格は、100gケース付きで4,800円です。

まとめ

3

洗顔石鹸の種類や効果をご紹介してきました。今まで洗顔フォームばかりだった方も、石鹸のメリットを知り、石鹸のとりこになる方は少なくありません。安く購入できて美肌効果の高いものもありますし、何よりもお肌にとって良い成分ばかりで作られている石鹸が多くあります。

ぜひ、これを機に洗顔石鹸を試してみられるのはいかがでしょうか?洗い上がりの気持ちよさに石鹸が手放せなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

Check Also

黒髪ならこのカラー!黒髪と相性抜群のリップカラーとヘアケア

日本人特有の黒い髪は、放ってお …