Home / 美肌 / 水だけなのに肌質改善!水洗顔の効果的なやり方を徹底解説!

水だけなのに肌質改善!水洗顔の効果的なやり方を徹底解説!

最近、「水洗顔」がお肌に良いと聞かれたことはありませんか?

「汚れが落ちなさそう」とか、「脂症だから私は無理」と思われる方も少なくないでしょう。

しかし、この水洗顔、肌質によっては正しいケアでとても効果が期待できます。

では、その水洗顔とそのやり方について詳しくご紹介していきます。ぜひご参考に!

スポンサードリンク

水洗顔とは

34b5a9a8d14dfac29f852abdf5319f2e_s

芸能人の方も行っていると時折聞くことがある水洗顔。そもそも水洗顔ってなんなの?という方のために、水洗顔とはどのようなものなのかをまずご説明します。

水洗顔とは

水洗顔とは、洗顔フォームや石鹸などの洗顔料を一切使わずに水だけで洗う洗顔方法のことです。

ただし、水で顔を洗うのは朝だけ、夜は洗顔料を使って洗顔をします。

夜はメイクをしている女性がほとんどですし、メイクをしていなくても、ホコリなど一日の汚れが皮膚に付いていますから、夜は洗顔料を使う方が良いとされています。

水洗顔の効果的な行い方

水洗顔の効果的な行い方として、通常洗顔料を使う時など、5回ぐらいすすいだら終わりという方が多いかもしれません。しかし、30回ぐらい丁寧に行うと落としたい汚れがスッキリ落ちると言われています。

洗顔料を使わないからと言って、すすぐ回数が少ないと本来の水洗顔の効果が発揮できない可能性があります。

水洗顔後は化粧水もいらない

基本的に水洗顔をした後は、スキンケアを何もしなくて良いと言われています。化粧水などを塗らなくても良いのです。化粧水は、洗顔料で落としたものを補うために使います。ですから、水洗顔の場合は必要がないとされています。

しかし、メイクをする方にとっては、基本的なケアをしないではメイクがしにくいという方や、乾燥肌で水で洗うだけでもカサカサするという方は、化粧水を使っても良いかもしれません。

化粧水を使うかどうかは、ご自分の肌の状態に合わせて調整するようにしましょう。

水洗顔の効果

ok

 

では、水洗顔の効果とは何でしょうか?本当に洗顔料を使わなくても美肌効果があるのでしょうか?

肌に必要な皮脂を残せる

水洗顔のメリットの1つとして、肌に必要な皮脂を落とし過ぎず残してくれるという点があります。

洗顔をする目的は、顔の皮膚に付いた汚れを落とすことです。そのために洗顔料を使って汚れを落としているわけです。

洗顔料を使った場合は汚れもスッキリと落とせますが、皮膚を守るために必要な皮脂まで一緒に落としてしまうことがあります。

洗顔料を使った後、顔がつっぱることはありませんか?洗顔後に顔がカサカサしませんか?それは、必要な皮脂まで落としてしまっている可能性があります。

水で洗うだけだと、肌に必要な皮脂を落としてしまうことがないでしょう。寝ている時に出る皮脂は、肌にとって必要な皮脂と言われています。ですから、それを朝から洗顔料を使って無理やり除去する必要がないので、朝は水洗顔が肌に良いということです。

肌への負担を掛けない

基本的に水洗顔をした後は、化粧水などを使わないので、肌に化粧品による刺激を与えずに済みます。

実は、毎日毎日、洗顔料を使って顔を洗い、化粧水を塗り、美容液を塗り、クリームを塗るというのは、肌への負担をかけているのです。

よく肌には何もしない方が良いと言われますが、これはある意味真実かもしれません。確かに、化粧をしていない方の方が肌がきれいだったりしませんか?

水洗顔をして化粧水などを使わず、肌を休ませるのは美肌効果があると言えるでしょう。

水洗顔が効果的な肌質

では、水洗顔を敏感肌や乾燥肌の方も試しても大丈夫でしょうか?それぞれの肌質の方に水洗顔が効果的かどうかをご紹介します。

敏感肌の場合

水洗顔は敏感肌の方に特におすすめの方法と言えるかもしれません。

敏感肌の方にとって、化粧品は肌への刺激が強く、ぴりぴりとしたり痒くなったりしてしまいます。その点、水洗顔は洗顔料により肌に刺激を与えることもありません。また、化粧水などをしなくても良いので、化粧品の刺激を受けることもないのです。

様々な化粧品を使っているうちに敏感肌になってしまったという方は、1度そうした化粧品などを使わない水洗顔にしてみると肌を本来の状態にリセットすることができるかもしれません。

水洗顔には肌を育てるためのものとも言われます。敏感肌で刺激に弱くなってしまった肌を回復させることを目的として水洗顔を行ってみるのはいかがでしょうか?

普通肌の方の場合、水洗顔の効果は1~2ヶ月ほどかかるとされています。敏感肌の方はさらに長くかかると考えられます。少し長い目で見て肌質の改善を図ることが必要かもしれません。

しかし、水洗顔により肌の状態が悪化した場合は、皮膚科などの専門医にかかるようにしてくださいね。超敏感肌の方は、夜も水洗顔にすることもすすめられています。化粧をしないという方は、その方が肌にとって良いかもしれません。

乾燥肌の場合

乾燥肌の場合も水洗顔は効果的と言われています。

乾燥肌の方の肌は水分と油分が不足している状態です。水洗顔は、先ほどご紹介したように、洗顔によって必要な皮脂を取り除くことがないので、乾燥を防ぐことができるのです。

また、乾燥肌の方は乾燥を保湿するために、様々な美容液やクリームなど肌に上乗せ上乗せしていませんか?これはかえって肌を弱くして乾燥を招くことがあります。

水洗顔をして化粧水などを使わない方法は、最初は乾燥状態が続くかもしれませんが、この方法を行い続けているうちに肌本来の潤いで肌状態が整ってくると乾燥も和らいでくるはずです。

最初のうちは乾燥が気になる時は、化粧水を塗ってもよいかもしれません。しかし、赤ちゃんや子どもの肌が特にケアしなくても潤っているように、人間の肌は本来ケアをしなくても潤うようになっているので、その状態の肌を取り戻せるように肌を改善させることができるでしょう。ただし、夜、洗顔料を使う場合は、基礎化粧品などで補うようにしてくださいね。

水洗顔を行う時に気を付けたいこと

日本人 女性 女 30代 アラサー グレーバック 背景 グレー ポーズ キャミ キャミソール 部屋着 ナチュラル ミディアムヘア すっぴん スッピン 若々しい タオル 洗顔 スキンケア 肌 肌年齢 年齢 透明感 くすみ シミ しみ 顔 フェイス 美肌 美白 ホワイトニング 素肌 保湿 潤い 手入れ お手入れ ケア デイリーケア mdjf013

水洗顔を行う時の注意点を4つほどご紹介します。気を付けながら行うことで、より効果を見込むことができるでしょう。

ぬるま湯で行う

水洗顔をする時には30度ぐらいのぬるま湯で行うのが、肌に良いとされています。熱いお湯で行うと肌に必要な皮脂を取ってしまい、水洗顔の本来の効果を得ることができず、かえって乾燥を招くことがあります。

水を付けるように洗う

水洗顔は、手でゴシゴシと洗うと毛穴がひろがったり摩擦で肌を痛めてしまいます。

手のひらでこするのではなく、水を顔に付けるような感じで優しく洗いましょう。30回ぐらい付けると良いとされています。

洗顔後はタオルで優しく押さえる

洗顔後は、タオルで優しくポンポンと押さえるようにして、水気を取りましょう。

これもゴシゴシとすると水洗顔の効果が得られなくなってしまいます。水気をとったら、ご紹介したように化粧水などを付けずに自然のままの状態にします。

夜は洗顔料やメイク落としを使う

朝は水洗顔をして、夜はメイク落としや洗顔料を使って汚れを落としてください。

メイクをしていない方も、一日の汚れが顔に付きますから、洗顔料を使うと良いでしょう。その場合も、洗顔料はよく泡立てて優しい力で洗うようにしてください。そして、洗顔後は化粧水や美容液などで保湿をしましょう。

まとめ

水洗顔が肌本来の力で美肌を作るのに効果的な方法であることをご理解いただけたでしょうか?

化粧品などで肌を守り過ぎることなく、肌を鍛えることができる方法です。肌本来の皮脂で潤いを保つことができるこの水洗顔、一度試してみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

ボツボツがなくなる!小鼻の黒ずみの原因と除去方法まとめ

鏡を見ると、小鼻の毛穴に黒くポ …