Home / 美肌 / ダブル洗顔は必要?ダブル洗顔をする場合と方法
ダブル

ダブル洗顔は必要?ダブル洗顔をする場合と方法

美肌作りには欠かせないスキンケアの一つ洗顔。この洗顔を怠ったり、間違った洗顔方法を続けていると、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌やニキビなどの肌トラブルが起こる原因となります。

基本のスキンケアの洗顔ですが、その中でも「ダブル洗顔」という言葉を聞いたことはありますか?ダブル洗顔は必要か?そもそも、ダブル洗顔とは何か。またダブル洗顔する理由やする場合の方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ダブル洗顔とは何か?

ダブル洗顔とは、メイクや日焼け止めなど、脂溶性の強い汚れを落とすときに使用する「クレンジング」と、お肌の皮脂や古くなった角質、汗など水溶性の軽い汚れなどを落とすときに使用する「洗顔」を2つおこなうことを言います。

クレンジングと洗顔は用途が違うため、その日にメイクや日焼け止めを塗ったか、洗顔で落としきれない汚れはあるかなどがダブル洗顔をするポイントになってきます。正しい方法で、この2つの洗顔をおこなうことで、肌のターンオーバーを正常化しお肌を良い状態へ近づけてくれます。

クレンジングとは?

クレンジングとは、メイクや日焼け止めなど、洗顔だけでは落とせない脂溶性の強い汚れを落とすときに使用します。クレンジングは、界面活性剤の働きによって水と油を混ぜ、乳化させることでメイクなどの脂溶性の汚れを落とす方法です。洗顔だけでは、落としきれないメイクなのがすっきり落とせるのが特徴です。

クレンジングは洗浄力が高いため、必要な油分まで落としてしまうおそれがあります。そのため、肌質や肌の状態によってクレンジングの種類選ぶ必要があります。クレンジングはをオイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプと様々な種類があります。

洗顔とは?

洗顔とは、肌の皮脂や古い角質、汗などの軽い水溶性の汚れなどを落とすときに使用します。水溶性の汚れは、目に見えないものが多いため、ついつい洗顔を怠ってしまうこともあります。

大気の汚れや車の排気ガス、肌の皮脂、古い角質をそのままにしておくと、ニキビやかさつきなど肌トラブルにつながってしまいますので、基本的に、洗顔は毎日おこなうものです。

メイクをおこなったときは、クレンジングでしっかり脂溶性の汚れを落としてから洗顔をおこないます。メイクや日焼け止めを使用していない日は、洗顔のみの洗浄になります。

洗顔料には様々な種類があり、固形石鹸タイプ、フォームタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、泡タイプ、粉タイプ、スクラブなど種類は豊富です。肌質や肌の状態によって選びます。また、洗顔料には毎日おこなうものから、1週間に1、2回のペースでおこなうスクラブタイプのものがあります。

ダブル洗顔は必要?

ダブル3

出典:https://www.bing.com/

ダブル洗顔は、その時の肌の汚れの種類によって必要か不必要かが変わってきます。ダブル洗顔をする必要があるとき、不必要な時を間違えてしまうと、ニキビや乾燥などの肌トラブルにつながってしまいますので、しっかり理解する必要があります。

ダブル洗顔が必要な場合

(1)メイクをしたとき
ファンデーションなどは、脂溶性の汚れなので、洗顔のみでは落としきれません。クレンジングを使用して汚れを落とさないと、毛穴にファンデーションが残ってしまい、毛穴の黒ずみやくすみの原因となってしまします。また、クレンジングのみでは、角質や皮脂は落とせないのでダブル洗顔する必要があります。

(2)日焼け止めを使用したとき
クレンジングで落とすタイプの日焼け止めを使用した時もクレンジングは必要です。ただし、お湯で落ちるタイプや洗顔のみで落とせるタイプもあるので、使用前によく確認しましょう。

日焼け止めが肌に残ったままになっていると、毛穴が詰まり、ニキビや黒ずみの原因となってしまいます。また日焼け止めによって皮膚が乾燥しやすくなってしまします。

ダブル洗顔が不必要なとき

(1)皮脂や汗などの軽い汚れ
メイクや日焼け止めを使用していないときは、洗顔料のみで皮脂や古い角質を落とします。無理にクレンジングまでしてしまうと肌に負担になってしまいますので注意しましょう。

ダブル洗顔の方法

ダブル2

出典:http://hadalove.jp/
ダブル洗顔を正しくおこなえば、毛穴の黒ずみや肌のくすみの改善。過剰な皮脂の分泌を抑えられるためニキビの予防になります。ダブル洗顔を正しくおこない美しい肌を作りましょう。

(1)下準備
ダブル洗顔を始める前に、アイメイクやマスカラ、口紅などのポイントメイクを専用のリムーバーで落とします。アイメイクや口紅などは、落ちにくいため、コットンなどに専用のリムーバーを塗布し、押さえるようにふき取ります。

(2)クレンジングを温め肌に塗布する
オイルクレンジングなどは、室温によって固くなっている場合があるので、手のひらで温めてから使用します。温めることで、クレンジングが柔らかくなり乳化しやしくなり、肌に負担をかけず汚れを落とせます。

(3)Tゾーンから落とします
Tゾーンや顎、皮脂の多い部分から優しく、摩擦をかけないように落としていきます。

(4)ぬるま湯で洗い流す
流す前に、手を濡らし白っぽく乳化させてから、32℃から36℃のぬるま湯で、20回以上洗い流します。熱いお湯は、必要な油分まで落とし肌を乾燥させてしまうおそれがあるのでぬるま湯で流すようにします。
 
(5)洗顔料を泡立てる
洗顔料を泡立てます。手にクレンジングが残っていると洗顔料が泡立てにくいため、泡立てる前によく洗います。手に取った洗顔料に少量の水を足しながらきめが細かくなるまで泡立てます。泡立てが苦手な方は、ネットやブラシを使用して泡立てると簡単に泡立ちます。

(6)Tゾーンから洗顔する
クレンジング同様に皮脂の多いTゾーンや顎から頬と洗顔していきます。強い摩擦を加えず、泡で汚れを落とすようにします。

(7)お湯で洗い流す
クレンジングと同様に、32℃から36℃ぐらいのぬるま湯で、優しく20回以上流します。

(8)タオルでふき取る
清潔なタオルで、押しあてるように水気を優しくふき取ります。

(9)保湿をする
ダブル洗顔の後は、肌が乾燥しやすくなっているためしっかりスキンケアで保湿をする必要があります。化粧水は、コットンなどを使用し、しみこませるように押し当てます。乳液は手のひらで温め、顔の中心から外側に向かって塗布します。

ダブル洗顔の後は、毛穴が開き、美容成分が浸透しやすくなっているため、念入りにおこなうと、次の日のメイクのノリも変わってきます。

ダブル洗顔の注意点

ダブル洗顔は必ず、「クレンジング→洗顔」の順番でおこないましょう。また、肌質や肌の状態によって使用する洗顔料を選ぶようにしましょう。ダブル洗顔後は肌が乾燥しやすくバリア機能が低下しているため、必ずスキンケアをするようにしましょう。

ダブル洗顔の使い分け

ダブル洗顔は、必要な場合とと不必要な場合がありますので、その都度使い分けをしましょう。また、クレンジング、洗顔料共に種類が豊富です。必ず自分の肌質にあったものを選びましょう。

ダブル洗顔は、忙しく時間がない時などは、怠りがちになりますが、怠ると肌トラブルの原因となりますので注意が必要です。ダブル洗顔を正しい方法でおこなえば、皮脂の分泌量が抑えられニキビのできにくい肌になったり、毛穴の黒ずみ、くすみの改善・予防になります。

いつまでも若々しい美しい肌をキープするために用途に合わせダブル洗顔をおこないましょう

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …