Home / 美肌 / 敏感肌の人のための洗顔料の選び方と洗顔方法
0793f11edd9547a365ccb167e95bc9d8_s

敏感肌の人のための洗顔料の選び方と洗顔方法

敏感肌で様々な洗顔料を使って、ピリピリしたり刺激を感じたりしないものを探しておられますか?ご自分の肌に合った洗顔料を見つけるのはなかなか大変です。

この記事では、敏感肌の方のためにどのような洗顔料を選んだらよいのか、そして、洗顔を行う時にはどのような方法で行ったらよいのかをご紹介していきます。

スポンサードリンク

敏感肌とはどのような状態の肌のこと?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

そもそも、敏感肌とはどのような肌のことを言うのでしょうか?刺激の強い洗顔料や化粧品を使った時に、肌が赤くなったり、ピリピリとしたりと過敏に反応する肌のことを敏感肌と呼びます。化粧水がしみたり、髪の毛があたるだけで痒くなったりしませんか?それは敏感肌になっていると考えられます。

敏感肌になる原因とは?

では、敏感肌になるのはなぜでしょうか?様々な要因が考えられます。例えば、精神的なストレスや、食生活、環境の変化、花粉やアレルギー、間違ったスキンケアの方法、化粧品が肌に合っていないなどがあるでしょう。つまり、敏感肌は改善が可能な場合もあるということです。

ここでは、特に洗顔という点において、敏感肌の方に合った洗顔料と洗顔方法を正しく行うことで敏感肌の解消につながり、悪化を防ぐことができるという点を取り上げていきます。

敏感肌の人の洗顔料の選び方とは?

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s

敏感肌を自覚しておられる方は、すでに様々な洗顔料を試しては、合わなかったという経験をしておられることでしょう。パッケージに「敏感肌でも安心」などと表示されていても、いざ使ってみるとダメだったということも多いはずです。そこで、洗顔料を選ぶ際の4つのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

1.添加物の少ないものを選ぶ

1つのポイントとして、添加物があまり含まれていない洗顔料を選びましょう。特に石油系の界面活性剤が入ったものは避けた方が良いかもしれません。これは、食器や洗濯洗剤などにも使われている洗浄力が強力な成分です。この石油系界面活性剤は、種類が多く見分けにくいのも事実です。そこで、「○○硫酸」と書かれているものを避けると良いでしょう。

他にも、香料や着色料、鉱物油、防腐剤となるパラベンなどが含まれているものは肌への刺激を与える可能性がありますから、できるだけ使っていないものを選ぶことをおススメします。

2.皮脂を落とし過ぎないものがおススメ

2つ目のポイントとして、洗浄力が強すぎないものを選ぶようにしましょう。洗顔で皮脂をスッキリ落としたいと思われるかもしれませんが、肌には必要な皮脂があり、落とし過ぎると乾燥して肌を守るバリア機能を果たさなくなってしまいます。そうなると、肌は刺激を感じ荒れやすくなるでしょう。

敏感肌の人には、アミノ酸系の洗浄成分がおススメとされています。肌に必要な皮脂を残しつつ、不要な皮脂を落としてくれる肌に優しい成分です。少し価格は高くなることがありますが、美しい健康な肌のために投資してみるのはいかがでしょうか?

3.美容成分が入っているものを選ぶ

できるだけ無添加の洗顔料を選び、さらに美容成分が含まれているなら敏感肌の改善につながるかもしれません。例えば、潤いや保湿効果のあるセラミドやヒアルロン酸、プラセンタなどが入っているものが良いとされています。

4.ピーリングやスクラブ入り洗顔料は要注意!

毛穴汚れなどが気になっている方は、ピーリング効果のあるものやスクラブ入りの洗顔料で手軽にケアをしたいと思われるかもしれません。古い角質を落としてくれるなんて魅力的に感じるでしょう。しかし、敏感肌の方には、注意が必要です。普通の肌の方でも肌への負担がありますから、敏感肌の方にはあまりおススメできません。どうしても使用したい方は、月に数回におさえるようしてください。

敏感肌の洗顔方法とは?

e1f3b2eb04ac256ca185a30b870173ab_s

では、ここからは敏感肌の洗顔方法をご紹介していきます。洗顔の仕方でも肌の状態は大きく変わって来るからです。

手を清潔にしてから洗顔する

まず、どんな肌の方でも同じですが、基本として手を清潔にしてから洗顔をしましょう。手には見えない雑菌が付いています。その手で顔を洗うと肌への刺激を与えてしまうことがあるのです。まずは、手を石鹸やハンドソープで洗ってから洗顔をするようにしてください。

ゴシゴシこすらない

敏感肌の洗顔方法として重要なポイントとして、ゴシゴシとこすらないという点があります。肌への負担が大きくなりますし、傷つけてしまう恐れがあるでしょう。ゴシゴシこすらないために、よく洗顔料を泡立ててください。常に手と顔の間に泡があるようにして、泡を滑らせる、泡をのせる程度の洗い方で十分です。小鼻のきわなどは、指の腹で優しく泡で洗うようにしましょう。

ダブル洗顔を避ける

敏感肌の方は、洗顔料を使って2度洗いすることはおススメできません。肌に負担がかかります。ですから、メイクは薄めにして一度の洗顔で落とせるようにするのも良いかもしれません。または、メイク落としも可能な洗顔料を選ぶことができるでしょう。さらには、オイルやクリームなどでメイクを落としてから洗顔料を使用して1度で洗顔を済ませるようにする方法もあります。

ぬるま湯洗顔にする

洗顔料を使わないでぬるま湯洗顔をするという方法もあります。夜はメイクなどを落とす必要があるので、洗顔料を使わないというのは難しいかもしれません。なので、朝だけは洗顔料を使わずにぬるま湯で洗顔すると肌への刺激もなく、必要な皮脂を落とし過ぎず肌を整えることができるとされています。

ぬるま湯洗顔は、30度ぐらいのぬるま湯で30回ほど顔を洗うという簡単な方法です。この際も、ゴシゴシ手でこすらないようにして、顔に水をあてるような感じで洗いましょう。

洗顔の時間は30秒から1分以内で

丁寧に洗おうと思ってついつい洗顔に時間を掛けてしまうことがあります。しかし、特に敏感肌の方の場合、肌に洗顔料が乗っている時間を短くした方が良いでしょう。肌への刺激を与えてしまうからです。できれば、30秒から1分以内に洗顔を終えるように心がけましょう。

敏感肌の改善のために生活習慣を整える

敏感肌は洗顔料や洗顔の仕方でも改善を図ることができる場合もありますが、他にも生活習慣を整えることでも悪化を防ぎ、肌質の改善に努めることもできます。睡眠不足が続いていませんか?食生活が不規則になったり、バランスが乱れていないでしょうか?ストレスを溜めていませんか?こうした点を見直してみることをおススメします。

睡眠時間は、できるだけ6時間以上確保するように心がけましょう。睡眠中に成長ホルモンは分泌されて、肌の細胞も生まれ変わっていきます。肌の新陳代謝が正常に行われるためにも睡眠の習慣を整えるようにしてください。

また、食生活においても、皮膚を作り出すたんぱく質や皮膚の保湿を促すアミノ酸といった成分を積極的に摂ると良いと言われています。また、肌のターンオーバーを促すビタミンAやC、亜鉛も良いでしょう。野菜や肉、魚などをバランスよく食事に含めるようにしてください。

そして、ストレスを解消することも大切です。忙しい毎日を送っていると、ついついストレスを溜めがちですが、自分の好きなことをする時間を見つけて溜めすぎないようにしましょう。そうすると、内面からの美しさが出てくるはずです。

洗顔料と正しい洗顔の仕方で敏感肌を改善!

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

敏感肌の方のための洗顔料の選び方と、正しい洗顔方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?洗顔料を選ぶ時は、ここで挙げたポイントを考慮して、慎重に選ぶようにしましょう。また、毎日の洗顔の仕方で肌の調子は大きく変わってきますから、洗顔の仕方にも注意して、敏感肌の改善に努めていきたいですね。

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …