Home / 美肌 / 朝に洗顔するのが良い?朝の洗顔効果と正しい方法まとめ

朝に洗顔するのが良い?朝の洗顔効果と正しい方法まとめ

朝起きたらまず顔を洗うという人、多いのではないでしょうか。

美容に気を使っていれば、その洗顔方法も工夫されているでしょう。

朝の洗顔は水洗いがいいとか、朝は洗わないほうがいいとか、いろいろな情報を耳にすることも多くあります。実践している人もいるかもしれません。
しかし、本当にそれらの情報は正しいのでしょうか?

この記事では、朝の洗顔がもたらす効果と、正しい方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

朝の洗顔の必要性

洗顔女性

そもそも、朝の洗顔は必要なのでしょうか。

朝の洗顔は必要!

答えは必要です。

夜、しっかりと洗顔をして寝ただけだから、洗顔をしなくても綺麗なんじゃないの?と思われるかもしれません。しかし、夜寝ている間には皮脂が分泌されており、約コップ1杯分の汗をかくとされています。

この皮脂と汗が混ざり合って、皮脂膜が出来ます。この皮脂膜は、肌にとってある程度は必要ですが、古くなった皮脂汚れは除去しないと肌に良くありません。

また、この皮脂の中の一部は、「変性皮脂」というものに変化するので厄介です。この変性皮脂があると、肌を保護する機能や保湿力が低下したり、キメが粗くなったり、毛穴が開いたりするといったダメージを被ることがあります。

朝も洗顔をして皮脂などを落とすようにしましょう。

朝の洗顔がもたらす効果

baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s

では、朝の洗顔の必要性は分かりましたが、どのような効果があるのでしょうか? ここでは、主に2つの効果をご紹介します。

①肌の状態が整う

朝、洗顔をすることで、皮膚の汚れを落とし、古い角質を落とすことができます。

洗顔をしないでいると、古い角質が肌にどんどん蓄積されて肌はごわついたり、毛穴が開いて黒ずんだり、肌がくすんだりすることもあるでしょう。

毎日の朝の洗顔により、肌の状態が整い、滑らかで張りのある引き締まった肌へと導くことができます。

②化粧水などの浸透率が高まる

もう1つの朝の洗顔の効果は、洗顔後に行う化粧水や美容液などの浸透率が高まるという点です。洗顔をすると、古い角質や汚れが除去されます。そのため、化粧水や美容液などが浸透しやすくなるのです。きちんと洗顔をしないで化粧水などを肌にのせても、肌の中へ入っていきません。化粧水や美容液などの浸透率が高まると、化粧水などの本来の効果が発揮され、保湿がされて潤い肌がきめ細やかに整うでしょう。

朝の洗顔の正しい方法

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s
では、次に朝の洗顔をどのように行うと良いのかをご紹介していきます。ご自分の今の洗顔方法と比べながらご覧くださいね。

洗顔料は使うべき?

朝の洗顔では、洗顔料は使うべきなのでしょうか。答えは、肌質によります。

先ほどご紹介した「変性皮脂」は、ぬるま湯や水では落としきれないと言われています。洗顔料を使って洗顔する必要があるとされているのは、この変性皮脂が一つの理由なのです。

ただし、後ほどご紹介しますが、水やぬるま湯で洗顔したほうが良い場合もあります。

そこで今回は洗顔料を使う場合と使わない場合、2通りの洗顔方法をご紹介します。

洗顔料を使った洗顔方法

1.手を洗う

はじめに、洗顔に使う手を清潔にしましょう。一見、汚れていないように見える手も、実は雑菌が多くある場合があるのです。まずは石鹸やハンドソープで手を洗うと良いでしょう。

2.洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔は泡で洗うものと言っても過言ではありません。この泡立てをしっかりと行うことで肌への影響は大きく変わってくるほどです。手の平に洗顔料をのせて、くぼみを作り、水を足しながら指で混ぜるようにして、もこもこの泡になるまで泡立てましょう。泡立てネットを使用すると、泡が作りやすいのでおススメです。

3.皮脂の分泌の多いTゾーンから洗う

次に顔に泡をのせていきますが、皮脂の分泌が多いおでこと鼻のTゾーンから洗うようにしましょう。皮脂が多いからと言って、ゴシゴシと洗うのは避けてください。常に顔と手の間に泡があるようにして、指の腹でくるくると優しく洗うようにしましょう。Tソーンを洗った後は頬や、顎などを同じように優しい力で洗っていきます。

4.目元や口元は軽くでOK!

目元や口元は乾燥しやすく、皮膚も薄いです。ですから、泡をのせる程度にすまして、力を入れずに洗うようにしましょう。

5.すすぎはしっかりと20回以上する

すすぎも洗顔をするうえで、大きなポイントです。30度前後のぬるま湯ですすぎましょう。この時もゴシゴシとすすがず、顔にぬるま湯を付けるような感じで優しくすすいでいきます。洗い残しがないように20回以上はすすいでください。熱いお湯は肌の乾燥を招きますので、避けましょう。

6.タオルで優しく拭く

タオルの拭き方も、優しい力でポンポンと押さえるようにしてください。ガシガシと水分を拭きとると肌を痛める可能性があります。

7.保湿はしっかりとする

洗顔後は、保湿をしっかりと行うようにしましょう。洗顔をした後、保湿をしないと毛穴が開きっぱなしになって汚れが詰まったり黒ずみが生じたり、肌の乾燥を招いたりしてしまいます。ですから、洗顔後、3分以内ぐらいに化粧水など保湿をしっかりとするようにしてください。

水での洗顔方法

水洗顔をする場合は、次のように行ってみてください。

1.手を洗う

洗顔料を使う場合と同様に、顔を洗うまえに手を洗うとよいでしょう。

2.30度ぐらいのぬるま湯で20~30回ぐらい洗う

水洗顔と言っても、30度ぐらいのぬるま湯が肌への乾燥を招いたり、痛めたりしないので良いとされています。20~30回ほど、ゴシゴシと擦らずに顔にぬるま湯をあてるような感じで洗いましょう。

3.タオルで優しく拭く

ポンポンと肌を押さえるような感じで優しく水分を拭きとりましょう。

4.べたつきが気になる時は拭き取り化粧水を!

水洗顔の後、べたつきが気になる時は、化粧水をコットンにたっぷり含ませて、そのコットンで優しい力でふき取ると良いでしょう。その後、いつも通りのケアをしてください。

肌質に合わせた注意点

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

朝の洗顔をするにあたって、ご自分の肌質に合わせて調整すると良いとされています。ご自分の肌質を見極めて、適切な方法で洗顔をするようにしましょう。

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌の方や、敏感肌の方は、朝の洗顔は、ぬるま湯だけで洗う方が良いでしょう。

朝も洗顔料を使うと、皮脂の分泌が少ない方にとっては、肌に必要な皮脂まで奪い取ってしまい、より乾燥を招き、肌荒れを起こすことがあります。ただし、中には洗顔料を使った方が肌の調子が良いという方もいます。どちらがご自分の肌に合うのか試してみましょう。

脂症肌・普通肌・混合肌

脂症肌の方、普通肌の方、混合肌の方は、洗顔料を使って朝の洗顔をする方が良いでしょう。

皮脂の分泌が多いため、前述の変性皮脂が多く出ているかもしれないからです。肌に合った洗顔料を使って、余分な皮脂を落とすようにしましょう。ただし、これも人によっては、水洗顔の方が肌の調子が良くなったという方もおられるので、ご自分はどちらのタイプかを知るために、水洗顔を試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

e55dc0ce6949d6b450de22848b9b50bf_s

朝の洗顔の大切さと効果、そしてどのような方法で行ったらよいかをご紹介しました。

朝の洗顔をしていなかった方は、ぜひ、朝の洗顔を丁寧に行うようにしましょう。また、肌質に合わせてぬるま湯だけにするのか、洗顔料を使うのかを選ぶようにしてくださいね。余分な皮脂をしっかりと取り除いて、化粧ノリの良い肌、キメかまやかな肌へとなれるはずです。

スポンサーリンク

Check Also

あなたの肌は大丈夫?肌のくすみが生じる原因とその改善方法

年齢を重ねてくると気になるのが …