Home / 化粧品 / AHA洗顔料って何?AHA洗顔の特徴と効果的な使い方

AHA洗顔料って何?AHA洗顔の特徴と効果的な使い方

突然ですが、AHA洗顔ってご存じですか?

「ドラッグストアなどで見たことはあるけど、どんなものなのかよくわからない」という方に必見です!AHA洗顔とは、簡単に言うと毛穴の奥の汚れや古い角質を取り除くことができる洗顔料です。

でも、それだけではない美肌を手に入れることが出来る優れた洗顔料なのです。AHA洗顔の特徴と効果的な使い方を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

AHA洗顔料とは

2

AHA洗顔料とは、「AHA」=「アルファヒドロキシ酸」の略称です。フルーツが成分になっているので「フルーツ酸」とも呼ばれています。おもにサトウキビなどの植物由来成分からなっていて、肌にいらない汚れだけを取り除き肌に優しいという特徴があります。

このAHA配合の洗顔料には古い角質を溶かして落とすピーリング効果があるので、ニキビ、くすみ、黒ずみ、シワなどの様々な改善が出来ます。

また、AHAは新陳代謝を促すことも出来るので、ターンオーバーを正常化してくれる作用があります。

AHA洗顔料でピーリングする

ピーリング洗顔の特徴

3

ピーリングと聞くと肌に刺激が強いのではというイメージを持ちます。そこで、ピーリングについて詳しくご紹介します。

まず、ピーリングには物理的なものと化学的なものの2種類あります。

  1. 物理的なピーリング‥スクラブ洗顔、ダイヤモンドピーリングなどです。肌荒れなど肌にダメージを与えやすいと言われています。
  2. 化学的なピーリング‥AHA洗顔料などです。ケミカルピーリングと言われる「酸」で古い角質だけを取り除くものです。肌に優しいと言われています。

特にAHA洗顔が肌に良いと言われている理由へ進めていきます。

肌に優しいピーリングならAHA洗顔料を選ぶ

AHA洗顔料を使うと古い角質だけが取れ、肌がツルツルになります。その理由は、AHAには肌の細胞間の結合を緩めて皮膚の剥離を促し、角質層から表皮層の浅い層までのピーリングをし、コラーゲンなどの生成を促進してくれる効果があるからです。

また、AHAにはグリコール酸が最も使用されています。これは分子構造が単純で浸透力に優れているからです。その他に乳酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石けんなど含まれています。

AHA洗顔で角栓を柔らかくして汚れを取る

 毛穴に角栓が詰まってしまうと毛穴が広がるなど肌トラブルに繋がっていきます。この場合、通常の洗顔方法では、角栓が大きく硬くなってしまい取り除くことが難しくなってしまいます。

AHA洗顔は、角栓を柔らかくして取れやすくしてくれるので、肌のターンオーバーが正常になり毛穴が広がるということがなくなります。

また、メラニン沈着した古い角質が肌表面に残ってしまうとシミの原因になります。古い角質はほっておくと何層にも重なることがあるので、化粧水など浸透しにくい状態を作ってしまいます。このような場合もAHA洗顔は古い角質だけ落としてくれるので効果的です。

AHA洗顔での美肌効果はこちらから

具体的にAHA洗顔でどのように肌が改善されるかをご紹介します。
  1. シミ、くすみの解消‥古い角質を溶かして落とす効果があるので、シミ、くすみの解消に繋がります。使い続けるうちにシミ、くすみが薄くなり肌に透明感が出てきます。
  2. しわ、たるみの解消‥古い角質がなくなればターンオーバーがスムーズになり皮膚の再生力が出てきます。シワ、たるみが改善されていきます。
  3. ニキビ、ニキビ跡の解消‥ピーリング効果に加え強い洗浄力があるAHA洗顔を使うと毛穴の詰まりや古い角質を取り除いてくれるので、アクネ菌の増殖を防いでくれます。ニキビの予防やニキビ跡の改善になります。

AHA洗顔料の効果的な使い方

古い角質を取り除くための洗顔方法

AHAは、角栓に浸透し角栓を柔らかくしてくれます。その効果をより良くするための洗顔方法をご紹介します。

  1. しっかり湯船に入り汗を流すようにします。肌に十分な水分を入れAHA効果を高めるようにします。
  2. 肌の汚れを取るために、まずは普段通りの洗顔をします。
  3. AHA洗顔をしっかり泡立てフワフワの泡で肌を包むように乗せます。
  4. 泡パックをする感覚で30秒~2分程度そのまま放置します。
  5. 手が触れるなど、わずかな摩擦でも肌に刺激を作らないように気をつけます。刺激を受けてしまった肌は角質を余計に厚くしてしまいシミを濃くしてしまう可能性があります。
  6. 通常の洗顔同様にAHA成分が肌に残らないようにしっかりぬるま湯で洗い流します。この時、小鼻など細かい場所は、薬指の腹を使い、力を入れないように洗い流します。
  7. タオルで軽く押さえるように水分だけを吸い取るように拭きます。

ニキビを改善するAHA洗顔方法

8

AHA洗顔でニキビを改善するための洗顔方法をご紹介します。

  1. ぬるま湯の温度は38~40度くらいで、冷水、熱すぎる温度は避け、通常の洗顔方法を同じ方法で洗います。
  2. ニキビ跡の気になる場所は、マッサージをするように入念に洗うようにします。
  3. 週に1度程度AHA洗顔を使用するとニキビの改善に効果的なようです。

AHA洗顔料の選び方

 AHA系の洗顔料は様々な種類があります。まず、濃度は一般的に1~5%程度が多く出ているようです。ニキビや深刻な肌トラブルを抱えている時には5%程度が良いとされていますが、それ以下のものを選びようにすると刺激が少なくなります。

次に配合されている保湿成分も様々あるので、濃度は濃いものや安価すぎるものは出来るだけ避けたほうが良さそうです。AHA洗顔を効果的に選ぶためにお試し用サイズを購入してから自分の肌に合うものを選ぶようにします。

また古い角質を落とした後は一時的に保質能力が落ちてしまいます。そのためAHA洗顔後の保湿をしっかり行い、乳液やクリームで蓋をしましょう。保湿のためのクリームなどもAHA洗顔を選ぶ際のセットとして考えておくことをおすすめします。

AHA洗顔を使う時の注意点

使用頻度を守る

 AHA洗顔を使用しようとしても、古くなった角質を取り除くのにどれほどの頻度で使用すればよいのかわからないものです。やり過ぎてしまうと、逆に肌にダメージを与えてしまうことになってしまいます。そこで、使い方の注意点をご紹介していきます。

使用頻度は週に1回から始め、肌の状態を見ながら3日に1回くらいまでは増やしても大丈夫なようです。しかし配合された成分によって使用頻度が異なる場合もあるので、商品に記載された成分を確認しながら洗顔の用法を守ることが大切です。

AHA洗顔料は優しい成分ではありますが、古い角質を除去してくれるものなので使いすぎにはくれぐれも注意が必要です。

使用上の注意点

摩擦で肌にダメージを与えないためにメレンゲほどの細かい泡を作ることがポイントになります。泡立ちが悪い場合は、泡立てネットなどを使いフワフワ泡にします。

ニキビ跡など気になる部分に泡をしっかりのせることが大切です。泡をのせる待ち時間は30秒~2分程度が効果的です。効果をしっかり欲しいからといって待ち時間を長くすると肌にダメージを与えかねません。

また、目の周りや唇など皮膚が薄い部分には洗顔料が付着しないように気をつけ、ぬるま湯で洗顔料が残らないようにしっかりすすぐようにします。すすぎ回数の目安は20回程度です。

使用後に注意すること

 

角質を除去したあとは、お肌の角質層が薄くなってしまうので一時的に水分の保持力が落ちてしまいます。しかがって普段より入念に保湿をすることが大切です。

また皮膚内部に紫外線が入りやすい状態でもあるので、紫外線対策も入念にするようにします。
AHAは皮膚に優しい成分とはいえ、使用した後に違和感があるなどした場合はすぐに使用をやめるようにすることも大切です。

AHA洗顔を上手に使うための参考にしてください。すべすべ美肌を手に入れられるはずです。

スポンサーリンク

Check Also

帰宅まで陶器肌を維持!崩さないためのおすすめファンデーションをご紹介!

女性である皆さんなら必ず抱える …