Home / 美肌 / 背中にニキビができる原因と背中ニキビを消す方法
13

背中にニキビができる原因と背中ニキビを消す方法

背中を触った際に感じるブツブツ、、、自分からは見えない背中でもプールや温泉など、人に見られる機会は案外多いものです。特に女性の方は、背中ニキビにより水着や背中が開いた服を着ることに抵抗を感じることも少なくないはず。

背中は、汗を比較的かきやすいため、肌が荒れやすい傾向があります。そのため、ニキビなどができてしまうと治りが悪いのも特徴の一つといえるでしょう。特に、夏場などの気温が高い時期には、シャツなどを着ていても汗を多量にかいてシャツが汗で濡れてしまい、背中もかなり蒸れやすい状態になりがちです。肌が汗で蒸れてしまうと、雑菌などが繁殖しやすく肌荒れやニキビなどができやすくなり、またそのような症状がでていると、さらに症状が悪化する原因にもなりかねません。

今回は、そんな意外とできやすい背中二キビの原因と美肌を保つためのケアの仕方をご紹介します!

スポンサードリンク

背中ニキビの原因と消す方法

53e1e90c411a0faad153809a8ea6d435_s

背中ニキビの原因としては以下の4点が挙げられます。
1.背中を洗いきれていない、または肌質に石鹼があっていない
2.運動不足などにより血流が悪い
3.不規則な生活習慣やストレスによりホルモンバランスが乱れる
4.皮脂や汗の過剰分泌や毛穴の詰まり

悪化などを防ぎ、できるだけ早く治すためには、背中をできるだけ清潔な状態に保つとともに、内面からのケアが必要です。

 

早めの入浴を心がけて

学校や仕事から帰宅したら、できるだけ早めに入浴するか、シャワーなどで活動したことによってかいた汗や汚れなどきれいに洗い流すようにしましょう。

また、背中の肌が荒れる原因としては、入浴時、体を洗うボディーソープなども一度チェックする必要があります。肌質に合わないものを使っている場合には、肌が荒れる原因になります。肌に合わない場合には、弱酸性といったできるだけ刺激の少ない、自分の肌質にあったボディーソープに買い換えるようにしましょう。

特に女性の方は、髪を洗った際のシャンプーやヘアトリートメントが流しきれていないこといよる毛穴の詰まりでニキビができてしまうことも少なくありません。洗髪、洗顔、洗体といったように洗う順番を変えるなどしてすすぎをしっかりと行いましょう。

スキンケアやビタミン剤も有効

顔のニキビケア同様、背中ニキビのケアにも保湿は有効です。肌が乾燥することにより角質が厚くなり毛穴が詰まってしまいます。
そのためにもフルーツ酸とも呼ばれるAHAが成分に入っている化粧水を使うなどして、乾燥肌を改善することでニキビを防ぐことができます。

また、皮脂の分泌を抑えるビタミンB群や、抗酸化作用が大きく美肌や健康に欠かせないビタミンCをサプリや食事などで摂ることにより、食生活の面からでもケアすることでより効果が高まっていきます。

生活習慣を改善しよう

その他にも、予防や対策としては生活習慣を改善していくことも重要です。睡眠不足などの場合には、自律神経やホルモンバランスの乱れにつながり、発汗作用の乱れから多量の汗をかきやすくなったり、男性ホルモンが過剰状態に陥り、皮脂の分泌量が増加することもあります。そのような状況になると、肌にとっては悪影響になり、肌が荒れやすくなるため、できるだけ、しっかりと睡眠がとれるように規則正しい生活習慣を身に着けるといいでしょう。

適度な運動を心がけよう

また、運動不足の場合には、血流の悪化につながります。血液の流れが悪くなってしまうと、肌に対して栄養を送る役割が血液にはあるため、スムーズに栄養が肌に行き渡らなくなる可能性がでてきます。適度な運動をすることで、代謝機能を向上させ、また、血流なども改善していくことで、対策としましょう。運動をすることは、肌だけでなく、さまざまなメリットもあります。

肥満などの悩みを抱えている場合でも、適度な汗をかき、運動をすることで体内の脂肪を燃焼させることになります。そのため、スタイルを改善したい方などや、筋肉をつけて体格を改善していきたい方などは、定期的に運動をする習慣を身に着けるといいでしょう。

ストレスに対処しよう

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

その他にも、ニキビになりやすい、肌が荒れやすい原因としては、ストレスです。精神的なことがどうして肌に影響がでるのかというと、ストレスが溜まることで、体に対してさまざまな影響がでてしまいます。自律神経やホルモンバランスの乱れにもつながり、また、胃腸などに対しても強いストレスを抱えてしまうと、消化不良や重症化すると胃潰瘍などに悩まされることもあるでしょう。胃腸の調子が悪くなることで、肌にはすぐ肌荒れという形で症状がでることがあります。また、胃や腸が正常に作用していないと、食事でしっかりと栄養バランスを考えて食事をしても、きちんと栄養を吸収しきれない状況になることも考えられます。せっかく食事を食べているのに、肌に必要な栄養、また、体にとって必要な栄養を確保できなければ、体調不良など健康などを阻害することにもつながってしまうでしょう。

そのようなことにならないためにも、日頃から生活環境を見直して、ストレスが溜まりにくい生活、また、うまく発散できるような生活環境を整えていくことも、肌をきれいに保ち、また、ニキビなどから早く回復させるためには必要なことだといえるでしょう。

ストレスを解消するには、仕事や家庭での人間関係のトラブルなどの影響によるものならば、周囲にいる友人や知人に悩みの内容を打ち明け、解決するにはどうしたらいいかを一緒に考えてアドバイスや協力をしてもらうといいでしょう。

また、ストレスが溜まり易い方は、考え方がマイナス思考になりがちです。不安や緊張などが通常の人よりも大きくなったり、前向きな考え方がなかなかできずに悩む方もいます。できるだけプラス思考に考え方を切り替えていくこともストレスを溜まり難い状態にするには必要なことです。

汗はこまめに拭き取り、清潔にしよう

d24e2281c6cb10e95c435759a56f9e30_s

日頃から汗をかきやすい場合には、汗をこまめに拭き取り、できるだけ背中を清潔な状態に保つことも重要なポイントです。汗を日頃多量にかいてしまい、悩んでいる方は、外出時には着替え用の予備のシャツなどを常備しておくことも、汗対策になるでしょう。汗対策をしておくことで、肌を清潔な状態に保つことにもなるので、背中ニキビ対策にもつながるでしょう。

特に背中が蒸れやすい就寝時は、肌ざわりは良く通気性に優れている綿類の衣服を着るようにし、汗をかいた場合は着替えをすることで有効的にニキビケアをすることができます。

中々治りが遅いときは皮膚科へ

背中ニキビが炎症反応を起こしている場合や背中全体にニキビができている場合は、ストレスケアや保湿などを行っても中々治らないことがあります。そのような場合は、皮膚科受診を行い、内服薬や塗り薬、ホルモン治療を受けることをお勧めします。大きくニキビ跡ができてしまうと、治療もその分大変になってしまうため、背中を綺麗な状態に保ちたい方は早めに検診を受けるようにしましょう。

まとめ

5

いかがでしたでしょうか。
肌をきれいに保ち、肌荒れなどからの回復を早めるためには、自分の肌に合ったボディソープを使い、清潔かつ綿などの肌に優しい衣服を身に着けながら、生活習慣や食生活の改善を行いましょう。また、ストレスなどをうまく工夫して解消するためにも、考え方を少し前向きなプラス思考になるように切り替えていくことなどさまざまな対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …