Home / 美肌 / スクラブ洗顔の正しい方法とメリットデメリット
sukurabu5-640x330

スクラブ洗顔の正しい方法とメリットデメリット

最近では通常の洗顔に加えて、スクラブ洗顔を取り入れている方も多いのではないでしょうか。「聞いたことはあるけど効果がよくわからない。」「たくさん種類があるけどどれを選べばいいの?」「スクラブは刺激が強そうで肌が荒れそうな気がする。」などそんなあなたの疑問にお答えします。

スクラブ洗顔をする事によって、肌に蓄積された汚れや古くなった角質を綺麗に落とす事ができます。使い方によってメリット・デメリットがありますので正しい使用方法で美肌をコントロールしちゃいましょう。

スポンサードリンク

スクラブ洗顔の方法

スクラブ洗顔とは、細かい粒子入りの洗顔料で洗顔する事によって、古くなった角質や皮脂を取り除くことのできる洗顔法です。

ピーリングを行うには敏感肌で出来ない方も、スクラブ洗顔なら使えるものがありますのでご興味がある方は始めてみてはいかがでしょう。

細かい粒子の成分は、こんにゃくや米ぬかや塩をつかっている天然素材のものだったり合成素材だったりさまざまです。

また、粒の大きさも素材によって違います。粒の大きさが大きければ大きいほど古い角質を取り除く力が強いと言えるでしょう。しかし、肌への影響も粒子の大きさに影響して強くなります。

さて、スクラブ洗顔をする際にはどのような事に気を付けて洗顔すればよいのでしょうか。まずはしっかり手洗い・除菌をして通常の洗顔から始めていきます。

お風呂に入るときにやる

スクラブ洗顔をする時は、お風呂の際がオススメです。

入浴は体内の毒素を排出すると言われ、半身浴によるデトックスなどが人気を集めています。

通常は私たちの肌の毛穴は閉じています。毛穴の奥の汚れを落とすには開いている状態が好ましいので、お風呂で身体を暖めリラックスして肌が柔らかくなり毛穴が開いている状態で行うのが効果的でしょう。

洗顔のあとにする

汚れが残っていると、スクラブが上手く角質を取り除けません。まずは通常のクレンジング・洗顔を行いましょう。雑菌が入らない様よく手を洗って綺麗します。

クレンジングの洗浄力の高さと、肌への刺激の強さは「オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルク」の順番になります。合成界面活性剤を使用しているものもありますので、敏感肌の人は注意して肌の状態にあったものを選びましょう。

●オイルクレンジングは、とにかく洗浄力が高く、すっきりメイクが落ちます。しかし、その分肌への負担が大きく、必要な油分や皮脂まで落としてしまう恐れもありますのでしっかり乳化を行いましょう。ウォータープルーフなどしっかりメイクをしている人におすすめです。

●リキッドクレンジングは、水溶性で水に濡れた手でも使うことが出来ます。水のようなサラサラしたオイルでさっぱりした使い心地です。

●ジェルクレンジングは、オイルタイプととオイルフリータイプがあります。弾力があり、メイクを落とす際に起きる手と肌の摩擦を軽減してくれます。べたつかず、さっぱりと洗い流せます。

●クリームクレンジングは、もっちりとしていて、洗浄と保湿を兼ね合わせたお肌に優しいクレンジング剤です。乾燥肌の人にはオススメです。

●ミルククレンジングは、洗浄力が弱いのでナチュラルメイクの人にオススメです。合成界面活性剤は使われていますが量は少なく、水分が多く含まれている為、低刺激でお肌に優しいクレンジング剤です。なめらかで洗い上がりがしっとりしています。

クレンジングが完了したら、洗顔を行いましょう。手をくの字に曲げてもう片方の指先で洗顔料をよく泡立てます。上手く泡立たない時は洗顔ネットを使うと良いでしょう。

ふわふわの泡ができたら、手は触れないように泡だけでTゾーン→Uゾーン→顔全体にマッサージするように洗顔します。ぬるま湯でよく洗い流して洗顔の完成です。

スクラブに洗顔料が含まれてるものを使うのであればクレンジング後、二重で洗顔をする必要はありません。

肌を湿らせる

次にスクラブ洗顔を行います。

まず、ぬるま湯で肌を湿らせて毛穴を開きやすくします。

お湯の温度が熱すぎると肌は乾燥を起こしてしまいます。逆に冷水だと引き締まって汚れと一緒に毛穴が閉じてしまうので、人肌程度のぬるま湯で湿らせるのが適温です。

力を入れずになじませる

スクラブは大変肌に負担をかけます。通常の洗顔以上に気を使ってよく泡立てて肌への摩擦を軽減しましょう。

クレンジング・洗顔と同じように皮脂の多いTゾーンから順にマッサージしていきます。目元や口元など皮脂の薄い部分には使用を控えるよう気を付けましょう。

摩擦によって必要な皮脂まで落として肌を傷付けてしまう可能性があるので、ゴシゴシ擦らないよう意識しながら、優しく全体の肌に馴染ませていきます。

包み込むように洗い流す

馴染んだら、両手で顔全体を包みこむようにすすぎます。洗い残しがないよう丁寧に落として下さい。

毛穴にスクラブの粒子が残ってしまうと、肌が炎症を起こしたり、ニキビの原因となったりして肌トラブルになりますので、すずぎは30回を目安にしっかりと洗い流します。

優しく押さえながら水気を取る

実はタオルによる摩擦も肌を傷付けています。ゴシギシ拭いたつもりはなく普通に拭き取ったつもりでもタオルの摩擦が生じ、乾燥の原因となっています。

すすぎが終わったら、使い古したゴワゴワのタオルは使わず、ふわふわの柔らかいタオルでそっと押さえるようにして拭き取りましょう。

タオルを使わずにティッシュを使って拭き取るのもオススメです。

すぐにしっかりと保湿をする

拭き取った後は、肌が乾燥する前にすぐに保湿を行いましょう。

スクラブ洗顔後は皮脂が薄くなっていますのでしっかり保湿を行う必要があります。角質が除去された後の肌は浸透力が高く、化粧水や乳液・美容液が奥まで染み込みしっとり滑らかな肌になります。

洗顔後1分以内を目標に保湿ケアをしましょう。

スクラブ洗顔のメリットとデメリット

さて、スクラブ洗顔の正しいやり方をお伝えしましたが、いったいどのような効果があるのでしょうか。

もちろんメリットだけではなく、デメリットもあります。

頻度や洗い方に注意して、ご自身の美容法に上手く取り入れましょう。

洗顔だけよりも汚れがしっかり落とせる

毛穴には汚れや皮脂、汗に埃など色々なものが入り込んでいます。

スクラブの微粒子が古くなった角質や毛穴の奥までの汚れをしっかり落としてくれます。細かい粒子が通常の洗顔よりも綺麗に汚れを巻き取ってくれます。

オイリー肌や毛穴が詰まりやすい人にオススメです。皮脂の汚れや毛穴の汚れをしっかり落とす事は、ニキビの予防にもなります。

肌がもちもちになる

古い角質を取り除く事で、すっきりなめらか肌になります。洗った後はしっかり保湿を行う事でキメ細かい化粧ノリのよい肌が作られます。是非指で触って柔らかな肌の実感を確かめてみて下さい。

肌が明るくなる

くすみの原因である毛穴に詰まった皮脂が酸化した黒ずみや、いつまでも剥がれ落ちず肌に残ったままの古くなった角質を取り除いてくれるのがスクラブ洗顔の効果です。

スクラブ洗顔後は透明感あるワントーン明るい肌がみられるでしょう。

新陳代謝を促す効果が期待できる

私たちの肌は、真皮と表皮の2層構造になっています。今、見えている肌が表皮で、表皮は下から基底層・有棘層・顆粒層・角質層となっています。

スクラブ洗顔を行うことでこの一番上の古い角質層が剥がれ落ちて新しい肌が再生します。

定期的に行うことで、正常なターンオーバーを定着させる事が出来るでしょう。

古い角質が残ったままだと、死滅した角質は蓄積された皮脂と混ざり固まり、イボになったりと肌トラブルを起こしてしまうので注意しましょう。

頻繁に行うと肌に負担をかける

スクラブ洗顔は微粒子の摩擦によって肌の汚れや古い角質を落としてくれるので、少なからず肌に負担をかけています。

本来、角質は肌の表面を覆って紫外線をカバーしたり、外界からの刺激から肌を守ってくれている役割を持っています。

やり過ぎると角質能力が低下し、角質の剥がれ落ちる周期が早くなることで、角質層がさらに厚くなってしまう恐れがあります。

毎日行う事はせず、週に1~2回程度の頻度にするのが良いでしょう。

ゴシゴシ洗うのはニキビの原因になる

ゴシゴシ擦ってしまうと、必要な皮脂や油分まで落としてしまいます。肌は乾燥し、粉をふいたり、キメが荒くなることで毛穴に皮脂が詰まりやすくなってニキビが出来やすくなってしまうので注意しましょう。

保湿しないと乾燥する

スクラブ洗顔をした後はすぐに保湿をしてください!

一時的に肌の油分が落ちた状態になっていますから、保湿をしないでそのままにしていると、身体の中の油分と水分のバランスが取れていない状態になります。バランスを崩してしまうと顔がつっぱったりかゆみを引き起こしたりします。

余計に皮脂が分泌される恐れがある

スクラブ洗顔よって肌が乾燥してしまうと、身体は水分を何とか取り込もうと皮脂の過剰分泌をします。

過剰分泌することによって、皮脂の詰まりやニキビの発生に繋がる可能性があるので乾燥しないようしっかり保湿ケアしましょう。

おすすめスクラブ洗顔

今、スクラブ洗顔はたくさんの種類が出ています。ご自身の肌状態に合わせて人気のスクラブをお試しになってみて下さい。

肌への刺激も強い事から、初心者はコンニャクなど粒の細かく柔らかいものからお使いになる事をオススメします。

慣れてきたら徐々に粒子の大きいものや、ご興味の持った成分が入ったスクラブをご利用になってみて下さい。

イリアール 角質&くすみ落としスクラブフォーム

食物繊維成分コンニャクイモから作られた肌に優しいスクラブです。

通常はスクラブの微粒子による摩擦で、肌は少なからず傷付いてしまいます。しかし、こちらのコンニャクイモを使ったスクラブは弾力があり、厚みがクッションとなって肌を傷つけません。

余分な角質だけを取り除いてくれ、使い心地は滑らかでマッサージ感覚で洗顔が出来ます。

ハンディベイビー スクラブ酵素洗顔パウダー

100%国産米由来で3つの天然成分が肌を滑らかに整えてくれます。

天然ミネラルが豊富に入っているガッスール(モロッコ溶岩クレイ)配合で、毛穴の汚れや老廃物を除去してくれます。

酵素(プロテアーゼ)配合で、タンパク質や脂肪を優しく分解してくれます。古い角質や余分な皮脂を取り除いてくれます。

アプリコット種子スクラブ配合で、古い角質や毛穴の汚れを取り除いてくれます。肌に優しい使い心地でアンズの香りが身体を癒してくれます。

毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔

ホイップクリームのようなもちもちのキメ細かい泡が特徴です。毛穴に詰まった汚れを落としてくれます。
重曹パワーが強く、古くなって固まった角質をやわらげて洗い流してくれます。

生活の木 ジェントルハグ マテ

爽快なグリーンハーブの香りがします。
ガスールクレイ(スクラブ成分)が散りばめられたマテエキスソープです。
洗い上がりはうるおい肌に。

エブリッシュ スクラブ洗顔

アロエ葉末、クルミ殻粒のスクラブが入った洗顔料です。

たっぷりスクラブが入っていますが、泡立てるともっちりふわふわの泡が出来ます。

同シリーズで炭粉末・クルミ殻粒配合のスクラブ洗顔も出ています。もっちり泡で、皮脂を吸着しながら毛穴の汚れを落としてくれます。

あんず本舗 杏すべすべスクラブ石鹸

国産のあんず種子スクラブ入りのマッサージするタイプのスクラブ洗顔です。

杏には皮膚軟化作用や水分保持作用が含まれています。

こちらのスクラブは始めは泡立てずに優しくマッサージをしながら使用します。適量を取り、首回りや顔の気になる個所を優しくマッサージし、水またはぬるま湯を少しずつ加えて泡立てましょう。

マンダム 緑茶洗顔スクラブ

人気の緑茶エキス配合の洗顔スクラブです。抹茶のすがすがしい香りとスクラブで油っぽい肌もさっぱり爽快感です。

保湿成分配合なので洗い上がりも突っ張らず、しっとりの洗い上がりです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スクラブ洗顔は上手に使えば肌に優しく、より一層肌質を綺麗に高めてくれるアイテムです。

使う頻度と保湿に気を付けて、是非毎日の洗顔にプラスアルファして週に1.2回スクラブ洗顔を取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

IMARI20160806165917-600x401

洗顔ブラシで毛穴を綺麗に!美肌になる洗顔ブラシの使い方と選び方

毛穴の悩みを改善するために、洗 …