Home / ダイエット / 摂取するだけでダイエット!?おすすめダイエットサプリ6選
salad-374173_640

摂取するだけでダイエット!?おすすめダイエットサプリ6選

皆様は「ダイエットサプリ」をご存知ですか?栄養素を補う通常のサプリメントのように、摂取するだけでダイエット効果のある優れものです。お手軽に摂取できるので、多忙な現代を生きる美容女子には心強い味方です。

本記事では、そんなダイエットサプリのメリットと摂取する際の注意点、そしておすすめダイエットサプリをご紹介します。仕事や家事で多忙で、ダイエットに専念する暇がないという女性の方々は是非ご覧ください。

スポンサードリンク

ここが凄い!ダイエットサプリのメリット4選


以下、ダイエットサプリのメリットを紹介していきます。

1.飲むだけ!とにかく簡単

サプリメントのメリットは、とにかく簡単に摂取できることです。カロリー計算など面倒な事もなく、何かを我慢する必要もありません。

思い立ったらすぐに始められる手軽さもいいですね。

2.きつい食事制限が必要なくなる

ダイエット中は食事制限が基本になりますが、うまくサプリメントを利用すると、食事制限の辛さを最小限にする事ができます。食事制限によるストレスもかからないので、心身双方に良いです。

3.ダイエットに時間を費やさなくてよい

運動の為の時間を摂れない、仕事柄食事時間が規則正しくとれないなどはダイエットには良くない生活習慣です。

しかし、サプリメントを上手く活用すると、生活習慣を大きく変えなくても体重のコントロールが出来ます。

4.長期の保存ができるうえに持ち運びも容易

ダイエットサプリは野菜や生鮮食品とは異なり、長期間にわたって保存が可能です。さらに、持ち運びも容易ですので旅行中でも所構わず摂取することができます。

ダイエットサプリを使用する際の4つの注意点

eb474ef3249831857d9bd7bfe398a614_s-1-600x400

メリットばかりではないダイエットサプリ。しっかりと注意点も把握しておきましょう。

1.日本では承認されていないものもある

インターネットなどで、海外のサプリメントを購入することも可能ですね。しかし、個人輸入の場合は、日本の薬事法の基準から外れた商品である場合もあります。

完全に自己責任になりますから、成分をよく確認して使用しましょう。海外では問題が起きていなくても、日本人の体質に合わない場合もあります。

意外と添加物が身体に合わない場合もありますから、主成分意外にも添加物などにも注意しましょう。

2.副作用等が無いか要チェック

体質や持病、普段飲んでいる薬などによっては、合わないサプリメントもあります。それから、サプリメントは飲み過ぎると身体に過度な負担がかかるものもあります。

常備薬があるひとや体質が合わないひとは、副作用が出ることもあります。特に、用法・用量を守らずに過剰摂取してしまうと危険です。

副作用が現れやすい体質というものもありますし、サプリメントを飲む時には用量を守ることと、飲み始めは体調の変化に気を使う事が大切です。

3.サプリに頼りがちになってしまうのはNG

サプリメントは、手軽に始められ、継続も容易な事から、乱れた生活習慣や食生活を見直すチャンスを失くしてしまいがちです。

また、サプリメントを過信するあまり、暴飲暴食に走ったり不規則な生活をして体調を崩してしまう事もあります。

ダイエットの基本は規則正しい食事や適度な運動ですから、サプリメントを過信し過ぎないようにしましょう。あくまでも、サプリメントは、ダイエットを効率良くする為の補助的な役割と心得て、うまく活用するようにしましょう。

4.お金がかかる

ダイエットサプリは効き目があるものほど高い傾向にあります。継続して摂取することが大切ですので、毎月購入可能か、ご自身のお財布と相談して選ぶようにしましょう。

おすすめダイエットサプリ6選!

a08905a9d7ad985b07f4bef94381448a_s

以下、おすすめのダイエットサプリを紹介していきます。ダイエットサプリには様々なものがあります。上記の注意点をしっかり把握してご自分に合ったサプリメントを選んでください。

1.フォースコリー(DHC)

DHCの『フォースコリー』は、南アジアで採取される「コレウスフォルスコリ」というシソ科植物の根から、除脂肪体重(Lean Body Mass)にフォーカスした天然由来の植物性素材コレウスフォルスコリエキスを抽出し、そのエキスにビタミンB1、B2、B6を配合しました。

健康的にスリムを目指す方を全面的にサポートします。

フォースコリー(DHC):https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32109

2.カロリミット(ファンケル)

  • 食事の糖の吸収を抑える
  • 食事の脂肪の吸収を抑える
  • 日常活動時の脂肪の代謝する力を高める

といった3つの機能をもった機能性表示食品です!

カロリミット(ファンケル):http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=5298a

3.なかったコトに(スタジオグラフィコ)

食事で摂取した余分なカロリーを包んで、吸収せずに排出してくれるリセットダイエットサプリです。

なかったコトに(スタジオグラフィコ):http://www.graphico.jp/nktdiet/

4.αリポ酸

食事からは摂りにくく、加齢とともに減少していくα-リポ酸。体のサビにアプローチし、また、糖をエネルギーとして使用されるよう促します。 美容やダイエット、ハツラツとした毎日を目指す方に。

αリポ酸:http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?item_code=5064a

5.メタバリア

サラシア由来サラシノールが体内の糖の吸収を押さえます。

また、吸収されなかった糖が、大腸のビフィズス菌を増やして腸内環境を整えます。

メタバリア:https://shop-healthcare.fujifilm.jp/shop/campaign/campaign?lpUrl=/shop/campaign/cl/supplement/lpfm-lpm13/c.html&wapr=59f738b7

6.シボヘール

シボヘールの主成分は、機能性表示食品の「葛の花イソフラボン」です。葛の花イソフラボンは、

  • 脂肪合成の抑制
  • 脂肪の分解サポート
  • 脂肪の燃焼促進

といった効果が期待できる成分です。

シボヘール:http://www.shiboheru.diet/lp/pcsbh-a-af/s400/

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダイエットサプリのメリットと摂取する際の注意点、そしておすすめダイエットサプリを紹介してきました。

ダイエットサプリは手軽に摂取でき、メリットも多いですが、あくまでサプリメントですのでダイエットサプリのみに頼った偏った生活をするのではなく、あくまで生活習慣の一部として摂取していくのが好ましいでしょう。

本記事が、キレイを目指す女性の皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

Check Also

shoulders

背中を鍛えてダイエット!簡単・おすすめエクササイズ6選

ダイエットに絶対に欠かせないの …