Home / エステ / 顔のシミを消せる!フォトフェイシャルの施術方法と4つの効果

顔のシミを消せる!フォトフェイシャルの施術方法と4つの効果

「フォトフェイシャル」を知っていますか?フォトフェイシャルとは、医療機関のみが扱える照射機器を使ったフェイシャルエステのことです。

そこで今回は、フォトフェイシャルがどのような美肌効果があるのか、エステサロンなどで受けるフェイシャルエステとどのように違うのかをご紹介していきます。

料金や注意点も見ていきますので、フォトフェイシャルを検討しておられる方はぜひご参考にしてください。

スポンサードリンク

フォトフェイシャルの施術方法

medical-563427_640

フォトフェイシャルの施術方法

フォトフェイシャルとは、そもそも何でしょうか?フォトフェイシャルとは、ルミナス社という医療機器のメーカーが作っているフラッシュ機器を使用して行うフェイシャル治療のことで、IPL(インテルス・パルス・ライト)という光をあてて行います。

これは、医療機関でだけ行える医療行為となっています。ですから、エステサロンなどで行われているレーザーや光を照射する施術とは異なります。

フォトフェイシャルは、複数の波長の光を一度に同時に照射できるため、様々な症状やお肌のお悩みに効果的とされています。そして波長の長さを調整することで、それぞれの症状に適した治療が行えるのです。

フォトフェイシャルの施術手順

カウンセリング

ご自分の肌のお悩みをしっかりと伝えましょう。不安な点などは遠慮なく何でも尋ねるようにしてください。肌質などをチェックしたうえで適切な施術を行ってくれるはずです。

もし、カウンセリング中に返事が曖昧だったり、この病院大丈夫かなと不安を感じたりする場合は、施術を受けずに病院を変えるようにしましょう。

施術の手順

クレンジングや洗顔をして、そして冷却ジェルを塗ってから、照射を行います。クレンジング剤などが置いてある医院もありますが、ご自分に合ったものを持参すると安心です。また、タオルなども持参しましょう。

所要時間

照射する時間は10~15分程度のところが多いです。照射した後は、クールダウンをしてすぐに化粧をすることも可能です。ですから、カウンセリングを含めて全体で30分から40分ぐらいで終わります。お忙しい方も通いやすいかもしれません。

フォトフェイシャルの料金

フォトフェイシャルの費用はどれぐらいかかるのでしょうか?美容皮膚科などの医療機関で行われる治療ですが、健康保険は適用されません。大体の相場は、1回10,000円から20,000円となっています。そして、確実に効果を期待するのであれば、5~10回ほどは行う必要があるでしょう。そのため、5回セットなどのプランでいくらというコースを設けている医院が多いです。

美容皮膚科などで、初回料金が通常の1回分よりかなり安く利用できるプランを設けているところがあります。ですから、そうしたところをネット検索して一度行ってみるのはいかがでしょうか?

例えば、湘南美容外科クリニックや、品川スキンクリニックなどがあります。お得に利用できるので、一度体験に行ってみてはいかがでしょうか。

フォトフェイシャルの4つの効果

3

①シミ・そばかす・色素沈着の改善

シミやそばかす、色素沈着は、日焼けなどによりメラニン色素が生成されて生じます。フォトフェイシャルの短い波長をあてることで、メラニンを吸収して分解することができます。

そのため、シミやそばかす、色素沈着を除去することができるとされています。ただし、比較的表面にあるものに対して効果的でしょう。

フォトフェイシャルを行うと、一旦シミやそばかすなどが浮き上がってくるので、かえって濃くなってしまったと感じることがあります。しかし、それは効果が出ている証拠です。

1~2週間すると肌のターンオーバーの働きにより、シミ・そばかす・色素沈着の改善効果を実感できるとされていますので、焦らずに待ちましょう。

②顔の赤み解消

フォトフェイシャルの短い波長で効果をもたらすのが、赤ら顔です。冬場など特に室温が上がったりすると、顔だけが赤くなってしまうということはありませんか?これは、毛細血管の拡張により生じると考えられています。

フォトフェイシャルの光を照射することにより、毛細血管を収縮させて赤ら顔を解消することができます。化粧品や自分ではコントロールしにくい赤ら顔ですから、赤ら顔が気になる方にはおすすめです。

③肌のハリをつくる

加齢とともにどうしても失われてしまうハリや弾力、肌つやを取り戻す効果も期待できます。上記の2つは短い波長をあてることで得られる効果ですが、これは、それより長い波長をあてることで得られます。

ハリや弾力などが失われるのは、肌の表面より奥深くにある真皮の部分に水分が十分に行き届いていないために生じます。そして、その真皮の部分でコラーゲンやヒアルロン酸が生成されます。

その真皮の部分にフォトフェイシャルの光をあてて刺激を与えることで生成を促し、水分を確保でき肌が中から潤い、ハリヤ弾力、つやを取り戻すことができるというメカニズムです。

肌にハリや潤い、弾力が出ることで、しわ解消の効果も得られるでしょう。

④毛穴の開き解消

フォトフェイシャルを行うことで、毛穴の開きを解消することもできます。毛穴の開きは、間違った洗顔の仕方や、毛穴が皮脂汚れなどで詰まってしまったため、乾燥、加齢によるたるみなどの様々な原因で生じます。

そして、その開いた状態を真皮の部分が覚えてしまい、開きっぱなしになるのです。そこで、光を照射することで真皮に刺激を与え、また保湿を促すことで毛穴の開きを解消し引き締まった毛穴を手に入れることができるというわけです。

フォトフェイシャルをする際の注意点

①照射に伴う火傷

フォトフェイシャルは、安全性が高く副作用の心配が少ない治療と言われています。レーザーなどに比べて痛みも少ないでしょう。ただし、絶対にトラブルがないわけではありません。

効果を上げようと、光の出力をあげてしまうと、肌をやけどさせてしまう恐れがあります。たいていの医院では、肌の状態に合わせてまずは弱い出力から試して肌の反応を見ながら加減してくれるでしょう。

高い効果を求めすぎて、逆に肌を傷つけてしまうことのないように調整するように心がけましょう。

②施術できない場合がある

フォトフェイシャルは、施術が行えない方もいます。例えば、日焼けしている方は施術が行えません。フォトフェイシャルは、メラニン色素に反応してしまうからです。

ほかにも、妊娠中の方、糖尿病や心疾患のある方、日光過敏症の方、顔に刺青などアートメイクをしている方などは施術できません。体への負担をかけてしまう場合があり、やけどの原因となってしまうことがあるからです。

フォトフェイシャル、よくある疑問

①失敗してしまう可能性は?

フォトフェイシャルの失敗例はほとんどありません。フラッシュ照射はもともと強い刺激をもつものではないので、無理して強い出力での照射を行わない限り、心配はないでしょう。

エステ師とよく相談しながら施術を行うようにしましょう。

②1回の施術でどれくらい効果がでるのか?

1回の施術でも効果を感じるひとが多数です。継続して複数施術し、更なる効果を出すためには、4週間の期間を開けて、5回ほど通うことになります。

③施術は痛みを伴うか?

強い痛みはありません。なにかに弾かれるような微量の刺激は生じますが、冷却ジェルによって緩和するため、強い痛みを感じるひとはほとんどいません。

まとめ

2-3-640x330

いかがでしたか?フォトフェイシャルの効果や料金、料金や注意点をご紹介してきました。少し費用が高いという印象を受けられた方もいるかもしれません。しかし、医療機関で受けられる安心感もあります。

エステサロンなどでは受けられない高い効果性などを考えて、フォトフェイシャルを受けるかどうかを考慮してみるのはいかがでしょうか?長年悩んできたシミやそばかすを解消できる喜びを味わえるかもしれません。

スポンサーリンク

Check Also

牛乳石鹸の洗顔効果がすごい!牛乳石鹸の効果と正しい使用方法

皆さんは洗顔の際にどんな洗顔料 …