Home / 美肌 / ピーリングとは?ピーリングの効果と方法、おすすめ商品
aad4562902a988ea1ddf1e3f95c3151b_s-640x330

ピーリングとは?ピーリングの効果と方法、おすすめ商品

あなたは最近、お肌のトラブルに悩んでいませんか?そんな時は皮膚科に相談しに行ったり、ドラッグストアで、何か良い商品はないものか探してみたりしますよね?今回ご紹介する「ピーリング」は聞いたことがあるかもしれませんが、「お肌の古い角質をとって、お肌を活性化させる効果」があると言われています。

ピーリングアイテムはドラッグストアで入手できるものもあります。しかし、正しい知識がないと、その効果は半減するどころか、逆効果にもなりかねません。そこで、今回は「ピーリング」について、効果や方法、オススメのピーリングアイテムなどをまとめてみました。オススメアイテムの中にはドラッグストアで入手可能なものもあります。

スポンサードリンク

ピーリングとは

「ピーリング」とは古い角質を取り除き、ターンオーバー(肌の代謝活動)を正常にする「角質ケア」の一つです。細かい粒子で毛穴の汚れをおとす「スクラブ」とは何が違うのでしょうか。「スクラブ洗顔」は毛穴のつまりや肌のくすみ、肌のざらつきなどに効果があります。

洗い上がりはしっとりすべすべになります。しかし、お肌がデリケートなときやお肌が乾燥している時は、余計にお肌にダメージを与えてしまうと言われています。お肌が弱い人、ニキビがある人は、ピーリングの方がお肌に負担がかからずオススメです。

古い角質を取り除きターンオーバーを正常にする

ピーリングは「AHA(フルーツ酸)」などの成分配合のもので古い角質を落とすことです。毛穴のつまり、ニキビ予防に効果があります。ピーリングはあくまでもお肌のターンオーバーを正常化にするための方法であり、ターンオーバーを早めるものではありません。

元々お肌はピーリングしなくても、普段の洗顔で古い角質は落ちるのです。それが正常に行われないために、ピーリングをして正常に戻します。

角質ケア

お肌に角質が溜まってくると、毛穴が詰まってしまい、お肌のくすみや乾燥、ニキビなどの肌トラブルを招きます。角質ケアをして、透明感のあるお肌を維持しましょう。角質ケアは毎日ではなくて、週に1回くらいで充分です。やり過ぎるとお肌を傷めてしまいます。

洗顔後、ピーリングジェルを顔にのばし指先で優しくくるくるとマッサージします。角質が消しゴムのカスのように、ポロポロと落ちてきます。

化学的なケミカルピーリング

ピーリングには大きく分けて「化学的」「物理的」の2種類があります。フルーツ酸などを直接肌に塗り、角質を溶かしていくものが化学的な「ケミカルピーリング」です。「ケミカルピーリング」も「AHA(アルファヒドロキシ酸)」を使うか「BHA(ベータヒドロキシ酸)を使うかで2種類に分けられます。

私たちがよくドラッグストアなどでよく目にする市販の「ピーリング石鹸」や「ピーリングジェル」は、「AHA」のケミカルピーリングです。「AHA」はりんご酸などの天然由来成分のフルーツ酸を使うので、お肌に比較的刺激が少ないです。

一方の「BHA」は強力な化学物質を使ったピーリングのことで、ピーリング作用がかなり強く、そもそも日本人向けではないとも言われています。

物理的はたくさんある

化学的なケミカルピーリングとは違い、薬剤は使用せず、物理的な力で強制的に剥がしていく物理的なピーリングもあります。「レーザーピーリング」「ダイヤモンドピーリング」と呼ばれるものは、物理的なピーリングで、その他にも「ソルト」「クリスタル」と呼ばれるものもあります。

レーザーピーリング

「レーザーピーリング」は薬剤を使用せずにレーザーを照射してお肌をきれいにする施術です。ケミカルピーリングだけでは得られない、古い角質や毛穴の汚れをレーザーで取り去ります。レーザーの熱でコラーゲンの生成を活性化させ、毛穴の目立たないお肌にしてくれます。

痛みはなく、少し熱いと感じる程度で、レーザーピーリングの効果は長く持続するため、数ヶ月に1度の治療で良いそうです。レーザーピーリングはお肌への刺激が少ないので、副作用がほとんどないと言われています。ただレーザー照射後に赤みや痛み、肌荒れを訴える人もいるのも確かです。

ピーリング後はお肌がとてもデリケートなので、日焼け止めや保湿のケアは必ずして下さい。

ダイヤモンドピーリング

「ダイヤモンドピーリング」とは、微粒子状のダイヤモンドを蒸着させて金属のバーにつけたモノを使い、カンナをかける要領で、古い角質を削り取る治療です。

ダイヤモンドの微粒子の大きさを調整しながら、古い角質の剥がす深さを調整します。お肌の状況に合わせて、複数のダイヤモンドヘッドを使いわけて、症状に合わせて角質の除去をします。皮膚の表面の古い角質を取り除き、皮膚の再生を促します。お肌の新陳代謝を活性化し、その結果、新しい健康的な皮膚ができやすくなります。

深い傷痕やニキビ跡などはダイヤモンドピーリングでは、見た目を綺麗にするという効果は期待できないようです。ただし、浅いニキビ跡には効果あるようです。古い角質を削ると聞くととても痛そうですが、実際はほとんど痛みもなく、出血もほとんどありません。

ケミカルピーリングと比べると、ダイヤモンドピーリングの方が治療直後から滑らかな肌を実感することができ、施術後にメイクも可能で肌へのダメージは少ないようです。

ピーリングに関する危険な勘違い

最近、特にネット上では、お肌のトラブルは何でも「ピーリング」すれば治ると勘違いをされている方も見受けられます。過剰なピーリング製品の宣伝文句のせいかもしれません。そもそもピーリングをやった方が良い人はごく限られていて、必要のない人まで簡単にピーリングに手を出して、逆にお肌を痛めてしまうケースが多いようです。

ケミカルピーリングは医療行為なので、クリニックのみ許されている治療法です。エステサロンで行われているのものとの差は、使われる薬剤の濃度と治療の目的です。サロンでは薬剤の濃度が制限され、肌の状態を整えることがメインです。

一方、クリニックでは、顔だけに限らず、脚や身体も対象で、ニキビやシミ、ソバカス、色素沈着などの具体的なトラブルに対しての治療や改善を目的としています。

ピーリングにも乾燥、肌荒れの副作用があるので、本来お肌が持っているバリア機能を壊してしまう結果にもなりかねません。以前よりお肌が荒れてしまい、ニキビが増えてしまうという結果を招いてしまうのです。

ピーリングでニキビが治る

よく皮膚科などでも、ニキビがあると、下手に触ってはいけないと言われますよね?ニキビがある状態でピーリングをやってもいいものか?」という疑問が湧いてきます。ニキビができる原因は、毛穴に詰まった老廃物です。その老廃物をピーリングで除去するとお肌は一時的にはきれいになります。

しかし、ピーリングはあくまでもニキビの予防はしてますが、ニキビそのものを治すことはできません。ニキビの治療はあくまでも根本的な原因を探り、治療をしない限り治らないものです。ニキビの原因は人それぞれで簡単に「これです」とは言えませんからね?

あくまで正常化するだけ

本当ならお肌は約28日かけてターンオーバーが行われます。洗顔をし過ぎたり、間違ったスキンケアによって、ターンオーバーが早過ぎたり遅くなったりしてしまいます。ターンオーバーが早まると、セラミドなどの保湿成分が十分に作られず、バリア機能が未熟なため、ニキビや肌荒れなど様々な肌トラブルを引き起こします。

逆にターンオーバーが遅くなると、古くなった角質が剥がれずに、いつまでも肌の表面に溜まり続けている状態になり、肌がゴワゴワ、ザラザラしたり、くすみを生みニキビや肌荒れになってしまいます。元々お肌はピーリングしなくても、普段の洗顔で古い角質は落ちるのです。それが正常に行われないために、正常化するためにピーリングを行います。

手助けであり解決策ではない

肌が汚いからといって、簡単にピーリングアイテムを乱用し続けてしまうと、そのニキビや肌荒れは悪化してしまいますので、くれぐれもご注意ください。肌荒れには生活習慣なども影響します。寝不足とは疲れがお肌に表れている場合もあります。まずは生活習慣の見直しから始めてみてはいかがですか?

美肌を目指す効果はあり

ピーリングは古い角質を取り除くので、肌が活性化され、お肌に状態が良くなります。ニキビやシミも改善します。くすみなども減るので、肌が柔らかくなり、基礎化粧品が浸透しやすくなるという効果もあります。

ただし、ピーリング後は肌がとても日焼けしやすくなるので、必ず日焼け対策をしましょう。そして保湿などをしっかりすれば副作用も怖くはありません。

ピーリングアイテムの効果的な使用方法

ただやみくもに「ピーリング」が良いということで、洗顔と同じように軽く考えてはいけません。ピーリングは多少なりともお肌に刺激を与えるものなので、正しいピーリングアイテムを効果的な使用方法を知ったうえで、ピーリングに挑戦してみて下さい。

朝には刺激が強すぎるので夜に使用する

朝はお肌が敏感になっているのでピーリングは行わない方が無難です。ピーリングは刺激があるため、万一肌にトラブルが起きても対処が出来るよう、多忙な朝よりも夜にゆっくり行う方が安心です。

また、ピーリングは皮膚を柔らかくしてから行うとより効果的です。ゆったりとお風呂に入って肌を柔らかくしてから、ピーリングを行いましょう。

肌が荒れている時は避ける

お肌が荒れている時のピーリングは避けて下さい。お肌が荒れているという事は、お肌のターンオーバーが乱れているので、そこにピーリングを行えば、低下しているバリア機能がさらに低下してしまいます。

また、アトピーの人はピーリングがしない方が良いです、アトピーの人の肌は、刺激に弱くなっている状態なので、ピーリングでダメージを受けてしまう可能性が高いです。

明記してある使用頻度を守る

ピーリングは頻繁に使い過ぎると、逆に副作用によって肌トラブルになる事もあります。使うピーリング石鹸やピーリングジェルの説明書を必ず確認して、明記してある使用頻度は必ず守りましょう。

人気ピーリングジェル

最近お肌がごわごわして、化粧水が浸透しないと悩んでいませんか?それは古くなった角質がお肌にたまってしまっているのかもしれません。ピーリングジェルで角質ケアをして、赤ちゃんのようなすべすべ肌を目指しましょう!

ナチュレーヌアクアピールモイスチャーピーリングジェル

高保湿美容液コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン、ローヤルゼリーを配合したピーリングジェルです。乾いた状態で顔に塗り、軽くこすると、ぽろぽろと角質が出てきます。洗い流すとつるつるお肌になります。あとの化粧水などの浸透が良くなります。

刺激はほとんどなく、やさしい感じのピーリングですが、汚れはしっかり落ちると評判です。

APPS+E(TPNA)AHAブライトピールクレンジング

新型ビタミンC誘導体(APPS)とビタミンE誘導体(TPNA)を独自の比率で配合し、天然由来の果実AHAと植物BHAが古い角質を除去します。保湿成分には2種類のセラミド、ナノヒアルロン酸とスーパーヒアルロン酸などが配合されています。

W洗顔が不要のクレンジングと泡洗顔が同時にでき、手間がかかりません。しっかりメイクを落としながらも、洗顔後のつっぱる感はありません。超乾燥肌の方にもオススメです。

ナチュラルアクアジェルCure

サラッとしたジェルをお肌に塗り、優しくマッサージするだけで、古い角質をポロポロとからめ取ってくれます。お肌を傷つけることなく、お肌に優しいピーリングジェルです。ターンオーバーを促進してくれて、使用後はお肌が明るくなり、くすみのない透明な肌にしてくれます。

無香料、無着色、防腐剤も未使用で、量も多くコスパが良いのも特徴です。

ロゼノアマイルドピーリングジェル

ブルガリア産天然ローズ水配合、ローズの香りでお肌も気分もリラックスできるゴマージュです。ジェルを塗って軽くマッサージすると、AHAでポロポロと角質が取れ、その後の。化粧水の浸透も良くなります。優秀なのにとてもリーズナブルでリピしやすい商品です。

アビエルタマイルドピーリングジェル

最高品質のパパインから作られた「安定化パパイン酵素」を使用し、お肌にとことん優しいのに、効果はケミカルピーリングと同等と確認されています。ピーリング後のデリケートなお肌を保湿成分がしっかりと守ってくれます。「ピーリングを試してみたい、でも刺激が怖い」という方にオススメです。

オルビスオイルカットアクアピーリングジェル

アクアという名のとおり、海洋深層水とアンズ果汁を配合したピーリングジェルです。低分子ヒアルロン酸配合で保湿もしっかりしてくれます。水を利用して取り除く仕組みなので、刺激が心配な人も安心して使えるようなマイルド処方です。

特にお肌に負担をかけないという事にこだわった商品です。「いい意味で取れすぎない良い商品」と評判です。

明色化粧品DETクリアブライト&ピールピーリングジェリー

この商品は特に天然由来の「果実AHA」と「植物BHA」の力にこだわった商品です。「果実AHA」でお肌のくすみをとり、「植物BHA」で老廃物をやわらかく除去してくれます。香りはミックスフルーツの良い香りです。濡れた手や顔にも使えます。首やデコルテに使っている方もいるようです。

まとめ

ピーリングについてのまとめてみましたが、いかがでしたか?ピーリングに頼り過ぎてしまうと、かえってお肌には逆効果になってしまうようですね。きっちりと用法容量を守り、綺麗なお肌を目指したいものです。ピーリング剤も色々あるようですが、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …