Home / 化粧品 / オーガニックコスメのメリットと選び方
thab70jevx

オーガニックコスメのメリットと選び方

芸能人やモデルさんのブログで紹介したり、美容雑誌などでも、特集を組まれていることが多い「オーガニックコスメ」。美容に関心があり「アンチエイジングに力を入れている人」や一般の化粧品に比べ肌に負担が少ないため、「敏感肌だから使っている」と言う人が多いのが特徴です。

オーガニックコスメは、肌によさそうなイメージですが、オーガニックコスメについて知っている方は、意外と少ないと思います。一体オーガニックコスメとはどんなものなのか。安心してオーガニックコスメを使うために、オーガニックコスメのメリットと選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメの特徴

godmake_39040_5

出典:http://s.eximg.jp/

オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料を使わずに栽培された、有機栽培の天然成分が主原料になっているコスメ(化粧品)のことを呼びます。多くのオーガニックコスメは、95%が植物原料であることや植物原料の50%はオーガニックであること、遺伝子組替え作物の規制、動物実験の不可、化学香料・石油由来原料の使用不可、天然成分で防腐するなど様々な厳しい基準が設けられいます。

オーガニックコスメは、植物の持つ天然の美容成分が肌本来の回復を高めて、肌にハリやうるおいを与えてくれます。また、長期にわたって使用することで、効果が発揮されるのが特徴です。

オーガニックと無添加、自然派化粧品の違い

無添加化粧品、自然派化粧品とパッケージに書かれていると、「肌に優しい安全で、ケミカル成分は含まれていない」というイメージですが、本来は、旧厚生省が指定した肌にアレルギーの危険性のある化粧成分を抜いた製品を指しています。そのため、成分に防腐剤のパラベンなども含まれている無添加化粧品や合成成分にほんの少し植物エキスを混ぜた自然派の製品が多く流通しているのが現状です。

無添加はお肌に優しいと言うイメージの化粧品ですが、無添加、自然派とうたっていても必ずしもが肌に優しく安全だとは言えません。

オーガニックコスメのメリット

thx4w8sci7

出典:http://media.image.infoseek.co.jp/

1. 合成物質や石油原料が使われていない製品が多いため、肌への負担が少ない

一般的に化粧品に使われている、合成物質や石油原料は洗浄力が強いため、濃いメイクや毛穴に詰まった汚れをしっかり除去してくれますが、肌に必要なうるおいや皮脂まで取り過ぎてしまう傾向があるため、長期にわたって使用していると肌を乾燥させ肌にトラブルを引き起こす場合があります。

オーガニックコスメの場合は、天然の泥や植物性の美容成分によって、肌にうるおいを与え水分と皮脂のバランスを整えるため、肌に負担をかけることが少なくなります。

2. 肌だけではなく環境にも優しい

オーガニック製品は、化学肥料を使わない有機栽培を推奨し自然環境に考慮した製造を基準にしている製品が多いので、肌だけではなく環境にも優しいのが特徴です。また、動物実験をしない認定基準があるため、生態系や地球環境も守られています。

3. 肌本来の回復能力を高めてくれる

紫外線やストレス、加齢によってダメージを受けた肌は、肌本来の持つ回復能力が低下しています。オーガニックコスメに使用されている植物原料は治癒力のパワーが強く、肌を回復させるために必要な自然治癒力のサポートをしっかりしてくれます。

4. 天然成分(ハーブやアロマ)などの成分や香りで心もリラックスできる

オーガニックコスメにはハーブや植物から抽出された精油が肌への美容効果に加え防腐剤やとしても配合されています。精油は肌への効果だけではなく、香りを吸い込むことで精神も安定させる効果も期待できるので、オーガニックコスメを使うことで、肌も心もリラックスできます。

オーガニックコスメのデメリットに注意!

・植物由来の成分のため、成分が肌に合わない場合もあるので、アレルギー体質の方は注意が必要です。

・栽培、製造過程で手間がかかるため、一般のコスメよりも値段が高い製品があります。

・統一されたオーガニックコスメの基準がないため、石油や鉱物が含まれている製品も存在すします。

オーガニックコスメの選び方

1. オーガニックコスメの認定マークを確認しよう!

世界中のオーガニックコスメには、様々な団体の認定マークが存在します。オーガニックコスメの認定基準は、それぞれ異なるため統一性はありませんが、オーガニックコスメを選ぶ際は、厳しい基準をクリアした認定マークのある製品を購入することをおすすめします。

※下記マークは代表的な海外のオーガニック認定マークですので参考にしてください。

●コスモス(Cosmetice Organic Standard)

2010年にベルギーのブリュッセルでBDIH(ドイツ)、COSMEBIO(フランス)、ECOCERT(フランス)、ICEA(イタリア)、英国土壌協会(イギリス)の5団体がオーガニックコスメの世界基準を作るために新たな認証団体を発足させました。ナチュラル&オーガニックコスメのEU統一基準を作ることを設立の目的にしています。

img_ajian_06

出典:http://joca.jp/

●ネイトゥルー(ベルギー)

ネイトゥルー(NaTrue)は、ロゴナ、ラヴェーラ、ヴェレダ、サンタベルデ、ドクターハウシュカ、プリマペーラの6社で設立した新しいオーガニックコスメ認証機関です。

d8079-12-181818-4

出典:http://prtimes.jp/

●デメター(ドイツ)

1924年ベルリンにて発足し、1954年にデメター協会を設立したドイツのオーガニック農産物と食品の連盟機関です。シュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法を推奨しており、どの認証制度よりもより厳しい基準となっています。

demeter_net_logo

出典:http://con-te.net/

●ACO(オーストラリア)

2001年に発足したオーストラリアのオーガニック認定機関です。オーストラリア国内において製造されるオーガニック製品に対して オーガニックであることの認証を行っている機関で、有機農産物の安全性証明となります。 日本のJAS有機規格は、ACO基準です。

aco04

出典:http://beauty-organics.jp/

●USDA(アメリカ)

USDA(United States Department of Agriculture)は、米国農務省のことで、アメリカではオーガニックの認定基準が統一されています。しかし、オーガニックコスメについては、明確な基準が確立されていない部分があるため、オーガニック食品基準であるUSDAが採用されています。

thmgtgti89

出典:http://www.mylohas.net/

●JOCA(日本)

日本には、オーガニックコスメの認定はありませんが、日本オーガニックコスメ協会が安全なオーガニックコスメの活動をおこなっています。

a0f8c5ba39c6f8dfb9912894638b87cc

出典:www.fruitsroots.com/blog/wp-content/

2.使われている原材料、成分を確認する

オーガニックコスメは、天然成分で肌には優しく敏感肌でも使用可能な製品が多いですが、肌にアトピーがあったり、何らかの植物にアレルギーがある方は注意が必要です。アレルギー体質の方がオーガニックコスメを使用し肌トラブルが悪化した事例もありますので、成分を良く確認し、自分の肌質に合ったものを選びましょう。購入する前に、テスターやサンプルなどで一度パッチテストをしてみるのもおすすめです。

オーガニックコスメを正しく選ぼう

オーガニックコスメは、今現在統一された認定や基準がないため、購入側がしっかり吟味して購入する必要があります。オーガニックコスメブランドの姿勢や、使っている原料や成分、製造方法などをよく見て信頼できるコスメを見つけましょう。

成分表を見てもわからないという方は、販売する店員の方に相談するのもいいですね。自分に合ったオーガニックコスメが見つかれば、肌に負担を与えず、肌が持つ本来の回復力で肌を美肌へ導いてくれます。

スポンサーリンク

Check Also

3-2-600x399

恋する女子も注目!ヒアルロン酸の効果と副作用の注意点

今ではサプリメントや化粧水など …