Home / むくみ / オイリー肌の方のための化粧水の選び方と使い方、有効成分、おすすめの化粧水
toner-906142_640-640x330

オイリー肌の方のための化粧水の選び方と使い方、有効成分、おすすめの化粧水

ちゃんと洗顔をしても時間が経つとすぐに肌のべたつきやテカりが気になるというオイリー肌のみなさん。化粧水などで保湿しても余計にべたつく気がして、どのようにスキンケアしたらいいか分からない・・・なんて悩んでいませんか?

べたつくからと化粧水は適当に済ますのではなく、オイリー肌に合った化粧水できちんと保湿することで過剰な皮脂が抑えられ、べたつきやテカりなどの悩みを軽減することができます。

今回はオイリー肌の方のための化粧水の選び方と使い方、オイリー肌に有効な成分、さらにおすすめの化粧水もご紹介します。オイリー肌にお悩みの女性も男性も化粧水を使いこなして、テカりやニキビなどのトラブルのない肌にしていきましょう。

スポンサードリンク

オイリー肌に必要な化粧水の成分

ヒアルロン酸

しっとりするイメージでオイリー肌とはあまり結びつかないヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸の水分を抱え込む性質によって、肌をうるおいで満たすことで過剰な皮脂を分泌してしまうのを防ぎます。肌の内側の隠れた乾燥が原因でオイリー肌になっている人に特に効果的です。

オイリー肌の方の中には、皮脂の過剰な分泌が乾燥によって引き起こされている場合があります。いきなりしっとりとしたクリーム系で保湿するのはべたつきが気になるので、オイリー肌でも乾燥が気になる部分がある方は、まずはヒアルロン酸の含まれた化粧水でしっかり保湿するのがおすすめです。

セラミド

セラミドとは表皮の角質層に存在し、肌の細胞と細胞の間を満たす細胞間脂質のひとつです。水分を蓄えて肌を保水するので、肌や髪のうるおいを維持するのにかかせません。

オイリー肌なのにうるおいを維持するセラミドが重要なの?と疑問に思うかもしれませんが、オイリー肌の人は皮脂が出ているので肌のつっぱり感は特に感じないのですが、肌の内部では乾燥が進んでいる場合があります。その結果乾燥した肌を守るために皮脂が過剰に分泌され、オイリー肌に悩まされます。

10代は皮脂の分泌が盛んな時期ですが、大人で過剰な皮脂が気になる人は乾燥が原因であることが多いです。セラミドで細胞の間を満たし、肌の水分量とバリア機能を高めましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透されやすいように安定化させた成分のことです。ビタミンC誘導体には皮脂をおさえる働きだけでなく、炎症をおさえる働きもあるのでニキビにも効果が期待でき、色素沈着にも効果が期待できるのでニキビ跡も防ぎます。その他にコラーゲンの生成を助ける効果もあるので、肌質に関係なくオイリー肌に悩まされている人以外にも必須の美肌成分です。

ビタミンCは体内で消耗が激しいので、化粧水で取り入れるだけではなく、サプリメントなどで内服し内からケアすることもおすすめです。

アスタキサンチン

アスタキサンチンとはカニや鮭やいくらに含まれる赤い色素の成分で、肌の老化や様々なトラブルの原因になる活性酸素を除去する抗酸化力がとても強い成分です。抗酸化力が強いのでアンチエイジング効果も高く、美肌全般に効果が期待できます。

肌の水分量を高め、過剰な皮脂の分泌をコントロールするという点でオイリー肌の人におすすめです。

オイリー肌への化粧水の必要性

オイリー肌に対する化粧水の役割

先程もご紹介したように、オイリー肌になってしまう原因の一つに肌内部の乾燥があります。表面上は皮脂で乾燥やつっぱり感が気にならないことが多く、つい化粧水などの保湿は簡単に済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。保湿することで余計にべたつく気がすることもあると思います。

肌をしっかり保湿しようとクリームなどでの保湿はオイリー肌の方には油分が重いので、化粧水で肌に水分を届けて潤わせることがポイントになります。化粧水で水分とオイリー肌に効果的な成分をしっかり肌に届けましょう。

オイリー肌に対する乳液の役割

オイリー肌の方で、化粧水の後の乳液は使うべき?どのようなものがいいの?と悩まれている方も多いと思います。乳液はべたつきやぬめりが気になるから使わない。という方も多いかもしれません。

気になる乳液の問題ですが、乾燥からオイリー肌になっている人は乳液を使った方がいい場合が多いです。その場合もオイリー肌用のさっぱりとした使い心地のものやオイルフリーのものを選びましょう。乾燥が改善されることで皮脂の過剰な分泌がおさえられるかもしれません。

一度さっぱりしたジェルタイプやオイルフリーの乳液などを試してみて、肌の調子を見て乳液が必要か判断するのもいいかもしれませんね。

化粧水とインナードライ肌

インナードライ肌とは、肌のテカりやべたつきがあり表面上は乾燥が気にならないのですが、角質層の水分が足りずに肌の内部は乾燥した状態の肌のことです。肌内部の乾燥はターンオーバーが正常に行えなくなり、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

インナードライ肌を改善するには、肌の水分量を高めるようにしっかり保湿をすることです。特に化粧水でしっかり肌内部にまで水分を届けることで、肌内部の乾燥を改善しましょう。特に保水効果があり、健康な肌になるために欠かせないセラミドの入った化粧水で保湿するのがおすすめです。

オイリー肌の方の化粧水の使い方

1回目:お風呂上りに1分以内に化粧水をつける

お風呂上がりは肌についた水分が蒸発するのとともに、肌の水分も蒸発しやすいので1分以内に化粧水をたっぷり付けましょう。洗顔後もタオルでふき取ったらすぐにつけます。

2回目:1回目から2,3分経過し、肌が乾燥し始めた段階で化粧水を再度つける

お風呂上がりなら髪を乾かすなどして2,3分待ち、乾燥が気になり始めたら2回目をたっぷり付けます。

3回目:2回目から2,3分経過し、肌が乾燥し始めた段階で化粧水を再度つける

2回目からさらに2,3分待ち、乾燥が気になり始めたら再度化粧水をたっぷりつけます。
乾燥が気になる人やまだ肌につっぱり感のある人はもう数回重ね、乳液などで仕上げましょう。

オイリー肌の方のための化粧水

エンリッチローション(サイクルプラス)

従来の化粧水の100倍の浸透力を持つと言われる高浸透型ビタミンC(APPS)を配合した化粧水です。ヒアルロン酸も配合されており、オイリー肌の方にも嬉しい美容成分が配合されています。ビタミンCが高配合なのでべたつきやニキビだけでなく毛穴やハリ感にも効果があると評判です。

ローションに付属のビタミンC誘導体パウダーを入れて容器を振り、使用前に化粧水を完成させます。1ヵ月で80mlを使い切るのが正しい使用量です。届いてからローションとパウダーを混ぜ合わせるので、化粧水を新鮮な状態で使うことができます。

VCローション(SIBODY)

最新型ビタミンCや高機能ビタミンA・E誘導体を配合した、ニキビや毛穴トラブルにアプローチしてくれる化粧水です。角質やアクネ菌に有効なサリチル酸や植物エキスも配合されているので特に毛穴やニキビへの効果が期待できます。使い続けることでニキビを修復しながらニキビのできにくい肌に導いてくれます。

値段は150mlで8640円と少々高額ですが、特にニキビへの評判がよくさっぱりとした使い心地がオイリー肌の方にも人気です。肌に優しい無添加処方で敏感肌の方でも試しやすいです。まとめ買いで安くなる制度もあります。

ドクターシーラボ「VC100エッセンスローション」

100倍の浸透力があると言われるビタミンC誘導体を、リニューアル前の200%も配合した美容液のように濃厚な化粧水です。美容成分の浸透を高めてくれるオレイン酸誘導体とウィルブライトも配合されています。富山の海洋深層水を100%使用しています。

ビタミンC配合の化粧水によくあるさっぱりした使い心地ではなく、とろみのあるテクスチャーですが肌になじんで浸透します。毛穴の開きやニキビ跡への評価が高く、ビタミンC配合でさっぱり系よりもしっとりした使い心地の化粧水が好きな方におすすめです。

ローズエステリッチローションN(ブルークレール オーガニック)

白神山地の湧水とローズ水を使用し、保存料に天然ローズマリーを使用したオーガニックコスメです。無香料無着色、界面活性剤不使用など合成成分無添加の処方で、オーガニックのものや成分にこだわる方も安心して使用できます。ナチュラルな天然の成分だけでなくEGF(ヒトオリゴペプチド-1)植物性プラセンタ、ビタミンC誘導体、コラーゲン、セラミド、アルジルリチン、エラスチン、褐藻エキス、コメ発酵液などオイリー肌に嬉しいたくさんの美容成分も配合されています。

無添加で余計なとろみのないサラサラの使い心地で、化粧水のべたつきやぬめり感の気になる方にもおすすめの化粧水です。アンチエイジングに効果のあるEGFが配合されているので、オイリー肌だけでなく年齢肌のケアにもおすすめです。

薬用ローション(大人用)(アクネスラボ)

ニキビの炎症や赤みをおさえる、大人ニキビに特化した化粧水です。ストレスなどによるホルモンバランスの乱れでできてしまう大人ニキビに効果のあるヒオウギエキスを配合しています。その他にもニキビによる赤みや炎症を抑える成分や、皮脂の酸化を防ぐ成分無配合されています。ニキビにアプローチする成分だけでなく、保湿をして肌のバリア機能を高める成分も含まれています。

100mlで税込1700円程度と試しやすい価格なので、おでこやあご周りなどに広範囲に広がる大人ニキビに悩む方や繰り返すニキビやニキビの赤みに悩む方におすすめです。

>男性のオイリー肌の方のためのおすすめ化粧水

BLUK HOMME バルクオム 3点セット

カミソリ負けやべたつきなどが気になる男性の肌のために作られたメンズコスメです。皮脂が過剰に分泌されがちな男性の肌の水分と皮脂のバランスを整えてくれます。洗顔料・化粧水・乳液の3点セットです。保水力のあるリンゴ幹細胞エキスをはじめ、浸透力を高め水分の蒸発を防ぐ加水分解シルクなどの美容効果のある成分もしっかりと含まれています。

化粧水は温泉水をベースに保水効果の高いリンゴ幹細胞エキスなど自然由来の美容成分を豊富に配合しており、職場の乾燥や偏った食事などで意外と水分不足になりやすい男性の肌にうるおいを補給してくれます。

乳液は肌馴染みがよく保湿効果の高いスクワランを配合し、べたつきや重さをおさえた何もつけてないようなテクスチャーの乳液です。化粧水も乳液もメンズコスメに良くあるメンソール系の香りではなく、リンゴのようなやや甘みのある自然なフローラル系の香りです。

エマルジョンリムーバー

気になる鼻の黒ずみ毛穴やニキビのもとになる皮脂を落としてくれる、栄養を補給するのではなくスレー型の皮脂を落とす効果のあるスプレー型の化粧水です。使い方は顔全体に10プッシュほどたっぷりスプレーして顔から垂れ落ちるのを待ち、その後軽くすすいで完了です。水・海水・アルギニン・フィチンサン・酸化銀とシンプルな5つの成分で安心して使うことができます。

毛穴や角質の原因となるタンパク質や皮脂をリムーバーが分解することで、毛穴の黒ずみや皮脂を浮かせて落としてくれます。顔だけでなく頭皮にも使用できるので、毛穴の詰まりや頭皮のにおいが気になる男性に特におすすめです。

NOTOMANIA8

全身どこにでも使えるオールインワン保湿美容液です。これ1本で化粧水・乳液・美容液・パック・アフターシェーブローションの役割を果たしてくれるので、スキンケアは面倒という男性にもおすすめです。プラセンタ・EGF・FGF・3種のヒアルロン酸・コラーゲン・コエンザイムQ10など40種類もの美容成分が保湿をしながら肌に栄養を補給してくれます。濃密な成分なのにサラサラの使い心地です。

プラセンタやEGFなどエイジングケアに効果のある成分がたっぷり含まれているので、保湿だけでなく若々しくハリとツヤ感のある肌にしてくれます。年齢肌も一緒にケアしたい方にもおすすめです。

アンドジーノ プレミアムフェイスエッセンス(アクアモイス)

男性が気になる乾燥・毛穴やテカリ・透明感・引き締め・髭剃り負けにアプローチするオールインワンタイプのメンズコスメです。化粧水・乳液・美容液・クリームが1本で完了します。特に気になる顔のテカりやべたつきは皮脂と水分量のバランスの乱れによって、過剰な皮脂を分泌しているという観点から、潤いを補給することで皮脂量をおさえようというまさにオイリー肌の方のためのオールインワン化粧水です。

オールインワンなのにべたつきが気にならないさっぱりと馴染みの良い使い心地で、アルコールやメントールなどの刺激になるものは含まれていません。肌に負担になるものを配合しないフリー処方で安心して試せます。

ユーグレナB.C.A.D.HOMME トータルエマルジョン

シェービングや紫外線でダメージを受けやすい男性の肌のための、オールインワンのメンズコスメです。豊富な栄養素を持つユーグレナから抽出した加水分解ユーグレナエキスが特徴で、肌のツヤやハリ感を高めてくれます。他にも保湿効果のある温泉水・セラミド・ナイアシンアミドなどの美容成分が、意外と乾燥しやすい男性の肌にうるおいを与えてくれます。

合成香料は使用しておらず、男性にも女性にも好まれるオーガニックのベルガモット・レモン・カモミールの精油を贅沢に使用したさわやかな香りが長続きします。

まとめ

オイリー肌の化粧水の使い方、オイリー肌に有効な成分、オイリー肌におすすめの化粧水についてご紹介しました。

皮脂で表面上うるおっているように見えるオイリー肌ですが、過剰な皮脂の原因は肌の内側の乾燥によるものが多いので、保湿は丁寧にしっかり行いましょう。肌が内側からうるおうことで、皮脂の量も減りニキビや毛穴などのトラブルも改善されるはずです。

女性だけでなく男性にも使いやすいメンズコスメやオールインワンの化粧水もたくさん発売されているので、男性のみなさんもスキンケアを毎日の習慣にしてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-2-600x400

意外と簡単!乾燥肌の方のためのニキビケア方法

最近、秋や冬といった季節に限ら …