Home / 美肌 / ニキビ跡が色素沈着で色がつく理由と解消方法
202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s-600x400

ニキビ跡が色素沈着で色がつく理由と解消方法

性が抱える肌悩みとして、良く聞かれるようになってきたニキビですが、一昔前までなら、思春期特有の肌トラブルで年を取れば自然に治るもの、顔を洗ってさえいれば良い、といった捉え方をしている人がほとんどでした、今ではこういった考え方は影を潜めており、早期に適切な対処を行わないと、醜い跡となって肌に残ってしまうもの、といった情報が浸透しています。

にきび跡が色素沈着で色がついてしまうと、より解消が難しい状態へと進んでしまいます。なぜにきび跡が残ってしまうのか、ニキビ跡を残さないためにはどうすれば良いのか、本記事と一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

ニキビ跡ができてしま理由

ニキビは昔は思春期にのみできるものといわれていましたが、成人以降の女性を悩ませ、三十代や四十代でも治らないと、真剣に悩んでいる方も少なくないようです。思春期は成長を促す男性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌されるため、ニキビができやすい期間と言われています。しかし、大人になってからも様々な要因によってニキビができる場合が多々有ります。

大人の肌にできるニキビは、女性ホルモンのバランスが崩れてしまっていることが大きな要因となっていて、美肌を作る女性ホルモンが減少してしまい、逆に皮脂分泌を盛んにさせてしまう男性ホルモンが過剰に出るようになってしまっているのです。

男性ホルモンが影響する部位といえば、髭の生える部分であることが容易に想像できるように、大人ニキビは、口周りや顎、フェイスラインや首などに集中してできてしまいます。こういった部分の毛穴は小さく、すぐに皮脂詰まりを起こしてしまう上、インナードライ状態にもなりやすい部位でもあるので、どんどん悪化してしまうわけです。

この肌トラブルは、できるだけ早期に治してしまわないと、皮膚がデコボコと陥没してしまったり、黒ずみなどの色素 沈着を起こしてしまうといわれており、また新たな肌トラブルと戦わなければならなくなってしまいます。

ばい菌にはご注意を

ニキビはどのような過程を踏んで生じているかというと、まず、皮脂やメイク汚れなどが毛穴の中に詰まり、それを栄養としてアクネ菌が増殖してしまいます。詰まりが取れないまま進行していくと、やがては毛穴の中で炎症を起こし、赤く地腫れしてしまったり、さらにひどくなれば、黄色い膿を持つようになってしまいます。この状態まで来ると、ちょっとした摩擦でも潰れてしまい、そこからばい菌が入ればさらに症状が悪化してしまうのです。

これはもはや、皮膚に傷が出来ているのと同じで、皮膚というものはダメージを受けると、自らを守ろうと働くので、メラニン色素が過剰に分泌されるようになってしまいます。これが色素沈着のできるメカニズムなので、肌に色ムラを残したくないなら、早めに対策を取ることが何よりも重要だと言われている所以です。

ニキビが、長期間にわたって肌の上に居座っていると、それだけ跡残りしやすくなってしまうので、初期段階である毛穴の詰まりの状態で正しい処置をすることが大切です。初期の段階でニキビの原因が取れていれば、それ以上進行してしまうことを防げるのです。

同時に、毛穴詰まりを起こしにくい状態に肌質を改善させてあげることも大切で、肌が健康でターンオーバーが自然と出来ている状態なら、たとえ外部からダメージを受けたとしても、どんどん肌は生まれ変わるので、トラブルが残ったままにはならないわけなのです。

醜い跡を残さないために

ニキビの醜い跡を残さないためには、日常的に、ピーリング成分入りのスキンケアを使うなど、毛穴詰まりを起こしにくい肌に整えることは大切ですが、前述したように、女性の肌はホルモンバランスと大きく関係してしまう以上、毎月生理がある習慣を考えても、ちょっとしたことが原因で調子を崩してしまうこともあります。

そのような環境の中で、万が一ニキビが出来てしまって、色素沈着となってしまったならば、ひどくなる前に、この色ムラに対しても正しいケアを行えば、徐々に薄くしていくことも可能です。色素沈着をひどくさせないためには、摩擦や刺激を与えないということに尽きるので、スキンケア時や就寝時など、指先で触ったり、タオルや寝具でこすらないように気を付けるという事と、プラスアルファとして、美白剤を使ったケアをしてあげましょう。

シミ用の美白剤を、毎日根気良く患部に塗っていくと、徐々に色素 沈着が薄くなっていきます。同時に、古い角質がいつまでも肌の上に残らないようにするためにも、肌の生まれ変わりを促してあげなければならないので、保湿ケアを徹底して、健康的な肌の状態に導きましょう。

乾燥はお肌の天敵

肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうことの原因は、主に乾燥であり、皮膚の細胞組織間の保水力が落ちてしまっているからです。

こういった状態であれば、美白剤を塗布したところで、その成分は肌の奥へ浸透して行かなくなってしまうので、肌がしっかりと潤っているということも、ホワイトニングケアには重要なポイントとなるのです。乾燥肌を改善するためには、保湿ケアを徹底して行うこと、必要以上に患部に触れないようにすること、そしてビタミンCやハイドロキノン、プラセンタなど、シミに強力に効いてくれる美白成分をピンポイントで届けてあげること、こういった、いろいろな角度からのアプローチができれば、一度皮膚の上についてしまった色ムラも綺麗に押し出していくことが出来ます。これは、身体のすべての部分にできる色素沈着のケアにも共通していることです。

また、生活習慣や食生活の見直しなど、根本的に肌質をよりよくしていく活動にも注力していきましょう。規則正しい生活は、美肌だけでなく、よりエネルギッシュな活動の源になりますので、ぜひ取り組んでいきましょう。

しっかり解消したい場合は皮膚科へ

また、自分の力だけで問題を解決しようとせず、美容皮膚科などの皮膚科にかかり、専門の先生から専門的な治療を受けることも選択肢として持っておきましょう。色素沈着してしまうとお肌に跡が残ってしまい、今後についても影響が出てしまうため、ニキビがひどく進行してしまう前に専門医の先生に診てもらうことが大切です。

一般的な生活習慣の改善や注意点などは引き続き継続しながらも、先生に処方いただいた薬等も合わせてニキビ対策をすることによって、比較的早期に解消できるようになるでしょう。また、万が一症状が解消されない状態が続いたとしても、経過を理解してくれている先生が一人いることで大きくその後の対応が変わってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?色素沈着はすべての女性にとって避けたいお肌のトラブルでありますが、ニキビを放置して悪化させてしまうと、ひどいにきび跡が残ってしまう可能性があります。そのため、ニキビができた時には「いつか治るだろう」と放置せずに、しっかりとニキビケアを行うことが大切にります。

また、一般的な対策を実施するだけでなく、専門の先生に診てもらい、一緒に解消していくという方法をとる方法が、より確実にニキビを解消するために大切になります。

色素沈着してしまえば解消するのに時間がかかりますし、解消できるまでの期間、ニキビの跡が残ってしまいます。大人になると顔の印象なども仕事に影響してくることもありますので、ニキビケアはしっかりと行うようにしていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …