Home / 美肌 / ニキビの原因となるビタミン不足と治療に効果的なビタミンの種類
1

ニキビの原因となるビタミン不足と治療に効果的なビタミンの種類

1

大人ニキビは、治りにくくニキビ跡が残りやすい傾向があります。大人ニキビの原因もストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活など様々です。特にストレスは、交感神経を優位にするので、活性酸素を発生させビタミンCを多く消費してしまいます。

体はビタミン不足になると、どんどん肌状態を悪くしてしまうのです。そこで、ニキビに有効なビタミンの種類とビタミンを効果的に摂る方法など詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ニキビの原因はビタミンと関係する

ビタミンが不足すると起こること

2

ビタミンとニキビには深い繋がりがあるのをご存知ですか?実は、ビタミンが不足するとターンオーバーが乱れ、皮脂を過剰に分泌してしまうことになります。そうなると、大人ニキビが出来やすい肌状態になっていきます。

ビタミンが不足する原因にストレス、睡眠不足、過度なダイエットなど生活習慣が多く関わっていると言われています。

ビタミンを効率よく摂取するためには、食事で栄養を補給したり食生活で足りないビタミンをサプリメントで補ったりする方法があります。そこで、ニキビに効果的なビタミンについてご紹介していきます。

ニキビに効果的なビタミンの種類

ニキビに効果を出すビタミンAの働き

3

ビタミンAには、ターンオーバーを正常にしてくれる働きや皮膚、粘膜を正常な状態に保つ働き、免疫力をあげる働きがあります。

主にレバー、緑黄色野菜、卵黄などに含まれています。特にレバーや緑黄色野菜に含まれるビタミンAには美肌効果がありニキビ予防に効果的と言われています。

ニキビ治療にビタミンAを食事から摂る

4

ビタミンAが多く含まれる食材は、レバー、タラ、あなご、人参、卵、ほうれん草などがあります。

ニキビに効果的なビタミンBについて

ビタミンBがなぜ良いのか

5

ニキビがなかなか治らないという時はビタミンB群が不足している可能性があるようです。ビタミンB群には、肌のターンオーバーを正常にする役割があり、皮膚だけではなく髪や爪にも栄養を届ける働きをしています。

ビタミンB群は、比較的さまざまな食材に含まれているため摂取量が不足しにくいと言われていますが、特にビタミンB群の中でもニキビ治療に効果的なビタミンB2、ビタミンB6を補うことが良い方法と言われています。

脂質がたまるとアクネ菌が繁殖しやすくなりニキビへと繋がっていきますが、ビタミンB2は、皮脂の分泌をコントロールし脂質の代謝を促す働きをしてくれます。また、ビタミンB2には、活性酸素の除去をしてくれる働きもありニキビ治療には効果的な栄養素です。

ビタミンB6には、肌の生まれ変わりターンオーバーを促進する働きがあり、ニキビ跡や色素沈着をケアしてくれます。

ビタミンB6が不足すると古い角質が溜まりやすく毛穴を詰まらせてしまうことになるので積極的にビタミンB6を摂ることがニキビケアに効果的な方法のようです。ニキビ治療にはビタミンB2、ビタミンB6が必須ビタミンとなります。

ニキビ治療にビタミンBを食事から摂る

6

ビタミンB群が多く含まれる食材は、カツオ、まぐろ、にんにく、レバー、うなぎ、アボガド、青魚、納豆、乳製品などがあります。ビタミンB2は、主にヨーグルト、チーズなどの乳製品、納豆、レバー、まいたけ、うなぎ、海苔、卵、アーモンド、胚芽米、マグロなどに含まれています。

ビタミンB6は、ヨーグルト、にんにく、まぐろ、鶏ひき肉、さんま、ピスタチオなどがあります。これらの食材をバランスよく摂ることが大切です。

ニキビ治療に効果的なビタミンBサプリメント

7

ビタミンB群は、健康な肌を作るのに大切な栄養素のひとつです。ビタミンB群が不足するとニキビだけではなく口内炎、便秘などの症状が現れると言われています。

そこで、腸の働きを良くするビタミンB群の働きと整腸作用のある乳酸菌で相乗効果を高めるとニキビケアや美肌効果が現れます。また、ビタミンB群と一緒に亜鉛や葉酸、ビタミンCを補うようにすると、ニキビ治療やニキビ予防にもなり健康な肌を保つことが出来ます。

サプリメントを選ぶ際は、添加物がどれくらい含まれているかを確認することがポイントです。1錠あたりの質量から栄養成分の含有量を引くと添加物がどれくらい含まれているかわかります。出来るだけ添加物が少ないものを選ぶことが大切です。

合わせてサプリメントを選ぶ時は、「健康補助食品」と記載されたものを選ぶようにすると効果的です。

ニキビに効果を出すビタミンCの働き

8

美肌を作るビタミンとして有名なのがビタミンCです。病院の医師もニキビの改善にビタミンCが良いと勧めているそうです。ビタミンCには、肌環境を正常にしてくれる働きやコラーゲンの生成を促す働き、活性酸素を取り除く働きがあります。

また、お肌のシワやたるみの抑制、ニキビの炎症の抑制、メラニンの抑制、肌ストレスの緩和などに効果があるため大人ニキビや凸凹のあるニキビ跡、赤みをおびたニキビ跡などのケアにも効果的な栄養素といえます。

ビタミンCが不足してしまうとターンオーバーが正常に行われなくなり、毛穴に皮脂がたまりニキビへと繋がっていきます。そのためにビタミンCは十分な摂取量が必要となります。

ビタミンCは、食事だけではなく化粧品からも得ることが出来るので、ここから効果的な摂取方法について進めていきます。

ニキビ治療にビタミンCを食事から摂る

9

ビタミンCを食事から摂取するには、ビタミンCが多く含まれる食材のキウイ、苺、柿、レモン、オレンジなどの果物やパセリ、ゴーヤ、ブロッコリー、パプリカ、芽キャベツなど緑黄色野菜を積極的に摂り入れることがポイントになります。

効果的にビタミンCを摂り入れる方法は、出来るだけ生で食べるようにし、食べる直前に切るようにすることです。また、加熱時間を短時間にし、煮汁にもビタミンCが流れ出しているので煮汁も一緒に食べるようにすると効果的です。

ニキビ治療に効果的なビタミンCサプリメント

10

ビタミンCは、水溶性なので一度に大量に摂取しても尿として流れてしまいやすいので、複数回に分けてビタミンCを摂り入れる方法が効果的な方法になります。そうかと言って、毎日の食事の中だけでビタミンCをたくさん摂り入れるには限界があります。

そこで、サプリメントを活用することが効果的です。ビタミンCのサプリメントには、単体のものとマルチビタミンがありますが、どちらもニキビケアには有効なサプリメントと言われています。

早くニキビを治したい時は、ビタミンC単体のサプリメントがマルチビタミンより安価でおすすめです。また、肌全体の肌質を整えたい場合は、マルチビタミンも効果的です。ビタミンCサプリメントを選ぶ際は、ビタミンCの量が多く配合されているものを選ぶようにします。

ニキビ治療に効果的なビタミンC化粧品

11

ビタミンCには、強い抗酸化作用があり炎症のもとになる活性酸素を除去してくれる働きや皮脂を抑える効果、色素沈着を防いでくれる働きがあるので化粧品で補うこともおすすめです。ビタミンC誘導体の成分が入っている化粧品は、大人ニキビを早く改善してくれる効果があります。

ビタミンC誘導体の表記名は「リン酸ビタミンC」「APS」「リン酸アスコルビル酸Na」となります。特に効果的なビタミンC誘導体が「APPS(アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸3ナトリウム)」と言われています。

ビタミンを内側からと外側から効果的に摂り入れることがニキビを作らない肌作りになります。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

2

かきたくなる!乾燥肌のかゆみを抑えよう~食事や日常の対策方法

乾燥肌、一度かゆみを感じたり、 …