Home / 美肌 / ニキビの膿が溜まってしまったら?正しいケア方法
1

ニキビの膿が溜まってしまったら?正しいケア方法

ニキビに膿が溜まってしまった時、どのように対処していますか?自分で潰したら跡が残るのではと心配になりますよね。そもそも、ニキビの膿の正体ってなんなのでしょう。間違えたケア方法を実践してしまう前にぜひ、ニキビの膿の正体と正しいケア方法について知ってみて下さい。ここから、ニキビ跡を残さないための詳しいニキビのケア方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

ニキビの膿について

膿の正体

ニキビの膿が出来る原因メカニズムをご説明します。

初期のニキビ段階が進行→皮脂を栄養にしているアクネ菌が増えて炎症→血液の中にある5種類ある白血球のうちのひとつである好中球が炎症を抑える働きをするために攻撃→ますます炎症→アクネ菌vs好中球の戦い終了後→ニキビの膿として残る。ちなみに、この死骸である膿にはニキビ菌がほとんど含まれていないと言われています。ちなみに、この死骸である膿にはニキビ菌がほとんど含まれていないと言われています。

ニキビの膿ができる原因

初期の赤ニキビから症状が進むとアクネ菌が増殖し白血球の一種がそれを排出しようとして膿になります。この状態が「黄色ニキビ」と呼ばれています。ニキビから膿が出てしまうところまでくると、アクネ菌が増えすぎ毛穴の奥までダメージを与えてしまっている可能性が高いといえます。

膿を潰すのはNG?

ニキビを潰すことで生じるリスク

2

ニキビは「潰さないほうが良い」という意見と「潰しておいたほうが早く治る」という意見があります。

まず、ニキビを潰しておいたほうが良いという理由は、ニキビの膿がある炎症した状態を長引かせることで皮膚の奥深い層まで傷ついていき、赤みが残ったり凹凸になったりするニキビ跡が残る可能性があるからです。

そうかといって、治りを意識するあまり焦って自分で潰してしまうのはかなり危険な行為になります。炎症を起こした黄色ニキビに雑菌のついた手が傷口に触れると、ますます炎症がひどくなり、治るどころかニキビ跡を作ってしまいます。
また、ニキビでも種類があるので膿があるから絶対潰すという行為は危険ですので避けた方がよいでしょう。膿が皮膚の奥深くまである場合、なかなか膿が外に出にくく真皮層まで傷つけてしまうのでニキビ跡を残してしまいます。

それに加えて、皮膚が固く乾燥している人の場合、膿を出したくても出口がふさがりがちになりうまく外に排出されないでしょう。無理に膿を出すことで、さらに治りを遅くさせ傷を残してしまうリスクが伴います。

正しいニキビのケア方法

①病院へ行く

3

ニキビのケア方法で最もおすすめなのが病院での治療です。病院の保険適用ニキビ治療には、ニキビの膿を出してくれる方法や薬で治していく方法がとられます。初期の治療法では、外用薬になることが多いとされています。外用薬で保険が適用されている薬はレチノイド(皮膚が固くなって毛穴を塞ぐことを防ぐ薬)、イオウ製剤(皮脂分泌を抑えて乾燥させる役目、抗菌効果)などがあり、

アクネ菌の殺菌薬には、アクアチム軟膏、ローションやダラシンTゲル、ローションが処方されます。毛穴を詰まりにくくするための薬がディフェルリンゲル、トレシノイン(保険適応外)などです。
ニキビの炎症がひどくなっている場合は、ビタミン剤と一緒に抗生物質が処方されます。

ニキビを押し出す「面ぽう圧出」は、皮膚を消毒してから針などの先端が尖っているもの
でニキビに小さい穴を開けてから「コメドプッシャー」と呼ばれる器具を使い、膿を出します。ニキビの治りが早く跡が残りにくいと言われている治療です。

次に美容皮膚科の治療には、ピーリングなどがあり、ほとんどが保険適応外の治療になるので治療費が高くなるという面が出てきます。

②自分で潰す

病院へ行かず自分でニキビを潰すという方法では、いくつかリスクがあります。まず、手に雑菌のついた手で触ってしまうとニキビがひどくなるのでやめておいたほうがよいでしょう。

また力加減によって血が出てきてしまい傷が残ってしまう場合もあります。そこをふまえた上で、自分で潰す方法へ進めていきます。

①膿を出すためにしっかり消毒した針で小さい穴をあけます。

②コメドプッシャーを使うようにすると力加減を調節しやすいので、周りの皮膚を傷つけにくくなります。

③ゆっくりと押し出し膿をだします。その時、まだ痛みがあったり、汁が出てきたりする場合は、中にまだ残っている可能性があります。

④膿を出し終わったら必ず消毒をするようにします。

自分で潰す際の注意点

自分で潰す際の注意点は、必ず器具を消毒することです。針を火であぶったり熱湯につけたりしておきます。皮膚に針を刺す場合は、必ず表面のみにし、潰す際も少し皮膚に触れる程度の力加減を意識し、肌に必要な皮脂まで取ってしまわないようにします。
ニキビへの負担を最小限にするためにも、お風呂上がりの肌が柔らかくなっている時が良いでしょう。

③スキンケアを行う

皮脂の汚れをしっかり落とし、保湿をしっかりすることで肌に潤いを与えます。油分の多い化粧品は、アクネ菌を増やしてしまうことも考えられるので避けるようにし、オイルフリーの化粧品を選ぶようにします。

肌に潤いをしっかり届けてくれる水溶性の保湿成分入りの化粧水には、セラミド、コラーゲン、エラスチン、天然保湿因子(NMF)、アミノ酸(アルギニン・リシン)、ヒアルロン酸などがあります。

中でも皮脂分泌をコントロールしてくれる成分「ビタミンC誘導体」や肌のバリア機能を高めてくれる「セラミド」がおすすめです。

また、ニキビが出来て敏感になっている肌にはとくに紫外線対策をすることが大切です。外出時は帽子、日傘などを使用し日焼け止めを忘れないようにします。

膿んでしまった際のおすすめ化粧品

①富士フイルム ルナメア

内容量 1週間分1,080円 送料無料

富士フイルム ルナメアは、富士フイルム独自のナノ化技術で有効成分を肌にしっかり届けてくれます。また、ルナメアは優しくニキビの炎症を抑える効果があります。

その他にも保湿成分に濃グリセリン、スクワランのなど4種類の植物エキスが配合されています。

②ノブacアクティブ

メイク落とし、洗顔料を含めた7日間セット 1,500円 送料無料

ノブacアクティブは、皮膚科の取り扱っている臨床タイプの皮膚医学ニキビ化粧品としても知られています。マイルドピーリング効果により毛穴の汚れをしっかり除去し、美肌成分で潤い、透明感を引き出してくれます。

有効成分の他にも「リピジュアR」が配合されていて、ニキビ予防、色素沈着にも効果的です。さらにリニューアルした保湿&美白の両方のケアが出来るセットになっています。

③ビーグレン

「ビーグレン」独自開発された浸透テクノロジーが詰まった7日間トライアルセット 1,800円

ビーグレンは、他の化粧品にはない浸透力に優れた化粧品です。クレイ洗顔でニキビの原因を取り除き、薬用成分がニキビの悪化を防ぐとともにビタミンCでニキビ跡、色素沈着を改善し、バリア機能を高めニキビを繰り返し作らないようにしてくれます。

まとめ

1
自分でニキビを潰すという選択もありますが、やはり知識や経験が豊富な医師に相談するほうが安心といえます。最近では、針などの器具以外にも熱で毛穴を開きニキビを治すという治療も出てきています。

この治療は、熱により雑菌を殺すので効果的とされています。ニキビ跡を作るリスクを最小限におさえ確実に早く治すためにも病院でのニキビ治療をおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

6fb3c5df70d55874fe7c6c88384b0c9e_s

夏到来!脇汗をケアしよう

夏の時期に特に気になるのが「脇 …