Home / 美肌 / ニキビの原因になりやすい食事と予防になる食事
breakfast-1246686_640

ニキビの原因になりやすい食事と予防になる食事

「チョコレートを食べるとニキビができるよ」と聞いたことがある方は多いでしょう。食べ物とニキビ、これは実は大きな関係があります。では、ニキビの原因になりやすい食事とはどのようなものでしょうか?そして、ニキビを予防することができる食事もありますから、ニキビができやすい方、食生活を見直すきっかけにしてみませんか?

スポンサードリンク

ニキビの原因になりやすい食事

schnitzel-1817337_640

まずは、ニキビの原因になりやすい食事や食べ物を見ていきます。日頃何気なくいつも食べているものや、食習慣がニキビを作り出しているかもしれません。ぜひ、自分の食習慣と比較しながらご覧くださいね。

脂質の多いもの

脂っこいものを食べるとニキビが出来る。こう自覚している方も多いかもしれません。これは、事実と言えるでしょう。ニキビは皮脂の過剰分泌により、皮脂が毛穴に詰まって皮膚に常に存在しているアクネ菌と混ざりあって繁殖することで炎症を起こして発症します。ですから、皮脂の過剰分泌を手伝ってしまうような食べ物はニキビの原因となりやすいのです。

その1つが、脂質の多いものです。肉、揚げ物、バターを使ったもの、ファーストフード、スナック菓子などは脂質が多いものに含まれるでしょう。これらを食べてはいけないというわけではなく、どれぐらいの量や頻度、食べているのかということが重要となります。

糖質の多いもの

cakes-489849_640

糖質の多い食べ物もニキビの原因となりやすいでしょう。糖質は摂取すると体内で分解する際にビタミンBをたくさん使います。そして、分解されて残ったものは脂肪となり、体に溜まっていき皮脂の過剰分泌へとつながっていくのです。糖質の多いものとしては、チョコレートやケーキなどの洋菓子、ジュースなどの清涼飲料水などが含まれますし、炭水化物も糖質が多いでしょう。おやつを食べることが多い方、量が多い方、さらにはお米やパン、麺類などをたくさん食べる方は注意が必要です。

辛いもの

辛いものといった刺激物もたくさん食べ過ぎると、胃腸に負担がかかります。そのため、消化や吸収の機能が低下してニキビが出来ることがあるとされています。トウガラシなどをたくさん使った食事は、少しや時々であれば、新陳代謝を促し肌に良いですが、極端にたくさん食べ過ぎるとかえって、肌荒れを起こすということを覚えておきましょう。

アルコール類・カフェイン類

アルコール類は、適量であれば悪くはないとされています。しかし、たくさん飲み過ぎると、アルコールには糖質が多く、皮脂の過剰分泌の原因となりかねません。また、飲酒により血行が良くなりますから、ニキビが出来て炎症を起こしている状態の時には、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

コーヒーや紅茶、コーラなどに含まれているカフェインも、肌の新陳代謝を促したり、皮膚に栄養を与えたりする役割があるビタミンBを吸収してしまうため、ニキビができやすくなる原因とされています。ですから、摂取する量に気を配る必要があるでしょう。1日に何杯も飲み過ぎてしまうことを避けると肌の調子を整えることができるかもしれません。

ニキビを予防する食事

food-1257320_640

ここからは、ニキビを予防するのに役立つ食事、特にどんな栄養素を摂ると良いのかを取り上げていきます。主に4つの栄養素と肌への効果、どんな食材に含まれているのかをご紹介していきますから、積極的に毎日の食生活に取り入れましょう。

ビタミンB群

先ほどから何回か登場しているビタミンB群。これは、肌の状態を良く保つためには欠かせない栄養素と言えます。特にビタミンB2とB6はおすすめです。ビタミンB2は、炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝を促す働きがあり、皮膚や粘膜が成長するのを助けてくれます。さらに、ビタミンB6は、たんぱく質の働きをサポートする役割を果たすため、皮膚や粘膜を健康に保ち、新陳代謝を促しハリや潤いのある肌へ生まれ変わるのを助けてくれるでしょう。また、皮脂の過剰分泌を抑えてくれる効果も期待できます。

ビタミンB2は、ウナギやサバ、マグロやカツオ、納豆、卵黄や牛肉、モロヘイヤやサツマイモ、チーズ、アーモンド、バナナなどに多く含まれています。ビタミンB6は、イワシや鮭、マグロ、豆腐、にんにく、鶏肉、牛肉、豚肉、ごま、ピスタチオなどが含有量が多いとされています。これらの食べ物を食事の際に、積極的に取り入れましょう。

ビタミンC

strawberries-1350482_640

ニキビ予防と言えば、ビタミンCと思われる方も少なくないでしょう。ビタミンCは、活性酸素という肌を老化させる物質を無害なものに変える働きがあります。そして、皮脂の過剰分泌を抑えてくれる働きがある栄養素です。さらには、メラニン色素の合成を抑制する美白作用がありニキビ跡を残さないようにも助けてくれる成分です。

ビタミンCは、赤パプリカ、黄パプリカ、水菜、ブロッコリー、アセロラジュース、柿、キウイ、イチゴ、グレープフルーツ、レモンなどに多く含まれています。サラダやおやつにこうした野菜や果物を取り入れてみるのはいかがでしょうか?1日に100㎎ほど摂取することがすすめられています。アセロラジュースだったら84CC(コップに約半分)、イチゴ8粒、キウイ1,5個ほどぐらいがそれぞれの目安です。

ビタミンE

ビタミンEは、ホルモンバランスの乱れにより生じるニキビを予防するのに助けとなります。男性ホルモンが増えると皮脂の過剰分泌につながり、ニキビができやすくなります。その点、このビタミンEは、女性ホルモンが増えるよう促してくれ、ホルモンバランスを整えてくれる作用があるので、女性は特に摂り入れたい栄養素です。また、肌の新陳代謝、ターンオーバーが正常に働くのを助けてくれるので、ニキビの予防、治りを早めてニキビ跡を作らせないようにしてくれるでしょう。

ビタミンEは、豚レバーや牛レバー、あんこうきも、うなぎ、たらこ、辛子明太子、魚肉ソーセージ、アーモンド、ひまわり油、トウガラシ、かぼちゃ、抹茶などに多く含まれています。こうした食べ物を食事にバランスよく取り入れましょう。

食物繊維

avocado-1844894_640

食物繊維もニキビ予防に良いとされている栄養素です。食物繊維を摂っていると便秘を避け、腸内環境が整います。また、免疫機能もアップするので、ニキビが出来にくくなるでしょう。ただし、注意が必要な点として食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。「不溶性食物繊維」は保水性が優れているので、腸の中にある水分を使って何倍にも膨れ上がり、腸を活発に動かします。これは、おからやゴボウ、セロリ、オクラ、タコノコ、とうもろこし、春菊、インゲン豆、さつまいも、こんにゃくなどに含まれています。

そして、「水溶性食物繊維」は水に溶けて柔らかい便として排出するのを助けてくれます。果物や、玉ねぎ、やまいも、寒天、ひじき、わかめ、もずく、大麦などに多く含まれています。便秘がちな方は、この水溶性食物繊維のほうを積極的に摂ると良いでしょう。食物繊維だからとゴボウなどの不溶性食物繊維を摂っていると、かえって便秘になってしまうことがあります。

食事を改善してニキビのない美肌を目指そう!

ニキビの原因になりやすい食事と予防できる食事について取り上げてきましたが、ご自身の食生活と見比べていかがでしたか?原因となりやすい食事を全くとってはいけないわけではありません。何事もバランスが大切です。肉、魚、野菜、果物、乳製品などをバランスよく摂取することで健康的な体と肌を手に入れることができるでしょう。毎日の意識と積み重ねが体を作り上げますから、日々の食生活をちょっと改善してニキビのない美肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …