Home / 美肌 / ストレスによってニキビが出来る原因と解消方法
1

ストレスによってニキビが出来る原因と解消方法

1

ストレスが溜まるとニキビが出来やすくなるという人も多いのではないでしょうか。ストレスとニキビには密接な繋がりがあります。

そこで、ストレスからニキビが出来る原因とその解消方法について詳しくご紹介していきます。今日からストレスを溜めない体作りに役立つはずです。

スポンサードリンク

ストレスによってニキビが出来る原因

男性ホルモンが増える

2

①ストレスによるホルモンバランスの崩れがニキビの原因になります。過剰にストレスがかかることで、女性ホルモンの中のひとつ「黄体ホルモン」が皮脂の分泌を活発にします。

この「黄体ホルモン」は、男性ホルモンの「アンドロゲン」に似た働きをするので顔の皮脂腺を活発にすると言われています。皮脂分泌が多くなると脂っぽくなり毛穴を詰まらせニキビになっていきます。

ホルモンバランスが崩れると生理周期に乱れが出てきます。月経の始まった日にちから次の月経が始まる前日まで生理周期のずれが2~3日ならあまり気にしなくて良いそうですが、正常な月経周期25~38日ではなく月経周期が定まらない時は、ホルモンバランスが乱れていることになるようです。

②ストレスを感じるとストレスに対抗しようとして視床下部が副腎皮質に命令を出し「コレチゾール」や「アドレナリン」を分泌させます。これらはストレスに対抗するために必要なホルモンと言われていますが、分泌が増えることで男性ホルモンの分泌量も増やしてしまいます。

男性ホルモンは、皮脂を過剰に出す特徴があり、ストレスが長く続くことで女性の場合は、男性ホルモンが多く出過ぎて生理が止まるなどの生理周期に乱れが起こります。それだけではなく、皮脂を詰まらせたり、免疫力が低下し肌のバリア機能が落ちたりすることでお肌は乾燥していきます。

お肌の乾燥が大人ニキビへとなります。ストレスが原因で起こる大人ニキビの場合、あご、デコルテ、背中にニキビが出来やすい傾向があるようです。ストレス状態が続くことでニキビもどんどん悪化してしまいます。

ストレスから胃腸の働きを悪くする

3

ストレスなどで消化機能が悪くなったり胃酸が出すぎてしまったりすると、便秘や下痢といった腸内環境を悪くしてしまうことになります。胃腸の働きが悪くなるとビタミンやミネラルなどの栄養を吸収する力が弱まり新陳代謝も悪くなっていくのです。

その結果、肌のターンオーバーが遅くなり細菌が増殖しやすい状態を作ってしまい、毛穴を詰まらせニキビへと繋がっていきます。

ストレスニキビを解消する方法

体を動かす習慣をつける

4

ストレスで固まってしまった筋肉や神経をときほぐすために軽いストレッチを日常生活の中で取り入れてみると血行が良くなり新陳代謝を上げることが出来ます。何よりストレス緩和に繋がります。

例えば、入浴前のラジオ体操や入浴後の軽いストレッチの全身運動や、仕事中イスに座ったまま背筋を伸ばし、両肩を後ろに反らせて深呼吸をするだけでも良い気分転換になります。日常の中で体のストレッチを少しするだけでストレスからくるニキビの改善に効果が出てきます。

リフレッシュ方法を見つける

5

ストレスを解消するためには、心身ともにリフレッシュすることが大切です。映画鑑賞、スポーツ、アロマテラピー、音楽鑑賞など自分なりに楽しみを見つけることが良い方法です。

また、体調面でも疲れを溜めないようにすることが大事です。喫煙や過度の飲酒などでストレスを発散するのは避けたほうが良いでしょう。友達と食事に行くなど体が喜ぶ食材をメインにお店を選ぶことが良い方法のようです。

良い睡眠をとる

6

ストレスニキビがある時はまず、体をゆっくり休めることが大切です。特に良い睡眠時間帯が22時~深夜2時の間(ゴールデンタイム)の時と言われています。

この時間は、成長ホルモンが活発になり、日中に受けた肌へのダメージの修復をするだけではなく、肌の新陳代謝を促進してくれる働きをしてくれます。また、毎日6時間~8時間程度の睡眠がお肌に良いと言われています。

水分補給をする癖をつける

7

便秘の原因になると言われている悪玉菌を減らし善玉菌を増やすために水分を補うことが大事です。1日にミネラルウォーターを常温にして1.2~2リットルを目安にこまめに飲むようにするとストレスコントロールの効果が得られるそうです。

体を冷やさないためにも常温で飲むことをおすすめします。また、白湯にすることで基礎代謝を上げることも出来ます。白湯は、便秘解消だけではなく美肌効果も期待されます。

深呼吸をする

8

ストレスを感じると交感神経と副交感神経のうちの交感神経が優位になってしまいます。交感神経が優位になるとニキビの原因となる皮脂が過剰に分泌されると言われています。そこで、副交感神経の働きを促す方法に腹式呼吸があります。

腹式呼吸は、お腹に空気を取り込むようにする呼吸法です。やり方は、背筋を伸ばした状態で鼻からゆっくり息を吸い込みます。この時、おへその下のお腹に空気をたっぷり入れるイメージでお腹を膨らませていきます。

そして、吸ったときより倍の時間をかけて口からゆっくり息を吐き出します。深く深呼吸するだけで副交感神経の働きが良くなるので、日常生活の中で取り入れるようにすることが大切です。

外側からもケアする

9

ストレスからくるニキビには、体の外側からもしっかりケアすることが大切になります。そのためには、保湿を十分に行うことが必要です。ニキビの原因は、毛穴に皮脂が溜まりそこに細菌が繁殖して正常なターンオーバーが出来なくなっていることです。

乾燥していると古くなった角質がうまく剥がれないまま毛穴を塞いでいきます。そこで、化粧水や美容液をしっかり入れ角質が厚くなることを防ぐために保湿成分の高い化粧水を選ぶようにします。

おすすめは、ビタミンC誘導体の成分が入っている化粧水です。大人ニキビを早く改善してくれると言われているビタミンCには、強い抗酸化作用があり炎症のもとになる活性酸素を除去してくれる働きや皮脂を抑える効果、色素沈着を防いでくれる働きがあります。

食事バランス

10

ストレスが原因になっているニキビには、体の中からしっかりケアすることが良い解消方法になります。1日3食栄養バランスの摂れた食事を心がけることが大切です。特にニキビに効果的な栄養素には、皮脂の過剰分泌を抑える働きとお肌の代謝を上げてくれるビタミンB群、

ニキビの炎症の元となる活性酸素を抑え、抗酸化作用を持つビタミンC、肌の健康を保ってくれるビタミンAを摂り入れることが良い方法と言われています。具体的な食品をご紹介します。

①ビタミンB群が多く含まれる食材‥カツオ、まぐろ、にんにく、レバー、うなぎ、アボガド、青魚、納豆、乳製品など

②ビタミンCが多く含まれる食材‥パセリ、ピーマン、ブロッコリー、レモン、モロヘイヤなど柑橘系果物、緑黄色野菜など

③ビタミンAが多く吹くられる食材‥レバー、タラ、あなご、人参、卵、ほうれん草など

食事だけで補えきれない時は、サプリメントも合わせて飲むことが効果的な方法と言われています。

ひとりで悩まない

11

ストレスを溜め込まないためにもひとりで抱え込まないで家族、友達、恋人、同僚などに話を聞いてもらうことが良い方法のようです。誰かと話すことで気持ちが落ち着いたり、解決の糸口が見えてきたりすることもあります。

たくさん笑って、心も体も健康になることがニキビを改善することに繋がります。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400-600x330

ホットジェルのクレンジング剤の特徴とおすすめな人

ホットジェルタイプのクレンジン …