Home / 美肌 / ステロイドのニキビに対する効果と注意点
1

ステロイドのニキビに対する効果と注意点

1

「ニキビが出来てしまった場合、ステロイドを使った方が早く治るの?」「ステロイドの副作用とはどんなもの?」といったことが気になる人も多いのではないでしょうか。そこで、ニキビにステロイドはどのような効果があるのか。ステロイドの注意点など詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ステロイドとは

ステロイドの薬について

2

ステロイド薬とは、腎臓の上部の「副腎」から作られる副腎皮質ホルモンのひとつで、薬として扱われているステロイドは、副腎皮質ホルモンを人工的に作った「糖質コルチコイド」と呼ばれるものです。

ステロイドは、炎症を抑える「抗炎症作用」や、体の免疫力を抑える「免疫力抑制作用」があります。ステロイドには、即効性がありますが根本的な治療薬というものではありません。

ニキビに対してのステロイドの効果

3

ステロイドでニキビに効果があるのかと言うと、ステロイドは炎症を抑える効果はありますが、根本的な治療薬というわけではないのでニキビを治す効果はあまりないようです。

ステロイドは、免疫を抑制するので炎症を抑える効果が早い反面、免疫を抑制されることでニキビの原因となるアクネ菌が増殖してしまう可能性があります。ニキビ跡に関してもクレーターのような凸凹や色素沈着を起こしてしまったニキビ跡に効果を発揮しません。

しかし、赤みを帯びたニキビには、ステロイドを用いることで早い段階で赤みがとれ肌表面がキレイになってきます。炎症が収まった段階で根本的なニキビを改善するスキンケアにうつるようになるのです。

初期の段階のニキビや赤く炎症を起こしたニキビの炎症を抑える薬がステロイドとなります。

ステロイドの薬の種類

4

出展: www.atopy-mama.com

ステロイドには、いくつか種類がありその効果や薬の強さも違います。そこで、ニキビなどで処方される代表的なステロイド薬をご紹介していきます。

皮膚科で処方してくれるステロイド薬
①リンデロン‥塩野義製薬株式会社から出ているリンデロンは、皮膚科から処方してもらえる薬でこの薬に使用されるステロイドはベタメゾンです。用法は1日朝晩1~2回患部に塗ります。

薬は透明で無臭ですが、ベタつきがあります。薬の強さは「強力」レベルで、皮膚の弱い人などには処方されないようです。副作用として毛細血管が浮き出る、肌荒れやかゆみが出る場合があるそうです。

基本的に刺激が強めのステロイドは皮膚科で処方されるものですが、刺激の弱めのステロイドでしたら市販薬でもあります。

②テラコートリル‥ジョンソンエンドジョンソン株式会社から出ているテラコートリルは、市販薬として最も有名です。

テラコートリルに使用されているステロイドは、ヒドロコルチゾンで、黄色の軟膏で無臭なのが特徴です。薬の強さレベルも「弱い」ものなので、副作用についてもあまり心配ないようです。

ステロイドの副作用について

5

ステロイドには「副作用があるのでは?」と気になる人も多いのではないでしょうか。ステロイドにもレベルの違いにより副作用が出る場合があるのでその症例をご紹介します。

ステロイド外用薬は5段階に強度レベルに分けられ「最も強い」「より強い」「やや強い」「普通」「弱い」というふうに分類されます。「最も強い」ステロイドを炎症部分に1~2週間程度使用すると副作用が現れる場合があります。

「やや強い」ステロイドを顔の炎症部分に1~2週間程度使用する場合は、副作用の心配がほとんどないと言われています。「弱い」ステロイドなら1ヶ月程度の使用まではなら副作用の問題がないようです。具体的にどのような副作用が現れるかをご説明していきます。

①ニキビが悪化‥ステロイドは免疫を抑制する作用があり、炎症を抑える効果が高いのですが、免疫を抑制させることで免疫力を低下させてしまいます。そうなると、感染症などの影響を受けやすく、ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を防ぐ力が弱くなりニキビを悪化させてしまう場合があります。

②体毛が濃くなる‥ステロイドを使用することで体毛が濃くなることがあります。よくあるケースが口の周りなどの体毛が濃くなることです。

これは、ステロイドには、男性ホルモンとよく似た働きをする作用があるため女性であっても体毛が濃くなるなどの症状が出てくる場合があります。ステロイドの使用を中止することで治るようです。

③皮膚が薄くなる・ 血管が浮き上がって見える‥ステロイドには、免疫力を抑制する作用の他に皮膚細胞の増殖を抑える作用があり、皮膚が薄くなる「皮膚萎縮」血管が浮き上がって見える「毛細血管拡張」といった症状が現れる場合があります。

この症状は、長期間ステロイドを使い続けることで起こると言われており専門医の指導のもとでは起こることがない症状のようです。このことからも自己判断で長期間にわたりステロイドを使用することは危険な行為になります。

ステロイドを使用して副作用が現れる場合は直ぐに医師に相談することが大切です。むやみにステロイドを怖がらず医師の指導の元、正しい用法容量で使用することでステロイドの効力を実感できるようです。

また、ステロイドは効く人には、よく効くのですが、効かない人には全く効かないというもののようです。自己判断で使用し続けることがないように医師の説明を聞いた上で使用することが大切です。

ステロイドを使用する場合の注意点

6

ステロイドを使用する際の注意点についてご紹介していきます。ステロイドは塗る場所によっても効力が変わります。腕や脚などに比べ顔の皮膚は非常に薄いためステロイドの副作用に注意が必要になります。

また、脂性肌の人はステロイドを使用することでニキビが発生しやすい傾向があるようです。そうかと言って、ステロイドを使用すると副作用が気になるからとひどい炎症がある場合でも使用をやめてしまうと、返って重い症状になってしまうことがあります。

医師の指導の元で決められた適切な量と回数で使用することが大切です。ステロイドの吸収率も顔と腕では違ってきます。自己判断で腕に使用していたものを顔にも使用するということは避けるべきです。

ステロイドは、薄く塗るようにするだけで十分な効力があるようですので、たっぷりと塗ることはやめておいたほうが良さそうです。妊娠中でもステロイド外用薬であれば問題がないと言われていますが、医師への相談は必ずすることが必要です。

ステロイドは「長期間使用し続けないこと」「自己判断で使用しないこと」「医師または薬剤師への相談をすること」がポイントになります。

ステロイドのニキビに対する効果と注意点 まとめ

7

「軽い炎症程度のニキビにはステロイドを推奨しない」というのが日本皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインにあるようです。

基本的にはニキビ治療にステロイドを処方されることが少ないそうですが、ニキビの炎症やかゆみが強い場合には、ステロイド外用薬が処方されます。例えば炎症を起こした赤ニキビから血や膿がたまり赤紫色になってしまった場合などです。また、ニキビからケロイド状態になってしまうことがあります。

これは、ニキビ跡の皮膚が再生しようとすることでその部分が過剰に盛り上がってしまうからです。この場合は、ケロイド部分にステロイド注射を用いて皮膚を平らにし、赤みをとる処置がされるそうです。

あくまでもステロイドは炎症を抑えるためのものであり根本的な治療ということではないようですので、炎症を抑えたあとはニキビを治すスキンケアが大切になります。

ニキビにはステロイドで治すというより食生活、生活習慣、ニキビに有効なビタミンC誘導体配合の化粧水などで改善することが基本なようです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …