Home / 美肌 / ニキビ跡が色素沈着したシミの原因と解消方法
1

ニキビ跡が色素沈着したシミの原因と解消方法

ニキビが出来た後に赤みや茶色のシミが残り困ってしまったことはありませんか。ニキビ跡は、色素沈着からシミに繋がってしまいます。厄介なのは一度出来るとなかなか治らない点と目立ってしまう点です。

怖いのがなんとか早くシミを解消しようと間違えたスキンケアをしてしまい悪化させてしまうことです。そこで、色素沈着して出来たシミを少しでも早く解消するための方法について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

ニキビ跡が色素沈着したシミの原因

赤みや紫かかったニキビ跡

ニキビ跡から出来たシミの原因を知ることが、シミの解消の近道になります。まず、赤みや紫かかったニキビ跡が出来てしまう原因は、ニキビが炎症を起こした後に血が滲み出してしまい、

血液が固まり紫かかった色になって色素沈着をしてしまうからです。皮膚が薄いので肌内部の色が目立ちやすくなります。

ニキビ跡が茶色のシミになる場合

ニキビ跡から茶色のシミになってしまう原因は、赤みや紫かかったニキビ跡に紫外線があたり、メラニン色素が活発になってしまうことにあります。メラニン色素は、紫外線が入り込んだ肌を守ろうとする役目を持っています。

通常は、古い角質が剥がれ落ちるときに不要なメラニン色素もなくなっていくものですが、ニキビ跡のようなダメージがある場所には多くのメラニン色素が出されてしまいます。そうなると不要なメラニン色素をすべて排出できず、しだいに酸化してシミになってしまいます。

ニキビ跡が色素沈着したシミの解消方法

生活習慣でシミを解消する方法

4

シミを早く解消するためにまずは、生活習慣を見直すことが大切になります。

①紫外線対策を怠らない

ニキビ跡がある場合、紫外線を浴びてしまうことで悪化させてしまうことになります。必ず日焼け止めや帽子、日傘など念入りに紫外線対策をすることが大切です。

②ニキビを手で触らない

ニキビが気になると知らず知らずのうちに手で触ってしまいがちになりますが、雑菌がついたままの手で触ることはニキビ跡を悪化させてしまうことになります。

また、髪の毛がニキビにあたると刺激になってしまい、ニキビ跡が色素沈着するだけではなく凹凸のある肌になってしまいますので注意が必要です。

③スキンケアをしっかりする

スキンケアをしっかりと行うことでシミの解消の近道になります。洗顔料は、泡立てネットなどでしっかり泡だて優しく洗ってから、保湿を入念にすることが大切です。

④良い睡眠をとる

成長ホルモンが分泌されやすいゴールデンタイム(PM10時~AM2時)にしっかり睡眠をとることが良い方法と言われています。しかし、仕事などでなかなかその時間に睡眠をとることが出来ない場合でも、平均7~8時間の睡眠を確保することでニキビ跡からのシミの解消に繋がります。

⑤食生活に気をつける

インスタントラーメンやスナック菓子、チョコレートなどの食べ過ぎ、過度な飲酒はニキビを作りやすくし、ニキビ跡を悪化させてしまいます。

普段から野菜や魚を中心とした食生活を意識することが大切です。また、ニキビ跡の改善にビタミン類を積極的に摂ることが良い方法と言われています。

⑥ストレスを溜めない

ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れやすくなりニキビ跡を悪化させ改善しにくくなります。そこで、ストレスを溜めない生活習慣をとりいれることが大切です。

例えば、適度な運動や読書、音楽鑑賞など自分にあったリラックスの仕方を生活の中に取り入れることで正常なターンオーバーを促すことに繋がりニキビ跡から出来たシミを解消しやすくなります。

⑦喫煙をしない

タバコを吸うことで末梢血管を収縮させてしまい血行が悪くなります。また、タバコは体内のビタミンCを大量に消費させてしまうことになりニキビ跡を悪化させてしまいます。禁煙することでニキビ跡から出来たシミを解消することに繋がるようです。

化粧品でシミを解消する方法

5

色素沈着をしたシミを解消するのに効果的な化粧品を選ぶことが良い方法になります。そこで、ニキビ跡から出来たシミを解消してくれる化粧品成分についてご紹介します。

①ビタミンC誘導体(リン酸型ビタミンCなど)

ビタミンCは不安定なので肌に吸収しやすいように処理を加えたものがビタミンC誘導体です。出来てしまったシミを薄くする役目とメラニンを作る過程をブロックし、肌にハリを与え、透明感を引き出す働きをしてくれます。

②ハイドロキノン

肌の漂白剤と呼ばれている成分でチロシナーゼ活性化を防ぎ、メラニンを薄くする漂白・還元作用があります。

効果が強い分「白斑」など肌トラブルが起こる可能性があるので、パッチテストは必ず行い、塗った箇所が直接紫外線に当たらないようにしなければなりません。シミが薄くなった時点で使用を止めるようにすることが大切です。

③アルブチン

αアルブチン、βアルブチンがあり、どちらもハイドロキノン誘導体ですが、皮膚への刺激がほとんどなくハイドロキノンに比べて安定しているようです。メラニンを作る過程をブロックする働きがあります。

④ルシノール(4-n-ブチルレゾンルシノール)

ポーラ独自開発の成分で、ハイドロキノンに似た構造を持っていますが、肌への浸透性もよく安全性が高い成分です。コウジ酸の約5倍、アルブチンの約400倍の美白効果があるとも言われています。

⑤リノール酸

べに花油から抽出された成分で、チロシナーゼを分解し余分なメラニンの生成を抑制する働きがあります。

⑥カモミラET

花王独自開発の成分でカモミールから抽出されています。メラノサイトへ司令を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制してくれます。肌に透明感を与えニキビケアに効果的です。

⑦4MSKA(4-メトキサリチル酸カリウム塩)

慢性的なターンオーバーの不調に効果を出すために開発された成分です。

⑧トラネキサム酸

メラニン色素生成を抑制し、炎症を抑える効果があります。チロシナーゼ生成をブロックする成分でニキビケアに効果的です。

⑨マグノリグナン

透明感のある肌を保ち、チロシナーゼの成熟化をブロックする成分です。

⑩プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出された成分で、チロシナーゼをブロックしてくれ、新陳代謝や血行を活発にしてくれる作用があります。

⑪コウジ酸

麹由来成分で、酒の醸造所でコウジ菌を扱う人達の手が白く美しいことから発見されたと言われています。チロシナーゼの働きを抑制し、肌を滑らかにする作用があります。

⑫エラグ酸

高い美白効果があるエラグ酸には、ブラックベリー、ラズベリー、苺など植物に含まれる天然フェノール系の抗酸化物質があり、チロシナーゼの働きを抑制してくれます

ピ-リングでシミを解消する方法

6

色素沈着をしたシミを解消するには、ターンオーバーを正常にすることを意識することが大事です。そこで、肌の生まれ変わりのサイクルを作ってあげるためにピーリングという方法があります。ピーリングについて詳しくご説明します。

ピーリングには消しゴムカスのようにポロポロ落とすゴマージュ、スクラブタイプやクリーム、ジェル状の洗い流すタイプのものがあります。出来るだけ肌に優しく酸度の低いタイプを使うようにすることが大切です。市販のピーリングは低刺激のものが多いようですが、それでも肌に赤みが出る、痛みをともなうなどのトラブルが全くないとは言い切れないので必ずパッチテストを行うことをおすすめします。

ピーリングを行う頻度は、1週間に1~2回くらいが良いと言われています。ピーリング後に角質層のバリア機能が一時的に下がり、乾燥や紫外線などの外部刺激で肌トラブルを起こしやすくなります。ピーリング後は必ずしっかり保湿をし、紫外線対策をすることが大切です。肌に炎症を伴うニキビがある時は、ピーリングをすることで肌状態を悪くしてしまう可能性もあるので避けたほうがよさそうです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …