Home / 美肌 / 大人のニキビに効く洗顔フォームの選び方と使い方
c8918e0317f81fd329f80a34fa0f5ab9_s

大人のニキビに効く洗顔フォームの選び方と使い方

大人の肌トラブルで厄介なものの1つに「大人ニキビ」があります。メイクで隠してかえって治りを悪くしてしまうということはありませんか?この「大人ニキビ」は、洗顔フォームの選び方、使い方次第で、改善を図ることができます。

そこで、どのような洗顔フォームを、どのように使ったらよいかをご紹介していきます。

スポンサードリンク

「大人ニキビ」と「10代のニキビ」との違いは?

c00928fdf5cf78ff95881283c7a991bf_s

まずは、「大人ニキビ」とよく聞きますが、10代の頃にできるニキビとは、違うのでしょうか?違うのであれば、どのように異なるのかそのメカニズムを見ていきましょう。

ニキビができる部位や原因が異なる

10代の頃のニキビと20代以降にできる大人ニキビには、違いがあります。10代の頃にできるニキビは、皮脂の分泌が活発なために、毛穴に皮脂が詰まるためにできるとされています。ですから、ニキビができる部位も、おでこや鼻などのTゾーンが多いでしょう。一方、20代以降にできる大人ニキビは、Uラインと呼ばれる頬や顎などの部分が多いかもしれません。

そして、原因も非常に様々です。例えば、肌の乾燥、古い角質や汚れが毛穴に詰まっている、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。こうして原因を見てみると、肌の乾燥や毛穴詰まりは、洗顔の仕方に起因している面も多くあります。ですから、大人ニキビでお悩みの方は、洗顔フォームや、洗顔の仕方を見直してみることには価値があると言えるでしょう。

「大人ニキビ」に効く洗顔フォームの選び方とは?

05a2335ea91137f55fbfbbf2de54ada0_s

では、大人ニキビに効果のある洗顔フォームとはどのようなものでしょうか?数ある洗顔フォームの中からどういったものを選んだらよいのかを見ていきましょう。

洗浄力の強すぎるものを避ける

ニキビがあると、皮脂が多いというイメージがあるため、スッキリと洗浄させたほうが良いのでは?と思われる方も多いことでしょう。20代以降の大人ニキビの場合は、先ほど原因の所でも取り上げたように乾燥によりニキビができてしまうことが多くあります。なぜでしょうか?私たち人間の肌は、本来、適度に皮脂を必要としていて、その皮脂がバリア機能を果たし、肌に潤いをもたらすのです。

しかし、洗顔で必要な皮脂まで落とし過ぎると、肌は皮膚を守ろうとさらに多くの皮脂を分泌するメカニズムになっています。そのため、皮脂の過剰分泌を招き、ニキビができてしまうのです。ですから、肌が本来の皮脂により潤いを保っていれば、皮脂も正常に分泌されます。

そこで、洗顔料を選ぶ際には、洗浄力が強すぎるものを避けましょう。合成界面活性剤という成分が含まれているものは、避けた方が賢明です。この成分は、洗濯洗剤などに含まれる強力な洗浄力があるもので、これで洗うと肌が突っ張った感じになり、肌への刺激も強すぎて肌荒れやニキビの悪化を生むことがあるからです。

余分な皮脂をしっかりと落とすものを選ぶ

洗浄力が強すぎるものはよくありませんが、汚れを落とせないものもよくありません。なぜなら、毛穴に詰まっている汚れや古い角質や角栓は、ニキビの原因となるからです。そのため、不要な汚れはスッキリと落としてくれるものを選びましょう。

洗顔フォームを選ぶ時のポイントは、泡立ちです。きめ細かい泡が毛穴の奥にまで入り込み汚れを吸着して落としてくれるものが良いとされています。これは、使い方にも関係してくる部分ですが、泡立ちが良い洗顔フォームを意識して選ぶようにしてください。

保湿成分が含まれているものを選ぶ

さらに大人ニキビに効果がある洗顔フォームとして、保湿成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。洗顔は、洗浄力が強くなくてもどうしても乾燥してしまうものです。そこで、保湿成分、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が含まれていると肌の皮脂を守りつつ、肌の潤いを保つことができ、乾燥を防ぐことができるでしょう。

ピーリングやスクラブ入りには注意が必要!

ニキビは汚れが詰まっているから、皮脂を取りたいから、毛穴の黒ずみを取りたいからといった理由でピーリング効果のあるものやスクラブ入りの洗顔フォームを選んでいませんか?これは、ニキビができている時には、特に注意が必要で、できれば避けた方が良いでしょう。もしピーリングをしたい場合は、頻度に注意して使うようにしてください。

炎症を抑える効果のある成分が含まれているものを選ぶ

赤く腫れている状態のニキビの時は、炎症を抑える効果がある成分の入っている洗顔フォームが良いかもしれません。例えば、グリチルリチン酸やビタミンE誘導体などの成分が良いとされています。

洗顔フォームの正しい使い方とは?

afb6071a769250d8f9f8f9100c2035a3_s

ここからは、ニキビに効果のある洗顔フォームの正しい使い方をご紹介していきます。せっかく良い洗顔フォームを選んでも使い方が間違っていると、本来の効果を発揮できない場合があるからです。次のポイントを特に注意して行ってみてくださいね。

1日に何度も洗い過ぎない

ニキビがあると、綺麗にしたほうが良いと思って1日に何度も洗顔してしまうという方がおられます。しかし、洗い過ぎは肌の乾燥を招いたり、いくらニキビに効果的な洗顔フォームであっても肌への刺激が強すぎてしまうことがあるでしょう。

洗顔は朝と晩の1日に2回で良いとされています。しかも、最近では、朝は水洗顔だけで良いとさえ言われています。よっぽどの脂症肌でない限り、洗顔フォームは夜だけ使うようにして、朝は30度ぐらいのぬるま湯で洗うようにしましょう。

よく泡立てる

洗顔の要と言っても過言ではないのが、「泡」です。よく泡立てて、その泡で洗うことで毛穴の奥の汚れをスッキリと落とすことができます。そこで、手で泡立てるという方は、ぬるま湯を適宜足しながら、指でよくかき混ぜて、濃密な泡を作り出しましょう。

そして、手ではうまく泡が作りにくい、時間がかかるという方は、泡立てネットを使用すると簡単に作ることができます。また、泡を作るためのグッズも販売されていますから、それを活用してみるのもいかがでしょうか?

ゴシゴシせず泡で優しく洗う

洗顔のポイントとしてもう1つ大きな点は、ゴシゴシと指で擦らずに泡で優しい力で洗うという点です。汚れを取ろうと必死になって、ゴシゴシと擦ってしまうと、肌を痛めますし、毛穴を広げてしまって、肌の乾燥を招く結果になりかねません。もこもこに作った泡で優しく優しく洗うようにしてください。指と顔の間には常に泡があるようにします。泡を顔にのせるだけでも汚れが取れるとさえ言われています。

30度ぐらいのぬるま湯でしっかりとすすぐ

すすぎ残しがあると、洗顔料が皮膚に残り、ニキビの悪化やさらなる発生につながってしまいます。ですから、髪の生え際や顎の周りなど残りやすい部分までしっかりとすすぎましょう。お湯の温度も重要です。熱いと肌を乾燥させてしまい、冷たいと汚れを落とす前に毛穴を引き締めてしまいます。ですから、30度ぐらいのぬるま湯が適温とされています。ぬるま湯で20~30回ぐらいすすいで、洗い残しを作らないようにしましょう。

洗顔後は3分以内に保湿を

洗顔をしてタオルで優しく拭き取ったら、3分以内ぐらいに保湿するようにしましょう。しつこいようですが、乾燥は大人ニキビの大敵です。ですから、化粧水や美容液などの基本的ケアをしっかりと行うようにしてください。

洗顔フォームを変えて大人ニキビ解消!

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

洗顔フォームの選び方と使い方次第で、治りにくい大人ニキビを早く改善したり、新たに作り出さないようにすることができるかもしれません。大人ニキビの原因によっては、生活習慣や食習慣などを変える必要もあります。しかし、洗顔フォームを変えたり、正しい洗顔の仕方を行うことも1つの手ですから、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

Check Also

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400-600x330

ホットジェルのクレンジング剤の特徴とおすすめな人

ホットジェルタイプのクレンジン …