Home / 美肌 / 背中にニキビ跡ができる原因とニキビ跡の解消方法
f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-1-600x400

背中にニキビ跡ができる原因とニキビ跡の解消方法

ニキビと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、顔にできるということでしょう。しかし、私たちの体の中でも、皮脂腺がたいへん多く、それゆえに皮脂の分泌が活発に行なわれている部分があります。その部分にニキビができやすいと言われており、その部分とは背中のことです。加えて、背中は自分の目からは直接見えない部分であるために、何らかの肌トラブルが起きていてもなかなか気づかず、悪化しやすい場所でもあります。

本記事ではニキビが背中にできやすい原因と跡が残ってしまう理由、解消方法についてご紹介していきます。背中のニキビで悩んでいるという方は、本記事と一緒に背中のニキビに対してどのように対応していくか考えていきましょう。

スポンサードリンク

背中にニキビができる原因

背中にニキビやニキビ跡ができてしまうことにはいったいどんな原因があるのでしょうか。なぜ背中にニキビができやすいのか、早速見ていきましょう。

皮脂の分泌が多い箇所である

顔のおでこや鼻といったTゾーンに代表されるように、体の部位の中には皮脂の分泌量が通常より多い箇所というのが存在します。背中もこの皮脂の分泌量が多い体の部位というものに当てはまり、そのほかの場所と比較した時に皮脂量が多く分泌されています。

そのため、きちんとしたケアができていない場合、または何らかの要因により皮脂の過剰分泌が生じている場合においては、背中の肌の毛穴に皮脂や汚れなどのがつまり、ニキビを引き起こしてしまう原因となるのです。

手が届きにくい

また、背中は皮脂の分泌が活発に行なわれる場所であるのに、汗や汚れをしっかり落とすのが難しい箇所であるということも、背中にニキビができやすい理由の一つです。

背中は手が届きにくい場所でもありますし、視覚的にしっかりと確認をすることも難しいため、基本的には体の前面や手足の部位に比較してきちんとしたケアができていないことが多い箇所になります。そのため、毛穴に余分な皮脂や汚れが溜まりやすい状態になり、この状態を放っておくとニキビになり、さらに悪化すると跡になって残ってしまうというわけです。

自分の目に見えない場所であることに加えて、手が届きにくい場所でもあるため、入浴時にきれいに体を洗い汚れを落としているようでも、なかなか落としきれていないということが生じ得るものです。そのため、酷くなってしまってから始めて気づくことが多いと言われています。

事前にケアしづらい場所だということを認識しておき、夏場などはこまめに背中の汗を拭いたり、お風呂に入った時も背中は入念に洗ったりするなど、対策をすることによってニキビの発症確率を下げることができるようになるでしょう。

ストレスも原因に

また、別の原因としては、受けたストレスなどによってホルモンのバランスが崩れることにあります。男性でも女性でも、日頃から仕事上の事柄や家庭内の事柄のために非常に多くのストレスにさらされているものです。こうしたストレスが原因でホルモンのバランスが崩れると、大切な自律神経にまで作用することになります。自律神経の乱れが起こると、私たちの大事はお肌は乾燥してしまいます。当然、乾燥したお肌では、バリア機能が十分に働くことができません。そのため、皮膚は大事なお肌を守ろうと、皮脂を過剰に分泌してしまうことになります。

これらに加えて、背中にニキビ跡として残ってしまう原因は、お肌のターンオーバーが正常に行なわれていないことにあると言えるでしょう。お肌のターンオーバーとは、表皮の奥のほうで作られた肌細胞が徐々に表面のほうへ上がっていき、一定の周期で新しいお肌に生まれ変わるというサイクルのことです。このターンオーバーが正常に行なわれていれば、跡として残ることはまずないと考えられています。

それでは、いったんできてしまったニキビ跡を消す方法にはどのようなものがあるのでしょうか。自分でケアできる方法と皮膚科などで行なわれる治療法について考えてみましょう。

ケア商品を見直そう

0f34dd21fff8901e0490c3cd16062eba_s

まず、自分でケアする方法は、専用のケア商品を使って行なうというものです。例えば、炎症を抑える効果を持つビタミン類が配合されている化粧水などを使うことができるでしょう。また、ヒアルロン酸が豊富に配合されているケア商品を使うならば、お肌の保湿を守るとともに、有効成分がお肌にしっかり浸透していくようサポートすることにもなります。

加えて、ケア商品の中には、保湿成分だけでなく、お肌の乾燥を防ぐために油分をバランスよく含んでいる商品があります。これらの商品を使って効果的にケアすることができます。また、専用のケア商品の中には、ジェルタイプになっているため、背中全体に優しく塗るだけで効果を発揮するものがあります。これらのケア商品なら、手軽にふさわしいケアを行なうことができるでしょう。

さらに、気になる跡をきれいに消すためには、いつでも清潔な状態に保たなければなりません。それで、入浴時には、洗い残しやすすぎ残しがないよう、十分に注意しましょう。

睡眠時まで清潔に

加えて、気をつけるべき分野は睡眠時に関するものです。常に仰向けになって寝ている人の場合、背中にかなりの量の汗をかいているものです。この汗を放置しておくことも悪化を招く原因となるため注意が必要です。きれいに消すためには、普段の寝る姿勢にも注意を払うこと、また汗をかいたらきれいに流すことを習慣にできるでしょう。

もちろん、きれいに洗い流すと言っても、洗浄力の強い石鹸などを使って、ごしごしこすって洗ったのでは逆効果です。強い刺激を与えるとかえって炎症を起こしてしまうため、できるだけ刺激を与えないような洗い方を心がけましょう。刺激の弱い石鹸を使うこと、ナイロン製のタオルなどを使用せず手でやさしく洗うようにすることができます。

清潔な洋服を着よう

何日も同じ服を着ているなどしていると、服についた汚れがそのまま背中の毛穴とうに入ってしまい、ニキビが引き起こされる原因となってしまいます。常に清潔な洋服を着るように心がけ、清潔な環境下での生活を送れるように注意しておきましょう。また、洋服などを洗濯して放置してしまうと雑菌が繁殖する原因となってしまいます。洋服を洗濯した後は、なるべく早めに太陽の下で干す習慣を身につけると良いでしょう。

皮膚科の治療も

このように自分でケアすることに加えて、皮膚科などで治療を受けることによってきれいに消すこともできます。皮膚科で行なわれている治療法として代表的なのは、塗り薬やピーリングによるものでしょう。一言でピーリングと言っても、幾つかの種類があります。例えば、薬剤をお肌に塗るケミカルピーリング、またレーザーを照射するレーザーピーリング、さらにはアルミニウムの微粒子を吹き付けるタイプのクリスタルピーリングといったものがあります。どの種類を選ぶかは、肌の状態や原因によっても異なるため、医師に相談して自分に合ったものを選ぶことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?背中は皮脂の分泌量が多いだけでなく、視覚的にも見えづらい場所にあるため、ニキビ予防のためのケアがしづらい場所となっています。そのため、体の部位の中でもニキビができやすい箇所となっています。

しかし、背中は自分からは見えないから良いものの、いざ人に見られた時にニキビやあせもなどができていると印象が悪いですよね。ケアしづらい背中だからこそしっかりとケアし、美しい背中で居られるように常に心がけるようにしましょう。特に夏場などは汗などを定期的に拭いたり、替えの洋服を持ち歩いておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …