Home / 美肌 / ニキビ肌の方におすすめの洗顔石鹸の種類と使い方
4

ニキビ肌の方におすすめの洗顔石鹸の種類と使い方

「ニキビ肌で悩んでいるけれど、洗顔はどのように行うとニキビ改善には良いの?」という疑問を感じている方は少なくないでしょう。そのような方のために、ニキビ肌の方におすすめの洗顔石鹸の種類と使い方をご紹介していきます。

なかなか治らないという方は、洗顔料の選び方に原因があるかもしれませんから、お見逃しなく!

スポンサードリンク

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸の種類とは?

f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s-600x400

洗顔石鹸と言っても、実に様々な種類のものがあります。では、ニキビ肌の場合はどのような種類のものを使うと良いのでしょうか?選ぶ際のポイントといくつかのおすすめの洗顔石鹸をご紹介していきます。

洗顔石鹸を選ぶポイント

まずは、ニキビ肌の場合に洗顔石鹸を使う場合のポイントです。次の3つのポイントを押さえたものを選ぶのはいかがでしょうか?

1.泡立ちの良いもの

ニキビができる原因として、乾燥やホルモンバランスの乱れなどの様々な要因により皮脂が過剰分泌し、それが毛穴につまることで毛穴の入り口が硬くなってふさがり、アクネ菌が繁殖しニキビが作られることになります。ですから、洗顔の際に毛穴の汚れをスッキリと落とせるとニキビの原因を減らすことができます。しかし、洗浄力が強すぎるものでは、ニキビ肌の場合、大抵は敏感肌になっていることが多いので、かえって皮膚を傷めつけてしまうことがあるでしょう。

そこで、洗顔石鹸を選ぶポイントとしては、泡立ちの良いものを選びましょう。泡が毛穴の汚れをしっかりと吸着して落としてくれるからです。よく洗顔料のCMなどでもこもこの濃密泡を作って洗顔していますよね?あのように、もこもこと濃密でなおかつ、きめ細かい泡が作れるものがオススメです。

2.保湿力がある

洗顔石鹸を選ぶポイントとしては、保湿成分が配合されているという点です。ニキビは脂性肌のせいだと思っている方も多いですが、実は乾燥肌の可能性があります。肌は本来皮膚を守るため、皮脂が必要です。しかし、様々な理由でその皮脂を奪ってしまい、皮膚が乾燥しているために、私たちの皮膚はかえって皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとしてしまい、その結果、ニキビができてしまうことがあるでしょう。

ですから、洗顔で肌はどうしても乾燥してしまいますが、できるだけ乾燥を招かないように、保湿成分が入ったものを選ぶと良いかもしれません。ですが、油分が多すぎるとべたつきが生じることがありますし、化粧水などでも保湿を行いますから、これはある程度の保湿力で大丈夫でしょう。グリセリン(天然保湿成分)やステアリン酸などが保湿成分となります。これらの保湿成分が含まれていると、洗顔石鹸にありがちな洗顔後の突っ張りを減らせるかもしれません。

3.低刺激のもの

ニキビ肌は敏感肌になっていることが多いですし、ニキビは刺激により悪化することもあるので、低刺激のものを選ぶことをおススメします。かといって、洗浄力が弱すぎても、洗顔の役目を果たせません。そこで、石油系界面活性剤が入っているものは避けましょう。これは、食器洗剤などにも使われる強力なものですから、ニキビ肌には刺激が強すぎます。

さらに、香料や着色料などの添加物が入っていると刺激が強い場合もありますから、シンプルな材料で作られている石鹸を選びましょう。また肌に合うかは、実際に試してみないと分からない部分もあります。他のニキビ肌の人には良くても、自分には合わないということもありますから、試供品やサンプルなどを試してみると良いでしょう。

おすすめの洗顔石鹸

では、ここからは具体的にニキビ肌の方に人気のオススメ石鹸をご紹介していきます。自分好みの商品を見つけてみてくださいね。

◎ねば塾 白雪の詩

白雪の詩

出典:http://www.cosme.net

実はこちらの石鹸は、台所用です。しかし、顔や体に使う人が徐々に増えて、人気の商品となっています。色素、香料、添加物は一切使われていないので、敏感肌の方も安心です。脂肪酸ナトリウムが98%で、あとは水と保湿成分であるグリセリンというシンプルな石鹸です。洗い上がりはどちらかと言えば、さっぱりとした感じでしょう。価格は180g×2個で280円となっています。
公式サイト:http://www.neba.co.jp/p-shirayuki.html

◎長寿の里 然(しかり)よかせっけん

然 よかせっけん

出典:http://www.cosme.net

こちらは、濃密な泡が非常に特徴的で、500円玉をのせても沈まないという弾力です。そして、超微細なシラスパウダーの配合により、肌に吸い付くような吸着力で毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。そのうえ、コラーゲンなどの美肌成分と、緑茶エキスなどの保湿成分が配合されていますから、洗い上がりは突っ張りません。そして、グリチルリチン酸ジカリウムが配合された医薬部外品のため、ニキビや肌荒れを防いでくれる石鹸です。公式サイトから1か月分88g入りは1,800円で購入することができます。
公式サイト:http://www.chojyu.com/cosme/soap/

◎プライマリー NonA(ノンエー)

NonA

出典:http://www.cosme.net

こちらは、薬用ニキビ専用の洗顔石鹸で、7万件以上の肌荒れの相談をもとに研究して作られました。無着色料、無香料、無エタノール、無鉱物油でピーリング成分も一切含まれていません。普通の石鹸の4倍の濃密泡と弾力性が魅力の商品です。そして、ローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアなど、肌に栄養を与えつつ保湿してくれる成分が含まれていますから、洗い上がりもしっとりです。そして、ニキビのできにくい肌へと導いてくれる石鹸となっています。価格は、100gで2,940円で、公式サイトから購入可能です。
公式サイト:http://www.primaryinc.co.jp/soap/index.php?ad_code=anp40111

洗顔石鹸の正しい使い方

kousosengansuru1127_1

せっかくニキビ肌に良い洗顔石鹸を持っていても、使い方が間違っていると宝の持ち腐れになることがあります。そこで、洗顔石鹸の正しい使い方を知り、行っていきましょう。ご自分の洗顔方法と違いがないかチェックしてみてくださいね。

◎しっかりと泡立てる
1つ目の大切なポイントは、しっかりと泡立てるということです。洗顔の中で一番大切と言っても過言ではありません。泡で汚れを落としていくからです。そして、しっかり泡立てずに擦ると皮膚を傷つけてしまうでしょう。ですから、泡立てネットなどを使い、濃密でもこもこの泡をしっかりと作りましょう。水の混ぜ過ぎには注意してください。泡を逆さにしても、垂れてこないぐらいにしましょう。

◎優しく洗う
泡で洗い、決して擦らないようにします。擦るとニキビができている所は、炎症が悪化してしまうことがありますし、他の部分は乾燥を招いてしまいます。常に指と顔の間に泡があるようにして優しく優しく洗いましょう。

◎しっかりぬるま湯で洗い流す
洗顔のお湯の温度は32度ぐらいが良いとされています。熱すぎると乾燥してしまうからです。そして、すすぎ残しがないように25回ぐらいはしっかりと洗い流し、決してこの時にも擦らないようにします。特に生え際などはすすぎ残しができやすいので注意しましょう。

◎洗顔後は保湿を丁寧にする
洗顔を終えたら、3分以内には化粧水や美容液、乳液やクリームなどの保湿を丁寧に行ってください。せっかく綺麗に洗顔をしたのに、保湿を怠ると、ニキビ肌は改善されていきません。しっかりと保湿を行いましょう。

肌に合った洗顔石鹸を選んでニキビをスッキリさせよう!

ニキビ肌の方にオススメの洗顔の種類と使い方をご紹介しましたが、いかがでしたか?ぜひ、ポイントを押さえておいて洗顔石鹸選びの参考にしてください。そして、正しい使い方をマスターして、ニキビ肌が改善されますように!

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …