Home / 美肌 / 赤ニキビができる原因とニキビケアの方法
SEP_329915201730_TP_V-660x330

赤ニキビができる原因とニキビケアの方法

ニキビには白ニキビや紫ニキビなど、さまざまな色のニキビがあるとされていますが、最もイメージしやすいのは赤ニキビではないでしょうか?白ニキビや赤ニキビという名称は別々の種類のニキビのことを指しているのではなく、一つのニキビの進行状況に合わせてつけられている呼称になります。

本記事では赤ニキビとはどのようなものなのか、発生してしまう原因とケア方法についてご紹介していきます。顔や背中などにできてしまった赤ニキビで悩んでいるという方は、ぜひ本記事と一緒に解決にあたっていきましょう。

スポンサードリンク

赤ニキビとは

冒頭でご紹介している通り、赤ニキビなどの色で分類されているニキビは、ニキビの種類ではなく進行状態を指している呼称になります。ニキビは毛穴に詰まった皮脂などが原因で発症するものになりますが、この毛穴に詰まって角栓ができてしまったものが「白ニキビ」と呼ばれるものになります。この段階ではまだ周囲の肌に影響を与えていませんので、最も軽度のニキビであり、また解消しやすいニキビでもあります。

白ニキビを放置していると、毛穴に詰まった皮脂などを栄養分にしてアクネ菌という菌の増殖が始まります。このアクネ菌は増殖していくと周囲の肌の炎症を引き起こします。炎症によって赤みがかり、肌が腫れ上がった部分が「赤ニキビ」と呼ばれる通常イメージするニキビの種類です。

また、この赤ニキビでの治療も比較的早期に対応することができ、この段階で適切な処置をしておくことができれば、にきび跡など、後にまで残る肌トラブルの発展を防ぐことができるでしょう。赤ニキビを放置しておくと、炎症の影響で膿ができてしまいます。この膿によって黄色く見えるようになってきたニキビのことを「黄ニキビ」と呼称しています。この段階でもかなりニキビの進行状況が進んできてしまっておりますので、自分の力だけで解決しようとせずに、美容皮膚科などのお医者様にかかることをお勧めします。

この黄ニキビが色素沈着するなどして肌に残ってしまうと、紫ニキビと呼ばれるニキビ跡になります。この段階までニキビが進行してしまうと治療も難しくまた時間がかかるものになりますので、比較的軽度の白ニキビや赤ニキビの段階で治療できるようにしておくと良いでしょう。

赤ニキビができる原因を知ろう

何とか隠そうと、ファンデーションを塗れば塗るほど、かえって目立つようになってしまうし、そういった摩擦によって、さらに症状が悪化してしまうことも少なくありません。非常に厄介な肌トラブルの代表的なものとなるので、正しい情報を習得し、適切なケアを行うように心がけましょう。

ニキビ、と一口にいっても、進行具合によって、対処法も違ってきます。

皮脂汚れやメイク汚れにはご注意を

この肌トラブルが出来てしまう原因は、皮脂汚れやメイク汚れなどが毛穴の中に詰まってしまうことで、この毛穴詰まりの段階で正しく処置ができていれば、それ以上進行してしまうことはありません。目で見ても毛穴の中に白く何かが詰まっているというのがわかり、まだ赤みを持ったり、毛穴周辺が腫れていたりすることはありません。

この段階から時間が経過していくと、毛穴から見えている詰まりの頭の部分に空気が触れることで酸化し、やがて白い詰まりが黒くなっていきます。こうなると、この詰まりもやや硬さを覚えるようになり、洗顔などで肌に触れる時に、指先に硬い何かが詰まっている感触がするようになります。

この段階までであれば、アクネプッシャーなどを使って、この詰まりを取り除いてあげれば、毛穴は元通りに締まり、跡かたなく綺麗に治っていきます。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

ここから先が、注意しなければならない症状で、いわゆる赤ニキビ、炎症ニキビと呼ばれる段階です。こうなると、毛穴の中に詰まっている汚れをえさにして、アクネ菌が増殖していきます。患部が赤みを帯び、腫れてきたり、痛みを伴うようになってしまったり、しこりのようなものが詰まっているようになってきます。

進行してしまったときは皮膚科の受診を

これがさらに進行していくと、先端に黄色く膿を持ったような状態になりますが、毛穴の中で炎症し始めたら、万が一潰れてしまうと、醜い跡残りをしてしまうので、自力で治すよりは、皮膚科で治療を受けることをお勧めします。

皮膚科では保険対象で治療が受けられ、炎症を抑えるための抗生物質やビタミン剤が処方されるので、身体の中からの対策が取れます。同時に、できている患部に塗るローションやクリームも処方してもらえるので、肌の上からもアプローチできます。

ただ、このような状態になっている患部は、できるだけ刺激を与えないことが大切なので、薬を塗ったり洗顔をする時でも、極力優しく扱うように気を付けましょう。抗生物質を服用するようになれば、炎症は抑えられますが、洗顔などの時にうっかりと潰してしまうと、皮膚がデコボコと陥没する、いわゆるクレーター肌になってしまう危険性が高まってしまいます。

触っちゃダメ

跡を残さず元の肌に戻したいなら、患部には必要以上に触らないようにすることポイントです。ニキビは、どうしても気になるので、無意識のうちに指先でいじってしまうことが多いですが、これは絶対にしてはいけない行為で、皮膚のデコボコを避けることができても、黒ずみなどの色素沈着を起こし、シミのように消えなくなってしまいます。

皮膚はダメージを受ければ受けるほど、自分を守ろうと働くので、色素沈着を起こしやすいという特徴があるので、新たな肌トラブルを抱えない湯にするためにも、気になってもぐっとこらえて、触らないようにすることが肝心です。

もちろん、洗顔時も、洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡をクッションにして汚れを包んで落とすようにし、すすぎも、直接シャワーの圧を当てたりせず、優しくためすすぎで綺麗に流し、タオルでのふきとり時にも、絶対に肌をこすらないように気を付けましょう。

a5a51300b5220836d085183e1c87efd2_s

美容皮膚科を受診しよう

患部に意識を集中して、最後まで手を抜かずにケアすれば、綺麗に治っていきます。また、クリニックを受診する際には、普通の皮膚科より、美容皮膚科を選択すると、保険適用外の治療が組み合わせて受けられるので、さらに跡残りのしないレベルの高い美肌治療が受けられます。

自由診療となるため、治療費は高くなってしまいますが、今、肌の上に目立っているニキビをすぐに小さくしたい、消したいといった願いを叶えてくれるので、肌ストレスをなくすという観点からすると、とても有意義な治療です。レーザーマシンを使ったものや、肌の表面の古い角質を剥がすなど、自分ではできないケアが受けられるので、短期間で綺麗に治すことが出来ます。

と同時に、治療によっては、患部だけではなく顔全体の施術を行ってくれる場合もあるので、肌質改善効果が期待でき、毛穴詰まりを起こしにくい肌にしてくれます。自身で行うスキンケアでは、とにかく保湿ケアをしっかりと行うようにすると、過剰になってしまっている皮脂分泌を抑えてくれるので、皮脂量をコントロールすることが出来ます。

肌の保湿力を高めよう

肌に保水力が高まれば、新しい皮膚への生まれ変わりも正常なサイクルで行われるようになり、毛穴詰まりも起こしにくくなっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ニキビには様々な種類のものがありますが、赤ニキビの状態までニキビが進行した段階で、早期に対応していくことが大切です。にきび跡など後にまで残る肌トラブルを避けるためにも、赤ニキビに気づいたらできるだけ早めに対策することを心がけるようにしましょう。

また、生活習慣や洗顔方法を見直すだけでなく、皮膚科の先生に見てもらうことも確実に治していくためには大切なことになります。

スポンサーリンク

Check Also

e2524ee1296c34719d83aa1a1af78276_s

若さを取り戻そう!顔のたるみを取る方法

年齢とともに気になる顔の「たる …