Home / 美肌 / おしりにニキビ!?おしりにニキビができる原因と解消方法
young-woman-1745173_640

おしりにニキビ!?おしりにニキビができる原因と解消方法

おしりにニキビができていて座ると痛い。なかなかおしりのニキビが治らない。このようなあまり人には言えないけれど辛いお悩みを抱えておられますか?実は、おしりはニキビができやすい場所なのです。

そこで、本記事ではおしりにニキビができる原因と解消方法をご紹介します。人になかなか相談しづらいおしりのニキビでお悩みの方、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

おしりにニキビができる原因とは?

顔にニキビができるのは皮脂が多いからとか、納得いくように感じますが、おしりにニキビができるのは別にベタベタしていないのにどうして?と思われるかもしれません。

しかし、実際にはおしりはニキビができやすい箇所でもあります。では、おしりにニキビができる原因を3つほど見ていきましょう。

1.蒸れやすい

ニキビができる原因としては、顔と同じように、やはり毛穴に皮脂詰まりが生じ、そこにアクネ菌が繁殖してしまうことが考えられます。おしりは、特にいつも下着や服で包まれている部分なので、蒸れやすいのです。確かに、顔をいつも布で覆っていたらと考えると、実は皮脂や汗が多く出ていると考えても理解できますよね。

特に、女性は毎月の生理の際に、ナプキンで余計に蒸れることがあります。また、ストッキングやタイツを履いたり、レギンスを履いたり、ぴたっとするものを身に着けることも多く、通気性が悪く蒸れやすいでしょう。そのためお尻はニキビができやすい部分なのです。

2.摩擦が多くて皮膚が硬くなりやすい

animal-1846787_640

私たちの皮膚は摩擦が多くなると硬くなります。そして、硬くなると毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまうのです。顔もゴシゴシと洗顔する方は皮膚が硬くなっていると言われています。

おしりは、いつも下着や衣類と擦れていますし、座る時には体重がかかり負荷がかかった状態で皮膚を硬くする要素が満載です。デスクワークの方やドライバーの方、自転車に乗る機会が多い方など、座る時間が多い方は特におしりの皮膚が硬くなりがちでしょう。

3.乾燥している

皮膚は乾燥するとかえって皮脂を分泌させて肌を守ろうと働きます。顔の皮脂分泌が過剰な場合、実は乾燥していることがあるように、おしりも乾燥により皮脂が多く分泌されてニキビができている可能性があるでしょう。

おしりが乾燥する原因としては、お風呂に入った時に、ゴシゴシと洗い過ぎていないでしょうか?顔のように丁寧に洗っているという方の方が少ないはずです。そして、保湿をするということを行っている方も少ないかもしれません。乾燥もおしりの皮膚を硬くする原因となります。

おしりのニキビを解消する方法とは?

では、すでにおしりにニキビができてなかなか治らないという方のために、解消方法を6つほどご紹介していきます。4番目までの点は、予防にもつながりますから、今後できるだけおしりにニキビを作らないためにもぜひ心がけてみましょう。

1.下着を見直す

通気性が悪いとニキビの治りも悪くなります。かといって、下着を履かないわけにはいきませんよね。蒸れを防ぐために、締め付けの強いものは避けた方が良いでしょう。

サイズが合っていないものは避けるようにしてください。出来れば、ボクサータイプのものが締め付けがなく蒸れにくいでしょう。また、素材的には、ナイロンや化学繊維のものは通気性が良くありません。シルクや綿素材のものがおすすめです。

そして、当たり前のことですが、清潔な下着を身に着けるようにしましょう。衛生的に問題があれば、やはり菌が繁殖しやすくニキビも治りにくいです。

2.洗い方に注意する

girl-1358371_640

おしりにニキビができている時には、炎症をひどくしないためにお湯で洗うだけでも良いでしょう。もしくは、ニキビの炎症を抑える働きがあるボディーソープを使うと良いかもしれません。普通の石鹸やボディーソープでごしごし洗うと、炎症を悪化させる可能性が高くなるので注意してください。

また、すすぎ残しがないようにも気を付けます。ただし、シャワーの強烈な水圧は、炎症をひどくすることがありますので、優しく洗い流すようにしましょう。

3.保湿する

乾燥によりニキビができている場合もありますから、保湿をするようにしましょう。顔に使用しているスキンケア商品を使っても良いですし、最近ではおしり専用の保湿クリームやジェルなども販売されています。

こうした保湿を行うことで、摩擦や負担がかかることで硬くなりがちなおしりが柔らかくなり、ニキビができにくくなります。そして、リフトアップ効果やホワイトニング効果もある商品もあるので、美尻を目指せるでしょう。

4.生活習慣を改善する

ニキビを引き起こす皮脂の分泌を活発にさせないために、生活習慣を改善することもできます。睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどは自律神経のバランスを崩したり、ホルモンバランスを崩れさせたりして、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。また、皮膚の新陳代謝つまりターンオーバーを乱れさせて、毛穴の汚れや古い角質が剥がれ落ちるというメカニズムが崩れてしまい、皮膚が生まれ変わっていかないでしょう。

睡眠時間を毎日できるだけきちんと確保しましょう。6時間半から8時間は寝ると良いとされています。平日は忙しくて週末や仕事の休みの日に寝だめするという方もおられます。ですが、健康や肌のことを考えるとできるだけ、毎日同じリズムで睡眠時間を取るようにしましょう。

睡眠をしっかり取ることで、ストレスの解消にもつながります。睡眠以外にも、心身のストレスを解消するために、趣味や好きなことをする時間を持つことをおすすめします。たくさんの時間やお金をかける必要はありません。ちょっとしたことに楽しみを持つようにすると良いかもしれません。

おいしいコーヒーを飲む、友達とおしゃべりする、好きな音楽を聴く、お風呂にゆっくり浸かる、本を読む、散歩をする、軽くジョギングなど体を動かしてみるといった自分が気分がスッキリすることを行うと、気分だけでなくお肌の調子もアップするでしょう。

さらに、食生活にも偏りがないように気を配るようにしてください。皮脂が増えるということは、脂質や糖質の多い食生活を送っていることが考えられます。脂っこいものがお好きですか?肉類や甘いものを食べてはいけないということではありません。野菜だけを食べていれば、脂質が足りなくなり乾燥を招くこともあるからです。栄養をバランスよく取ることがポイントです。

5.薬を塗る

ニキビを治す薬を塗ることもできます。おしりニキビ用の薬も販売されていますから、それを活用することもできますし、顔用のニキビの薬を塗っても問題ないでしょう。ただし、顔に比べて皮膚が硬く厚いために、顔用のものを塗っても効果が見られない場合もありますし、時間がかかる場合もあることを覚えておいてくださいね。

6.皮膚科へ行く

なかなか自分でケアをしていても良くならない場合は、見せるのが恥ずかしいという気もするかもしれませんが、皮膚科に行くようにしてください。中には、ニキビと思っていたら違う病気だったという場合もあるからです。また、病院で適切な薬を処方してもらうと早く治るというメリットもあるでしょう。

おしりのケアをしてツルツル美尻へ!

young-woman-1745173_640

おしりにニキビができる原因と解消方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?下着や服で隠せる部分とはいえ、やはりツルツルとした美尻を保ちたいものですよね。ぜひ、ここでご紹介した点を試してみて、自慢の美尻を作り上げてみませんか?

また、実際に治療をする場合には皮膚科にかかることが確実で早く治療するための一番の方法です。是非時間を作って皮膚科の先生に診てもらうようにしてください。

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …