Home / 美肌 / おでこニキビを完治させる手順と必要な期間
19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s-600x470

おでこニキビを完治させる手順と必要な期間

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s-600x470

シワやシミ、アトピーなどを初めとした肌トラブルに悩む人は多く、顔や首といった人目につき易い箇所に発症すると容姿が不格好に見えてしまいます。毛穴に皮脂が詰まり、炎症や発疹が肌にできるニキビもその中の一つであり全人口の約8割が発症すると言われる肌トラブルです。

首や背中、頬など身体の多くの箇所にできるこの皮膚疾患は紫外線やストレス、ホルモンバランスの乱れが発症要因と考えられてます。対処方法は発症部位によって異なり、食生活の改善を初めとした様々な手段、方法があります。

本記事ではおでこにニキビができる原因と改善方法、完治までにかかる期間についてご紹介していきます。おでこにできたニキビで悩んでいるという方は、本記事と一緒におでこニキビについての理解を深め、早期に改善するための方法について探っていきましょう。

スポンサードリンク

思春期に多いおでこニキビ

ニキビができる原因は、お肌の毛穴に皮脂やメイク残りなどが詰まってしまい、これを栄養にアクネ菌が増殖し、周囲に炎症反応を起こすことです。思春期は女性でも成長期にあたるため、体を成長させるために男性ホルモンが活発に出るようになり、この男子ホルモンの皮脂分泌の促進効果によって、ニキビができやすい期間となっています。また、おでこは特に皮脂が出やすい部位にもなりますので、思春期の期間は特に十分にケアをすることが大切です。

思春期に多いおでこにできたニキビの場合、大切なのはまずは額の皮膚に余計な刺激を与えないことです。そもそも、おでこやこめかみ、鼻の周りのTゾーンと呼ばれる箇所は身体の中でも皮脂腺が多く、皮脂が多く分泌されやすく汚れやすいです。

特に成長期である思春期は体の育成のため性ホルモンが活発になりやすく、その作用によって大人と比べて皮脂の分泌が多くなりやすいです。これが額にできるニキビの要因であり、その箇所に炎症や発疹ができてなくても運動後汗を掻いたらタオルやハンカチで丁寧に拭き取り清潔に保つ必要があります。

おでこニキビの初期段階

初期段階はおでこに白いポツポツしたものができますが、放置すると皮脂を栄養分にするアクネ菌が増殖すると炎症を引き起こしてしまいます。アクネ菌によってでき悪化した炎症を赤ニキビとよび、その前の段階である白い状態のうちに対処することが完治への近道です。思春期に多く見られがちなこの皮膚疾患は、実は大人でも発症しますがその原因は異なります。

ホルモンバランスが思春期の子供と比べて安定な大人の場合、摩擦やシャンプーの洗い残し、整髪剤の付着による肌の刺激が発症要因とされます。これが最初の方に記載した、症状の対処には肌の刺激を控えることに繋がります。肌の刺激は炎症の元となったり、悪化させてしまうので帽子をかぶったり前髪を下ろす、指で患部を触ることは控えるべきです。

アクネ菌の増殖には注意

特に患部を人目にさらけ出すのが嫌で、髪で隠すことはムレや汚れを招いてしまいます。また、髪についた汚れや洗髪剤の残りなどがおでこにつき、それによって更に毛穴を詰まらせたり、アクネ菌の増殖に繋がってしまうので髪型には特に注意が必要です。

刺激を減らすと次にすべきなのは洗顔であり、肌に細菌が付着したままでは皮膚の修復が上手くいかないのでその日1日の汚れが丁寧に落とすことが大切です。

おでこの部位を常に清潔な環境にしていることを心がけ、また正しい洗顔を行い、常に毛穴の環境も綺麗にしておけるようにしましょう。

洗顔とおでこニキビ

bbf1fa3716b50bd5af471fc92a25025c_s

洗顔は1日に2回までに抑えることが重要であり、洗い過ぎは肌を乾燥させてしまい余計に皮脂の分泌を促すので注意が必要です。皮脂は肌トラブルを招く要因となるので悪い物質に思われますが、ホコリやウィルスなどの外部からの刺激を守るために存在してます。なので、洗いすぎによる皮膚の乾燥は肌が外敵が来たと勘違いをしてしまい皮脂の分泌を起こしてしまいます。

一方で、必要以上の皮脂がおでこに残っていたり、古い皮脂が残っていたりしてしまうと、これらもおでこにできるニキビの原因となってしまいます。そのため、洗いすぎず、しかししっかりと必要な洗浄を行う、正しい洗顔方法を身につけるということが大切になってきます。

正しい洗顔がおでこニキビには効果的

洗顔はおでこニキビ改善の最も効果的な対処方法であり、1日2回のケアなら約1ヶ月ほどで状態が緩和されるとされます。この時洗顔はドラッグストアで販売される安い商品を使わずに、患者の肌にあった商品を使用することが大切です。甘草エキスやグリチルリチン酸2Kは肌の炎症や細菌の増殖を抑えるのでおすすめの成分です。またどくだみやイソフラボンなどの成分は脂っぽい肌を鎮める効果があるとされ、こちらも購入時に気にしてみると良いでしょう。

洗顔をする際も、ゴシゴシとこするようにするのではなく、しっかりと泡立てて、顔に馴染ませるように使用するようにしていきましょう。ゴシゴシとこするように洗顔をしていると、それは肌への摩擦となり、肌のダメージの蓄積となってしまいます。肌のダメージの蓄積はバリア機能を低下させ、皮脂が溜まってきやすくなったり、炎症反応が起こりやすくなってしまいます。

洗顔剤や洗顔するかどうかを学びつつ、正しい洗顔方法についての知識も深めていけるようにすると良いでしょう。

洗顔材は慎重に選ぼう

界面活性剤の入った安い洗顔の使用は、3週間目に入っても炎症の数が減らないと言われ治療したいのなら多少高い商品を使用することが大切です。

刺激を控え、洗顔した後に必要なのは十分な睡眠が必要です。肌の修復は眠っている間に行われており、睡眠不足は自律神経の動きが狂ってしまい皮脂を余計に分泌させてしまうので注意すべきです。肌に良いとされる睡眠時間は7時間半とされ、肌のゴールデンタイムとされる22時から2時まではしっかり眠ることが重要です。

また、食生活についても十分に注意することが大切です。スナック菓子など脂分が多い食材を多く食べていると皮脂の過剰分泌に繋がり、おでこのニキビの原因となってしまいます。栄養バランスの整った食生活を心がけ、おでこだけでなく、その他の部位においてもニキビができにくい体になっていきましょう。

思春期と大人のおでこニキビの違い

思春期タイプの症状は刺激を控えること、大人なら洗顔と十分な睡眠をとることを中心にするようにしましょう。最後に大切なのは食生活であり、肉類やバターなどに含有される動物性脂肪の過剰摂取は控えることが必要です。取りすぎると体内に蓄積され、皮脂の分泌に繋がってしまいます。

大人は食べ物や飲み物に気を付ける

また成人の場合はアルコールや喫煙は皮脂を抑える働きを持つビタミン類大量に消費してしまうので、肌トラブルが出たら止めたほうがおすすめです。しかしタンパク質は肌のターンオーバーを促す重要な栄養分なので、完全に絶つことは止めましょう。

摂取するのなら豆腐や納豆、ササミなど脂肪分の少ないものからが良いでしょう。前文で少し記載したようにビタミン類はおでこの炎症の元となる皮脂の分泌を抑える効果があり、これらを多く含んだ食品を食べるようにしましょう。特にイワシやレバー、きのこ類などに含まれるビタミンB群が適しており、タンパク質の代謝を助け新陳代謝を促す働きもするので効果的です。

まとめ

これらの手順をこなすと同時に、ニキビは皮膚疾患であり皮膚科などの医療機関へ相談しながら対処すると1ヶ月より早い修復が見込める可能性があります。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …