Home / 美肌 / 胸元にニキビができる原因と対処・予防方法
runner-888016_640

胸元にニキビができる原因と対処・予防方法

runner-888016_640

胸は意外にニキビができやすい箇所であり、ある日ふとニキビができていたと驚いたことがある人も多いのではないでしょうか?

胸元は汗や皮脂が滞留しやすい場所でもあり、また、女性であれば下着による摩擦なども起きるため、体の中でもニキビができやすい環境があります。普段は胸にニキビができていても、外側からは見れないためあまり気になりませんが、夏に海に行く予定があるなど、露出が多くなるイベントがある時には、やはり早めに改善をしていくことが大切になります。

本記事では胸にニキビができる主な原因と改善方法についてご紹介していきます。胸にできたニキビで困っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

胸にニキビができる主な原因

胸元は汗をかきやすく、夏場や運動後など、洋服に汗のシミができている光景をよくみることがあるのではないでしょうか?

ニキビは毛穴に皮脂や老廃物などがたまり、それらを栄養にアクネ菌が増殖し、炎症反応を引き起こすことによって出てくる症状です。

汗が外部の汚れなどと混ざり合いながら小さな塊になり、毛穴の中に詰まってしまうことによって、胸にニキビができてしまいます。汗を掻くことがわかっている日は、汗をかいた状態を放置しないよう、ケアの準備をしてから行くようにしまそゆ。

ボディソープなどの残り

毎日お風呂に入ってボディソープやシャンプーなどで体を綺麗にしているかと思いますが、これらのすすぎ落としがあると、ニキビを引き起こす原因となります。

上述している汗と同じように、洗い残したボディソープなどが、胸の肌の毛穴に詰まることによって、ニキビができてしまうのです。シャンプーやボディソープなどは、落としたと思っても、実は残っていることも多くありますので、優しく丁寧に雪落とすようにしましょう。

不規則な食生活

ニキビができる主な原因は皮脂の過剰分泌です。不規則な食生活、特に脂質などが多い脂っこい食生活を続けていると、通常量以上の皮脂が分泌されるようになり、それが胸の毛穴に詰まることによってニキビを引き起こす原因となってしまいます。

好きな食べ物を我慢しすぎるとストレスにも繋がってしまいますので、バランスをとりながら、栄養の偏りのない食生活にできるようにしていきましょう。

雑菌

ニキビは雑菌によっても引き起こされます。何日も同じシャツを着ていたり、布団を何ヶ月も洗っていなかったりするなど、肌に触れるものが雑菌まみれである場合、それらから胸などの肌に雑菌が移動し、毛穴に入り込んでしまうことがあります。

生活習慣の乱れによって、洗濯などが十分にできていないと感じている方は、まずは身につける洋服から洗濯をしっかりし始めることから始めてはいかがでしょうか?

衣服との摩擦

胸は特に衣服との摩擦が多い箇所でもあります。肌は基本的に敏感で、大切に扱わなければならないものです。摩擦によって刺激を受け続けた肌は、より炎症反応が起きやすくなってしまい、ニキビができやすくなってしまうことがあります。

胸のニキビが気になってしまうという方は、通気性の良い素材や、肌にとって優しい素材の洋服を着衣することによって、肌との摩擦を軽減することができるでしょう。

不健康な生活習慣

胸元のニキビを予防するためには、適切な生活習慣で生活をすることもあ大切になります。

睡眠不足や昼夜逆転の生活を送ってしまっていると、ホルモンバランスが乱れ、肌の抵抗力が弱まってしまうことがあります。そのため、炎症反応が起きやすくなったり、毛穴がより詰まりやすくなってしまい、ニキビができる環境が整ってしまうので注意することが必要です。

また、普段オフィスでデスクワークをしている方だと仕方がない部分もあるのですが、運動不足によって血液の流れが悪くなってしまうと、体の中に溜まった老廃物が体の外へ出づらくなってしまい、これもニキビができやすい環境になってきます。

汗をかくとニキビができるのではと心配する人もいるかもしれませんが、適切なケアをしていけば問題ありません。定期的に運動をして汗をかき、体の代謝や血行の流れを良くしていけるように気をつけましょう。

乾燥している環境

人間の体は良く出来ており、肌が乾燥していると自ら皮脂を分泌して肌を守ろうとしてくれます。しかし一方で、皮脂が過剰分泌されてしまうと毛穴の詰まりの原因にもなり、胸へのニキビの原因となってしまうのです。

そのため、オフィス環境や自宅について、適切な湿度が守られているのか確認をし、もし乾燥している環境だとわかった場合は、加湿器などで対応すると良いでしょう。

胸にできるニキビの改善方法

胸にニキビができる原因は、そのほかの部位にできる原因と重複しているものもありますが、胸元という箇所独特の原因もありました。通常は生活習慣や食生活、お風呂での洗い残しをなくすこと、清潔な環境を整えることで、ニキビができる原因を一気に減らすことが可能になります。

一方で、胸元特有のニキビができる原因がありますので、下でそれらの原因の解消方法について見ていきましょう。

汗をかいた服は着替える

胸元にニキビができる原因の一つには汗がありました。そのため、夏場やスポーツイベントの予定がある時には、体を拭くことのできるタオルやウェットシートと、着替えを持っていくことが大切になります。

汗のシミがついたシャツなどを長時間着続けていると、それが胸のニキビの原因となってしまうことがありますので、定期的に胸の汗などをしっかりと拭き、新しい服に着替え、清潔な環境でいられるように注意するようにしましょう。

特に女性は、汗に濡れたままのシャツでい続けると清潔感がないように見え、男性からも良い印象を受けることはないでしょう。女子力を高め、ニキビも予防・改善できる。着替えを持っていくなどは一手間ではありますが、惜しまず努力する価値のあることと考えてみましょう。

胸元の保湿ケアをする

胸にニキビができてしまう原因の一つには乾燥がありました。皮脂の過剰分泌がニキビの発生要因になることは上述の通りではありますが、乾燥している状態も、皮脂の分泌を促すため、ニキビを発生させる一つの要因となります。

そこで、胸元が乾燥していると感じている方の場合は、定期的に保湿ケアをすることをお勧めします。体にできるニキビ用の保湿クリームやローションも販売されていますので、美容アイテムの一つに加えてみてはいかがでしょうか?

保湿をするタイミングとしては、お風呂あがりが最適になります。十分に体を温めて毛穴の穴を開かせてから、ボディソープなどしっかり洗い落とせているかを確認し、保湿ケアをする習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

しっかりとケアできている胸元は、女性からも男性からも羨ましがられる自慢になりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?胸のニキビは外からは一見して気づくことができないため、対処が遅れてしまいがちな場所ではありますが、いざという時に胸のニキビがあると少し恥ずかしくなってしまいますよね。

ニキビの基本的な原因や改善方法だけでなく、胸のニキビ独特の原因もあるため、洋服の着替えや胸周辺の保湿ケアなども怠けずに実施していくことがとても大切になってきます。

胸のニキビで悩んでいるという方は、胸にニキビができる理由はどういうものなのか、その原因に対してどのように改善をしていったら良いのか、本記事を参考に対策方法をつかんでいっていただければと思います。

スポンサーリンク

Check Also

砂に埋まった日焼け止め eyecatch

敏感肌のための日焼け止め選び4選

ギラギラと太陽が照りつける夏。 …