Home / 美肌 / ニキビに対するレーザー治療の効果とメリットデメリット
doctor-563429_640

ニキビに対するレーザー治療の効果とメリットデメリット

ニキビができた時、ニキビ跡を絶対に作りたくないし、ニキビの赤みが気になるという方は少なくないでしょう。そんな時、レーザー治療って効果はどうなの?と気になっている方に、ニキビに対するレーザー治療の効果についてご紹介していきます。

メリットとデメリットも取り上げますから、レーザー治療を考えている方は、ぜひ参考に!

スポンサードリンク

レーザー治療ってどんなもの?

green-1757807_640

まずは、レーザー治療がどのようなものかを考えてみましょう。それが、どこで治療できるものなのか、どのようなメカニズムで行えるものなのかをご紹介します。

どこでレーザー治療がしてもらえるの?

ニキビやニキビ跡を改善するレーザー治療は、美容皮膚科や美容クリニックなどで受けることができます。最近は、一般の皮膚科でもそうした治療方法を取り入れているところがあるでしょう。

ですが、保険適用外の治療を多く取り扱っている美容皮膚科や美容クリニックで受けられて、「美」という観点からの治療をしてくれます。そして、対症療法が多い一般の皮膚科に比べて、今後もニキビが出来にくい肌へと導くにはどうしたら良いかという点を考えた治療を行ってもらえるでしょう。

レーザー治療って何?

では、レーザー治療とはどのようなものでしょうか?レーザー治療と言っても、今は様々な方法があり、それぞれのメカニズムは異なってきます。ですが、基本的には皮膚に波長の異なったレーザーを照射することで、小さな穴を開けてそこから毛穴に詰まっている古い角質や皮脂を溶かす方法のことです。

穴を開けると聞くと、痛いような感じがして怖いかもしれません。しかし、レーザー治療は痛みが少ないとされています。

レーザー治療の効果とは?

doctor-563429_640

ここからは、レーザー治療の効果について見ていきます。すべてのレーザー治療の種類を解説することはできませんが、良く用いられている3つほどのレーザー治療の内容と効果をご紹介していきます。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

これは、外科手術の際にレーザーメスとして使われるものです。二酸化炭素を用いて高出力のパルス波が出て皮膚を焼き取る装置です。ニキビの炎症がひどい部分に照射することで、針穴の十分の一ぐらいのごく小さな穴を開けます。

そして穴の中の膿や余分な皮脂を溶かし、なおかつ殺菌も行ってくれます。その結果、ニキビの炎症を抑えることができるでしょう。開けた穴は、傷跡が残ることはなく1~2日で綺麗になおるはずです。

このレーザー治療は、ニキビだけでなくイボやほくろの除去などにも使われます。費用は、相場としては1回2万円から8万円ぐらいです。施術時間は15分程度ですが、数回通う必要があるでしょう。

ロングパルスYAGレーザー

ロングパルスYAGレーザー

出典:http://www.minami-aoyama.info

次に、よく用いられているレーザーとしてロングパルスYAGレーザーというものがあります。これは、レーザーを照射することで毛穴の汚れやつまりを解消し、皮脂腺にレーザーの熱があたることで、過剰な皮脂分泌が抑制されて表皮のターンオーバーつまり新陳代謝が促進されます。

赤ニキビや黒ニキビなどができて炎症が広がり、毛細血管が原因で赤ら顔になってしまっている方に効果があるとされているレーザー治療です。また、肌のキメを整えたり、ハリを取り戻したりすることも期待できるでしょう。

費用は、2万円から3万円前後が相場のようです。施術は5分から10分程度ですが、数回通う必要もあるかもしれません。

フラクセルレーザー

フラクセルレーザーは、レーザー照射により直径0,1㎜の極小の穴を開けて皮膚細胞を新たなものへと生まれ変わらせてくれるものです。1回の施術で5%から15%が生まれ変わりますから、数回の施術を重ねることが必要になります。

ニキビ跡、肌が凸凹になるクレーター改善に効果的とされています。他にも、しみやそばかす、しわやたるみなどのあらゆる悩みを解消し、赤ちゃんのような肌へと入れ替えてくれます。費用は、1回あたり2万円から5万円ほどです。数回通う必要があります。

レーザー治療のメリットとデメリット

vote-1587641_640

レーザー治療について読んで、試してみたいと興味を持たれたでしょうか?でも、治療を受けるかどうかを決める前に、メリットとデメリットの両方を検討してください。そうすれば、納得したうえで決定することができますし、後悔することもないでしょう。

レーザー治療のメリット

まずは、メリットを3つほど挙げてみます。

1.医師によるレーザー治療で安心

美容皮膚科も美容クリニックも資格を持った医師により施術が施されます。

ニキビで病院にかかるの?と思われる方も少なくないですが、医師に診察してもらい自分に合ったレーザー治療をしてもらえるので、ニキビの治りが早かったり、悪化を防いだり、跡に残ったりすることが少なくなるというメリットがあるでしょう。

2.一回の施術が短時間で済む

レーザー治療の施術時間は大抵一回が5分から15分程度と短時間で済みます。ですから、ニキビの状態や使用するレーザーの種類などによって、数回通う必要があるとはいえ、時間を多く取られるわけではありません。

1週間か2週間に一度の15分程度の施術であれば、忙しい方も時間を取りやすいのではないでしょうか?

3.美肌を手に入れられるかもしれない

一般の皮膚科がニキビへの対症療法であるのに対して、美容皮膚科で行われるレーザー治療は、ニキビを治すとともに美しい肌を取り戻すにはどうしたら良いかを考えてくれます。

そして、ニキビ跡の改善に効果的なレーザーもあります。ですから、美肌を求める方にはうれしい治療方法でしょう。

レーザー治療のデメリット

次にデメリットを2つほど挙げてみます。

1.費用が高い

レーザー治療をするにあたって一番のデメリットは、費用が高いという点かもしれません。一回の施術で数万円かかるものが多いからです。レーザー治療は保険適用外の治療となるため、費用がどうしても高くなります。

そして、施術一回でニキビやニキビ跡が治るわけではなく、数回通い施術を受けなければなりません。ですから、トータルすると数十万円から百万円を超えてしまう場合もあるかもしれません。

費用は、美容皮膚科などそれぞれのクリニックで異なります。ホームページにきちんと費用が掲載されているクリニックを選んで、払えるかどうかを考慮したうえで通うかどうかを決まることをおすすめします。

2.副作用が出たり、タイムダウンがある場合もある

レーザー治療の場合、基本的には副作用が出ることは少ないとされています。しかし、まれに皮膚に赤みを帯びたり、腫れが生じたりすることもあるでしょう。

また、ダウンタイムと言って、施術を受けてから正常な肌の状態に戻るまでに時間がかかることがあります。例えば、フラクセルレーザーの場合、1週間ほど赤みを帯びたり、かさぶたになって剥がれたりします。

また、中には肌に合わなくて効果が出ないという場合もあるという点を覚えておきましょう。

正しい知識をもとにレーザー治療を受けるかどうか決めよう!

4

ニキビに対するレーザー治療の効果、メリットとデメリットについてご紹介してきましたが、参考にしていただけたでしょうか?ニキビを治療する1つの選択肢としてレーザー治療があり、効果を実感して利用しておられる方も大勢おられます。

しかし、費用の面などデメリットがあるのも事実です。メリットとデメリットを両方熟慮し、様々なクリニックのホームページなどでどのような内容かを調べてから、レーザー治療を受けるかどうかを決めてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Check Also

e2524ee1296c34719d83aa1a1af78276_s

若さを取り戻そう!顔のたるみを取る方法

年齢とともに気になる顔の「たる …