Home / 美肌 / 黒いニキビは何?黒ニキビの原因と解消方法
1

黒いニキビは何?黒ニキビの原因と解消方法

1

おでこや鼻に出来やすい黒ニキビは、毛穴が黒ずんで見えるためファンデーションで隠そうとしても時間が経つと現れてしまい肌を不潔に見せてしまうやっかいなニキビです。どうにかしたい「いちご鼻」と呼ばれる黒ニキビを押し出した経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかし、間違った黒ニキビの解消方法により返って悪化させてしまう可能性があります。そこで、黒ニキビができる原因と解消方法について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

黒ニキビとは

黒ニキビについて

2

ニキビは毛穴の皮脂や汚れが詰まることで起こる場合が多く、この増えすぎてしまった角栓が皮膚の表面に飛び出し、この部分が空気に触れることで酸化してしまい黒くなります。先端だけが黒ずんでみえるのが黒ニキビです。

白ニキビから黒ニキビへと変化してしまうのですが、黒ニキビの段階では炎症を起こしていません。この状態のままでいると炎症を伴う赤ニキビや膿を持った黄色ニキビへと変わってしまう可能性があります。また、ニキビ跡を作ってしまうことにも繋がります。

黒ニキビができる原因

3

黒ニキビは酸化した角栓が黒ずんで見えることにあります。そもそも角栓が溜まってしまう大きな原因はどこにあるのでしょう。それは、過剰に洗顔をしすぎていることやスキンケア不足といった間違えたスキンケアであったりホルモンのバランスの乱れであったりするようです。

ホルモンバランスの乱れから過剰に皮脂が出たり、逆に乾燥を招き皮脂が減少したりすることがあります。ニキビの根本的な原因は、うまくターンオーバーが出来ず古い角質が肌表面に残り続けることで毛穴をつまらせてしまうことにあります。ニキビは、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビへと変化していきます。

黒ニキビ解消方法

正しい洗顔方法を知る

4

黒ニキビは、過剰な皮脂が原因で出来てしまいます。そこで、皮脂を取り除くための正しい洗顔方法を心がけることが黒ニキビの解消に繋がります。基本は、肌に負担をかけない優しい洗顔です。

①洗顔料の成分にこだわる…洗顔料の中には「界面活性剤」という成分が入っていて汚れを綺麗に落としてくれる働きをしてくれるのですが、中には肌に残しておかなければいけない皮脂や角質まで洗い流してしまう強いものもあります。

あまり強い洗浄効果がある洗顔を使うと肌のバリア機能をなくしてしまい乾燥を引き起こしてしまうことになります。

乾燥することにより過剰に皮脂分泌がされると、ターンオーバーが上手く出来なくなり肌状態を悪くしてしまいます。洗顔を選ぶ際は、肌に負担をかけない洗顔料を選ぶことが大切です。

角栓の成分の中にはタンパク質が多くあります。そこで、タンパク質を分解してくれる効果がある酵素洗顔もおすすめです。

②肌の乾燥を防ぐ…肌の乾燥を招いてしまうのは強い界面活性剤が入った洗顔料だけではありません。洗顔をする時のお湯の温度によって乾燥してしまうことがあります。

それだけではなく、熱いと感じてしまう温度で洗顔をすると肌に必要な潤いまで落としてしまい肌ストレスを与えてしまうことにもなります。

洗顔に適しているお湯の温度は35℃~36℃と言われています。肌の潤いを残しつつしっかり余分な皮脂や汚れを落とすためにもすすぎ不足には気をつけ、肌に負担をかけない温度で洗うことが大切です。

③肌質改善を心がける…肌に負担をかけず洗うためには、濃密泡を作ることがポイントになります。泡立てネットでしっかり濃密泡を作り、肌に優しく乗せるようにし泡を軽く転がす程度で長く乗せすぎず、30秒程度で洗い流すようにすると汚れが綺麗に落ちます。

マスカラなどはあらかじめ専用のリムーバーでクレンジングしておくことが大事です。洗顔後はタオルを肌に軽く乗せるようにし、決してゴシゴシ拭き取らないようにします。

洗顔だけで黒ニキビの改善をするには、正しいターンオーバーができるようになるまで即効性があるわけではありませんが、正しい洗顔で汚れをしっかり落とし肌に必要な潤いだけを残すことで、その後の化粧水や美容液の浸透率を上げる効果が出てきます。

ニキビ治療薬を利用する

5

黒ニキビがひどく炎症を引き起こしそうになっている場合は、ニキビ治療薬を利用するという方法もあります。ニキビ治療薬は主に炎症を予防する効果があるといわれています。そこで、ニキビ治療薬の種類についてご説明していきます。

6

出展: steroid-withdrawal.weebly.com

①ディフェリンゲル…皮膚科で処方されるお薬で炎症を起こしていない黒ニキビには毛穴詰まりを解消する効果があり炎症がある場合は、炎症を抑えてくれる働きがあるそうです。

主成分は「アダパレン」という成分で出来ています。この薬を塗って2週間程は塗った部分がカサついて乾燥することがあるようです。

7

出展: www.bihakuskincarenavi.com

②ペピオゲル…主成分は「過酸化ベンゾイル」という成分で出来ており2015年から日本で使用が始まったニキビ治療薬です。

酸素を発生させてアクネ菌やブドウ球菌を抗菌し、ターンオーバーを促進させる効果があるため黒ニキビに限らずニキビ全般に効き目があると言われています。白色のクリームで塗ると透明になる薬ですが、やや刺激があるようです。

77

出展: www.nikibi-skincare.com

③イオウカンフルローション…イオウとカンフル成分を合わせたニキビ治療薬でこちらも皮膚科で処方してもらえる薬です。イオウカンフルローションは、クリーム状の薬ではなくローションタイプの薬になります。

硫黄がもつ角質を溶解させる働きにより毛穴の詰まりを除去し、角質を滑らかにしてくれる効果があるようです。クスノキなどから抽出されたカンフルには、消炎、鎮痛作用と清涼感を与えてくれる働きがあります。

主に湿布などによく使われている成分です。イオウカンフルローションは、副作用がほとんどないと言われていますが、中には肌の痒みや強い乾燥、赤みが出る場合があるようです。

8

出展:pair.lion.co.jp

④ペアアクネクリームW…こちらは市販薬で皮脂を抑える効果があります。ニキビ全般に効果があるようです。

9

出展: nikibi-kireini.com

⑤ビフナイト…硫黄成分が角質を柔らかくし、中にある皮脂を吸引してくれる働きをしてくれる市販薬です。

いずれの薬も肌に合わないまま使用を続けていると返って肌トラブルの原因になるので、おかしいと感じた場合はすぐに皮膚科またや薬剤師に相談することが大切です。

黒ニキビの芯を取る方法

10

黒ニキビを潰して芯を取り出す面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という方法があります。ドラッグストアなどでコメドプッシャーという黒ニキビの芯を取り出すグッズも売っています。

コメドプッシャーとは、一本の棒の先端が丸い輪になっているのが一般的な形でこの穴にニキビを押し当て芯を取り出すというものです。しかし、面皰圧出は、基本的には医療行為になりますので、自分で行う時にはデメリットを伴うことがあります。

①ニキビ跡を残してしまう可能性があること

②前より毛穴の汚れを詰まらせてしまうこと

③芯が残りまた黒ニキビを再発させてしまうこと

④雑菌が入りニキビを悪化させてしまう可能性があること

これらの危険があり失敗してしまう可能性もあるので、やはり皮膚科で面皰圧出をしてもらうことをおすすめします。皮膚科では専用の器具を使いニキビの芯や毛穴に詰まった汚れを取り除いてくれるようです。また、皮膚科によって保険を適用してくれます。

まずは、皮膚科で相談することが大切です。皮膚に出来るだけ負担をかけずに黒ニキビを解消する方法の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …