Home / 美肌 / ニキビに対する抗生物質の作用と注意点
1

ニキビに対する抗生物質の作用と注意点

1

ニキビの治療には抗生物質が使用される場合がありますが、抗生物質を使用するにあたっては、抗生物質のニキビに対する効果や、使用にあたっての注意点を理解しておくことが大切になります。

抗生物質の作用を理解しておくことによって、自分のニキビに本当に効果があるのか、どの程度の期間まで抗生物質を使用し続けて良いものなのか、また抗生物質のみでニキビ治療を完了することができるのか、について理解を深めていくことができるようになります。

お肌の大きいなお悩みであるニキビを解消し、美しい美肌を取り戻すためにも、抗生物質のニキビに対する効果について理解を深めていきましょう。

スポンサードリンク

抗生物質とは

抗生物質とはそもそもどういうものなのでしょうか?抗生物質は別名抗菌薬とも呼ばれ、特定の細菌を殺菌させる物質のことを指しています。

ニキビ治療に使用する抗生物質に関しては、ニキビを引き起こすアクネ菌を殺菌するための抗生物質が使用され、ニキビの原因となっている毛穴にいるアクネ菌を殺菌することで、炎症反応の原因を解消し、ニキビを解消していく作用を期待することができるのです。

また、抗生物質には上記の殺菌作用だけでなく、肌の炎症を抑える作用のある成分も含まれているものがあり、これを使用することによって、アクネ菌の増殖によって生じていた炎症反応が徐々に減っていき、赤いニキビがお肌から消えるようになります。

ニキビ治療に使用される抗生物質は内服薬と外服薬があり、基本的には内服薬の使用が推奨されていますが、実際のニキビ治療においては併用されるケースが多いようです。

抗生物質が効果のあるニキビの種類

抗生物質はすべての種類のニキビに対して効果があるわけではありません。抗生物質はニキビの原因となるアクネ菌を殺菌すること、そしてアクネ菌の増殖によって生じていた炎症反応を抑えること、のみが効果となっています。

赤ニキビに関しては、上記の炎症反応によって生じているニキビであるため、抗生物質を正しい方法で使用することによって、比較的簡単に解消していくことができるでしょう。

一方、白ニキビや黒ニキビに関しては、アクネ菌の増殖による炎症反応によって生じた現象ではなく、毛穴の中に皮脂等が詰まっていることで生じている現象であるため、抗生物質によってアクネ菌を殺菌したとしても、問題の解決にはならず、ニキビは解消できないままです。

そのため、抗生物質の利用を検討するにあたっては、自分のニキビがどの種類のニキビなのか、またそのニキビができているメカニズムがどういうものなのかを、皮膚科の先生などに聞くことが大切になるでしょう。

ニキビ治療に抗生物質を使用する際の注意点

抗生物質は、アクネ菌を殺菌し、炎症反応を抑えるという点で、赤ニキビの治療に対して効果のある手段になります。一方で、注意をしなければならないのは抗生物質を使用し続ける期間になります。

1点目として、肌にはアクネ菌などの悪玉菌とは別に、最初からいる善玉菌もあります。善玉菌は、菌といっても実は肌にとって良い作用をしているものであり、この菌が減少することはお肌にとっても良いことではありません。一方で、抗生物質は善玉菌、悪玉菌関係なく菌を殺菌するものになりますので、長期間使用し続けてしまうと、善玉菌も死滅して行ってしまい、外部の汚れや最近などから肌を守ることができなくなってしまいます。

また2点目として、抗生物質を長期間使用すると、抗生物質に対する耐性を持った耐性菌という菌が生まれてきてしまいます。この菌が生まれてしまうと、抗生物質の効果が効かなくなってしまい、善玉菌のみが少なくなってしまう状態になってしまいます。そのため、抗生物質によるニキビ治療においては、医師と相談の上、使用する期間をあらかじめ明確に決めてから対応していくことが大切になるのです。

抗生物質の使用はニキビの予防にはならない

抗生物質の使用については、赤ニキビを発症させる原因となるアクネ菌を殺菌することが目的であり、ニキビの根本的な原因の解決にはなりません。

ニキビは毛穴に皮脂などのつまりが生じることが要因でアクネ菌が増殖し、生じるものであるため、毛穴のつまりが生じる根本的な原因をケアして予防することが大切になるのです。

規則正しい生活習慣や食生活、また正しい洗顔方法などを身につけることで、ニキビを予防していくことができるようになります。赤ニキビに対する抗生物質による症状改善が終わりましたら、次はニキビを発生させないための生活習慣について学び、美肌でい続けるための習慣を身につけるようにしましょう。

ニキビ治療に使用される抗生物質の内服薬

上述の通り、ニキビ治療に使用される抗生物質は内服薬が主に推奨されています。下記で、具体的に使用される内服薬の種類について見ていきましょう。

ビブラマイシン

ビブラマイシンはアクネ菌などを殺菌する作用があり、ニキビ治療の抗生物質として使用されることが多い抗生物質です。

抗生物質には副作用がありますが、こちらはめまいなどの副作用が比較的軽く、使用しやすいという特徴があります。また、ビブラマイシンについては炎症を抑える作用があるため、ニキビの原因となっているアクネ菌を殺菌するだけでなく、すでに生じてしまった炎症を抑え、赤ニキビを解消に導くことができます。

一方、上記で紹介している通り、善玉菌を殺菌してしまう点や耐性菌ができるという点は、共通のデメリットとしてありますので、皮膚科の先生と相談をしながら、期間を決めて使用することが大切です。服用中は他の皮膚科にかかるなどは避けて、事情を一番理解してくださっている先生に、治療が終わるまで診てもらうようにしましょう。

ミノマイシン

ミノマイシンは上記のビブラマイシンと同じ種類の抗生物質で、ビブラマイシンと比較して効果が強くなりますが、その分副作用も大きくなります。ミノマイシンを服用している間は運転などにも制限がかかる場合があり、めまいや腹痛、食欲減退など、日常生活にも影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

また、効果が強い薬になりますので、専門医から指定された期間を守って服用することが特に大切になってきます。期間を無視して長期間使用し続けると、耐性菌が繁殖して薬の効果が効かなくなるばかりか、肝障害や血液障害につながる場合もあるので注意するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ニキビに対する抗生物質を使用する際には、抗生物質がニキビにどう作用するのかを理解することが大切です。抗生物質のニキビに対する作用を理解することで、自分のニキビに抗生物質が効くのか、ニキビを予防するためにはどうすれば良いのか、注意する点にはどのような点があるのか、について自分でも理解することができるようになります。

特に、普段はなかなか気に止めることがないかもしれませんが、抗生物質の使用にあたっては皮膚科医の先生から指示される服用の期間を厳守することが大切になります。抗生物質には副作用があり、めまい等が発生し、日常生活に影響を及ぼすばかりか、耐性菌が発生してしまうと、抗生物質のせっかくの効果も効かなくなっていってしまうからです。

使用にあたっては、お医者様からの指示や注意点、また副作用についても十分に理解した上で、適切な方法で使用するようにしていきましょう。抗生物質を味方につけて、ぜひニキビ肌と早めにさよならしましょう。

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …