Home / 化粧品 / ニキビ改善が期待できる!化粧水の正しい選び方とおすすめ商品5選

ニキビ改善が期待できる!化粧水の正しい選び方とおすすめ商品5選

お肌にニキビができてしまったとき、どんな化粧水を使っていますか?

「今までと同じ化粧水を使う」もしくは、「一時的にニキビケア用の化粧水に変えてみる」あなたはどちらでしょうか?

できるだけ早くニキビを改善し、ニキビのできにくい肌にするためには、ニキビケア用の化粧水を選ぶことをお勧めします。

そこで今回は、ニキビ対策に有効な化粧水の選び方とおすすめの化粧水5選をご紹介していきます。

ニキビに悩んでいるけれど、どの化粧水を選んでよいかわからない方、ぜひご参照ください。

スポンサードリンク

ニキビの方の化粧水の選び方

 

ニキビは、「皮脂の過剰分泌」や「肌のターンオーバーの乱れ」が原因で、角質がうまく剥がれず、毛穴を塞いでしまうことで、毛穴の中でアクネ菌が増殖し炎症を起こしてできます。

そのため、ニキビの方は、ニキビの原因となる「皮脂の過剰分泌」と「肌のターンオーバー」を改善できる化粧水を選ぶことが重要になります。

ここでは、その点を重視した化粧水の選び方のポイントをご紹介していきます。

1. ニキビに有効的な成分配合の化粧水

ニキビに有効的な、炎症を抑える働きのある成分で代表的なものに「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸ステアリル」などがあげられます。

グリチルリチン酸は、もともと漢方薬として甘草から抽出された低刺激の成分で、のどの炎症や口内炎などを抑えるために用いられています。この抗炎症作用がニキビの炎症を緩和してくれます。

その他、美白化粧に良く用いられている、「ビタミンC誘導体」も余分な皮脂の分泌を抑える効果が期待できるため、ニキビの予防に効果的だと言えます。また、ニキビ跡の色素沈着のケアにもお勧めです。

2. オイルフリー(オイルカット)の化粧水

「オイルフリー」とは、名前の通りオイルを添加していない化粧水のことです。

思春期ニキビや男性ホルモンの増加による皮脂の過剰分泌の場合などには効果が期待できます。できるだけ、保湿成分の高いオイルフリー化粧水を選びましょう。

ただし、乾燥肌が原因で皮脂が過剰に分泌している場合は、肌に合わないこともあります。

3. ノンコメドジェニック製品の化粧水

「ノンコメドジェニック製品」とは、「コメド=ニキビ」ができやすい、または悪化させやすい成分を用いらない化粧水のことです。ニキビを誘発させやすい成分としては、「オレイン酸」や「オリーブ油」があり、「グリセリン」や「アボガト油」は誘発率が低いとされています。

また、「ノンコメドジェニックテスト済み」と表示されている場合は、ニキビを生じにくい製品か、より厳しいチェックを行った化粧品のことです。パッケージにこの表示がある場合は、よりニキビに配慮した化粧品ということになります。

おすすめ化粧水5選!

では、以上のポイントをおさえた化粧品のなかから、おすすめのものを5つご紹介していきます。

1. 富士フイルム ルナメアAC スキンコンディショナー

ニキビに効果のある有効成分(グリチルリチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル)の「アクネシューター」がニキビの原因に直接届き、ニキビを集中ケアしてくれます。

植物繊維のファイバイスクラブが肌に優しく毛穴の汚れを除去、、植物由来のうるおいたっぷり成分(天然ビタミンE、大豆リン脂質、グリセリン)が乾燥しやすい肌にうるおいを与えてくれます。

肌質に合わせて「ノーマルタイプ」「しっとりタイプ」から選べ、繰り返しできる大人ニキビのケアやフェイスラインの頑固なニキビケアにぴったりの化粧水です。

※ノンコメドジェニックテスト済み、無香料、合成着色料不使用。

商品価格:定価2,376円 / 120ml

https://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/products/ac_skinconditioner.html

2. アユーラ fサインディフェンス バランシングプライマーアクネ

ローションタイプの弱酸性の化粧水です。

大人のニキビに効く3つの効果で、ニキビの原因となる乾燥やニキビ菌の繁殖を抑え、ニキビをもたらす炎症を抑えてくれます。(ハマメルスGL、オウバク抽出エキス、ビワの葉抽出エキス配合)。

漢方バリアアクト成分のドクダミ、トウキ、キイチゴ、甘草が肌のバリア機能を高め、肌荒れを繰り返さない整った肌に導きます。

アレルギーチェック済み、敏感肌の方のパッチテスト済みなので、肌が弱い方でも安心して使用しやすい化粧水です。

※ノンコメドジェニックテスト済み、無香料、無着色、弱酸性、アルコール、鉱物油、防腐剤無添加。

商品価格:定価4,200円 / 100ml

https://www.ayura.co.jp/c/10/67305/

3. オルビス 薬用クリアローション

肌のバリア機能を高める紫根エキス、ニキビの炎症を抑える甘草由来のグリチルリチン酸ジカリウム配合のニキビケア用の薬用化粧水です。

100%オイルカットで高保湿のローションが肌にうるおいを与えてくれます。皮脂に馴染む浸透性の高いテクスチャーが大人の周期ニキビやストレスニキビの方に効果的です。

肌に合わせて「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」から選ぶことができ、シリーズ品の洗顔料などもあります。サンプル品でお試しすることができます。

※ノンコメドジェニックテスト済み、無香料、無着色、オイルカット。

商品価格:定価1,620円 / 180ml

https://www.orbis.co.jp/small/1101100/

4. ビーグレン クレイローション

「抗炎症」と「保護」の2つの作用を持った肌にやさしい化粧水です。

浸透テクノロジーのQuSome(キューソーム)がスキンケア成分を角質の奥まで届けることによって、肌の中に長時間うるおいをキープさせ、肌を整えてくれます。

配合されている天然クレイの「モンモリロナイト」成分が肌にうるおいヴェールをつくり、外的刺激から肌を守ってニキビの原因となる乾燥や毛穴の詰まりを防いでくれます。また、天然クレイの成分は、皮脂汚れやニキビ菌などを吸い寄せて吸着する性質を持っているためニキビの予防にもなります。

肌の乾燥がニキなるニキビ肌の方にお勧めの化粧水です。

※低刺激、無香料。

商品価格:定価4,000円 / 150ml

https://www.bglen.net/products/detail/YKL1

5. SIBODY VCローション

<

/div>
従来のビタミンC誘導体の200倍の効果が期待できる「VC200」配合の、さっぱりしたテクスチャーの化粧水です。

VC200には、肌荒れを防止するビタミンAやEが配合されており、ニキビや吹き出物から毛穴トラブルなど大人の肌荒れを防いでくれます。二キビの効果的な有効成分とVC200が毛穴の奥から殺菌し、ニキビの悪化を防ぎ炎症を抑えてくれます。

また、ニキビの炎症によってダメージを受けた皮膚を修復して、肌のターンオーバーを整えてくれます。ニキビケアだけではなく、ニキビ跡や色素沈着の改善にもお勧めの化粧水です。

※ビタミンC誘導体配合、無香料、無着色、アルコールフリー。

商品価格:定価8,640円 / 150ml

https://ec.sibody.co.jp/products/detail.php?product_id=12

 

化粧水の使用方法の注意点

ニキビができやすい肌は、乾燥していることが多いので、洗顔後は時間を空けずに化粧水を使いましょう。その際に、コットンにたっぷり化粧水を浸透させ肌に押し込むように丁寧に塗布していきます。

大きめのコットンを使用し5~10分程度パックするのもお勧めです。パッティングで肌に強い刺激を与えたりやコットンなどで強くこする行為は避けましょう。

化粧水後は、水分を蒸発させないため、乳液などでしっかり保湿をしてあげましょう。

ニキビのケアをする際は、クレンジングや洗顔の仕方も注意が必要です。クレンジングや洗顔が不十分で、肌にメイクが残っていると毛穴が詰まりニキビのできる原因にもなります。

また、洗浄力が強すぎる洗顔料や熱すぎるお湯の使用や過度の摩擦は肌に負担をかけてしまうので気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

よりよい化粧水はニキビの改善につながりますが、それだけでは完治することは難しいかもしれません。しっかりケアを行いながら、生活習慣などにも気を遣って、きれいな肌を目指していきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

きれいなピンク色になりたい!唇に黒ずみができる原因とその解消方法

唇の色に違和感を感じたことはあ …