Home / 美肌 / 体にできてしまったニキビの原因と対策
adults-1853851_640

体にできてしまったニキビの原因と対策

「お尻にぽつっとできものが」「胸元にも赤いできものがある」それは体にできたニキビかもしれません。「ニキビって顔だけじゃないの?」という人が多いですが、実は体の様々な場所にニキビができます。そして、それぞれに原因が異なる場合もあるのです。

そこで、この記事ではニキビができる仕組みや体の場所別にできるニキビの原因と予防方法、そして、ニキビ跡ができた時の対処方法を取り上げます。美しい身体を保ちたいあなたのお役に立てるはずです!

スポンサードリンク

ニキビは「顔だけ」ではない

why-1780726_640

ニキビは顔にだけできるものではありません。では、体ニキビのできる仕組みと年齢との関係、そして、どんな原因があるのかを見ていきましょう。

体ニキビのできる仕組み

体ニキビは顔にできるニキビと仕組みが違うのでしょうか?顔の場合はアクネ菌が原因でニキビが発症しますが、体の場合、特に背中、胸、肩、腕などにできるニキビは「マラセチア菌」が原因であると考えられています。

この菌は、カビの一種で誰にでも常在している菌です。しかし、顔と同じように体の部位によってはアクネ菌が原因でニキビができる所もあります。

年齢との関係

体ニキビは年齢と関係があるのでしょうか?10代の頃にできる思春期ニキビは体の成長に伴いホルモンバランスが乱れることが主な要因です。

ですが、20代以降のニキビになると、肌が乾燥して皮脂の分泌が多くなったり、ストレスや疲れ、生活習慣の乱れ、間違った洗顔やケアなど様々な要因で体や顔のニキビができるようになります。

共通する原因と対策

顔にできるニキビと体ニキビとの共通する点もあります。例えば、共通する原因は、過剰な皮脂が分泌されて毛穴につまり炎症を引き起こすというものです。

ですから、皮脂を抑えること、過剰な皮脂分泌を生まないように乾燥を防ぎ保湿すること、清潔にすることなどが顔と体のニキビの共通する対策となります。

場所別にみるニキビと原因・予防法

adults-1853851_640

ここからは、体の場所別のニキビの原因と予防法を簡単に説明していきます。あなたに今できているニキビの項目にぜひ注目してくださいね。

乾燥以外にも「内蔵」も影響する

体ニキビや顔ニキビも部位によっては、乾燥による皮脂分泌が主な原因ではなく、内臓に問題があってニキビとして表れる場合があります。

体調が思わしくない時、肌にもその不調が表れませんか?内臓からのサインが顔や体のニキビとして生じる場合があるので、体の外側からケアするだけでなく、内側からのケアも必要だと言えるでしょう。

お尻ニキビ

お尻ニキビの原因は、皮脂が毛穴につまってアクネ菌が繁殖することにあります。

仕事や生活習慣にもよりますが、座っていることが多くお尻は皮膚の表面が硬くなっています。皮膚が硬くなると毛穴をふさぎ、皮脂がつまりやすくニキビができやすい環境になるでしょう。

また、お尻はいつも下着や衣類に覆われて、蒸れやすい状態です。そのうえ、座って圧迫されます。そして、皮脂分泌が多い部位とされていますので、ニキビができやすい場所です。予防方法としては、お風呂で適度に清潔に洗ったら、保湿を行うようにしましょう。

胸ニキビ

胸ニキビの原因は、マラセチア菌の繁殖によるものと考えられています。汗をかきやすい部分であり、衣類が擦れて摩擦が生じたり、シャンプーやリンスなどの洗い残し、紫外線を浴びるなどの要因で菌が繁殖しやすいでしょう。また、ホルモンバランスの乱れによる場合もあります。

胸ニキビの予防方法としては、シャンプーなどの洗い残しを作らないこと、化繊の下着や衣類などでの締め付けを避けること、肌に合わないボディクリームなどを使わないこと、汗をこまめに清潔なもので拭くことなどを心がけましょう。

耳ニキビ

耳ニキビの原因は、汚れ、ホルモンバランスの乱れ、耳の傷などが考えられます。シャンプー、石鹸などのすすぎ残し、イヤホンが汚い、枕やシーツを洗っていないなどの要因により雑菌が繁殖しニキビができているかもしれません。

また、手で耳を触る癖があったり、耳かきで傷つけたり、耳掃除をし過ぎたりしてニキビができることもあります。予防方法としては、清潔にすること、耳を触り過ぎない(耳掃除しすぎない)こと、生活習慣を整えることが挙げられます。

首ニキビ

首ニキビの原因は、主に乾燥、皮膚の摩擦、ホルモンバランスの乱れであるとされています。首まで保湿しているでしょうか?意外に見過ごされがちです。ナイロンタオルでゴシゴシとこすったり、シャンプーなどのすすぎ残しがあったりしないでしょうか?

首ニキビの予防方法としては、お風呂上がりの保湿をしっかりすること、お風呂での洗い方に注意すること、生活習慣を見直してホルモンバランスを整えることをおすすめします。

アゴニキビ

アゴニキビの原因としては、ホルモンバランスの乱れ、乾燥、胃腸の不調、体の冷え、間違ったケアの仕方などが挙げられます。

食生活のバランスが乱れていたり、ストレスが溜まっていたりすると胃腸の状態も悪くなり、アゴニキビができることがあります。また、女性であれば生理前などは特にホルモンバランスが変化するため、毎月アゴニキビができるという人もいるでしょう。

予防するには、食生活を栄養バランスの取れたものにすること、ストレスをためないこと、体を冷やさないこと、保湿をしっかり行うこと、生活習慣を整えることを心がけると良いかもしれません。

背中ニキビ

背中ニキビの原因は、乾燥、シャンプーなどの洗い残し、ストレス、睡眠不足などが考えられます。

こうした要因でマラセチア菌が繁殖しニキビができます。ゴシゴシと背中を硬いナイロンタオルで洗っていないでしょうか?逆に汗をかいているのに清潔にしていない場合も菌の繁殖を促すでしょう。

予防するためには、清潔にすることと保湿を行うこと、生活習慣をととのえてストレスを軽くすることなどが大切です。

腕ニキビ

腕ニキビもマラセチア菌の繁殖により出来ますが、原因としては、乾燥や、ボディーソープなどのすすぎ残し、紫外線の浴びすぎなどが考えられます。どちらかというと皮脂の分泌は多い部位ではありません。

すが、外気にさらされることも多い部分で、エアコンで乾燥していたリ、ゴシゴシと洗いすぎていたリしますので、保湿と紫外線対策、そして汚れを落とすことを心がけましょう。

ニキビ跡になってしまったら

ambulance-2166079_640

もしすでに体ニキビが跡に残ってしまっているなら、どうしたら改善できるでしょうか?ニキビ跡の種類と改善方法をご紹介します。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡は、どの程度のニキビであったかによって跡の残り方も変わってきます。真皮層という深いところまでニキビの炎症が進んでいた場合、クレーター型と言って凸凹の跡になる場合があります。そこまでいかなくても赤黒く色素沈着したり、軽度の場合であれば赤みが残ったりするという跡の場合もあるでしょう。

レーザー治療とコスト、リスク

クレーター型や色素沈着したニキビ跡を治すにはレーザー治療という方法があります。ニキビ跡の部分にレーザー光線を照射して、その部分のコラーゲンの生成を促します。そして、凹んだ部分を盛り上がらせて修復したり、新陳代謝を促して肌を生まれ変わらせるという方法です。

ただし、治療に痛みが伴ったり、保険適用されないため費用が高額(相場は1回1万円から3万円ぐらい)になったり、通院回数が多かったりします。ですから、レーザー治療を受ける場合は、コストやリスクを医師によく説明してもらってから決めましょう。

生活習慣を見直す効果

ニキビ跡で軽度の場合、つまり赤みが残っている程度であれば、肌の新陳代謝、ターンオーバーの仕組みによって時が経てば跡が消えることもあります。そのためには、ターンオーバーのリズムが整うことが大切です。

ターンオーバーが正常に働くために、睡眠時間の確保や、ストレスをためない、適度に運動する、栄養バランスの取れた食事などを心がけて生活習慣を見直すことをおすすめします。

治すには時間がかかることを意識する

ニキビ跡を治すのにはどうしても時間がかかります。軽度の赤みの場合でも、ターンオーバーの周期の繰り返しを待つため、数カ月かかるかもしれません。また、レーザー治療をするにしても、1度で改善する人もいれば、数カ月通い続けて効果がみられる場合も多くあります。

ですから、治すには時間がかかることを思いに留め、できるだけニキビ跡を残さないよう、ニキビ予防をすること、悪化させないことを目指したいですね。

まとめ

体にできてしまったニキビの原因と対策について取り上げてみましたが、参考になったでしょうか?

顔にだけではなく、体も丁寧にケアすることによって、美しい身体を保つことができます。また、体の内側からの不調を訴えているサイン、疲れやストレスが溜まっているサインの可能性もあります。

体ニキビを見過ごすことなく、適切な対処、予防を行っていきましょう!

スポンサーリンク

Check Also

sandal-1521801_640

かかとひび割れの原因と対処法

かかとがひび割れてガサガサ。ス …