Home / 美肌 / 顔にできるニキビの原因とケア方法
20150520-keshousui

顔にできるニキビの原因とケア方法

20150520-keshousui

顔は外見の中でも最も気にする部位の一つであり、顔にニキビができてしまうと、どうしても気になってしまうものです。

顔にはおでこや顎など様々な箇所があり、それぞれにニキビができる原因というのも違って行きます。顔にできるニキビを早期に解消するためには、顔の各部位にできるニキビの原因と正しいケア方法について学ぶことが大切です。

また、もしまだ訪問していないのであれば、皮膚科医など専門的な治療を施してくれる期間に診療を受けに行くことも、とても大切になります。自分で知識を深めながらも、専門的知識を持ち治療を施してもらい、できるだけ早めに顔のニキビを解消できるようにしていきましょう。

本記事では顔の各部位のニキビができる原因と正しいケア方法についてご紹介していきます。顔にできたニキビで悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

顔にできるニキビの原因

顔のニキビの原因は「アクネ菌」と呼ばれる菌が引き起こす炎症です。顔には無数の毛穴がありますが、この毛穴の中に皮脂が溜まってきてしまうとアクネ菌が増殖してしまい、それが原因で顔の肌に炎症作用が怒り、ニキビができてしまうのです。

顔の各部位のニキビの原因を見る前に、基本的なニキビの原因について見ていきましょう。

食生活が乱れている

食生活の中でも、糖分や脂質を過剰摂取している食生活を続けていると、顔に余分な皮脂が多く出てくる原因となります。

通常必要な皮脂の量以上に、顔に皮脂ができてしまうと、顔の毛穴に皮脂が詰まってしまう原因となることがあります。洗顔などで、皮脂を洗い流すこともできますが、基本的には正しい食生活をして、通常量の皮脂量に抑えることが大切になります。

雑菌が顔についている

また、顔に雑菌がついていている状態を放置するのもの顔のニキビの原因になることがあります。雑菌は目に見えない分意識をしてケアをすることが必要です。

何日間も洗濯をしていない枕カバーで毎晩寝ていたり、洗濯していないバスタオルや、普段雑な扱い方をしている携帯電話を長時間顔につけて電話をしたりするなど、雑菌が繁殖しているものを長時間顔につける行為が、実はニキビの原因となってしまったりするのです。

ニキビで困っているという方は、生活な住環境で過ごすことをまずは意識し、洗濯していないものがあれば、定期的に洗濯をする習慣を身につけると良いでしょう。

メイクなどの落とし残し

女性であれば毎日メイクをしているものと思いますが、メイク落としの残りもニキビの原因となってしまうことがあります。顔にとってはメイクは不純物になりますので、それが空気中のゴミなどと結びついて毛穴の中に詰まれば、アクネ菌の増殖の原因につながってしまいます。

ニキビができてしまった後はメイクもどうするか気にかかる点かと思いますが、メイク落としについても十分に注意をして行うようにすると良いでしょう。

顔のおでこにできるニキビの原因と対策

顔の部位の中でもおでこにできるニキビは特に目立ってしまうので、少しでもニキビが出てきたら早めに解決したいと思うものです。

おでこ特有のニキビの原因や対処方法について早速見ていきましょう。

おでこにできるニキビの原因

おでこにできるニキビの原因で一番多いものは、洗顔剤や洗髪料の洗い落としです。上述の原因の中に、メイク落としの残りがニキビの原因になるとご紹介位しましたが、お風呂場での洗顔フォームの洗い落としや、洗髪料のすすぎ落としも、ニキビができる原因となります。

メカニズムとしては同様で、洗顔フォームや洗髪料の洗い落としが毛穴に雑菌などとともに入り、アクネ菌を増やすことでおでこのニキビを発生させるのです。

また、おでこを含む顔のTゾーンと呼ばれる部分は、顔の各部位の中でも特に皮脂が出やすい場所になり、注意してケアをしていないとニキビができやすい場所になります。思春期の時期は特に皮脂が出やすいので、意識的に洗顔などで、Tゾーンの皮脂を適度に落とすようにしましょう。

おでこにできるニキビの治し方

洗顔が効果的

おでこにできるニキビの最も効果的な対策方法は洗顔です。毛穴の中に皮脂や不純物などがたまり、それがアクネ菌の繁殖を促し、ニキビを発症させるというのがニキビのメカニズムですが、適切な洗顔をすることによって、ニキビの原因となる毛穴の中の皮脂や不純物を取り除くことができます。

顔の毛穴の不純物をしっかりと取り除くためには、まず毛穴を大きく開かせることが大切です。普段は毛穴は見えない程度に閉じている状態ですが、綺麗に毛穴の中の不純物を取り除くためには、穴を広げることが大切です。

顔の毛穴を広げるためには、長時間のんびりとお風呂につかったり、蒸しタオルを顔に乗っけるなどが効果的です。毛穴を十分に開かせた後で、洗顔を行っていきます。

洗顔を実施する場合には、ゴシゴシと擦り付けるのではなく、洗顔フォームをしっかりと泡立てて、正しい方法で行うことが大切です。洗顔フォームを泡立てたら、顔全体を包み込むように、洗っていきましょう。そして、何よりも洗顔フォームなどの残りが顔に付着しないように、しっかりとすすぐことが大切です。

また、洗顔をした後、そのまま自然乾燥に任せて行ってしまうと乾燥肌の原因ともなってしまいますので、化粧水などを使用して顔の保湿についてもしっかりとケアするようにしましょう。

前髪をあげましょう

おでこニキビを未然に防ぎたい場合は、前髪をあげた髪型を定期的に行うようにすると良いでしょう。

おでこにできたニキビは、普段髪を下ろしてしまうと隠すことができてしまうので、治したいという欲求を弱めてしまう原因となってしまいます。ニキビが悪化してからの治療は時間を要してしまうため、ニキビの兆候ができた段階ですぐにニキビ対策を行うことが大切になります。

そのため、定期的に前髪をあげた髪型をすることによって、顔全体にニキビが発生していないか確認できるだけでなく、もしニキビができた場合に早期に発見することもできます。

紫外線対策もきちんと実施

ニキビと紫外線対策に関係があるということは直感的には理解しづらい人が多いのではないでしょうか?

紫外線によって日焼けなどをしてしまうと、肌の代謝機能が下がる場合があります。肌の代謝機能が下がるということは、老廃物が発生しやすくなるということであり、これが毛穴に詰まることによって、アクネ菌を発生させニキビを引き起こすという場合もあるのです。

そのため、顔のニキビで困っている方は、洗顔などのケア方法に加えて、日欧生活において紫外線対策についても十分に注意することが大切になってくるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?顔は外見の中で最も目立つ部位であり、自分の中でも一番気にかける部位であります。顔にニキビができてしまうと、人目が途端に気になってきてしまいますし、恋愛中であればなおさらのことでしょう。

顔にできるニキビの原因は箇所によって様々ではありますが、基本的なニキビ発症までのメカニズムは同じものになります。毛穴のつまりを防止するために、過剰な皮脂の分泌がされないように生活習慣を改善したり、洗顔やメイク落としに注意することによって、顔にニキビができる確率を大幅に下げることができるでしょう。

顔にニキビができて困っているという方は、顔のニキビ発生のメカニズムを抑え、原因となることを辞めてみるということがまず実行できる最初のステップとなるでしょう。

スポンサーリンク

Check Also

efceb4361f5cbd1e2a9633d0c2efc316_s

チアシードを知って効果的に栄養を取り入れよう!4つの効能と2つの注意点

あなたはスーパーフードを普段の …