Home / 美肌 / ニキビとホルモンバランスの関係と改善方法
girl-looking-away-1995624_640

ニキビとホルモンバランスの関係と改善方法

チョコレートや脂っこいものを食べているわけでもないのに、ニキビが出来て治りにくい。また、毎月ニキビが出来る。そのようなお悩みを抱えている方、ホルモンバランスともニキビには関係があることをご存知でしょうか?では、ニキビとホルモンバランスの関係と改善方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ニキビとホルモンバランスとの関係は?

acne-1606765_640

まずは、ニキビとホルモンバランスとがどのような関係にあるのかを見ていきましょう。この場合、思春期ニキビと大人ニキビによって原因に違いがあります。思春期ニキビとは、10代のころ、思春期の時期にできるニキビのことです。

そして、20代の大人になってからできるニキビが大人ニキビです。また、女性特有の原因もありますから、その3つに分けて考えていきましょう。

思春期の場合

まず、思春期ニキビとホルモンバランスの関係です。思春期は体が成長する時期のため、成長ホルモンが多く分泌されます。男性は男性らしい体になるために男性ホルモンが増えますし、女性は女性らしい体になるために女性ホルモンが増えます。

そのため、成長期にはホルモンバランスが乱れて、皮脂が多く分泌されてしまうのです。思春期ニキビはTゾーンと呼ばれる額や鼻にできやすいですが、そこは皮脂が多く分泌される位置となっています。特に、男性ホルモンのほうが、皮脂分泌が増えるために男性のほうが思春期ニキビができやすいでしょう。

10代の思春期ニキビの場合、成長に伴ってできるものであるため、ホルモンが増えるのを抑えるのは成長に影響を与えてしまうためよくありません。20歳前後になれば、自然とホルモンバランスは整ってくるため、その時期まで待ちましょう。

ただし、ニキビが出来た時にケアをしていないとニキビ跡、クレーターになることがありますから、ケアはきちんとすることをおススメします。ニキビケアができる洗顔料、化粧水などを使用しましょう。また、紫外線を浴びると、色素沈着によりニキビ跡になってしまうことがあるので、紫外線対策もしっかりと行うようにしてください。

大人ニキビの場合

20代以上になってできるニキビ、吹き出物は、一般的に大人ニキビと呼ばれます。大人ニキビの原因は様々で、思春期ニキビのように1つではありません。例えば、食べ物や間違ったスキンケアの方法などが挙げられます。

それらの原因の1つに、ホルモンバランスの乱れがあります。私たちの体には、男性にも女性にも男性ホルモンが存在しています。男性ホルモンのアンドロゲンが皮脂の分泌を増やし、角化細胞を増やして毛穴をふさぐため、ニキビができやすくなるのです。大人ニキビが、Uゾーンつまり、口回りや顔の側面、顎などにできやすいのは、男性ホルモンが多い位置のためと考えられます。男性のひげが生える位置です。

女性でも男性ホルモンが増えると、うっすらひげが生えたり、毛深くなったりします。心当たりはないでしょうか?男性ホルモンが増える原因として、不規則な生活、睡眠不足やストレスなどが原因と考えられます。疲れがたまっていたり、睡眠時間が十分に取れていなかったり、食生活のバランスが悪かったり、ストレス解消をしていなかったりしていませんか?その場合、ホルモンバランスの乱れにより大人ニキビができているかもしれません。

女性の場合

女性の場合、生理前になるとニキビができるという方も少なくないでしょう。それも、ホルモンバランスと関係があると考えられています。女性ホルモンには、「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」の2種類がありますが、生理前、排卵後の時期にはこのうち「黄体ホルモン」プロゲステロンが増加します。

この「黄体ホルモン」には、皮脂の分泌を活発にする働きがあるために、生理前にニキビができやすいと考えられています。生理前のホルモンバランスの変化は、女性にとってはある意味仕方がない部分もあるでしょう。

ホルモンバランスを整える改善方法は?

では、ここからは、ホルモンバランスを整えるために何ができるか、5つの改善方法を考えていきます。主に、男性ホルモンを増やしてしまわないように、行えることに注目していきます。また、生理前のホルモンバランスが乱れる時にも気を付けると良い点ですから、参考にしてくださいね。

1. 睡眠時間をしっかりと確保する

6

睡眠時間をしっかりと取ることで、成長ホルモンが分泌されて肌の新陳代謝つまりターンオーバーを整えてくれます。そうすると、肌細胞が新たなものへと生まれ変わっていくので、ニキビの治りも順調に進んでいくでしょう。

また、睡眠時間を取ることで自律神経が整い、疲れも取れてホルモンバランスが整ってきます。美肌のために適切な睡眠時間は、6時間半から8時間ほどと言われています。毎日、同じ程度の時間の睡眠をきっちりと取ることがおススメです。寝だめしても、効果がないとされているからです。また、最近では寝付いた時からの3時間に熟睡することが美肌を作るのに良いという情報もありますから、時間の確保とともに、質を高めることにも心がけましょう。

2. 栄養バランスの取れた食事

food-1257321_640

食生活も規則正しく、栄養バランスの取れたものにすることがホルモンバランスを整えるのに効果的と言われています。たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンといった私たちの体を作り上げている栄養素をバランスよく食事に取り入れましょう。そして、脂っこい食べ物、糖質の多いものの摂り過ぎを控えることも大切です。全く食べてはいけないというわけではありませんが、バランスを意識しましょう。
さらに、女性ホルモンのバランスを整えるには、大豆イソフラボンを摂取すると良いとされています。女性ホルモンと似た働きをするからです。豆腐や納豆、味噌、豆乳などを適度に摂り入れてみましょう。

3. ストレスを解消する

coffee-cup-1502532_640

ストレスは、ホルモンバランスを乱す大きな原因です。この現代社会において、ストレスのない人というのはほぼいないかもしれません。また、ストレスをゼロにするというのも現実的に不可能でしょう。でも、解消するように努めることは可能なはずです。ちょっとしたことでも構いませんから、自分にとってリラックスできる方法や時間を見つけてみるのはいかがでしょうか?

好きな音楽を聴く、おしゃれなカフェでくつろぐ、本を読む、ゆっくりお風呂に入る、友達とおしゃべりをする、カラオケに行く、映画を見るなど、自分が気持ちがすっきりするものなら何でもよいでしょう。忙しい毎日を送っている方が多いと思いますが、お金をかけなくても、ちょっとしたことに幸せを感じられるようにしてストレスを解消してみませんか?

4. 適度に運動をする

runner-888016_640

ストレス解消とも関係がありますが、適度に体を動かす、運動することもホルモンバランスを整えるのに役立ちます。意識しないとなかなか運動をする機会がないという方のほうが多いでしょう。

会社まで一駅歩いてみる、買い物に車を使わずに歩いてみる、ちょっと公園に散歩に行く、エレベーターを使わずに階段で上る、ラジオ体操をしてみる、軽くジョギングをする、ジムに行く、スイミングに通うなど人それぞれできることは違うかもしれません。ほんの少し意識して体を動かすことで、質の良い睡眠にもつながり、ホルモンバランスを整えることができるはずです。

5. 体を冷やさない

bath-1937412_640

女性の場合は特に、体の冷えがホルモンバランスの乱れを引き起こしていることもあります。1日中、冷房の効いた室内にいたり、おしゃれのために薄着だったりして冷えていて、血行が悪くなりホルモンバランスに影響を与えるのです。

体を温める服装を心がけることや、入浴をシャワーで済ませずに湯船にゆったりと浸かるようにすること、体を温める食事を取るようにすることなどを意識して行ってみるのはいかがでしょうか?

ホルモンバランスを整えてニキビ肌から解放されよう!

ニキビとホルモンバランスとの関係と、改善方法について取り上げてみましたが、参考になったでしょうか?思春期のニキビと大人のニキビとで違いがあります。

大人のニキビがホルモンバランスの乱れによるものである場合、ここでご紹介した点でご自分の生活に当てはまるものがあれば、ぜひ今日から改善して、体の内側から整えてニキビ肌から解放されるよう努力してみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …