Home / 美肌 / ニキビが頬にできる原因と改善のポイント
31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s-1-600x400

ニキビが頬にできる原因と改善のポイント

ニキビができてしまうと、つい触れてしまったり、爪でひっかいてしまうこともあります。ですが、肌荒れやニキビなどの場合には、刺激をしてしまうと症状が悪化してしまい、治りが悪くなることもあるので、できるだけ刺激しないことも、早く回復させるためには、重要なポイントといえます。

特に頬はゴシゴシとこすってしまいやすい箇所でもあるので、もしニキビが頬にできてしまった場合には特に注意して生活をすることが大切です。本記事では頬にニキビができる原因と解消方法についてご紹介していきます。頬に目立つニキビができてしまい悩んでいる方は、本記事と一緒に原因と解決方法について探っていきましょう。

スポンサードリンク

頬ニキビの原因と改善すべきこと

ニキビは、思春期の時期になると顔などによくできることもあります。成長期の時期であるため、ホルモンバランスなどの影響により皮脂が過剰分泌されできやすくなるものですが、大人になってからも、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、またストレスなどによってできることもあります。

また、顔や首、肩、背中やお尻などさまざまな部位にできることがあるため、厄介なものではあります。特に顔の頬の部分にできるニキビは、周囲から目立つため、できれば原因をつきとめ、予防したり対策をしておきたいところです。

頬にニキビができるメカニズム

9004397c117179c398c9a78bdfd83217_s

頬にニキビができる根本的な原因は毛穴の詰まりです。ホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌量が増加してしまい、これが毛穴を詰まらせる原因になることがあります。毛穴に皮脂が詰まってしまうことで、それを餌にアクネ菌が大量に増殖してしまい、頬の肌に炎症を引き起こすことで、赤く腫れ上がるニキビができてしまうのです。

肌の衛生状態が悪い場合や汗や汚れなどを洗顔をして定期的に洗い流していない場合なども、毛穴を詰まらせたり、炎症などが起こりやすくなる原因となる場合もありますので十分に注意するようにしましょう。

頬特有のニキビの原因

また、頬には産毛が生えていることもあり、その細く細かい毛は、目立たないため、あまりムダ毛処理をする方も少ない傾向があります。ですが、その産毛に皮脂や汚れなどが付着し、その毛をつたって毛穴を詰まらせることもあるため、顔にニキビができやすい方は、産毛を自己処理することも、予防や対策につながることもあります。

カミソリなどを使い、ムダ毛処理をする際には、シェービングジェルなどを使い、肌に対してあまり負担がかからないようにすることも大切です。また、毎日のようにムダ毛処理をしてしまうと、肌の乾燥や肌荒れを招く結果になってしまい、かえって肌が汚くなってしまうこともあるため、産毛の場合には、毎日のようにムダ毛処理する必要はありませんので、ある程度の期間を空けて処理を定期的に行うようにしましょう。

頬にできるニキビの改善方法

生活習慣を整える

頬の原因について理解を深めていくことができたら。次は改善していくことが重要になります。生活習慣が乱れている場合には、改善していくことが必要です。生活習慣の乱れは、例えば睡眠不足などに陥っているとお肌の正常なターンオーバーがされず、肌荒れの原因となる場合もあります。また、交感神経が過剰に優位に立ってしまうことにより、作用である皮脂の分泌が促され、頬のニキビの原因となってしまうこともあるのです。そのため、頬のニキビで困っている方で生活習慣が乱れている方は、まずはしっかりとした睡眠時間を確保することができるように、毎日の生活ペースを見直していきましょう。

また、頬にできるニキビ以外にも、生活習慣の乱れは体にとってさまざまな悪影響がでてしまう可能性もあります。生活習慣病などにもかかりやすく、糖尿病などになってしまうと、そこからさらに合併症などの危険もありますので、肌をきれいにしたいと考えるならば、まずは生活習慣を改善していき、健康的な生活習慣を取り戻しましょう。

食生活を整える

次に、食生活をチェックしてみるといいでしょう。食事は、日々の活動するためのエネルギーとして、また、体内の機能などを正常に作用させるためには必要です。食生活が乱れていると、体調不良の原因になったり、肌に対しても悪影響がでるおそれがあります。ダイエットなどによる過度な偏食をしていたり、過食、間食などはできるだけ控えるようにしましょう。きちんと適度な食事、また栄養バランスなどもきちんと考慮した食事を日々、心がけていくことで、肌の状態を保ちましょう。

お肌に良い栄養素、反対に悪影響を与える栄養素についても理解し、バランスの良い食事をすることが何より大切です。

生活習慣と食生活は常に見直そう

ニキビができてしまった場合でも、生活習慣や食生活などをしっかりとしておくことで、悪化を防ぎ回復を早めます。悪化してしまうと、治った場合でも跡が残り、肌の状態があまりきれいにならなかったり、元の肌の状態になるまでにかなりの時間がかかってしまうこともあります。また、悪化が酷い場合には、くぼみのような跡がのこり、元の肌の状態に戻らないこともありますので、できるだけ悪化しないように生活習慣や食生活を改善していきましょう。また、刺激を与えてしまうことでも、悪化することもありますので、極力刺激を与えないように、直接触れたりしないようにすることも大切です。

正しく洗顔する

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

予防や対策として、その他にできることといえば、洗顔も重要だといえるでしょう。肌の汚れや汗、皮脂などを適度に洗い流すことで、毛穴の詰まりを予防しましょう。ただし、皮脂はあまり洗いすぎてしまうと、肌を保護できず、肌が乾燥しやすい、また、外部からの刺激に弱くなってしまうため、適度に皮脂を洗い流すことが大切です。

ニキビができるとついゴシゴシと洗い流そうとしてしまう人もいますが、これはニキビを逆に悪化させる要因となってしまいます。洗顔フォームを使ってしっかりと泡立てて、肌になじませるように優しく肌についた余分なものや余剰の皮脂を洗い流すようにしましょう。また、洗顔後の化粧水などでのケアも大切になります。

皮脂の洗い流しすぎには注意

ほとんどの皮脂を洗い流してしまわないように心がけましょう。皮脂が不足してしまうと、体内からさらに皮脂を分泌してしまうこともあり、皮脂分泌量が過剰の状態になることもあります。そのような状態になると、肌が荒れやすく、毛穴も詰まりやすい状態になるので、そのようなことにならないように、洗顔時には、適度に汚れや皮脂を洗い流すようにしましょう。

洗顔後はしっかりスキンケア

洗顔後には、スキンケアとして化粧品などにより、肌に水分を与え、保湿をきちんと行うことで、肌をきれいな状態に保つことも忘れてはなりません。洗顔後は、肌が乾燥しやすい状態のため、肌の保湿はしっかりとケアしておきましょう。ニキビ肌に効果的な成分が配合されている化粧水も今は発売されているので、一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?頬は顔の中でもニキビができると特に目立ちやすい部位になるため、万が一ニキビができた場合には早めに対処していきたいですよね。頬のニキビを早期に改善するためには、あらかじめニキビができるメカニズムと改善方法についての知識を持っておくことが大切になります。また、無理に自分だけで改善しようとせずに、専門のお医者さまと相談をしながら治療に当たることも大切です。

ニキビなどのコンプレックスがあると毎日を楽しめなくなってしまう場合もありますから、1日でも早く改善できるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

Check Also

1d063d917e416053291eb778c191265c_s-3-600x400

生え際にニキビができる原因と生え際ニキビを確実に消す方法

気がつくと生え際にニキビができ …