Home / 美肌 / ニキビが鼻にできる原因と改善すべき生活習慣
4798dc1ed3d98f86bfa74e4abe8e7908_s

ニキビが鼻にできる原因と改善すべき生活習慣

あなたは、鼻周りにできるニキビに悩まされていませんか?ニキビというとおでこや頬にできるニキビがイメージしやすい場所ではありますが、顔の部位のうち鼻もニキビができやすい箇所になっています。

鼻にニキビができやすいという方は、鼻にニキビができてしまう原因について理解し、適切な予防対策や実際にできた場合のケアをすることで、悩みを解消することができるようになるのではないでしょうか。本記事では鼻周りにニキビができやすい原因と解消方法として「生活習慣」に注目をして改善方法をご紹介していきます。

鼻のニキビで悩んでいるという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

鼻まわりにニキビができる原因

鼻周りにできてしまったニキビは気付かないうちに汚れた手で触れてしまったり、女性だとファンデーションの油分などが毛穴を覆う事によって治りにくく、さらに悪化しやすいため悩んでいる方も多くいらっしゃいます。しかし、ニキビができる原因や、防ぐための生活習慣を知れば、そんな悩みからも解放されるかもしれません。

そもそもニキビができるメカニズム

ニキビはそもそもなぜできてしまうのでしょうか?肌には無数の毛穴が存在していますが、ニキビはこの毛穴にアクネ菌という菌が増殖し、周囲に炎症反応を引き起こすことによってできてしまいます。アクネ菌が増殖する原因は皮脂や汚れなどが毛穴に詰まることにあると言われており、つまり皮脂の過剰分泌状態が続いていてケアをしていないとニキビができる条件がそろってしまうということになります。

鼻にニキビができやすい原因

おでこと鼻筋はTゾーンと言われており、顔全体の中でも特に皮脂の分泌が多い箇所になります。乾燥肌であってもTゾーンだけはテカテカしてしまい悩んでいる方も多いです。鼻の頭は特に皮脂の分泌が活発であるため、毛穴が詰まってしまいニキビの原因であるアクネ菌が増殖し、赤く炎症してしまいます。思春期の頃にTゾーンがテカテカと油っぽくなってしまうのは新陳代謝や成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えるからだと言われています。

このように、鼻は特に皮脂の分泌がされやすい場所になるため、ニキビができやすい部位ということになります。同じTゾーンであるおでこもニキビができやすいので、この二つの箇所については特に入念にケアをすることが大切になるでしょう。

鼻のニキビを隠すために化粧の厚塗りをするのはNG

若い方は特に人目を気にして潰してしまったり、隠そうとしてファンデーションやコンシーラーで毛穴を覆ってしまい余計に悪化させてしまったと言う経験のある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ニキビは炎症を引き起こしている状態になりますので、過度に触れて刺激を与えることは望ましいことではありません。また、ニキビの原因の一因としても、化粧の落とし残しなどがありますので、厚塗りをした時には、さっぱりと落とすことが必要になります。このお化粧を落とすという行為自体もニキビ周辺を刺激することになる場合もありますので、特に注意が必要になります。

生活習慣の乱れも鼻のニキビの原因になる

また、大人の肌で皮脂の分泌が多くなってしまう原因としては、ホルモンバランスの乱れが影響している可能性があります。特にTゾーンは皮脂腺が多く皮脂の分泌も多いため、ホルモンバランスの影響を受けやすいと言われています。現代では、人によってライフスタイルもさまざまなので、不規則な生活をしている方や、きちんとした食事を摂れていない方もたくさんいらっしゃいます。

ホルモンバランスの乱れはいろいろな要因が合わさって起こると言われていますが、中でも睡眠はホルモンバランスに大きく影響しているため、奇麗なお肌を保つためには質の良い睡眠をとる事が重要です。睡眠には、肌の細胞組織を新しくするという役割があるため、お肌のゴールデンタイムと言われる午後10時〜午前2時にしっかりと睡眠をとっておく事がホルモンバランスの乱れを整える事に繋がります。

また、ストレスはホルモンバランスに影響を与える他、睡眠不足の要因にもなりますので、ご自身に合ったリラックス法で日頃からストレスを溜めない事も大切です。

リラックスアロマで快眠を

b38b809ebea047c8b40871c3c42def77_s

好きな香りのアロマオイルなどを心地良いと感じる温度のお湯に数滴垂らして入浴し、リラックスしてからの睡眠もお勧めです。さまざまなリラックス法やリラックスグッズが販売されているので、是非ご自分に合った方法を探してみてください。

さらに、ホルモンバランスに大きく影響を与えるのが毎日の食事です。

朝食は取りましょう

学生、社会人に関わらず、朝はバタバタしているため朝食を摂らないと言う方が多くいらっしゃいます。朝食は脳を活動させるためにとても重要です。脳が活動しないと言う事は、脳に栄養や酸素が運ばれないと言う事です。これは、ホルモンバランスにも大きな影響を与え、肌のトラブルへ繋がってしまいます。

特に思春期の頃は皮脂が多く分泌されやすいので、朝食を摂らない生活を続けているとホルモンバランスを崩してしまい肌トラブルを起こしやすくなります。化粧で肌荒れを隠すのではなく、トラブルを起こしにくい肌を作るための食生活を心がける事が大切です。

また、現代では手軽にどこでも食事ができるため、偏った食生活になりがちです。バランスの良い食事を3食きちんと摂る事も肌トラブルの少ない肌を目指すためには重要です。

無理なダイエットも肌には悪い

無理なダイエットもホルモンバランスを乱す要因になるので、食事を抜く等の過度なダイエットはお勧めできません。しっかり3食、バランスの取れた食事をする事でホルモンバランスも整い、適度な運動を心がける事で、ストレスの発散や質の良い睡眠をとる事にも繋がります。

一度に全ての生活習慣を変える事は難しく、逆にストレスになってしまう事もあるので、ゆっくりと少しずつ改善していきましょう。

洗顔方法を見直してみて

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

最後に、日頃から気を付けるべき事と、意外と間違っている方の多い「洗顔方法」についてお話します。知っている方も多いと思いますが、手には数えきれない程の細菌が存在します。細菌が炎症している部分に触れる事によりアクネ菌が繁殖し、さらに悪化してしまう可能性があるので、潰さない事はもちろん、出来るだけ手で触れないように心がけるのも大切です。

さらに気を付けたいのが毎日の洗顔です。「炎症している部分に菌が存在する」というイメージから洗顔の際にゴシゴシ洗ってしまったり、直接指で洗ってしまったり、長い時間肌を擦り過ぎてしまうのは余計に悪化させる原因になってしまう事もあります。手でゴシゴシと肌を洗うのではなく、たっぷりのきめ細かい泡で優しく洗うがポイントです。

また、意外と意識していないのが「寝具」です。枕やシーツは直接肌に触れるものです。こまめな洗濯を心がけ、ダニやフケ等で肌荒れを悪化させないよく注意しましょう。以上が、ニキビが鼻にできる原因と改善すべき生活習慣です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?鼻はTゾーンと呼ばれる顔の部位の中でも特に皮脂が多く分泌されやすい箇所であるため、ニキビができやすい箇所になっています。日頃からニキビができにくい生活習慣を身につけることが何よりの予防となります。

鼻にできたニキビで困っているという方は、現実的な問題である今できているニキビの解消に努めながら、再度ニキビができないように生活を見直すようにしていきましょう。今日からすぐに実践できる事もあると思いますので、できる事から少しずつ意識して実践し、トラブルのない素敵な肌を目指しましょう!

スポンサーリンク

Check Also

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_t

毛穴トラブルに悩める女性必見!おすすめ美顔器と毛穴洗浄サロンを紹介!

お家で出来る可能な限りのケアは …